beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の昆虫( 30 )


オオゾウムシ

小倉ヶ浜の散歩から戻って玄関前を見たら大きなゾウムシがいました。2センチ以上です。
e0094349_7533188.jpg
e0094349_7534212.jpg

触ると死んだ振りをして動きません。

どうせ「オオゾウムシ」という名前をもらっているだろうと検索したらドンピシャリ。

朽木で幼虫が育つ虫ですが、木を枯らすような嫌われ者ではないそうです。

オオゾウムシ歩く、というYouTube動画がありました。自分で撮影する手間が省けました。
http://youtu.be/tDhXnZxHMj8
iromushiya さんが 2011/05/21 にアップロード
<動きが「たたり神」に似ていませんか>

「たたり神」というのはアニメの「もののけ姫」に登場していましたね。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-31 08:00 | その他の昆虫

ゴマダラカミキリ

カミキリムシの仲間には美形が多く、ゴマダラ君は濃いブルー(ほとんど黒)の地色に白い斑紋が味のあるパターンを作っています。昨日捕まえたものを庭のサルナシの蔓に放して撮影しました。
e0094349_11145474.jpg

これは柑橘類の害虫として嫌われているようで、最近発表された研究報告のまとめ(総説)を見つけました。

Hiroe Yasui
Chemical communication in mate location and recognition in the white-spotted
longicorn beetle, Anoplophora malasiaca (Coleoptera: Cerambycidae)
Applied Entomology and Zoology  Vol. 44 (2009) , No. 2 183-194
http://www.jstage.jst.go.jp/article/aez/44/2/183/_pdf

カミキリにやられた柑橘類の木から放出される揮発性の化学物質(セスキテルペン類)が雌雄のカミキリムシを誘引しているということです。ゴマダラのオスが広範囲に飛翔しながら傷ついた餌の木を見つけ、オス・メスが集まって繁殖する(オスによるメスの認識にはメスが出すフェロモンが介在)というストーリーが展開されています。

化学物質で誘引できるなら、トラップを作って捕殺する(ミカン類などの)害虫対策ができそうなものですが、ところがどっこいです。

その昔、オニヒトデをトラップで捕らえる駆除法が海中公園センターの某研究員によって考案され、見事に失敗したことがあります。それはオニヒトデが食べて傷ついたサンゴ類からにじみ出る物質がオニヒトデを誘引することがわかったからでした。(オニヒトデは食べられたサンゴに集合して食べつくすわけです)

実験室の水槽にいれられたオニヒトデは、誘引物質をしみこませた綿などに集まって抱きつき、トラップにも入ってくれます。しかし、野外でトラップを設置してもオニヒトデはそこらへんの近場のサンゴを食べる(化学的な誘引よりも実際にぶつかるサンゴの接触刺激が摂食行動を誘発する)ので、まるで入ってくれません。

ゴマダラ君の場合も、餌の柑橘類の周辺に集まってから交尾相手を探すのが忙しいのと、ミカン園などでは特に餌の木を選ぶ必要もないのでしょう。要するにトラップにピンポイントで来てくれないのです。

ウイキによると
<木材の輸出を通じてアメリカ合衆国にも侵入し、カエデなどを枯死させる被害を与えていることから、"Asian long-horned beetle"と呼ばれ、駆除が行われている。>

Asian Longhorned Beetle  an informational guide
http://www.asian-longhorned-beetle.com/

シロスジ君と同様に海外で外来種となって嫌われているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-10 11:46 | その他の昆虫

栗の害虫、シロスジカミキリ

昨日、外灯に寄って来たお客様です。頭の天辺からお尻まで4センチを越えていました。
e0094349_2023936.jpg

日本最大のカミキリムシだそうです。捕まえるとギシギシと大きな音を出します。

泣くなシロスジカミキリ
http://www.afftis.or.jp/konchu/mushi/mushi66.htm
<成虫は夏に現れて交尾し、クリの幹に強力な大あごでかみ傷をつけ、その中に産卵する。孵化した幼虫は樹皮下を食害し、やがて材部に穿孔して数年がかりで成長して行く。 外部からはあまり目立たなくても、大風で大樹が根元から折れたとき、この虫の威力を思い知らされる。>

鳴くシロスジカミキリ Protesting Longhorn Beetle  
sigma1920 さんが 2006/09/25 にアップロード
http://youtu.be/hdwldBPfjQs

わが家の南隣に栗林があって、毎年沢山の栗が実ります。わが方の敷地に落ちる実は自由にできる約束になっています。現在栗の木に花が咲いているのですが、昨年までと違って元気さが感じられません。

栗林の持ち主が脚を悪くしていて、昨年から下草の草刈もせず、周囲のお茶の新葉の摘み取りもしていません。完全放置状態で栗の木はドンドン巨大化してきました。

植栽された樹木が放置されると、健康状態が悪化するように思えます。カミキリムシの仲間は弱った木に卵を産みつけ、樹木の中で幼虫が育って、木が枯れます。栗林にとっては害虫ですが、自然生態系では弱った不健康な樹木の更新に貢献する存在でしょう。

海岸の松林では線虫を運ぶベクター、つまり不都合な奴として、マツノマダラカミキリを殺戮するため毎年殺虫剤の散布が行われているところがあり、日向市の小倉ヶ浜もその一つです。松の木を密植して富栄養化させた状態でマツの健康状態を悪化させることには無頓着なまま、目先の敵を退治しようとして生態系の破壊をやる野蛮な地方行政にはあきれるしかありません。地域住民が眼を覚ましてくれないと困ります。

さて、このシロスジ君をどうしましょうか。

アメリカに進出したシロスジ軍団がアメリカ農務省の頭痛の種となっているようです。
大発生しているニューヨークなどで駆除事業が行われています(樹木ごと伐採・焼却)
Asian Longhorned Beetle
http://www.youtube.com/watch?v=wt4LEWiXu3U&feature=related
殺虫剤の散布による駆除は「論外」とされています。どこかの国とはかなり違います。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-22 20:22 | その他の昆虫

イカリモンとハラビロ、砂浜のハンミョウ

日向市が2006年に刊行した「日向市史、自然編」の第6章、昆虫類の甲虫類の4番目にハンミョウ類が記載されています。(181-182頁)

先日、イカリモンハンミョウを撮影した際にこの本をチェックしたら、もう一種のハラビロハンミョウが小倉ヶ浜に生息している(河口付近にハラビロがいて、波打ち際にイカリモンが住み分けている)と書いてあったので、昨日も今日も探してみましたが、ハラビロは結局見つかりませんでした。

今朝のGIビーチで撮影したイカリモンです。
e0094349_9331083.jpg

塩見川から流れ出てきて波打ち際に打上げられたコアマモの周囲にいました。
波打ち際だけでなく、砂浜の全域に広く生息しています。
e0094349_9331722.jpg
e0094349_9332575.jpg


宮崎県のレッドデータによると、

イカリモンハンミョウ Cicindela anchoralis ハンミョウ科
準絶滅危惧(NT-g)
県内では、過去に広く分布、あるいは個体数が多かったと考えられるものが、分布域の一部において生息条件の悪化により絶滅したか、若しくは生息面積の減少や個体数の顕著な減少が見られるもの

ハラビロハンミョウ Cicindela sumatrensis niponensis ハンミョウ科
準絶滅危惧(NT-r)
県内では、もともと希であったものが、分布域の一部において個体数が顕著に減少しているもの    
 
両種とも県として「準絶滅危惧種」の認定を受けています。

宮崎県の総合博物館サイト:デジタルミュージアムのイカリモンハンミョウの説明:
http://www.miyazaki-archive.jp/d-museum/search/search/detail/?id=329
<かつて県内のほとんどの砂浜海岸に生息していましたが、護岸・堤防工事、港湾整備で砂浜が減ってきたため、現在は生息域が限定されています>

ハラビロは宮崎県では昔からレアものだったのが減った種ですが、イカリモンは普通にいたものが極端に減った種という違いがあります。どちらも珍種となっていて、昆虫マニア相手に標本を販売しているサイトがあります。

環境省のレッドデータではイカリモンが: 絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN) 、ハラビロが:絶滅危惧Ⅱ類(VU)とされていて、イカリモンがより絶滅の危機に近いとされています。

イカリモンがレッドデータに載っている県は:石川、大分、宮崎、鹿児島の4県のみです。

大分では蒲江町波当津に唯一の生息地がみられます。(大分県レッドデータ) 
http://www.pref.oita.jp/10550/reddata/data/text/371.pdf

鹿児島では志布志湾に生息している砂浜があり、さらに種子島でも見つかっているようです。
http://homepage3.nifty.com/trechinae/A_achoralis.htm
週末がさがさ団さんが写真をビシバシ撮っています。
http://gasagasa.dameda.net/shucho/2009/090912-1.htm

宮崎県では串間でも見られます。
くしまnコラム イカリモンハンミョウ 交尾中の写真があります。
http://www.kushiman.net/column/column10.htm

にらむしのすみか
http://homepage2.nifty.com/hanmyou/anchoralis.htm
ハンミョウ類の飼育をやっているハンミョウ類の専門サイト:幼虫の写真があります。

ハラビロは:新潟、石川、福井、鳥取、島根、長崎、(熊本、情報不足)、宮崎、鹿児島の9県ですから日本海沿岸に広く見られる希少種ということでしょう。

どちらも太平洋沿岸で高知より東に記載がないのは分布していないのか、あるいは沢山いるのでレッドデータに入っていないのか判別できませんが、砂浜海岸の環境破壊の「指標」種となりそうな昆虫ですので、生息・分布範囲が限られているのかもしれません。南方系の昆虫ですが、沖縄からの記録はなさそうです。

イカリモンハンミョウは分布北限地で、石川県の「天然記念物」に指定されています。

●石川県文化財保護審議会の審議結果について●
史跡名勝天然記念物(天然記念物)  平成15年12月22日 文化財課
   ・「イカリモンハンミョウ生息地」
http://www.pref.ishikawa.jp/kisya/h15kyoui/bunkazai/17-2.html

イカリモンハンミョウ生息地

所在地
 羽咋郡志賀町大島から羽咋市柴垣町
  (菱根川から柴垣(須田地区)までの海岸)
概要 
 イカリモンハンミョウは、昆虫綱 甲虫目 ハンミョウ科に属する昆虫で、インドシナ半島から中国南部・台湾を経て日本にまで分布する南方系の昆虫である。
 日本では、本州の石川県の能登半島、九州の宮崎・鹿児島(種子島を含む)の両県に隔離分布し、県のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅰ類に分類されている。
 石川県では、かつては、内灘町から羽咋市にかけての海岸砂丘地帯に生息していたが、近年、海岸線に沿って構築される護岸堤防や海岸への自動車乗り入れ等による環境変化により姿を消し、一時は絶滅したのではないかと危惧されていた。
  それが、現在では柴垣海岸から大島・甘田海岸までのごく限られた範囲で確認され、その後の調査により大島・甘田海岸にはかなりの数が生息していることが判明し、1998年(平成10年)に「大島・甘田海岸のイカリモンハンミョウ」として石川県の天然記念物に指定された。
 その後、羽咋市の柴垣海岸でも1999年(平成11年)から2003年(平成15年)にかけて調査が行われ、その結果、個体数の確認や生息環境が良好であることが確認された。
 この地域に生息するイカリモンハンミョウは、生物地理学的に南方系要素の北限分布としての意義が大きく、極めて貴重な種であることから、保存する価値を認め、指定地の追加及び指定名称の変更を行い、その保護を図るものである。

その他
  志賀町指定天然記念物(平成9年5月7日)→県指定(平成10年2月27日)
  羽咋市指定天然記念物(平成15年8月29日)→今回県指定


石川県の柴垣海岸から千里浜にかけての砂浜海岸にはチョウセンハマグリが生息しているので、数回現地訪問してサンプリングしています。
http://beachmollu.exblog.jp/1495388

<追記>

琉球大学理学部海洋自然科学科生物系の佐藤綾さんは海岸のハンミョウ類について分子系統地理学の研究成果を発表しています。
A. SATOH, T. SOTA, T. UÉDA, Y. ENOKIDO, J. C. PAIK, M. HORI  (2004)
Evolutionary history of coastal tiger beetles in Japan based on a comparative
phylogeography of four species.
Molecular Ecology, 13, 3057-3069

Aya Satoh and Michio Hori (2005)
Microhabitat segregation in larvae of six species of coastal tiger beetles in Japan
Ecological Research Volume 20, Number 2, 143-149

中国産のイカリモンハンミョウの記載があります。
A list of the tiger beetles of China (Coleóptera: Cicindelidae)
G SHOOK, J Wiesner - Fauna of China, 2006
http://www.asiabeetles.com/files/Shook_Wiesner2006.pdf

沖縄の砂浜にイカリモンがいたかどうか、佐藤さんに問い合わせてみましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-19 10:16 | その他の昆虫

柳の花粉集め

柳の蕾が膨らんで花が咲き出したら、ハナアブと思われる虫が花粉集めに来ています。
e0094349_10593310.jpg

e0094349_10595131.jpg
e0094349_10595877.jpg

忙しく飛び回っていて、シャッターチャンスがなかなかありません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-23 11:00 | その他の昆虫

アオリンゴカメムシ?

庭の松の苗木に取り付いていたカメムシを発見しました。なかなかハンサムな奴です。
e0094349_10102829.jpg

カメラを持っていなかったので、撮影する前に逃げられないように捕獲しました。

オンライン・カメムシ図鑑で検索してみたところ、和名:オオクモヘリカメムシ、学名:Anacanthocoris striicornisに似ています。ただしその成虫は羽根が濃い茶色で不透明なので、この写真の個体は成虫になる寸前のようです。

カメムシたちは嫌な臭気をだすことで有名ですが、こやつは不思議な香りを出しました。

これが青リンゴカメムシだ!
http://flatbugs.blog76.fc2.com/blog-entry-18.html
本種は体長2cm内外の大型のヘリカメムシで,マメ科のネムノキで発生し,時にミカン等の果樹作物の害虫にもなる.
ヘリカメムシ科は概して酸味をもった臭気を出すが,本種のそれはベースに青臭さがあるようだ.透き通るような緑色の体色もあいまって,希釈された臭気は青リンゴの芳香を彷彿とさせる.

[PR]

by beachmollusc | 2009-11-10 10:19 | その他の昆虫

クロシデムシ

昨日朝の林道散歩中に出あった甲虫ですが、交通事故で轢死したばかりのシマヘビにたかっていました。
e0094349_20265773.jpg
e0094349_2027534.jpg

しばらくの間、ヘビの死体を動かそうと努力していたようですが、動かないのであきらめて立ち去ったようでした。

多分、クロシデムシです。シデムシの仲間を「昆虫のおくりびと」と呼んでいるサイトがありますが、死骸を見つけると土中に埋めて産卵し、幼虫の餌にして片付けるようです。

よく見るとダニが付着していますが、検索情報に新種のダニがクロシデムシから見つかって記載されていました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-03 20:34 | その他の昆虫

Japanese beetle マメコガネ

チャボトケイソウことmaypopの葉っぱをかじっている小さなブンブンがいました。
e0094349_7485586.jpg

写真を撮ろうとしたら体操選手みたいに脚を突っ張ってポーズをとりました。

見たことが無い小さな変なカナブンだなーと検索してみたら、どうやらマメコガネという和名が付けられたコガネムシの仲間です。アメリカにわたって作物害虫となっていて、Japanese beetleと呼ばれているそうです。小さいからこの和名かと思ったら、マメ科植物が好きだとあるので、それが元で命名されたのかもしれません。
http://www.mushitori.jp/old_sansakuki/gallerykoga/mame.html
http://www.cirrusimage.com/beetles_japanese.htm

Japanese beetleと呼ばれる甲虫には、これとは別に通称が「タイワンカブト」、和名はサイカブトと呼ばれるヤシの木を枯らすカブトムシの仲間がいます。サイの角みたいな角を生やしたカブトムシで、堆肥の中で幼虫が育ち、沖縄ではごく普通に見られます。

沖縄ではこの東南アジア原産の「外来種」がはびこっていて、本島と久米島など各地で街路樹として植えられたヤシを枯らしました。国道58号線に植えられたココヤシに目の細かい網がかぶせられているのはその対策のためです。ミクロネシアでもサイカブトの仲間にココヤシが食い荒らされ、日本原産でもない虫にJapanese beetleという名前をつけています。あたり構わず世界を荒らす奴、というイメージが重なったために付けられた名前でしょう。

日本でもマメコガネは農作物の害虫として認識されているようですが、海外に渡って大発生して頑張っているほどの活躍は見られないとされています。おそらく天敵ぬきで新天地に渡ったからでしょう。ホーム・グラウンドの日本では天敵や病原体がコントロールして、一人勝ちの大発生を抑えてくれます。
http://www.mokichi.net/insect/mamekogane.html

しかし、何らかの環境撹乱があると、マメコガネは日本でも大発生する潜在性を秘めているようです。だから害虫とされるわけです。そのメカニズムの一つとして集合産卵の行動習性があるのでしょう。、

岩淵 喜久男・日高 敏隆: マメコガネ成虫の集中分布とそれを起こさせる要因(分布様式)
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨1978年
http://nels.nii.ac.jp/els/110001081754.pdf?id=ART0001237867&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1247527549&cp=
この研究報告は、要するに、集中的に集まる仕組みとしてフェロモンがあるだろうということでしょう。そのフェロモンはすでにわかっていて、防除に利用されているようです。

農薬会社のサイトで、ゴルフ場の芝生の害虫としてマメコガネの生態の説明文書が見つかりました。
http://www.syngenta.co.jp/golf/insect/insect03.htm
北海道から九州にわたるゴルフ場に広く分布します。
名前のとおり、成虫は晴天の昼間にマメ科の植物を好んで摂食します。発生が多いときには、1匹の雌に何十頭もの雄が群がっているのを見かけることがあります。成虫発生時期は6月から10月頃の年1回で、寿命は約2週間です。地中に生み付けられた卵は2週間前後で孵化し、2週間程度の1令期、3~4週間の2令期を経て3令幼虫となります。幼虫による芝の根に対する被害は2~3令幼虫によって9月前後に乾燥害とあいまって現れることが多いようです。3令幼虫で越冬し、翌年の5月頃から蛹になりはじめ、2週間程度で成虫となります。


外来種であるチャボトケイソウには日本では天敵が少ないだろうと思っていましたが、迎え撃つ在来種の敵がいました。作物としてチャボトケイソウを栽培する障害にならなければよいのですが、さてどうなるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-14 08:21 | その他の昆虫

クヌギの受難

庭のクヌギはドンドン背が高くなって、よく茂っています。

毎年今頃はケムシの大集団に襲われて、木が小さいときは葉がほとんど食べつくされたのですが、大きくなっているので相対的に影響が小さくなっていると思われます。クヌギは葉を食われることを織り込み済みのようで、食われると新しい葉を一斉に出して、より元気に育つようです。
e0094349_94976.jpg

上の写真に写っていますが、ケムシと一緒に甲虫が見つかりました。

クヌギの樹液を吸いに来る甲虫類、クワガタやカナブンなどは有名ですが、このチャイロの虫は何をしているのか、葉っぱの上でウロウロしていました。何匹いるのかわかりませんが、たくさんいるようです。
e0094349_952425.jpg

チャイロカナブンという種かどうか、画像検索ではあまりよく似ていなかったので、わかりません。
このブンブンたちは幼虫を育てるために産卵に来ていたのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-06 09:53 | その他の昆虫

はかない命

今朝は師走の初日、よい天気で早朝に霜が降りていました。
庭の片隅で虫のなきがらが転がっていました。ツユムシでしょうか。
e0094349_10523498.jpg

冬眠しそびれたものか、寿命が尽きたのかわかりません。
日中は日差しがあると、いまだにトンボやチョウチョなどが飛び回っています。

ヒメボタルの森で間伐作業が進められています。
林道脇の杉の大木が作業道路を造るために伐採されました。
切り株のすぐ上の部分が輪切りにされて、それを貰い受けました。
年輪の数は80くらいでした。直径は約60センチ、樹高は30m近かったと思います。
大きく育った木も、チェーンソーで数分で切り倒されます。
e0094349_1048159.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-01 11:04 | その他の昆虫