beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ホタル( 79 )


ポポーの葉の上で

今朝からの大雨が止み、ホタルたちの飛翔時間がきたので屋外に出て様子を見ました。
e0094349_20482146.jpg
e0094349_20481288.jpg

ポポーの木に止まったまま光っているゲンジボタルです。

飛び回っているものはいません。

ヒメボタルのチェックをしましたが、日向の金ボタルはまだ出ていません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-20 20:49 | ホタル

オバボタル

e0094349_9383123.jpg

雨あがりの朝、昼間に飛び回るオバボタルがあちらこちらに見られます。

この蛍は発光器が退化していてほとんど光を出さず、よく発達した触角でフェロモン探知をしています。

日向市にはゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルのほかにオバボタルとクロマドボタル(幼虫を見つけただけ)が生息しています。

夜中によく探せば、クロマドボタルのような幼虫時代に発光するホタルの仲間を見つけることができるでしょう。ただし、マムシに注意が必要です。(日向市に来て満8年ですが、まだマムシに遭遇していません)
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-15 09:43 | ホタル

ゲンジボタルの幼虫

昨年6月に自宅で産卵・孵化した(2008年以来、自家繁殖6代目の)ゲンジボタルの幼虫の終令近かったものはすでに育成水路に放流してあって、今頃は土繭になっていると思います。
e0094349_10323134.jpg


成長が遅れていたため、放流しないで室内の30センチ水槽で飼育を続けていた幼虫を取り出しました。全部で約250個体(3令幼虫が50個体、4と5令が各100個体)でした。3つのグループに仕分けました。
e0094349_1036067.jpg
e0094349_10355188.jpg
e0094349_10354142.jpg

これらの幼虫は、今年は成虫にならず、来年か再来年まで幼虫のままです。

ゲンジボタルの一生は1年サイクルでつないでいるような説明がなされることが多いようですが、実際は、運よく餌をたくさん食べて成長が早かったものが満1年で成虫になり、おそらく主力は2年目で、さらに3年かかって成虫になるものも相当な割合になると考えられます。

今日の午後に、北川のホタルの館で、北川やっちみろ会の活動助成金のスポンサーが視察に来る予定です。そのため、現在飼育中のホタルの幼虫の実物を見てもらうために用意したところです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-26 10:43 | ホタル

ゲンジボタル幼虫の初期餌

1ヶ月前に産卵されたゲンジボタルの卵から2セット分、合計約1080個体の幼虫が孵化して、前の450個体に続いて飼育水槽に投入しました。メス1から卵が約500個となります。

幼虫の飼育水槽は30センチの底面循環ろ過(サンゴ礫を使用)で、オオカナダモを幼虫の排泄物処理のために投入してあります。これで数ヶ月間、飼育水が安定していれば、水の交換不要となります。

一番大切な幼虫が食べる餌ですが、1令幼虫の大きさが2mmくらいなので、その口に合う大きさのものが必要です。
e0094349_917586.jpg

カワニナの稚貝とインドヒラマキガイの孵化仔貝、どちらも1-2mmの大きさ、を与えています。
e0094349_9243533.jpg

真っ赤な肉のインドヒラマキガイ(レッドラムズホーン)はカワニナと違って卵塊を基盤(水草や水槽の壁)に産みつけ、それから孵化する小さい子供たちがホタル幼虫のちょうどよい餌に成ります。
e0094349_928256.jpg

レッドが好んで産卵する人工基盤としてシリコンマットが使えます。利用しているのは、とり扱いが楽な11センチ角の穴あきマット(キッチン用の耐熱鍋敷きです)。

マットをインドヒラマキガイの親のいる水槽に入れておけば卵塊だらけになり、それをホタル幼虫の飼育水槽に移動させて孵化を待つわけです。
e0094349_930472.jpg

ガラス水槽に産み付けられたインドヒラマキガイの卵塊中の仔貝です。
e0094349_9321024.jpg

ホタルの産卵から孵化までの日数(約一ヶ月)を計算に入れ、あらかじめ親のレッドラムズホーンに餌を十分に与えて産卵を促していました。

今シーズンは名古屋出張がゲンジボタルの繁殖シーズンのピークとぶつかったので産卵メスの数の確保が十分にできず、これから孵化するものを加えて、おそらく孵化幼虫の総数は3000から4000個体程度に留まるでしょう。

産卵メスさえ確保できれば、万単位のホタル幼虫の飼育は飼育設備を拡張すればよいだけで、手間もそれほど余分にかかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-04 09:41 | ホタル

ゲンジボタルの初令幼虫

e0094349_11273583.jpg

先月下旬に産卵されたゲンジボタルの幼虫、最初のグループが幼虫になっています。
背景の格子の目盛りは5mmなので、幼虫の体長は約2ミリです。
e0094349_11275078.jpg
e0094349_11274334.jpg

エサが十分にあれば、幼虫は脱皮を繰り返し、最短で来年春には体長で約20倍になるまで大きく育ちます。飼育を繰り返してみた結果、ゲンジボタルは1年サイクルよりも2年がかりで成虫になるものが多いように思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-24 11:34 | ホタル

ヒメボタルの季節

日向市小原の奥野河川プール駐車場からわが家にかけて、林道沿いの杉林でヒメボタルの発光が続いています。

12日20時半現在、林道の100mの範囲で100以上光っています。

あと何日くらい見ることができるかわかりませんが、今週末が今シーズン最後のチャンスと成るかもしれません。

ゲンジボタルは新規の羽化はない模様で、残党が数十個体散開して光っています。

クモの巣につかまって光っているゲンジボタルがいました。
e0094349_2058321.jpg
e0094349_2057578.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-06-12 20:29 | ホタル

ゲンジボタルの産卵1号

ゲンジボタルは羽化して交尾し、それからメスが産卵するので、産卵を見るのは出現シーズンが始まってからしばらく日数が過ぎてからです。

来年に備えて幼虫の餌の準備のかたわら、昼間みつけたメス2個体を産卵させてみました。ゲンジボタルのメス(左)はオス(右)より一回り大きいのが普通です。メスは1個体が500以上産卵します。
e0094349_17201579.jpg
e0094349_1720727.jpg

虫かごの中に閉じ込め、かごの上にマイクロファイバーのハンドタオルをかぶせ、霧吹きで布を湿らせておきました。昨日までに1個体が産卵していました。

マイクロファイバーの布地は直径0.5mmのゲンジボタルの卵がうまく包まれるような構造になっているし、湿り気を維持するのが容易です。昨年度試験的に使ってよい産卵と孵化実績を出したので、人工繁殖の技術としてお勧めです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-01 17:24 | ホタル

北川ホタル学校

延岡市、北川町のホタルの宿で、昨日の午前中は私の「ゲンジボタルを知る」というお話と、門川高校そして延岡工業高校でのホタルプロジェクト、さらにゲンジボタルが乱舞する日本一美しい渓流、小川(北川の支流)の上流にある三川内中学校による河川清掃活動の報告がありました。
e0094349_7321588.jpg

会場に集まった学級生は二つの高校の生徒と教諭、一般市民をあわせて30名あまりでした。
e0094349_7331673.jpg

主催者である「北川やっちみろ会」会長の早瀬さんが、今年で5年目のホタル博士育成講座の開会の挨拶に続いて、ホタル合戦の話、宮崎県の人たちが伝承してきた(ホタル幼虫)と間違えているアワフキムシの話、そしてゲンジボタルの生活史と人工飼育のコツを私が電脳紙芝居で説明しました。
e0094349_7341013.jpg

門川高校は、この講座よりも前から学校としてホタルプロジェクトを続けています。昨年からは校庭内のホタル池で幼虫を飼育し、成虫を羽化させることに成功しました。
e0094349_740190.jpg

延岡工業高校のホタルプロジェクトは、ホタルの減少と「光害」の関係について野外調査と飼育したホタルによる実験観察で、かなり苦戦しています。

北川やっちみろ会の皆さんは、ホタルの繁殖期に、道路から照明や車のヘッドライトが川べりに照射されないように遮光幕を設置しています。

小川(こがわ)にはゲンジボタルが乱舞するスポットがいくつもあり、シーズン中は多数の車が鑑賞のために集まります。しかし、一番奥まった三川内中学校付近は知られていないと思われます。
e0094349_7454491.jpg

この地区では、中学校の生徒、先生、父兄、地域住民のすべてが参加して川の一斉清掃を長年続けているそうです。日本一美しい清流に捨てられたゴミがトラックに積みきれないほど集まるのにはあきれます。

北川やっちみろ会の活動はホタルの里つくりだけでなく、鏡山など地域の自然遺産を大切に守っています。残念なことに、いまだに会の広報活動はほとんど行われず、ホームページもありません。北川の行政はもちろん、商工会にしても、地域の毎年行事である「北川ホタル祭り」関係の情報を、古いまま更新していません。

ホタルの講義に先立って、毎年催促しても実現されてこなかったホームページの立ち上げを再度求めました。来年度までに実行しなければ講師を降りるときつい圧力をかけておいたので、こんどこそ何とかするでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-27 07:58 | ホタル

西都のヒメボタル

北川のホタル講座が26日(日曜日)に迫り、何か目新しいホタル情報はないかとネットで情報検索していて、西都にてヒメボタル鑑賞会が18日に開催されたことを19日朝知りました。もっと早く見つけていれば鑑賞会の様子を取材できたのに残念でした。しかし、18日夜は自宅の水路で今年最初のゲンジボタルの羽化があったので、もし出かけていたら、それを見逃すところだったわけです。

農家民宿 「ももくり百年」のブログサイト: http://momokurina.exblog.jp/
2013年 05月 18日 ひめ蛍観賞会

昨日の19日、急遽、西都市に出撃しました。

民宿の電話番号をカーナビに打ち込んで行き先を指定したのですが、市街地の中に「到着」して場所がまったくわかりません。そこで、目に留まったコーヒーショップで休憩しながらマスターに場所を聞きました。

昔は農村だったのでしょうが、市街地が広がっていて飲み込まれていました。
e0094349_7114116.jpg

100年くらい前に建てられた古い家だそうで、民宿の名前の「百年」はこれにちなんだものとか。

前夜のヒメホタルのイベントの後片付けで疲れが残っていたはずの主催者さんが、色々な話を聞かせてくれました。
http://www.joyfm.co.jp/saito/DCIM1853.jpg

鑑賞会は今年が初めてで、行事を進める組織もなく、説明資料も手作り、しかもネット情報を頼りに自分で考えたという苦労があったそうです。

とにかく、西都原は高台にあって、ゲンジボタルは少ないけれど、ヒメボタルの群生するスポットはあちこちにあるそうです。(ご本人が周囲を詳しく見て回って調べ上げた)細かい場所は内緒です。

ピーマンとウメの栽培を主に営農されているそうで、そのウメ園の脇にあるヒメボタル生息地の一つに案内していただきました。
e0094349_7264975.jpg

スギ林がちょうど良いくらいに間伐され、ヒメボタルが飛び回る空間が確保されていました。

下草はシダ類が主となっていて、日光は適度に差し込み、草が茂りすぎてもいない、ヒメボタルの餌になる小型のカタツムリ類が多そうな環境です。

この隣の林で別の地主の場所ではシイタケ栽培のホダが設置され、その周辺が最近草刈されていました。
e0094349_7311317.jpg

以前はこの場所で高密度のヒメボタルが飛んでいたそうです。ちょうど羽化する時期に草刈でかく乱されたので、この地点で今年はどのような結果がでるか興味がもたれます。

日向市のわが家の道路向こうの杉林のヒメボタル群生地では、地主の気まぐれ間伐の影響で、林の中でユンボが走り回った後、ヒメボタルが激減し、なかなか元のような1000個体の水準に回復してくれません。

日向のヒメボタルの今シーズンは昨夜から始まるか、と期待して見守っていましたが、まだ出ていません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-20 07:44 | ホタル

ゲンジボタルの羽化が始まりました

今年最初となる、ホタル育成水路の周辺で羽化したゲンジボタル3個体を確認しました。
e0094349_2134712.jpg
e0094349_2133639.jpg

例年と比べて10日くらい早い出現です。

最近気温が高い日が続いたものの、乾燥状態だったので出てこなかったようです。今朝のちょっぴりとお湿りが利いたのかもしれません。

明日から雨模様になれば一気に出てくるでしょう。

今年は自宅周辺での乱舞を期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-18 21:06 | ホタル