「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の動物( 35 )


スナガニ

e0094349_15172510.jpg
e0094349_15173559.jpg

快晴の早朝、GIビーチでスナガニが巣穴から外にでたまま。

近寄っても逃げないのでクローズアップ撮影しておきました。

えさを食べた跡の砂団子は周囲にたくさんあり、仲間が巣穴も活発に掃除しているようなので、この個体に何かが起こっていたようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-28 15:20 | その他の動物

ghost crab

e0094349_704966.jpg

スナガニ類はghost crabと呼ばれています。忍者のようにすばやく走り、砂穴に飛び込んで姿をくらまします。

今朝の日の出前、小雨で暗いビーチの砂の上に出ていた奴を1枚だけ撮影しましたが、雨足が強まったのでそれでおしまい。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-15 07:04 | その他の動物

カンタロー(シーボルトミミズ)の行進

https://www.youtube.com/watch?v=77MIGRInk9w&feature=plcp
雨の後、カンタローがぞろぞろ歩いていました。
e0094349_16583716.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-11-17 16:59 | その他の動物

ふんづまりのミジンコ

淡水魚の水槽で魚を飼育するときにアオコが沸いて中が見えなくなることを防ぐ手段として淡水シジミを入れておくことが、アメリカにおいて外来種としてのタイワンシジミの拡散の原因の一つとされています。日本でも水生生物を扱うペットショップで淡水シジミが販売されています。

小倉にある「北九州メダカセンター」でマシジミを販売していることを知り、試しに30個購入しました。到着したシジミは全部マシジミ型で、岡山県と千葉県の販売サイトで購入したミックス(マシジミ型とタイワンシジミ型が混ざっていた)とは違いました。

タイワンシジミが日本各地に「侵入」しているとされ、その経路として海外から輸入された生きたシジミの砂抜きの過程で、殻の中に保育されたシジミの稚貝が排水から野外に出る、などという、想像力がかなり豊かな説があります。しかし、それよりも、ペットショップ経由での拡散の方がありそうに思えます。

北九州メダカセンターではメダカの餌となるミジンコとその餌を作る元の栄養剤を販売していました。

日向市に来てから、宮崎県内の各地でミジンコがいないかずっと気にして探していますが、全く見つかりません。ホウネンエビやカブトエビなどはもちろん見つかりません。県内ではタニシやドゼウなどと一緒くたに水田や溜池から徹底的に排除されてしまっているようです。冬を越す低温と乾燥に対する耐久性があるミジンコの卵さえも残されていないようです。

実は、学部学生だった時、キャンパスに近い不忍池でミジンコが湧いているのを見つけ、飼育実験をして遊んでいました。

ミジンコは環境条件(温度と餌)が良いときに雌性単為生殖をします。つまり、オスがいなくてもメスだけで卵を産み、卵は体内で保育して、それから生まれるのはメスだけで、短いサイクルで次々と世代を重ねて爆発的に増殖することができます。そして、水中の餌が枯渇すると(どういう仕組みでそうなっているのかわかりませんが)オスが誕生します。

オスとメスが交尾すると耐久卵ができて、それが母親ミジンコが死んだ後に生き残って、条件が良くなるのを待ちます。耐久卵から孵化すると再びメスだけで増えるサイクルに入ります。

ミジンコは小さい容器で個別に飼育できます。1個体だけから子孫を増やすのが面白く、またオスが突然現れるのが不思議だったので、しばらく観察を続けました。餌になる植物プランクトンを培養するのはとても簡単で、池の水に栄養素を添加するだけでできます。

懐かしくなってシジミと一緒にミジンコを購入してしまいました。

送られてきたミジンコは尻尾の尖った先が短いちょっと見慣れない姿でした。顕微鏡撮影をしてみましたが、触角を使って休みなく跳ね回るので(ストロボなしで)苦労しました。
e0094349_19325624.jpg

餌はよく食べていて、消化管の中は詰まっています。背中の育房に卵を抱えたミジンコは全く無く、腹側の脚にフン詰まり状態のものがありました。

目玉(複眼)が1個だけあるのはケンミジンコ(学名Cyclops:神話に出てくる一つ目の巨人)と同様です。ミジンコの学名(属名)はDaphnia:ギリシャ神話の水の妖精ダフネから由来。これは良い命名です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-04 19:37 | その他の動物

アシダカグモの交尾

風呂場に住み着いているアシダカグモの足の数が多すぎると思ったらカップルが夜中に交尾していました。
e0094349_1333328.jpg

雌雄で脚の長さが違っているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-12 13:34 | その他の動物

ヒドラの有性生殖

ホタル育成水路ではびこっているヒドラが屋内水槽に紛れ込んで増えていました。そのヒドラの体側に球体が見えるので顕微鏡で拡大してみたら、卵を産んでいることがわかりました。

ヒドラは環境条件が良いときは新しいポリプを無性的に(出芽させ)増やします。
e0094349_8162082.jpg

水槽内では出芽も盛んですが、同時進行で有性生殖も始まりました。
e0094349_825413.jpg

このような生殖様式の変化は環境変化を反映させているので、それを実験的に観察すれば、中学あるいは高校生の夏休みの自由研究の良いテーマになるでしょう。

ちなみにミジンコの仲間は餌が豊富な時に単為生殖(メスだけで産卵を繰り返す:一種の無性生殖)をして爆発的に増え、餌が枯渇するとオスが生まれ、オスメスが交尾して産まれた有性卵は耐久卵となります。

ヒドラの有性卵も耐久卵となって環境条件が良くなるのをじっと待つのでしょう。

下の写真画像は生まれたばかりのヒドラの卵です。
e0094349_82359.jpg
e0094349_8231494.jpg

照明や背景を変えて卵の中がよく見えるように細工してみたら、卵割している様子もわかります。
e0094349_824226.jpg

下のが耐久卵と思われるもので、本体から離脱する前の状態です。
e0094349_8251633.jpg

高温や低温だけでなく、おそらくは乾燥にも耐えるような丈夫な殻を持つ卵でしょう。

ヒドラの有性生殖、特にオス(精巣)の形成についてビスフェノールA(環境ホルモンとして作用)が影響を及ぼすかどうかを調べた研究結果が報告されています。

ビスフェノール A(BPA)のヒドラ雄性化への影響
http://www.env.go.jp/chemi/end/2002report/pdf_abs/PD/PD-96.pdf

食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について
-ビスフェノールAがヒトの健康に与える影響について-
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0708-2.html

<ビスフェノールAについては、近年、動物の胎児や産仔に対し、これまでの毒性試験では有害な影響が認められなかった量より、極めて低い用量の曝露により影響が認められたことが報告されています。>

ヒドラは水生の実験動物として飼育管理が容易で、昔から様々な科学的実験・試験に利用されています。日本の学校教育でも生きているヒドラが積極的に使われるべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-05 08:25 | その他の動物

ホタル育成水路のプラナリア

今シーズンのゲンジボタルの幼虫は、秋が深まってから育成水路に放流する前に、室内飼育で4令までの幼虫に育てる計画です。現在1000個体余りが元気に育っていますので、順調に行けば、来年は自宅周囲で乱舞してくれるでしょう。

ホタルの幼虫には孵化直後の小さいカワニナとサカマキガイを水路から集めて室内水槽の中で与えています。その餌の回収作業をしていてびっくりしたのがプラナリアの大発生です。
e0094349_18314693.jpg

実体顕微鏡で見ると、対の目玉が内側に寄っていて愛嬌のある顔をしています。

生きているプラナリアはじっとしていてくれないので顕微鏡撮影が難しいため、動画で紹介することにしました。
http://www.youtube.com/watch?v=uNjta31sDOo

海外のサイトでプラナリアの動画は沢山ありますが、餌を食べる行動が映画のエイリアンみたいで気色悪く、あまりお勧めできません。

プラナリアは貝類の天敵となる可能性があるのでチェック中です。また、ホタルの幼虫の敵となるかどうかも調べます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-31 18:35 | その他の動物

淡水産のヒルの仲間

ホタル幼虫の育成用の水路でカワニナを増やしていますが、その水路にヒドラとプラナリアが大発生していて対策に苦慮しています。

水路のプラナリアを採集して観察していたら、行動様式が違っている動物が見つかりました。プラナリアは滑るように動きますが、これはヒルのように吸盤で付着して匍匐前進します。

平べったくて、まるでウズムシと同じような外見で、体が伸びると2センチくらいです。とにかく、我々に飛び掛って血を吸うような「ヒル」とは一味違って、苛めるとダンゴムシみたいに丸くなります。

顕微鏡で確認したらまさにヒルの一種でした。背景のメッシュは5mmです。
e0094349_1153141.jpg

細く伸びる頭部には眼点が3対ありました。
e0094349_11533764.jpg

体の後端に吸盤が見えます。
e0094349_11542425.jpg

前の方にも吸盤があるはずですが、上からは見えません。

このヒルの仲間は一体全体何物じゃ、と調べてみましたが、日本の淡水産のヒルには30種あるそうで、オンラインでは、種まで調べることができる情報がありません。

おそらくユスリカの幼虫などを食べる捕食者と思われますが、ホタルの幼虫やカワニナを食べるかどうか、確認が必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-29 12:02 | その他の動物

KGBの出現

雨に濡れた家の周囲でカタツムリの天敵が出現しました。愛称がKGBというコウガイビル君です。
e0094349_8553660.jpg
e0094349_8554480.jpg

天敵さん、最近入院してから名前を改め「点滴さん」が「また、趣味の悪いものを見せる」と文句を言うのが予想できます。

コウガイビルの仲間はカタツムリやナメクジを食べますが、ミミズを襲う種類がいるそうです。写真のものは種名不詳で、長さは20センチくらいでした。大きい種類は長さ1mを越えるはずです。不気味ですね。

わが家の周囲には真っ黒な種類もいて、湿った場所の石の裏などに隠れ住んでいます。点滴さんは嫌がるでしょうが、もし出て来たら皆さんにご紹介します。

彼ら、KGBたちは人間に対して何も不都合なことをしない、自然・生態系の一員です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-19 09:01 | その他の動物

ノウサギの減少

ノウサギの数が減っているという話題が宮崎学さんのサイトに出ていました。

森の動物日記 ノウサギはどこへいった
http://fireside-essay.jp/modules/miyazaki/

九州山地のノウサギは、信州のように雪の中で白くなることはないようです。

本ブログではノウサギが2回登場しています。その画像を再登場させます。

サルナシ探索中の2009年に林道で死骸と遭遇しました:
e0094349_1620852.jpg

そして、2010年秋に家の周りの草刈中で見つかった仔:
e0094349_1620558.jpg

ホタル調査で夜間に林道を走った時にノウサギと何度も出会っていますが写真なし。

九州でイノシシと鹿が増えていることは狩猟統計でわかっています。
e0094349_16262474.gif

ノウサギも狩猟対象の動物で、統計データがあります。

飯田 繁 (2004) 九州における狩猟鳥獣の変化に関する研究
九州森林研究 Kyushu J. For. Res. No. 57, 34-38.
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/57/57po009.PDF

上の論文では「ウサギ」としてありますが、ノウサギとするべきです。
ウサギ類の分類 http://www.geocities.jp/tyatorand/bunnrui.u.html

論文の表5よりデータを抽出してグラフを作ってみました。
e0094349_16301673.jpg

ノウサギの狩猟(駆除事業の数値を含む)個体数の推移は山を描いていて、そのメカニズムを時代背景をもとに考えることは面白いでしょう。この狩猟で殺された数は個体数に比例して増減していただろうと思われます。

引用した論文に「狩猟の努力量」、つまりハンターの人数の推移がありませんので、水産統計解析のように努力量あたりの捕獲数で相対的な生息密度を推理できません。ただし、ハンターの数は単調に減少を続けているだろうとしてみればよいかもしれません。

イノシシと鹿はバブル時代以後に増加を続けました。それに対し、ノウサギ、タヌキ、イタチなどは減少しています。動物によって多少のずれは見られますが、大まかな傾向で見て2つのグループ間で増減の傾向がはっきり分かれています。

このような明瞭な変化には、それを支配している背景、理由があるはずです。

ノウサギの場合、穴居生活をせず、草原の中で暮す生態が重要な点であろうと宮崎学さんは推理しています。延岡市北川町の鏡山の山頂付近は草原になっていて、ノウサ君たちのフンがびっしりと見られました。その付近の牧場にも沢山いることでしょう。

ペットとされる耳の長いウサギはノウサギとは異なるアナウサギから作出された穴居生活、穴を掘って暮す動物です。英語ではrabbitとhareとして区別しています。

日向市では、米の山という標高約200mで、小倉ヶ浜を見渡せる山の山頂の駐車場で野生化したウサ君に出会ったことがあります。

天敵さんによると、小倉ヶ浜の松林でウサギが植樹された松の苗を齧っているそうです。それはノウサギであるのか、それとも野生化したウサギか、どちらでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-09 16:47 | その他の動物