beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:魚類( 16 )


ウナギがレッドデータ入り

ニホンウナギ、絶滅危惧種…環境省レッドリスト
(2013年2月1日14時21分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20130201-OYT1T00846.htm

4年続きのシラスウナギの不漁が明白になってしまって、さすがの水産庁も環境省の指定に対し、これまでのように「まった」をかけられなくなっています。

数あるマスゴミの中で、まともな記事を探すと上に引用したものが背景説明をちゃんとやっています。

次は国際的なIUCNのレッドリストの認定が待っています。

興味がある人は、わが過去記事を見てください。

2008年2月19日のブログ:うなぎが絶滅する日 
http://beachmollu.exblog.jp/7300845/
同上20日:うなぎが絶滅する日(その2)
http://beachmollu.exblog.jp/7309452/

ウナギの絶滅と河口堰 2012年3月22日
http://beachmollu.exblog.jp/17584454/

ウナギの受難 2012年7月27日
http://beachmollu.exblog.jp/18479675/
http://pds.exblog.jp/pds/1/201207%2F27%2F49%2Fe0094349_13295235.jpg

環境省サイトの記事から引用
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16264

ニホンウナギ情報不足(DD) → 絶滅危惧IB類(EN)

 ニホンウナギには海域で一生を過ごす個体と、海域から河川に遡上し成長した後、産卵のため再び海域へ下る個体の存在が知られている。前回見直しでは、河川に遡上する個体が産卵に寄与しているかなど、生態に関して不明な部分が多いことから情報不足(DD)と判断していた。しかし、2012年5月にスコットランドで開催された国際魚類学会で、九州大学を中心するグループの研究発表により、産卵場であるマリアナ海溝で捕獲されたニホンウナギ13個体すべてにおいて、河川感潮域に生息していた証拠となる汽水履歴が確認され、また淡水履歴がないものも4個体に限られることが明らかとなった。これにより河川へ遡上する個体が産卵に大きく寄与していることが確かめられ、これに基づき改めて評価を行った。
 ニホンウナギについては、農林水産省が公表している全国の主要な河川における天然ウナギの漁獲量データ(漁業・養殖業生産統計,1956年~)が存在する。日本の河川に遡上する成熟個体数の総数及びその動向は不明であるが、この漁獲量データから少なくとも成熟個体数の変動は読み取れると考えられる。ウナギの成熟年齢は4-15年と考えられており、漁獲量データ(天然ウナギ)を基にした3世代(12-45年)の減少率は72~92%となる。
 以上より3世代において、少なくとも50%以上は成熟個体が減少していると推定されることから、環境省レッドリストの判定基準の定量的要件A-2(過去10年もしくは3世代の長い期間を通じて、50%以上の減少があったと推定される)に基づき、絶滅危惧IB類(EN)に選定した。

[PR]

by beachmollusc | 2013-02-02 17:25 | 魚類

フナが金魚に変身

カワシジミの養殖で給餌システムに必要な微細藻類を繁殖させるため、半年前から90センチ水槽でフナを飼育しています。

シジミ養殖水路の上流にプールを作り、魚を飼育して藻類を増やすシステムです。

実験用のフナは琵琶湖から来たニゴロブナで、5匹を4000円で購入しました。

ニゴロブナは滋賀県で郷土料理の発酵食品「鮒ずし」に使われる魚で、現地では養殖されています。

ニゴロブナを養殖し、昔ながらの「鮒ずし」を復活
http://www.watashi-kigyou.com/000595.htm

金魚用の餌を与えて飼育していたところ、5匹の中で「1匹だけ」オレンジ色に変色したのでびっくり仰天。
e0094349_820249.jpg
e0094349_820861.jpg


そもそも、金魚というのはフナの突然変異であるヒブナから派生したものですから、野生のフナ集団の中でオレンジ色の個体が生まれて出てきても不思議ではありません。

しかし、飼育途中で突然変身するというのはとても奇妙です。

皮膚組織にあるメラニン生産の仕組みが突然機能しなくなったのでしょうか。

カワシジミの殻の色彩で、ビリベルディンの濃い紫色の発色がヒンジのところだけに限定される「カネツケ型」の生まれる仕組みが気になっていますが、色素沈着の物理化学について研究が進んでいないので謎に包まれています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-26 08:29 | 魚類

ドンコのその後

昨年12月、シジミの採集中に捕獲した2尾のドンコは水槽の中でドンコドンコと育っています。

ドンちゃんとコーちゃん(2011-12-10) http://beachmollu.exblog.jp/17041286/

捕まえた時の体長は3センチくらいでしたが、現在ドンちゃんが7センチ、コーちゃんが5センチくらいです。

ドンちゃんは貫禄が出てきました。
e0094349_1219289.jpg

コーちゃんは餌をねだるような顔をして水槽の向こうからじっと見ています。
e0094349_12233482.jpg

e0094349_12203155.jpg

主な餌はオタマジャクシですが、早く大きくなったドンちゃんが餌を独り占めするので、別々の水槽に別けてからコーちゃんに餌をしっかり与えて、大きさの差を解消させるつもりです。、
[PR]

by beachmollusc | 2012-05-02 12:21 | 魚類

塩見川のミミズハゼ

飼育中のドンコに食べさせる生餌を採集するため塩見川でガサガサしていたら奇妙なハゼが網に入りました。細長い体の長さが6センチで、網の中でクネクネする様がミミズに似ていました。
e0094349_1054241.jpg

図鑑やオンライン検索で調べたところ、ミミズハゼ属の一種だろうと思っています。

ミミズハゼの仲間は沖縄本島北部の砂浜でしばしば遭遇していましたが、川の中にいるとは知りませんでした。

ドンコの餌にするには大きすぎるので、別の水槽に入れてこのミミ君も飼育することにしました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-22 10:58 | 魚類

ドンちゃんとコーちゃん

6日に延岡市、沖田川水系の農業用水路でマシジミを採集中、網に入ってしまった魚が2匹いました。いつもはすぐにリリースですが、幼いけれどツワモノ風な顔つきをしていたので飼育して大きくするため連れ帰りました。図鑑で調べてみたら、やっぱりドンコのお子様です。体長は約3センチで、当初は小さい水槽でOK.

30センチ水槽に入れて様子を見たらオオカナダモに乗って2匹とも落ち着きました。見ていると仕草がなかなかユーモラスです。2匹が重なったまま、しばらくそのままでした。どちらが偉いか、相手を押さえつけてボスを決める行動かもしれません。
e0094349_18264777.jpg

ドンコはハゼに近い仲間ですが腹鰭が吸盤になっていないので水底に張り付く習性ではないようです。
e0094349_18265575.jpg

生きている餌を食べるというオンラインの飼育情報を見て、購入したばかりのミジンコを与えたらあっと言う間に食べつくしました。

近所の赤岩川から小さいエビなどをさらって来て与える必要がありますが、肉食魚は成長が早いので大きくなるのが楽しみです。

4年前に飼育を開始したナマズの稚魚は昨年までに(大きくなってから)全滅したので、90センチ水槽が空いています。塩見川に多いカワアナゴの稚魚でも見つけて飼育しようかと思っていたところなので、ドンコは歓迎です。(ドンコとカワアナゴは近縁で、生態的な地位も捕食者として似ています)

2匹の名前はドンちゃんとコーちゃんとしましたが、どちらがどちらかわかりません。

赤崎 正人: 宮崎県の海と川の魚介類(10)  宮崎県の河川の魚(6)
http://miyazaki.4zen.jp/012/06/index.html#

上の記事から一部引用します。

<全長25cmに達する大型のハゼ。体は円形で太短く、尾部がやや細い。頭はやや縦扁し、尾部は側扁します。背鰭は2基。腹鰭は吸盤状ではなく、分離した普通の腹鰭で、宮崎のハゼ科ではドンコとカワアナゴだけに見られる顕著な特徴です。>

<本種は夜行性で動物食性の魚です。飼育しても生きたものしか食べません。私も飼育しましたが、生きたエビを時々しか捕獲出来ず、イワシの切り身をやっても見向きもしませんでした。とうとう半年位で痩せたドンコを元の大淀川に放流してやりました。>
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-10 18:37 | 魚類

シロクラベラ(マクブ)の技

ナショジオ・ニュースで面白いのがありました。

強力な歯、道具を使う初の野生魚
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011071404&expand#title

貝を砕く、道具を使う初の野生魚
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011071403

シロクラベラは沖縄でマクブと呼ばれる最高級の食用魚です。滅多に口にできません。

建築アトリエ海のブログ  マクブが釣れた 2010年02月01日
http://okuhama1008.ti-da.net/e2677625.html

この魚が口にくわえた貝を岩に打ちつけ、砕いてから中身を食べる光景が写真に記録されています。

ナショジオの日本スタッフは英語の和訳でチョンボが多いようですが、このニュースの日本語タイトルは誤りです。「道具」は使われておらず、貝が大きすぎて噛み砕くことができないため、口にくわえて岩にぶつけただけです。

First Pictures: Wild Fish Uses Tool
http://news.nationalgeographic.com/news/2011/07/pictures/110713-tool-using-fish-science-tuskfish-australia-use-tools/

英語のtoolを直訳すると道具になります。この記事では、魚が口を「道具」として使うという意味ですが、「道具を使う魚」と和訳すると意味が違ってしまいます。

シロクラ君がくわえた貝は、英語の原文でcockleという英語名:日本語の記事ではザルガイと訳されています。写真の貝はおそらくヌノメガイの類であって、細かく言えばザルガイの仲間ではないでしょう。

ヌノメガイやアラヌノメは写真に写っているようなサンゴ礁の砂だまりに生息している二枚貝で、10センチ近くまで大きくなります。ザルガイの仲間と見かけは似ていますが、ハマグリに近い種類です。

琉球大学の風樹館(資料館)サイトに標本写真があります。
ID: RUMF-ZM-02805 ヌノメガイ
マルスダレガイ目 Veneroida マルスダレガイ科 Veneridae
学名: Periglypta puerpera (Linnaeus, 1771)
http://fujukan.lib.u-ryukyu.ac.jp/ja/spec/details.php?id=RUMF-ZM-02805&lang=ja

貝殻を噛み砕いて食べる魚としては、このベラの仲間以外にフグやハリセンボン、エイの仲間があります。咽頭歯という頑丈な臼のような喉の奥にある歯を使って砕きます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-19 17:36 | 魚類

レッドリストのドジョウ

e0094349_17431365.jpg

ドジョウの仲間でレッドリスト入りしているものがいくつかありますが、ここではただの
ドジョウについてまとめた図を示します。リストに記載していない都道府県が多いので
それは示さず、赤信号(絶滅危惧)と黄色信号(準絶滅危惧)扱いだけです。
西日本に信号が集中しているのがいわくありげですね。
[PR]

by beachmollusc | 2006-12-18 17:46 | 魚類

メダカ、都道府県別のレッドデータ

e0094349_12121649.jpg

自治体によってデータのカテゴリーの定義や名称が異なることがあるので、いわゆる
絶滅危惧(環境省は3つのランクに区分していて、多くの地方自治体もそれに従う)を
一まとめにし、準絶滅危惧と二つの大まかな区分で図にしました。
これは、生物多様性情報システム(J-IBIS:Japan Integrated Biodiversity Information System) のRDBから各都道府県のレッドデータを検索した結果です。
http://www.biodic.go.jp/J-IBIS.html

環境省はメダカを絶滅危惧II類(VU)、絶滅の危険が増大している種、としています。
[PR]

by beachmollusc | 2006-12-14 12:22 | 魚類

日向ドゼウ再発見

e0094349_17143152.jpg
e0094349_17144143.jpg
e0094349_17145112.jpg
e0094349_1715159.jpg

日向市と合併した東郷町を抜けて隣の美郷町に入ったところに小八重(こばえ)という
小さな集落がありますが、国道沿いにいつか見たのと同じ絵が眼に飛び込んだので
立寄ってみました。ドジョウの養殖場がありましたが、誰も番をしていないようなので
近所の田んぼのおばさんに聞いたら、餌やりは誰か地元の人に任せて、主は別の
ところにいるそうです。北川町の看板と同じドジョウの漫画だし、日向ドジョウというの
も同じなので、同じ経営者なのでしょう。この村の谷あいには立派な砂防ダムあり。
オバちゃんによれば、昔はタニシは多かったがコンクリート水路になってから見ない
そうです。いずこも同じ、そろそろ秋です。タニシを見つける旅は失敗に終わりました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 17:21 | 魚類

氷見市の魚市場にて

e0094349_101276.jpg

この写真は海鮮館の中ですが、当地のお魚の季節カレンダーがありました。
e0094349_10133072.jpg
e0094349_10142263.jpg
e0094349_10143442.jpg

イワガキとサザエ、どちらも夏場の貝ですが、氷見市の周辺には岩礁海岸に恵まれ
ているようです。
e0094349_10161499.jpg
e0094349_10162573.jpg
e0094349_10163635.jpg

シマダイと呼ばれていたイシダイの若いもの、タイにブリの子ども(大きさで名前が
異なるのはこの魚の常)、サワラ、サバ、アジ、などさまざまでした。おそらく定置網
でとれたものが中心でしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-21 10:18 | 魚類