beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ホタル( 79 )


ヘイケボタルが登場

5月25日からヒメボタルとゲンジボタルが光っていますが、今夜はヘイケボタルが出てきました。
e0094349_20213316.jpg

ゲンジボタルとは、光りかたと飛び方が違うのですぐわかります。
e0094349_20214426.jpg

プラスチックの虫かごの中に入れて撮影しています。

オスの発光器は白い帯が2層ありますが、
e0094349_2022011.jpg

メスのは1層だけで、下側は赤い帯です。
e0094349_20221021.jpg

これで3種類のホタルが勢ぞろいしました。

3種のホタル(ゲンジ、ヘイケ、ヒメ)が揃って、同じ場所で一緒に光るのは、わが日向、小原のホタルの里の自慢です。

今週末は集団の発光が最盛期を迎えると思います。
[PR]

by beachmollusc | 2015-05-28 20:27 | ホタル

日向ホタルのシーズン

昨夜まではチラホラ光っていたのが、今夜はゲンジボタルとヒメボタルの数が一気に増えました。
e0094349_21271823.jpg

空気が乾いているのでゲンジボタルは飛ばずに光っているのが多いようです。
e0094349_2127713.jpg

e0094349_21273525.jpg

光って飛んでいるゲンジボタルをコンデジで追って撮影したら、何とか光の帯が写りました。
e0094349_21274572.jpg

周囲ではシュレーゲルアオガエルが盛んに鳴いていて、それに時折カジカガエルの鳴声が混ざります。

シジミの餌のプランクトン培養タンクにシュレーゲル君がいました。
e0094349_21275771.jpg

今週末にかけて一気に飛翔発光数が増えて賑やかになるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-05-25 21:25 | ホタル

オバボタル

e0094349_10285231.jpg

昼間、家の周りで沢山飛び回っているオバボタルです。

このホタルは、ほとんど光らないと言われています。

ホタルの仲間は日本国内に50種くらいが知られていますが、夜間に発光して飛び回る種類は数が限られています。
[PR]

by beachmollusc | 2015-05-02 10:35 | ホタル

取りこぼしのゲンジボタル幼虫がお食事中

e0094349_8321778.jpg

17日に飼育水槽内からすべて取り上げたはずのゲンジボタルですが、取りこぼしがいました。

この水槽では、インドヒラマキガイを増やし、新しいホタルの幼虫が生まれる7月に初期餌を用意しています。ところが、取りこぼしの幼虫が貝を食べていました。

水槽のガラス面で食事中なので、幼虫が餌の貝に頭を突っ込んで肉を溶かして食べる様子がよく見えます。

水槽のガラスの厚みが5ミリで、幼虫の大きさは数センチあり、上陸して土繭を作る大きさに近いものです。

4月中旬から下旬の雨の夜にゲンジボタルは水の中から外に出て、繭を作り、成虫は6月上旬に羽化するはずです。

現在はゲンジボタルにとって重要な時期で、上陸のタイミングに関係する雨の降り具合に注意を払う必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2015-04-26 08:43 | ホタル

ゲンジボタルの幼虫

7月はじめに卵から孵化したゲンジボタルの幼虫約3200個体を30センチの水槽で飼育しています。餌はインドヒラマキガイ(レッドラムズホーン)とカワニナの稚貝を与えました。
e0094349_7591854.jpg

17日に、飼育開始から4ヵ月半の幼虫たちの生き残りと成長を確認するため水槽から取り出しました。

約1600個体が生き残っていて、生残率が5割、過去最高の成績でした。

大きさ別に分けてみたら、4令と3令が約600個体と1と2令が約1000個体でした。

下の写真は4令幼虫です。来年春までにもう一回脱皮してから上陸してサナギになるでしょう。
e0094349_814824.jpg

次は3令幼虫。
e0094349_815642.jpg

白い個体は脱皮直後です。
e0094349_824768.jpg

小さい水槽で小さい幼虫を高密度にして餌を集中して与えることで生残率が高まりますが、先に餌にありついた個体が早く大きくなって餌を占有するようです。そして大きさの個体差が広がります。

今回の飼育では、途中での取り上げと大きさによる選別、仕分け飼育をやりませんでした。

3と4令幼虫は22日に屋外の飼育水路に放流し、残り1000個体は室内で飼育を継続です。

卵から孵化したばかりの大きさの個体もかなり沢山いるので小さい餌(稚貝)を与える必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2014-11-18 08:08 | ホタル

ゲンジとヘイケの大きさ比べ

e0094349_21453295.jpg

ホタルのシーズン終了の確認のため午後9時過ぎに庭に出てみました。

ヒメボタルの発光は見られず、飛翔して光っていたホタルもごくわずかでした。

ところが、ゲンジとヘイケのメスがそれぞれ1個体ずつ草むらと栗の木に見つかりました。

写真の大きいほうがゲンジボタル、小さいほうがヘイケボタルで、どちらもメスです。(背景の目盛りは5ミリ方眼)

大きさ比べの写真を撮影後、もし卵を抱えていたのであれば産卵してくれるかもと期待しながら、ホタル育成水路のコケの上に放しました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-23 21:50 | ホタル

日向市 小原のホタル

13日(金曜日)の夜8時半現在、ゲンジボタルはほぼ終了です。
e0094349_20451837.jpg

奥野河川プールで車をとめて、橋から川を見ていた人たちをヒメボタルが出ている杉林に誘導しました。

ヒメボタルはピークを過ぎたようですが、まだ100個体以上光っています。

この週末が今シーズンのヒメボタル観賞のラストチャンスとなるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-13 20:46 | ホタル

観覧席への訪問者

昨夜は半月が雲に隠れ、無風で、ホタル観賞には絶好のコンディションでした。
e0094349_7292831.jpg

ホタル観賞のため昨夜は日向市内から親子連れ二組、そして西都市の農家民宿:ももくり百年の吉野さん(西都原のヒメボタル守りたい、隊長)の皆さんに、わが家の特別観覧席で、新しいカラフルな椅子に座ってゆっくりとくつろいでもらいました。

このカラフルな椅子は、今シーズンの観客が多くなったので、家中の椅子などを動員しても不足したので急遽ネットショップに注文を出して、配送されたばかりです。つかわない時は積み重ねておける、すわり心地も悪くない、しゃれたデッキチェアが見つかりました。
e0094349_7373656.jpg
e0094349_7372866.jpg

今朝見たら、椅子の背もたれの上にホタルの遠い親戚の甲虫が2種類止まっていました。

ピンクの椅子には黄緑の甲虫、よく見かける奴ですが名前を調べていません。そして、緑の椅子には黒いぺこぺこ虫の一種のようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-09 07:45 | ホタル

ゲンジボタル再生産のサイクル

ゲンジボタルの自家生産の6回目のサイクルが始まりました。
e0094349_11262095.jpg

昨夜遅く、メスのゲンジボタルを庭で探して5個体(ヘイケボタルのメスも1個体)捕獲して、産卵用のカゴに収容しました。

虫かごの壁面に止まっているのをカゴの壁越しに撮影したこのメスは体長が2センチ近くあります。

かごの中のマイクロファイバーの布には第1号の産卵が見られました。

今夜さらにメスを5個体見つけて、トータルの卵数の目標を5000以上とするつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-07 11:32 | ホタル

ゲンジボタルの交尾活動

まだヒメボタルが出てくれないので、観覧席でゲンジボタルを眺めた後、木に止まってうろうろしていたゲンジたちを暗闇で観察していました。

カメラを持っていない時に限って撮影したい行動をとるので困ります。交尾活動に入りそうなカップルができたので、あわててカメラを取りに行って、戻ったら肝心なカップルは行方不明でした。

しかたなく、その辺でうろついていた連中のスナップ撮影の練習をしました。
e0094349_20471317.jpg
e0094349_2046565.jpg
e0094349_20464459.jpg
e0094349_20463243.jpg
e0094349_2046159.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-05-28 20:47 | ホタル