beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:魚類( 16 )


氷見市 道の駅 海鮮館

e0094349_1832914.jpg
e0094349_18323133.jpg
e0094349_1832413.jpg

氷見市は自然海岸をほとんど失って、20年近く前からハマグリが採れなくなっている
と聞きました。貝塚サンプルと直接比較できる現地の現生のハマグリは入手不能に
なっています。
海岸一帯には観光旅館があり、大きな橋や立派な施設が並んでいました。
道の駅と称していた海鮮館は主要道から外れていたので見つけるのに一苦労。
水産の町として能登の七尾と張り合っているそうです。
館の外では海鮮バーベキューの店があり、旬の岩牡蠣などを焼いています。
館内の売店でもイワガキが中心的でした。ハマグリを売っていたのですが、
これは歴然としたシナハマグリでした。
また、地元のアサリと称して売られていたのはコタマガイでした。

朝の漁港でせりの様子を見たので、その様子も後で紹介します。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-20 18:40 | 魚類

メダカとナマズ

e0094349_718680.jpg
e0094349_7181411.jpg

宮崎県のレッドデータでは、かつての里山の田んぼに繁殖場所を持っていたメダカと
ドジョウとナマズがそろってリスト入りしています。小川と水路がほぼ完全に三面張り
となって鉄砲水で流され、水田と河川の往来ができなくなり、魚の産卵時期、稚魚の
生育時期に水田が乾燥状態に置かれるようになり、などとかつて身近だった魚達が
受難の時代を迎えています。メダカを復活させるためには、水田を昔のようにするの
は無理なので、用水路を工夫して小さいよどみを作って底に泥があって水草が生える
ような環境をところどころに作ることが必要です。そこにドジョウやフナッコを増やして
釣って遊べる場所にするとか、子供達が生き物と遊べる空間を作ることが重要でしょう。

水槽で飼育中の日向のクロメダカは元気いっぱいで、産卵を開始しました。水田にも
放流しておきましたが、前に放流したフナとタカハヤみたいにサギとカワセミの標的
にならないように祈っています。コナギやオモダカという水田雑草が繁茂してきました
ので、隠れ場所ができたので守られるでしょうが、トンボのヤゴが大繁殖しているので
油断ができません。湿田ミニ生態系(ビオトープという言葉は使いたくいない)の遷移
は見ていると面白いものです。正体不明の生き物が泥の上を這いまわっています。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-02 07:31 | 魚類

都城の湧き水

e0094349_12264536.jpg
e0094349_12265643.jpg
e0094349_1227724.jpg

ファルコの後ろ足指が悪性腫瘍になってずっと悩まされて来ましたが、指先を病巣
ごと切断する手術を昨日宮崎市内の獣医さんにしてもらいました。経過は今のところ
良好です。8月にはまた泳ぐことができる見込みです。

手術が終わるまでの間、小林市にある県の水産試験場の分場を訪問して、ミジンコ
の種を分けていただき、さらに、メダカ、ドジョウ、ナマズなどの県内での生息状況に
ついて教えてもらいました。

都城には湧水を使った水田があること、また従来の農法を使っている水田が残って
いるので、ナマズやドジョウが生育できる環境も残っているだろうということでした。
そこで、小林から都城にまわって、教えられた場所でドジョウ救いをやりました。
今年生まれらしい稚ドジョウ20個体と成体5個体を網ですくっているうちに雨が
強くなってギブアップしました。

写真の場所では三面張りにされておらず、豊かな水量で流れていて、さらにたまり場
(湧水の場所か)もできていました。この水路にはクレソンとカナダモの群落ができて
いて、その下にドジョウが隠れていました。しかし、圧倒的に多かったのはアメリカ
ザリガニとジャンボタニシ(巨大なものがいました、まさにジャンボだ)でした。カワニナ
も多かったのですが、動植物の外来種の天国となっているのが現状です。
[PR]

by beachmollusc | 2006-07-20 12:41 | 魚類

日向のドゼウ

e0094349_764830.jpg
e0094349_765623.jpg

日向市内の田んぼ脇の水路にメダカとフナとドジョウ、さらに針ウナギがいました。
フナとメダカは無数にいますが、ドジョウはそれほど多くはないようなので、まずは
飼育して増やすことにします。まだ小さめの若い個体ばかりです。そして、体色の
個体ごとの変異があって、中にはオレンジ色が強く出ているものがありました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-07-04 07:10 | 魚類

アカメ

e0094349_11144199.jpg

宮崎県の山奥にある小林市の出の山を訪問してきました。
有名なホタルの産地を探訪したのですが、思いがけなくそこには
淡水水族館がありました。そして、日向市の塩見川で採取された
アカメが飼育されていました。フラッシュ撮影ができなかったので
ぶれてしまっています、ごめん。目が赤いのはナチュラルです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-28 11:18 | 魚類

釣れますか

e0094349_7511040.jpg

南日本の海岸めぐりの一こまです。
クーラーの中を見せてもらったら。可愛いチヌが入っていました。

今日の午後はこのパタソン・エドワード博士をゲスト講演者として「津波とサンゴ礁」のセミナーを琉球大学理学部で開催します。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-17 07:55 | 魚類