beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ホタル( 79 )


ゲンジボタルの幼虫

6月25日にスタートした今年度のゲンジボタル幼虫(室内で30センチ水槽、循環ろ過飼育)を水路に放流するため、全数チェックしたら、孵化した約7000個体から1800個体あまりに減っていました。

生存率が約26%で、昨年度と似たような結果です。

今回は3令以上になったものを放流しますが、そこまで育ったのは約700個体でした。

バットの中に入れたら、明るいのを嫌って、隅に集まってお団子になっています。
e0094349_19241789.jpg

バットをゆすぶってバラバラにして撮影しました(これで500個体います)
e0094349_19285548.jpg

e0094349_19291260.jpg

計画では幼虫を放流する時期は1ヶ月前だったのですが、水路の環境整備ができずに延期を重ねていました。そして、その間は幼虫に餌を与えなかった(水質が極限状態だったため、余分な負荷をかけられなかった)ことが影響して、成長段階が予定より大幅に遅れています。

成長が遅れている1から2令の幼虫は室内飼育を継続です。適温で餌を十分に与えれば、年末には水路に放流される連中に成長が追いつくかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-19 19:35 | ホタル

岐阜、本巣のホタル公園

名古屋での5回目の会議に出るついでに、今回はセントレア空港駅から名鉄岐阜駅まで足を伸ばし、駅からレンタカーで本巣市のホタル公園の検分をしてきました。

このホタル公園と近くの市民プラザで毎年ホタル祭りが開催されています。

2012年6月 1日 (金) 初夏の風物詩 本巣市席田用水「ほたる公園」のホタル 
「花とほたる祭り」開催
http://tomo2008.tea-nifty.com/blog/2012/06/post-c5e4.html

祭りの時は公園が綺麗になっていたようですが、9月12日に訪れた時は公園内で草がボウボウでした。ホタルの出る2週間以外は利用されていない(利用しようがない)公園でしょうか。
e0094349_7473717.jpg

駐車場入り口の看板です。
e0094349_86840.jpg

どこの公園でもおなじみの「あれをするな、これをするな」の利用者対策です。利用者のレベルが透けて見えます。
e0094349_87392.jpg

ホタルではない不思議な虫の標識ですが、お尻が光っているのでしょうか。
e0094349_885234.jpg

この公園は揖斐川の支流である根尾川から取水堰(これは後に続くブログで紹介します)から導水している「蓆田用水」、川の名称は「糸貫川」の途中にあります。
e0094349_8112359.jpg

一級河川というのは複数の県にまたがって流れる、国土交通省が管理する大きい河川のことですが、このような支流から分水された用水路まで「一級河川」と呼ぶことには違和感を感じます。
e0094349_814470.jpg

糸貫川の流れは急流で、水路はコンクリート3面張りです。もし人が中に入ったら急流に乗ってはるかかなたまで運ばれるでしょう。
e0094349_8182475.jpg
e0094349_8183124.jpg

川をまたいでいる橋の名前が「ゲンジとヘイケ」となっていたのがご愛嬌でした。
e0094349_8172522.jpg
e0094349_817323.jpg

公園内にセセラギ水路が作られていました。しかし、水路に砂の堆積がほとんどなく、期待したシジミはゼロだったのみならず、ホタル幼虫の餌であるカワニナもまったく見られない、という不思議な所でした。この用水路の環境で、どうやってゲンジボタルが再生産できるのか、謎に包まれていました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-15 08:20 | ホタル

ゲンジボタルの幼虫が孵化しています

1ヶ月前に産卵したゲンジボタルの卵から幼虫が孵化し始めました。

30cm角のマイクロファイバー製の布巾にメス親が産み付けるようにセットし、卵が付着した布を3辺が30cmのサイコロ型のガラス水槽の壁に張り付け、水槽の下の水を布が吸い上げて、湿った状態に保ちました。この新素材はホタルの卵を孵化させるシステムに最適のようです。
e0094349_144548.jpg

卵は発生初期に黄色を帯びていますが、孵化前に黒く変色するので白い布の上で発生状態がはっきりわかります。卵の大きさは径が0.5ミリくらいです。
e0094349_1462617.jpg

同じ布の上に複数のメスが2週間くらいの間次々に同じ場所に産卵したので、色の異なるものが混ざっています。

ゲンジボタルのメスは、野外で川岸の同じ場所、コケに集まって集合産卵することが知られています。集合フェロモンが働いているのかもしれません。

サイコロ水槽の中で孵化した幼虫は下に張ってある水の中に落ちます。室外の飼育水路から生まれたてのカワニナの稚貝を集めて与える予定でしたが、水路への給水のトラブルがあったので準備が遅れています。

とりあえず、室内の水槽で飼っていたチビのカワニナを与えてみました。相手が大きいので、体長がわずか1ミリあまりのゲンジボタルの幼虫たちはてこずっていますが、数に物を言わせて襲い掛かりました。
e0094349_14135459.jpg
e0094349_1414314.jpg

新しいデジカメは1cmまで接近するマクロ撮影ができます。LED照明がレンズの周りに5つあって、照明のスポット光が反射するのが水中にある被写体の撮影では難点となります。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-24 14:15 | ホタル

日向ヒメボタルのシーズンが終了

昨夜(16日)は宮崎市などから日向市塩見の小原を訪れた皆さんが、ホタル講座の後の雨が降る中でヒメボタルとゲンジボタルの競演を楽しむことができました(もし1週間前であったら、参加者に感激してもらえたはずで、ちょっと残念です)。

今夜の状況は、ヒメもゲンジも共に、昨夜よりも一段と数が少なくなって、ヒメボタルの数はついに一桁に落ちました。毎年1シーズンの長さは3週間程度ですが、今年は開始時期が早かった分、終了も早くなりました。昨夜がギリギリの最後となったわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-17 20:55 | ホタル

ホタル博士育成講座、今年のしめくくり

北川やっちみろ会が開催する「ホタル博士育成講座」は今年で4回目です。この成果として累計86名のホタル博士が誕生し、来年度は100の大台に達する見込みとなりました。

昨日6月10日に行われた本年度最終回の講座では、延岡工業高校と門川高校のそれぞれの課題研究について発表がありました。

それぞれの高校では、授業の一環として、生徒たちが(先生の指導、監督はありますが、自分たちで考えながら苦労して、毎年新しいメンバーで改善しながら)プロジェクトを続け、成果を積み重ねてきました。今後も新しい生徒が継続して発展させてくれることでしょう。
e0094349_1813186.jpg

e0094349_18134397.jpg

延岡工業高校の発表スライド(ぱわぽ)を紹介します。
e0094349_1874576.jpg

e0094349_17552956.jpg

最近は、ホタルの生育環境における人工光による光害を調べていて、その実験に必要なホタルを学校構内の手作りの飼育設備で飼育しています。
e0094349_18135540.jpg

一方、門川高校は、毎年幼虫飼育の技術を高めていて、今年は学校構内、中庭に昨年中に完成した飼育水路で成虫を誕生させています。

今回の発表会に持ってきた門川高校の自慢する「ゲンジボタル産卵タワー」です。
e0094349_17593293.jpg

支柱にコケをテグスで止めたタワーにゲンジボタルのメスが産卵してくれました。
e0094349_1819779.jpg

今回の発表間際に卵から孵化したばかりの幼虫(体長1ミリあまり)も展示して見せてくれました。
(餌となったカワニナの稚貝の空き殻が一緒に写っています)
e0094349_1815437.jpg

来年度に向けて、幼虫の飼育体制、特に餌のカワニナ飼育が整っています。

次のシーズンは門川高校の構内でホタルの乱舞が楽しめそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-11 18:04 | ホタル

日向市小原のヒメボタル

最近1週間がわが家周辺で見られるヒメボタルの今シーズンのピークになっているようです。

6年前の連休明けに移住して、予想もしていなかった場所、家の目の前で6月はじめに視界いっぱいに数百のヒメボタルのシンクロ発光を見たときの驚きはご想像に任せます。

今年は以前より2週間くらい早くスタートしていますので、終わるのも早くなって、あと1週間程度でしょう。今週末は見物客でにぎわいそうです。

ヒメボタル情報は、全国的に数多くありますが、日向市小原に匹敵する、100頭単位で多くの個体がシンクロ・発光するような場所は少ないようです。というか、ヒメボタルの集団シンクロ発光に関する情報は見当たりません。(ゲンジボタルの集団シンクロ発光は知られています)

大阪の千里万博公園近くの吹田市の千里緑地のヒメボタルは、2011年に市の「天然記念物」として指定されています。

1998年から毎年、5月はじめ-6月中旬の間、毎晩、発光数の調査を地元の吹田ヒメボタルの会が行っていて、詳しいレポートがオンライン公開されています。

千里緑地にヒメボタル舞う 大阪・吹田 
朝日新聞デジタル 話題記事 2012年6月1日
http://www.asahi.com/national/update/0529/OSK201205290077.html
 
吹田千里緑地のヒメボタル 98年からの発生数推移
http://www3.big.or.jp/~sskk/0306hidata.htm

特定非営利活動法人すいた市民環境会議 (本年度の途中経過)
http://www3.big.or.jp/~sskk/1205himedata.htm
5月30日に最多の発光数991がカウントされています。

ヒメボタルは下火になってきました
すいた市民環境会議のブログ/ 12-06-03
http://sskk97.blog73.fc2.com/
千里第4緑地で今年も光ってくれたヒメボタル。
5月30日(水)の991匹が最高で31日(木)は454匹
6月1日(金)497匹、2日(土)206匹
そして今夜3日(日)は293匹と下火になってきました。
シーズン最後の日曜とあって高野台側の道路には
見物にこられた方々の車の列が・・・これは今年最高でした。


吹田ヒメボタルの会
http://www.omnh.net/dantai/print.cgi?ID=80
<大阪府が準絶滅危惧種に指定するヒメボタルを市の文化財に登録したが、その基は14年前に亘って、発光数を調査し、棲息の現状を確認した結果、貴重な生き物が多数生息していることがわかり、天然記念物の指定となった。指定は、会の活動の成果と自負している。>

ヒメボタルはヘイケボタルと共に宮崎県の「準絶滅危惧種」に指定されています。

日向市小原のヒメボタルは吹田のヒメボタルに比べて決して負けてはいません。そして、ヒメボタルと同時に、その周辺をゲンジボタルとヘイケボタルが飛び回って光っています。

それぞれが個性的な発光パターンで強い光を放つ日本固有の3種のホタルが同時期にそろって見られる場所は全国的に(世界的に見ても)珍しいと思います。

この日向ヒメボタルを守るためには課題が山積みです。特に杉林が(地主の気まぐれでいきなり?)伐採されたりしたら簡単に消滅でしょう。日向市(あるいは宮崎県の)の天然記念物に指定されても不思議でない存在ですが、その指定条件(地域で学術・文化上貴重な存在として認識されていること)は満たされていません。

ヘイケボタルとゲンジボタルの再生産システムが安定してきたので、次はヒメボタル集団の存続のために必要な手を打っておく計画です。

{日向ヒメボタルを鑑賞したい方々にご案内}

1 今シーズンは先週末からピークを迎えているように思われます。
2 おそらく6月中旬以降は発光数が急激に減ると思われます。
3 ヒメボタルが鑑賞できる場所は「奥野河川プール」駐車場から上流に向かって約100mの林道沿いで、杉とセンダンの「林の中」です。(さらに奥野川の周辺ではゲンジボタルが光っています)
4 発光開始は午後8時少し前からで、8時半-9時半くらいがピークです。
5 多数が同時に光るタイミング:集団発光には波があります。
6 ヒメボタルは、同じ個体が15秒間に30回程度連続発光しながら地面に近い上空を飛び回ります。(飛んでいるのはオスだけで、羽が退化して飛べないメスは地面の上にいます:林の中に踏み込まないでください)
7 駐車場で車を止めて、ライトを消し(車のライトはヒメボタルの繁殖行動を妨げ、鑑賞の邪魔にもなります)、駐車場から林道をゆっくり散歩しながらヒメボタルの発光を楽しんでください。
8 ヒメボタルの数がもっとも多い所に観賞用の竹製のベンチがあります。シンクロ発光を見るためには、そこで座ってゆっくり眺めてください。
9 駐車場の道端に小原のホタルたちについて説明した看板を立てています。
10 ホタル狩はご遠慮ください。

今シーズンの自家発生ゲンジボタルからの採卵が終わり、今月末からの孵化を待っています。計画どおり1万粒の卵を得るため20頭のメスを捕獲しました。事故がなく順調に行けば来年のシーズンには今年の10倍くらいのゲンジボタルが自宅周辺で飛びまわるでしょう。(今年のゲンジボタルは100から200頭でした)
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-08 08:32 | ホタル

30日夜の状況

本日帰宅してから今回の旅行中に(埼玉県熊谷市、同さいたま市;千葉県木更津市)の3箇所から採集したカワシジミのサンプルをリフレッシュしました。東京都府中市は空振り。土産話は後から写真を整理してからします。

夜になって、8時半ころから先ほどまで見ていましたが、ヒメボタルが杉林の中でにぎやかに光っています。林道100mの範囲で飛んでいるオスの数は100個体を超えているようです。6年前に最初に見たときのようなものすごい数(1000頭レベル)になるかどうか、楽しみです。

ゲンジボタルも数が増えていて、今夜は産卵させるメスを3頭確保しました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-05-30 22:07 | ホタル

そろい踏み開始

平年より早く、ゲンジボタルはすでに出ていますが、今シーズンはじめてヒメボタルとヘイケボタルを確認したので3種類そろいました。ゲンジは17日から出ていますが、今夜はメス2頭を含めて約40頭が育成水路の周囲で確認されました。

メスは籠の中で交尾・産卵するようにセットアップしています。

ヘイケボタルは3頭、オスばかりです。ヒメも数頭だけ。

明日から母の付き添いで熊本の黒川温泉に3泊滞在し、その後26日から30日までは埼玉です。1週間留守にする予定ですが、日向に戻った頃がホタル飛翔のピークとなってしまうかもしれません。平年より1週間くらい早いようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-05-22 21:38 | ホタル

ホタル博士育成講座の巡検

北川やっちみろ会のホタル博士育成講座で、13日(日曜日)に、ホタルの名所めぐりをしました。

昔は北川の本流、支流の全域でゲンジボタルの乱舞が見られたのですが、講座を始めた4年前には支流の小川(コガワ)の上流だけでしか見られない状況になっていました。しかし、昨年あたりから、本流の一部と周辺でも鑑賞できるように回復しています。

今回の巡検では、まず小川の上流のスポットで、昔ながらの沈水橋が残っている場所を見ました。
e0094349_7482375.jpg

この橋から上流と下流の様子を見ると、
e0094349_749293.jpg
e0094349_7493694.jpg

川岸の自然状態が維持されていることがわかります。つまり、ゲンジボタルが昼間に休む葉陰があり、産卵する場所と幼虫が上陸して繭を作る場所もそろっています。

沈水橋の周辺ではキイチゴを栽培しているようで、花が満開でした。
e0094349_7582445.jpg

北川本流でも長井地区の支流が本流に合流する付近でホタルが出るので、やっちみろ会が遮光ネットを張っています。
e0094349_832019.jpg

観察スポットです。
e0094349_877100.jpg

北川の本流では東九州自動車道の建設が進められていて、インターチェンジ予定地の手前の橋が完成間じかです。
e0094349_863129.jpg
e0094349_864046.jpg

巡検が終わってから、延岡工業高校を訪れて、実習室を改造した屋内のホタル水路を見せてもらいました。

工業高校の強みを生かし、かなり手のこんだ作りになっています。
e0094349_8103493.jpg

水路の水は循環させています。
e0094349_8104329.jpg

幼虫が上陸して繭を作る場所として色々な土を実験していました。
e0094349_8105243.jpg

改善すべき課題がいくつも見られました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-05-14 07:58 | ホタル

門川高校のホタル園

北川やっちみろ会が開催する第4回「ホタル博士育成講座」の第一回が本日(4月29日)の午前中で、ゲンジボタルを知るという講義をしてきました。

今年も延岡工業高校と門川高校の生徒さんたちが参加しています。

ホタル観察用ビオトープ完成-延岡工業高 - 夕刊デイリー
2011年12月10日
http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=28743

ホタルを地域へ-門川 - 夕刊デイリー 2011年6月9日
http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=15859

どちらの高校も生徒たちが代わりながら取り組みを重ね、よい成果をあげてきました。

昨年から進められてきた門川高校のホタル園(ビオトープ)つくりは着々と完成に近づいています。

講義が終わって日向市に戻る途中で門川高校に立ち寄り、様子を見てきました。
e0094349_19272585.jpg

e0094349_19273194.jpg
e0094349_19274019.jpg

校庭の中にしゃれた庭園風のホタル園ができていました。今シーズンは、このホタル園で育ったゲンジボタルが飛び交って地域の人々を楽しませることができるでしょう。

池の上にパーゴラができていて、昨秋私のサルナシ園から提供のシマサルナシとウラジロマタタビなどの蔓がスクスクと伸びていました。

水辺にホタルの成虫が昼間にとまって休む柳の木が欲しいところです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-29 19:34 | ホタル