beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の昆虫( 30 )


クワカミキリ

e0094349_8572920.jpg

台所の網戸の外側に張り付いていたカミキリムシは初めて見る種類です。

検索しようと思ったら、地味な色彩で、時に目立つ模様などの特徴がないのが特徴であったため困りました。

多分、クワカミキリという奴です。

撮影したらすぐ飛び立ちました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-09-28 09:01 | その他の昆虫

ガチャガチャ鳴く虫か

秋の気配が感じられるようになると、家の周りで夜中ににぎやかな鳴声、ガチャガチャが聞こえます。
e0094349_19174576.jpg

物干し竿の上に止まっていた大型の虫、これが夜中に騒ぐ犯人かもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-09-17 19:19 | その他の昆虫

GIビーチのイカリモンハンミョウ

e0094349_8574359.jpg

台風の波と風が都合よく働いて綺麗になったGIビーチでは、スナガニのチビたちとイカリモンハンミョウが活発に動き回っていました。

イカリモンハンミョウは石川県の天然記念物となっている全国的に珍しい海岸昆虫です。

宮崎県では日向市と串間市の砂浜に生息しています。

串間市のイカリモンハンミョウ - くしまn自然学校
http://www.kushiman.net/column/column10.htm

鹿児島県のイカリモン
2013年11月4日。鹿児島県大隅半島の東側、鹿児島県肝属郡東串良町・柏原海岸
http://blogs.yahoo.co.jp/jyako_ageha71/67088275.html

大分県の波当津海岸は九州で北限のイカリモン分布地
http://www.pref.oita.jp/10550/reddata2011/09/kc033.html
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-10 09:56 | その他の昆虫

エノキにオトシブミがやってきた

昨年植えたエノキの苗は鹿に齧られ、枝先が寸詰まりになっていますが、新しい枝葉を出して元気に育っています。
e0094349_12493765.jpg

ところが、今度はオトシブミの攻撃に晒されてしまいました。
e0094349_12451388.jpg

e0094349_12455379.jpg

背景の緑のメッシュは鹿よけのネットです。

くるくる巻かれた葉の中に幼虫がいるかと思って開いて見たら、なぜか空っぽでした。
e0094349_1249164.jpg

巻いた葉を落としていないのと、エノキを選んでいるので「ヒメゴマダラオトシブミ」かもしれません。

オトシブミについて詳しいサイト、
http://homepage3.nifty.com/owl_h0h0/nature/insects/html/insect_otosibumi.html
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-04 12:54 | その他の昆虫

何かの幼虫を襲うカメムシ

キジョランの葉の上にカメムシがいたので、この植物の敵かもしれないと思い、よく見たら昆虫の幼虫に口吻を差し込んで体液を吸っている最中のようでした。
e0094349_1413387.jpg

敵ではなくて、敵の敵、つまり味方のようです。

カメムシ類には植物体から液を吸い取るものが多いのですが、一部に他の昆虫の天敵もいます。

写真のカメムシは、多分、クチブトカメムシでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-11-06 14:16 | その他の昆虫

tiger beetleの牙

e0094349_13461212.jpg

裏庭の石畳の上にハンミョウが飛び回っているので接写を試みました。近づくと飛び去る、を繰り返していましたが、やっとこさ、見事な牙を撮影できました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-12 13:48 | その他の昆虫

甲虫類3種

ゲンジボタルの昼間の休息場所を見て回っていて見かけた甲虫たちを紹介します。

カミキリムシの仲間で、甲長は2センチに満たない、かなり小さい種です。
e0094349_1454356.jpg
e0094349_1453539.jpg

山の神山でシマサルナシの実を採取した時、誰かが大きな蔓を切り捨てて置き去りにしていたので、家に持ち帰って挿し木にしています。その挿し木に取り付いていたので、卵を産み付けて蔓の中を幼虫が食い荒らすかもしれません。虫は虫屋に聞けば種類はわかるでしょう。

お次はマックロな甲虫でわりと大きい種ですが、キマワリの仲間でしょう。サルナシの挿し木苗を固定しているアカメガシワに取り付いていましたが、この虫が何をしていたのかわかりません。
e0094349_1494757.jpg

ビックリグミの熟した実にペコペコ虫が取り付いていました。
e0094349_14103567.jpg

コメツキムシの仲間を見るのは久しぶりです。

<追記>

ヒメヒゲナガカミキリ
http://www.insects.jp/kon-kamihimehigenaga.htm
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-31 14:25 | その他の昆虫

黒松の葉をムシャムシャ、これぞ松くい虫

裏庭の黒松(松くい虫、線虫耐性)に取り付いて葉を食べている幼虫が現れました。
e0094349_11423731.jpg

針葉をさかんに食べています。
e0094349_11431471.jpg
e0094349_1143643.jpg

面白いことに葉をはさんで両側にペアを組んでいるものがたくさんいます。
e0094349_11445192.jpg

時々体の前半分を上に向けて折り曲げ、多くの個体が一斉にやっていました。
e0094349_11462898.jpg

松の針葉を食べる虫ははじめて見ました。

マツノキハバチという「ハバチ」の仲間だそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-05 11:48 | その他の昆虫

マイマイカブリ登場

玄関前をうろついている漆黒のマイマイカブリと遭遇しました。
e0094349_1432734.jpg

名前のとおりカタツムリの天敵です。

時々見かけていますが、写真撮影は初めてでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-28 14:33 | その他の昆虫

ゲンゴロウが2種出現

放棄水田を湿地にして維持している場所を何と呼んだらよいのか困っています。「ビオトープ」という言葉が好きでない(意味を曲げた使い方が問題)ので使いたくないのですが、その名称が一般に広まってしまっています。

見学客を案内する前に、放置状態だった湿地の状態をチェックしました。畦の一部がイノシシに壊されていて水漏れしていましたが、最近雨が多いために壊れたところから下の(放棄)田んぼ(全部で5枚、湿地は中央)に水溜りができていて、その中にメダカが群れていました。

壊れた畦を修理したら水溜りが乾くので、メダカの群れを網ですくって救うことにしたら、水溜りにゲンゴロウが一緒に、しかも2種類いました。クロゲンとマメゲンの2種だろうと思います。洗面器の中でチビのマメゲン君は大きいクロゲンの下に潜って隠れます。
e0094349_11344534.jpg
e0094349_11345419.jpg
e0094349_1135386.jpg

湿地の上をびっしりと覆っていた浮き草が21日の大雨・洪水で奥野川からあふれた水に流されて、すっきりしていました。また、最近はイグサがはびこっています。

洪水の時に湿地に入ったらしい、ハヤの子供たちがメダカの群れと競ってにぎやかに泳いでいます。泥底にはヒメタニシが健在でイモリもノソノソ歩いていました。ドジョウもいるはずですが、動きが見えません。

オタマジャクシは水溜りに1匹いましたが、今の時期は少ないようです。お玉がカエルになっても、昆虫がいない、餌が少ない時期ですから当然でしょう。

<追記>

大きいほうはクロゲンゴロウかと思っていましたが、縁取りが黄色で腹が真っ黒なのでコガタノゲンゴロウかもしれません。

動画をアップしました。
http://www.youtube.com/watch?v=g2TrIRntyKg
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-08 11:44 | その他の昆虫