beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日記( 263 )


阿蘇と久住

心地よい天気に誘われて、久住と阿蘇めぐりのドライブを楽しんできました。

日向市から北川まで自動車道が開通しているので、高千穂経由ではなく、三重、竹田経由で久住に向かいました。桜の花は、高度によって、咲き始めのところからほぼ満開まで。

久住の中腹にある(標高約900m)駐車場で見た久住の山は青空にくっきりそびえ、野焼きされて黒くなった裾の原、そして枯れ草の広がった茶色の中腹斜面のコントラストが見事でした。
e0094349_1923933.jpg
e0094349_1923263.jpg

阿蘇の山並みはくすんだ空気の中にぼんやり見えました。
e0094349_193501.jpg
e0094349_1934345.jpg

せっかくの展望がぼやけていたのは某国から飛来している微細粒子のおかげかもしれません。
e0094349_1984362.jpg
e0094349_1983698.jpg

小国のあたりで見かけた赤牛の姿ですが、不思議な飼い方ですね。

今回は、阿蘇方面をめがけて、初めてミルクロードという農道を突っ走ってみました。巨大で変な色の風車が1基だけ回っていたのが異様でした。面白くなかったので写真はなし。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-21 19:10 | 日記

春の息吹

昨日、今年最初のウグイスの鳴き声が海岸で聞こえましたが、今朝は自宅周辺でもあちこちで聞こえました。
e0094349_10502465.jpg

冬の間は小さかったヨモギがいつのまにか一斉に大きくなっています。上の写真は砂の上に出てきたもので、これを見てヨモギの放置栽培のヒントになりそうです。
e0094349_1055203.jpg

アザミはロゼットの姿で越冬していたのが、上に向かって茎を伸ばし始めています。

谷間のシキミ畑にも春の気配が感じられます。ここでは杉が密林になっておらず、点在している姿が素敵です。

梅が1本だけ花を咲かせている後ろには、左側に竹藪、右側に落葉しているクヌギ林があります。
e0094349_10565443.jpg

背景の山の斜面は照葉樹と落葉樹の混合した自然林で、秋にはまだらに黄葉します。そして新緑が芽を吹いて眼を和ませてくれるのはまだ先になります。残念ながらこの場所では山桜はごくわずかです。

照葉樹林は杉の人工林と大差がなく、一年中暗い緑色なので魅力が感じられません。

朝鮮半島から日本列島に移住してきた人々が南九州をパスして、本州中部に移っていった理由の一つは照葉樹林の恵みが乏しかったからかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-28 11:08 | 日記

逆ツララ

自宅から100mほど南に奥野川の河川プールがあります。

今朝の冷え込みで、このプールの「水飲み・足洗い場」に逆向きのツララができていました。
e0094349_982920.jpg
e0094349_982134.jpg

足洗い用の蛇口から水滴がもれていて、それが凍って上向きに「成長」した結果で、その高さが30センチを超えていました。

蛇口が凍結すれば水滴が落ちません(撮影時:午前8時頃には水滴は落ちていませんでした)から、この逆ツララが成長するためには、冷却のための微妙なバランスが必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-19 09:13 | 日記

東京は雪

e0094349_9181232.jpg

東京駅の大丸八階にあるイノダコーヒーでランチ。

追記: 気象庁の予報と異なり、大雪となってJR各線が運行できなくなりました。

京浜東北線が架線が切れて復旧の見込みが立たずとなり、持っていたタブレットで各線の運行状況をチェックしながら帰還経路を調べました.リアルタイムでネット情報が見られるのは便利です。

東京駅から南浦和に戻るため、まず地下鉄丸の内線から後楽園駅で南北線に乗り換え、その延長である埼玉高速鉄道で東浦和まで出て、運転再開した武蔵野線で無事帰還しました。休日の午後だったので通勤ラッシュがなかったのが不幸中の幸いでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-14 11:50 | 日記

地球寒冷化

今朝の日向の山の中は冬将軍の襲来で一面が真っ白の霜景色となりました。

カーポートの下にあっても、車の窓に氷の結晶がはりついて、樹氷ならぬ車窓氷です。
e0094349_1137321.jpg

ミッキーの飲み水に氷が厚くはっていました。

半世紀前の学生時代には「氷河期がやってくる」という話が全盛でしたが、いつのまにか「地球温暖化」説がはびこってきました。

地球の気候は温暖と寒冷の間を揺らいで変動しています。現在は数百万年前に始まった氷河時代の中での温暖期(間氷期)です。これが氷期に向かって寒冷化するのは時間の問題と思われていますが、日本では政治的な思惑で温暖化(問題)が特別に強調されてきました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-10 11:38 | 日記

日野市にて

e0094349_7374318.jpg

シジミ調査のため東京、日野市に来ています。

あいにく雨がふっていて、お昼をサイゼリヤで食べてから多摩川水系の日野用水を見ました。
e0094349_740392.jpg

昔の農業用水路が都市化に飲み込まれ市街地を流れています。ここでは用水路網を親水空間と位置づけて水路の脇に散歩道や休憩所を設けています。

カワシジミが日野市の水路で大発生したというネット情報もありました。

雨の中で日野用水の支流でカワシジミを採集しました。
e0094349_7511429.jpg

水路は3面コンクリートで流れもありますが、底に砂礫が堆積し、カワニナが見えたのでシジミの生息が期待されました。
e0094349_7455657.jpg

日野市栄町内の用水路のカワシジミは大部分が死殻で、わずかに生きていた小さい個体を必要数集めるために時間がかかりました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-11-26 11:53 | 日記

塩見川の河川水位

台風が南海上にあるときに、九州山地に東側から雨雲がかかって大雨になりやすい状況が生まれます。

過去には最大で1時間に80mm以上、降り始めからの累積雨量で約400mmの大雨で、自宅下を流れる奥野川が氾濫しました。

今回の雨は累積で120mmを超えたばかりですが、奥野川が氾濫する寸前まで増水しています。

奥野川が塩見川に合流するところから下流に約2km、河口から上流に約4kmの緑開橋で河川水位が観測されていて、データをオンラインでみることができます。

塩見川 緑開橋水位局の水位情報
http://suii.ezwords.net/id/03051152100065.html

基準値
  水防団待機水位 2.10m
  はん濫注意水位 2.70m
  避難判断水位 3.10m
  はん濫危険水位 3.30m

先ほど17日の10時前のデータでは、氾濫注意水位の下30センチまで増水していました。
e0094349_1085734.gif

上のグラフのように、塩見川の水位観測地点では潮汐サイクルで水位が上下します。

雨は午後にはあがる見込みであり、その頃は大潮の干潮になるので、塩見川が氾濫することはなさそうです。

国土交通省の川の防災情報:リアルタイム
テレメータ雨量  日向(気象)(ひゅうが)
e0094349_1028119.jpg

累積雨量が240mmを超えていました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-17 10:17 | 日記

熊本県御船町の恐竜博物館

昨日は御船町にある水路で3回目のシジミ採集に出かけました。

町の名物は緑川の支流のひとつ、矢形川の上流の山間部で出土した肉食恐竜の化石で、それをもとにした恐竜博物館があります。
e0094349_8952.jpg

緑川の別の支流、御船川が山間部から平野に出る扇状地に立地した、のどかな田舎町です。

九州自動車道の御船ICがありますが、延岡と熊本を結ぶ九州中央自動車道ができればJCTとなるでしょう。しかし、高千穂から五ヶ瀬にかけた難所に自動車道ができるのはいつの日になるか。ただし、現在の国道218号線は立派なハイウエーですから、枝分かれした国道445線が改良されれば問題なさそうです。(現状で日向市から御船町まで車で2時間半かかります)
e0094349_854067.jpg

この博物館は町役場に隣接していて、その壁には子供たちの描いた恐竜たちが暴れていました。
e0094349_873422.jpg
e0094349_874499.jpg

博物館の池上さんに案内していただき、4年前に彼がシジミのサンプルを採集した場所に案内していただき、比較サンプルを採集することができました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-29 08:09 | 日記

早朝の虹

秋雨前線の影響でしょうか、昨夜から小雨が断続的に降っています。

今朝6時ちょっと過ぎ、小雨の中、日課のビーチ・ドッグランに出かけました。

GIビーチに下りたら、目の前に虹がかかっていました。
e0094349_7503668.jpg
e0094349_7504342.jpg

干潮の砂浜に潮溜まりができていて、その上に虹の影が見えます。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-08 07:52 | 日記

愛知県安城市のデンパークで見たメタセコイア


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-08-05 13:12 | 日記