beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 07月 23日 ( 1 )


口蹄疫の殺処分から救われた子牛の話 (子羊の訂正)

お詫び:写真の子牛が白くて毛がわりと長かったので羊の仔と間違えました。イギリスには白い牛がいることを忘れていて、英語のcalfも偶蹄類の仔と思い込んでいました。羊の仔はlambだったので、もっと早く気がつくべきでしたが、勘違いをコメントで教えてもらって、やっと気がつきました。皆さん、ゴメンナサイ。

白い毛の長い子牛の写真:
http://www.pigglywiggly-photography.co.uk/assets/images/db_images/db_White_Calf3.jpg

イギリスのBBC放送サイトには2001年の口蹄疫の詳しいアーカイブ情報があるが、それをながめていると今回の宮崎県で発生した口蹄疫を考える上で参考になる事例がいろいろでてくる。

発症農場の近隣で全頭が殺されていたはずだったのが、生まれたばかりの子牛が処分された仲間の死体の中で5日間生き残っていて、ニュースで大きく取り上げられた結果、政府が処分しないことに決めたという。生後12日の子牛、フィーニックス(不死鳥)という名前である。その写真を下に貼り付ける。

In Pictures: Foot-and-mouth: One year on
e0094349_2132956.jpg

Phoenix, a 12-day-old calf, hit the headlines when he was spared from
slaughter when found alive after the rest of the herd was culled. Under
the media spotlight MAFF decided to allow Phoenix to live.
9/13

新聞(ガーディアン)でもフィーニックスについて大きく取り上げている。
http://www.guardian.co.uk/gall/0,8542,443237,00.html
Phoenix risen from the ashes
Ross Board, 11, with his pet calf Phoenix, saved from slaughter after
surviving the cull of the rest of her herd. The calf was reprieved on
April 25 after a government change of policy on slaughter on
"contiguous" farms.
e0094349_2147536.jpg

Photo: Chris Ison, PA

口蹄疫が発生した農場の近隣(3キロ以内)は家畜を全部殺処分するという当初の防疫方針を変更し、この羊を処分しないことを首相が最終的に決めたとある。イギリスの世論が口蹄疫が発生した農場の近隣農場で感染していない家畜を全て殺して処分していたことに怨嗟の声が上がり、フィーニックスを殺すな、という世論の高まりを受けた政府が、その声を重く受け止めたことがわかる。

フィーニックスの特例のおかげで、獣医師が感染していないと確認した近隣農場での牛の自動的殺処分はしない方針変更がなされたらしい。

下のミルクをもらうフィーニックスの写真は再びBBCサイトから。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/1298362.stm
e0094349_22164719.jpg

Mr Brown insisted the change in culling was not a "relaxing" of the rules,
but amounted to "refinements" of the government's previous policy.
(ブラウン首相は殺処分の方針転換について、ル-ルを「緩和した」のではなく、前のルールを「緻密にした」と主張。)
Phoenix was reprieved as a result of the government's decision
(フィーニックスはこの政府の決定により処分をまぬがれた)
"These refinements can be expected to provide some relief from automatic
slaughter of cattle," he said.
(「この緻密化によって、近接農場の牛の自動的な殺処分がいくらか救われるように期待できる」と首相の弁。)

政府の方針転換は、世論に負けた修正ではなく、やり方を進歩させたのだという強弁が面白いが、結果として激しく蔓延した口蹄疫に対する国民の恐怖と希望とを奇跡的に生き残っていたフィーニックスが具象化させたようである。口蹄疫終息後に出版された本や論評などがこの「出来事」を取り上げて、当時の社会心理などについて様々な角度から分析している(情報検索で多数見ているが省略する)。

2001年3月に始まったイギリス口蹄疫は各地に広がり、約2000例まで発生農家がでて、9月に入ってやっと終息した。その間の日ごとの発生数のグラフがDEFRAから出ている。
e0094349_22452588.gif

フィーニックスが救われた4月25日には大発生が峠を越えてかなり下火になっていたことも、この時点での殺処分が緩和された背景にあるのだろう。

日本の口蹄疫でも種牛問題救済が社会現象となっている。民間の種牛に関しては「処分のために」特別措置法がわざわざ作られ、それを基に強制的に処分された。その特措法による民間種牛の救済に国として進めなかった背景には県有の種牛の移動特例問題があった。県有種牛の最終的な運命はまだ分からないが、これが民間種牛の救済の可能性を阻んでいたことに多くの人が気づいていないようだ。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-23 22:30 | 口蹄疫