beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の動物( 35 )


ミミイカの赤ちゃん

水槽で飼育していたミミイカのお母さんは、与えた餌を何も食べず、卵のそばにじっとしていましたが、10月1日にお星様になりました。

その後卵は順調に発生が進み、本日一斉に孵化しています。

小さいながらミミイカの特徴を見せています。ギョロ眼がお母さんとそっくり。
色素胞を変化させて真っ黒になったり白くなったりしています。
e0094349_614578.jpg

昨夜アンドンクラゲ(2個体)を採集したついでに灯火に集まったエビ類の幼生を食べるかどうか、生き残りはその餌が受け入れられるかどうかにかかっています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-12 06:04 | その他の動物

ミミイカの産卵

アンドンクラゲ採集の際に捕獲して飼育中のミミイカが水槽の中で産卵しました。
e0094349_15342682.jpg

底面循環ろ過のエアリフトの管の曲がり角の下にに固めて産み付けました。
卵数は100近くあると思います。

水槽内にあり、目視で正確な測定ではありませんが、卵細胞の直径が1.5ミリくらいで、
それを包む球形の卵のうの径は約3ミリです。

動画検索で、ヨウツベにミミイイカの産卵中の映像がオンライン公開されています。
砂潜り行動も、2本の腕で器用に砂を掻き揚げて潜る姿を見ることができます。

産卵したということは、おそらく交尾済みで、いずれ赤ちゃんが孵化するでしょう。
頭足類は一般に産卵後に死亡するので、今後は赤ちゃんの飼育が課題です。

ミミイカ種苗生産について 増殖室 八木秀志 (愛媛県水産試験場)
http://www.pref.ehime.jp/060nourinsuisan/210cyuyo-suisi/00007513051226/tayori/V08/08mimiika.pdf
仔イカは生き餌しか食わず、アミ類が天然の餌という相手なので苦労しそうです。

小倉ヶ浜の潮間帯の砂中に(本来多いはずの)アミ類が非常に少ないのが難点です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-23 15:33 | その他の動物

ベンケイガニの色彩型変異

GIビーチでベンケイガニたちの活動が盛んです。

駐車場所までのアクセス道路にも沢山出ていて、ひき殺さない様に徐行運転が必要です。

連中の一部は市街地の自動車道路まで出張して轢死体になっているものが見られるほど、陸と海の行き来が盛んです。以前、串間の海岸で、カニの群れが大挙して国道を横断中を見ました。

アカテガニとベンケイガニの関係が良くわかりません。鋏脚(つまりカニの手)が赤くなる特徴がはっきりしているのでアカテガニも一緒にいるのかどうか。とりあえず、GIビーチの集団はベンケイガニと見ています。

鋏脚の色と甲羅の色が独立に発現しているように見えますので、地域集団についてそれぞれの色彩型の頻度を調べ、地域的に比較すると集団遺伝学ができそうです。ただし、幼生は海で浮遊して広く分散・拡散・流動するので、それを前提にして調査することになります。

色々な色彩型の例を並べて見ましょう。(ただし、散歩ついでのスナップ撮影なので、網羅していません。)
e0094349_9491310.jpg
e0094349_9492632.jpg
e0094349_9494959.jpg
e0094349_9503246.jpg

e0094349_954023.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-09-11 09:50 | その他の動物

狢に遭遇

天気が回復したので、懸案のサルナシ類の開花状況のチェックに出動、とりあえず近隣から始めるとして、家の前の林道をドライブしました。

ウラジロマタタビとシマサルナシの蕾が出始めている株を各1本見つけ、撮影記録しました。

下がウラジロです。
e0094349_18555527.jpg
e0094349_1856524.jpg

次はシマサルナシ、蕾はサンプルを持って帰ってから撮影しました。
e0094349_18563277.jpg
e0094349_18564180.jpg

どちらも蕾がまだ固くて小さいのでオスメスの区別はわかりません。

一仕事が済んだので、ミッキーと林道をお散歩しました。突然ミッキーが大興奮状態になり、何事かと思ったら、道路わきのU字溝のなかに小動物がいました。

この辺で前に出会っているノウサギかと思いきや、タヌキに似たムジナの子供でした。ネコくらいの大きさで、溝の中でこちらに向かって低いうなり声を出し、逃げません。(死んだふりもしませんでした)
e0094349_193828.jpg

ミッキーは自分の見つけた遊び相手だと思って近づこうとしますが、相手が強烈に威嚇してきます。
e0094349_195227.jpg
e0094349_1951146.jpg
e0094349_1951963.jpg

鋭い爪が見えたので、一緒にじゃれたりしたら怪我をしそうです。

しばらく粘ってみましたが、後姿が撮影できず、全体像の写真が撮れないまま、引き上げました。

レッドデータ検索をしてみたら、宮崎県ではリスト入りしていませんが、九州北部では黄信号、福岡、長崎、大分、熊本で準絶滅危惧種とされています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=01060040124

日向市史、自然編をチェックしてみましたが、哺乳類・食肉目の項の中でアナグマの記載はありませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-17 19:07 | その他の動物

giant earthworm

今朝の雨上がりの林道では勘太郎ことシーボルトミミズがうろついていました。体長はおよそ30センチ前後です。これが歩く時に体節が伸縮しながら、とてもすばらしい、メタリックの青い光沢を見せてくれます。

体の表面に規則正しい微細な反射構造があって、それが反射する光が干渉した結果の色、つまり構造色、でしょう。伸縮に伴って色調(波長)が微妙に変化します。ミミズが歩くと青く光るゾーンが流れるように動いて見えます。きっと誰かがこれについて詳しく研究しているだろうと思いますが、体表面の微細構造の情報は見つけていません。

デジカメの撮影で、この色彩を記録できるかどうか、試して見ました。
e0094349_940119.jpg
e0094349_9401238.jpg

オーストラリアの原住民がイメージする虹色の大蛇をモチーフにしたアート、rainbow serpentの画像と見比べてください。
e0094349_943408.jpg


淡い緑色に光る「ホタルミミズ」確認 飯田で県内初 4月11日(土) 信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/20090411/KT090407SJI090016000022.htm
これは知らなかった。

世の中には物好きな人がいるもので、検索したらホタルミミズにとても詳しいサイトがありました。
工房"もちゃむら"のなんでも研究室 研究員 ドラえまん 「光るミミズを探す」
http://www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/mimizu-light.htm
pdfのファイルで、ホタルミミズ情報をまとめていますので、見てあげてください。
www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/phosphoreusVer5.pdf
日本中から見つかっていますが、宮崎県の記録が見当たりません。これは探さないといけません。

日本で一番大きいミミズはシーボルトミミズでしょうが、世界一大きいミミズについて検索したら、自称世界一のミミズ情報サイトなるものがありました。体長6mのミミズというのはすごい。実物をぜひ見てみたいものです。
WORM DIGEST - The Mighty Worm
http://www.wormdigest.org/content/view/102/2/

United States: The Oregon Worm grows two to three feet long, and it gives off the smell of lilies when handled. It burrows five feet deep and is rarely seen. In fact, there have been no official sightings since the 1980s.

The Giant Palouse was found in Washington State. It grows up to two feet long - about the length of a baseball bat. It hasn't been spotted since 1978. Population growth and development may be to blame.

Australia: The Giant Gippsland can grow to three feet, but it can stretch up to 10 feet. It's rarely seen, but Australian farmers can hear gurgling sounds coming from the ground as it moves through the earth.

New Zealand: The North Auckland Worm grows 4-1/2 feet long and gives off light at night. It's so bright you can read by its light.

South Africa: The South African Giant Earthworm grows to be up to 22 feet and is the largest earthworm known. The record-setting specimen was found beside a road in William's Town, South Africa, in 1967. The worms normally grow to only about six feet. (Did I say "only"?) >


ニュージランドのドデカイ発光ミミズで読書ができる、というのはすばらしい。養殖して庭に置けばガーデンライトに利用できそうです。

アメリカでは巨大ミミズが消滅しているようですが、交代で外来ミミズが活躍して問題を起こしています。

Scientific Americanという科学雑誌で、外来種のミミズがアメリカ五大湖周辺の森林生態系破壊に関わっているという記事を掲載していました。
Invasive Earthworms Denude Forests in U.S. Great Lakes Region
http://www.sciam.com/article.cfm?id=invasive-earthworms-denude-forests
アメリカ大陸北部、五大湖周辺は氷河に覆われていた時代にミミズが消滅し、その後はミミズなしの生態系で樹木から出る落ち葉などが食われないで厚く積もることが生態系の基礎構造となっていたそうです。そこにミミズが入り込んで、落ち葉を食べつくしてしまって、森林生態系の根幹をゆるがせている(かもしれない)、というお話です。樹木の交代が起こるでしょうが、おそらく森林そのものが消えることはないでしょう。

この問題は10年以上前から注目されていますが、例によって森林破壊→地球温暖化、という図式でグレードアップされ、それをマスコミがとりあげてから情報が飛び交っています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-21 09:44 | その他の動物

はっけよい、のこった、のこった

e0094349_7541387.jpg

海岸で出くわすカニの数が増えて、路上でひき殺さないように気を配っています。
大小さまざまで、どれも出会いがしらに大急ぎで物陰に逃げてゆくため、写真撮影
できませんが、お忙しい最中のカニは逃げる余裕がなかったようです。
この類の種の査定はきちんとやったことがないので想像ですが、ベンケイガニ
でしょうか。アカテガニがいてもよさそうですが、それらしき姿を確認できません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-14 07:58 | その他の動物

居付きのペアガモ

e0094349_7244811.jpg

顔を合わせた瞬間に飛び立って逃げ去っていたカモのペアがこのごろは危害の気配
を感じなくなったせいでしょうか、そのままくつろいでいるようになりました。
ヒナを育てて見せてくれるようになることを期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-01 07:27 | その他の動物

小型のタカさん

e0094349_91824.jpg

昨日二羽やってきて、杉の林の中と電信柱の上とで呼びかけあっていた鳥です。
チョン、ピューイといった感じで鳴いていました。
タカの仲間だろうと思いますが、ハトくらいの小型種で、模様から見てツミかしらと
見ていますが、問い合わせ中の専門家の答はどうなるか。
デジカメのズームで精一杯の写真ですので、画質は荒れています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-04-06 09:29 | その他の動物

街のカラス

e0094349_1034359.jpg
e0094349_10341377.jpg

農地でも海岸でもどこにでもいるカラスたち、街ではスカベンジャーです。
日向市内の朝の路上で、ゴミ収集車が来る前にご出勤の皆さんですが、
人を警戒して電線の上で様子を見ながら、安全確保したら一斉に降りて
きて、ゴミ袋からなにかしらをついばんでいます。カラスの食い物になる
何かが捨てられているということでしょう。わが家のゴミ袋は屋外に置いて
いてもカラスはやってきません。何しろ、袋の中に食い物が全く無いのです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-04-04 10:38 | その他の動物

林道に出てきた山太郎

e0094349_18131251.jpg

道端などでサワガニの姿は良く見かけますが、モクズガニと陸で出会うことは珍しい。
奥野川の水中にはこれを捕獲するカニカゴが仕掛けられていることがよくあります。
この子の大きさは左右の足の先端を結ぶと12センチくらいです。かなり大物でした。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-19 18:15 | その他の動物