beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ホタル( 79 )


門川高校のホタル博士軍団来襲

北川のやっちみろ会が3年前から続けている「ホタル博士育成講座」には門川高校の生徒さんたちと先生が参加しています。門川は日向市の隣町で、高校から待ち合わせ場所まで車で15分くらいでやって来ました。

宮崎日々新聞  2011年06月08日
ホタル舞う学校へ 門川高、完全養殖など成果次々
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=38681&catid=2&blogid=2

 ホタルが舞う高校にしたい―。門川町・門川高(勝河元春校長、452人)総合学科ネイチャーサイエンス系列ホタル班の生徒たちは、そんな夢に向かい「ホタルの養殖と研究」に日々取り組んでいる。

 昨年度は完全養殖に成功、本年度は幼虫がさなぎになるため水中から陸上に移動する(上陸という)時の撮影に成功するなど成果を上げている。

 同系列では「水」をコンセプトに総合学習の時間を設けており、同班の取り組みもその一環。今年で6年目。完全養殖で産卵させた卵から成虫に羽化させるまでは、苦労の連続だったという。


本日、本年度のホタル博士に認定された生徒6名を二人の先生が引率し、日向市に来襲しました。予定時間になると急に晴れてきて、日差しが暑いくらいです。
e0094349_17225131.jpg

ホタルを育成している高校内の飼育水路が完成し、また現在飼育中の幼虫の餌が食べつくされたのでカワニナを補給したいと相談を受け、とっておきの採集場所に案内しました。
e0094349_17244147.jpg
e0094349_17245076.jpg

なぜか、育成講座の時もそうでしたが、ホタル班の生徒たちは男女3名ずつ分かれて別々に行動する傾向が見られました。

引率してきたY先生は、生徒そっちのけで、水路に降りてカワニナを拾い続けています。
e0094349_17262781.jpg

夢中になって水路の上に渡された橋に頭をぶつけそうになっていたので警告して救ってあげました。
e0094349_17283181.jpg

精神年齢は生徒よりもこの先生の方がかなり若いみたいです。

門川高校用にカワニナと、当方の研究用(固定保存してDNA抽出する)マシジミを採ってから、もう一つのカワニナ・スポットに案内しました。

ホタル博士たちはバケツに半分くらいカワニナを採って大満足で高校に戻って行きました。ちなみに、これは授業の一環として2時限分だそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-29 17:33 | ホタル

大分県本庄のホタルの里

大分県佐伯市に流れている番匠川は、(個人的に)日本一の清流と見ている宮崎県最北の北川とその支流の小川(こがわ)に負けない良い川です。そして、番匠川の強みは源流域にある石灰岩地帯を流れていて、炭酸カルシウムが水に溶けている濃度が高い(だろうと想像している)ことです。

宮崎県内にはまともな石灰岩地帯がなくて、殻をつくる石灰質が乏しいためか、カワニナなどの生息密度が相対的に低いようです。シジミについても同じことが言えるでしょう。ホタルの名所が宮崎県に少ない理由の一つも石灰岩が少ないからではないか、と思っています。

番匠川に淡水シジミがいるかどうか、ネット検索をかけてみたら、昔から川でシジミを採っていたこと、最近でも市内で採取されていることがわかりました。ただし、汽水のヤマトシジミの話が混ざっているかもしれません。この川には工業用水の取水堰(1953年に建設)が河口から7キロ弱の所にあって海水の遡上を遮っているようです。

ホタルの里で有名な山口県下関市の豊田も石灰岩地帯を流れている木屋川水系の上流部ですが、九州でゲンジボタルが一番多いと言われている番匠川の上流部がどのようになっているのか、一度見ておかねばならないと思っていました。さらに、その付近に淡水シジミが生息しているかどうかも確かめたくなったので、本日出撃してみました。

国道10号線を北上して、大分県に入り、重岡で県道39と53号経由で番匠川の上流部に沿って流れる35号線に入り、川を下りながら佐伯市に向かいました。

まずは本庄のホタルの里です。かなり前に廃校になった学校が「ホタルの学校」として(シーズン中だけ)駐車場などが利用されているそうです。
e0094349_19552511.jpg
e0094349_19553753.jpg

サッカーコート1つ分の小さな運動場がある小さな学校だったようです。
e0094349_19563882.jpg

e0094349_19575131.jpg

学校からすぐ下流には道路から見て川の向こう側に石灰岩の剥き出しになった岩塊がそびえていて、囲岳と呼ばれているようです。地元民が薩摩の軍勢を撃退した歴史話が看板に書いてありました。
e0094349_19592873.jpg

また、石灰岩の採掘場と思われる所もありました。
e0094349_2012632.jpg

この地域の観光名所となっているのは小半(おながら)鍾乳洞です。
e0094349_202433.jpg

本庄ではどこの橋の上にもカッパたちがいましたが、鍾乳洞のところにいた2体を紹介します。
e0094349_2041351.jpg
e0094349_2042089.jpg

川は実に綺麗な清流ですが、人工的な改変がむき出しになっていたのが残念でした。
e0094349_2051455.jpg

小半では直径18.18メートルの(世界一の?)大水車が回っていました。
e0094349_207152.jpg

森林公園の駐車場トイレにもカッパの絵が描かれているほど、河童が好きな村のようです。
e0094349_20214498.jpg

鍾乳洞の入場チケットを販売している案内所で、川でシジミが採れるかどうか尋ねたら、少し上流の前高神社前で採れていたと言う話を聞きました。先を急いでいたので今回は確認していませんが、本庄のような上流でもシジミが生息しているのかもしれません。(ただし、番匠川に関する行政資料にはシジミは一切出てきません)

最後に佐伯市の弥生にある番匠川の河川敷公園でワンたちと散歩してから日向市に戻りました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-09 20:17 | ホタル

ゲンジボタルの幼虫

6月に産卵、7月に孵化してから室内水槽で飼育していたゲンジボタルの幼虫を屋外に移動させることにしました。室内水槽でマシジミの赤ちゃんを飼育することにしたら、それを食うホタルの幼虫が同居できません。

孵化して飼育開始した数が約1200個体でしたが、本日取り上げた数は約870個体でした。2ヶ月間の飼育で生存率が73%ということで、まずまずの成績です。

屋外の飼育水路に放流する前にバットの中でお団子になった幼虫です。
e0094349_13533013.jpg

2から5令に育っていて、バラバラの大きさです。成長が早いものは来年羽化するでしょうが、その後2年は続くと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-05 13:55 | ホタル

カワニナの稚貝生産

自宅脇に渓流が流れていますが、その流れにカワニナはほとんど見られません。昔はカワニナとイシマキガイが多く生息し、地域の人たちは(特に後者を)食べていたそうです。

引っ越してきてから、ヒメボタルは杉林でたくさん光っていても、ヘイケボタルとゲンジボタルがとても少ないことから、その理由を探りました。隣の町のゲンジボタルが多い渓流では餌のカワニナが豊富ですが、わが奥野川の上流部ではごく稀に見かける程度です。

日向市と周辺で昔はホタルが多く出ていたといわれる渓流を調べて見て回った結果、上流部に畜産施設があると、その下流で例外なく餌のカワニナとホタルが一緒に消滅していました。奥野川の上流には川岸に地鶏の養鶏場があり、別の大手の養鶏施設も流域の上にあります。

養鶏場の下流に市の「河川プール」があるのはとても不思議なことですが、夏休みには大勢の市民、特に子供連れが水浴びを楽しんでいます。とにかく、養鶏場が存続する限り、ゲンジボタルが渓流で自然繁殖することは期待できそうにないので、自宅のホタル育成水路を整備しました。

水路には近くの谷間の湧き水をパイプで引いて流しています。その一部にカワニナ稚貝採取用タンクを設置しました。
e0094349_11405133.jpg

親のカワニナは日向市内の農業用水路で採取し、タンクの中で鯉の餌を与えています。

タンク内のプラスチックの波板に生まれたカワニナの稚貝が集まるので、それをゲンジボタルの幼虫に与えています。
e0094349_11425319.jpg

カワニナは親貝が仔を産み出す(卵胎生)で、生まれたばかりの稚貝は1mmくらいの大きさです。ゲンジボタルの孵化幼虫が2mmくらいなので、このような小さい稚貝でないと食べることができません。

水生のホタルを飼育する鍵は、孵化したばかりの小さい幼虫が襲って食べることができる丁度良い大きさの餌を用意することです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-09 11:46 | ホタル

産卵から2ヶ月目のゲンジボタルの幼虫

6月上旬に産卵、7月はじめに孵化したゲンジボタルの幼虫が4令(3回脱皮)まで育っています。

ゲンジボタルの幼虫 2011年7月5日
http://beachmollu.exblog.jp/15066131/

孵化した時の大きさは体長が約2mmでしたが、現在の最大個体は1センチ余りです。
e0094349_20161388.jpg

(餌にありつけず)育っていない1令幼虫と見比べてください。背景のメッシュは5mm方眼です。
e0094349_20165983.jpg

頭の部分を拡大して見ましょう。
e0094349_20174668.jpg

カワニナに喰らいつく立派なアゴを持っています。

YouTubeに動画をアップしておきました。
http://www.youtube.com/watch?v=sh_BUC02rlQ

ゲンジボタルは6令または7令まで進んで2センチ余りの終令幼虫となるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-08 20:19 | ホタル

ヘイケボタル

ホタルの光るシーズンはすでに終了したと思っていましたが、昨夜玄関前に2個体飛んでいるのを見ました。

実体顕微鏡の分解掃除を業者に依頼していたところ、修理ができて昨日午前中の配送予定で戻ってくるという連絡がありました。ところが午前中はおろか、夕食が終わっても配達されません。荷物の状況をネットで調べたら日向市の配送センターから持ち出しているとあったので、おとなしく待っていました。

午後8時過ぎにトラックが来て、ワンたちが吼えて知らせてくれました。玄関前に出て荷物を受け取っていたら、目の前を光が飛び去るではありませんか。ヘイケボタルが満月のあかりに負けずに光っていました。

念のため1個体を捕獲しておいて、戻ってきた顕微鏡で写真撮影テストの検体としました。体長8mmくらいのオスです。
e0094349_19512587.jpg
e0094349_19513533.jpg

上の写真はマイクロネット社製のNY2000S2というアダプターで、顕微鏡(オリンパスのSZ-Tr)とデジタルカメラ(オリンパスのC5050 zoom)を接続して撮影しました。

分解掃除された顕微鏡は新品同様の状態に復活して、詳細な顕微鏡写真が撮影できます。

この実体顕微鏡、SZは40年前に購入したもので、当時は最新鋭のズーム式です。
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/micro/substance.cfm#03

自分の昔の研究成果、特にサンゴ礁のヒトデ類の初期生活史などを顕微鏡写真で発表した時に使用してきました。卵発生と浮遊幼生は普通の顕微鏡で撮影ですが、稚ヒトデからは実体顕微鏡の出番です。

下の写真はホタル幼虫の餌に使うインドヒラマキガイ(レッドラムズホーン)の卵塊から孵化したばかりの稚貝を同じ顕微鏡とカメラの組み合わせで、別のアダプター(Vixen製のDG-MF)を使ってみました。
e0094349_19593924.jpg

実にヘンテコな貝殻の稚貝です。孵化した時の大きさは1mmくらいで、大きくなると同心円の渦状に広がって殻を巻きます。

このブログを書いている最中に門川高校のホタルプロジェクト担当の先生から電話があって、門川でもヘイケボタルが出ているそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-15 20:02 | ホタル

ゲンジボタルの幼虫

ゲンジボタルの卵から幼虫の孵化がほぼ終わり、飼育頭数は約1200個体です。孵化直後に幼虫が餌にありつけるかどうかが生存・成長の鍵となるので、とりあえず準備していたサカマキガイの稚貝を与えています。
e0094349_13143512.jpg

孵化直後の幼虫は伸びたときの体長が約2mmで、丸くなると0.5mmくらいです。
e0094349_13163350.jpg

餌を横取りするものがはびこっているのが悩みの種で、貝類の天敵である渦虫類、プラナリアが沢山います。ホタル幼虫の餌として増やすはずだったレッドラムズホーンの稚貝を食い尽くしてくれました。
e0094349_13181570.jpg

カワニナの稚貝がプラナリアに食われているようです。

ヒドラも出現していますが、これは特に問題なさそうです。
e0094349_13185390.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-07-05 13:21 | ホタル

ゲンジボタルの産卵

ゲンジボタルの人工飼育で、第2世代のメスが籠の中で産卵しました。
e0094349_1544551.jpg

籠の中のシダ類に産み付けられた卵です。
e0094349_1542147.jpg

虫籠の上部に手ぬぐい(さらし木綿)を湿らせてかぶせておいたものにも産卵しています。
e0094349_15434773.jpg

卵径は約0.5mmです。

順調に行けば今月末頃には孵化して幼虫になるでしょう。

自宅周辺のヒメボタルを見物に来ている人たちがいますが、発光しているのはまだ少数です。今週後半くらいから多くなるかもしれません。

林道脇の草や笹が伸びて視界を遮っていましたが、トット君たちが草刈をしてくれました。

これまでヘイケボタルの出現数が少なくて、卵を産ませるための親を確保できていません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-07 15:49 | ホタル

3種そろって初見

屋外の午後8時半の気温が20度以上でほぼ無風状態、ホタルの飛ぶ条件が整いました。

8時半から9時まで、ヒメボタルは2個体、ゲンジとヘイケが合計10個体余り、ただし地上や樹上で光っているものがほとんどで、飛び回っていたのは数個体だけでした。

交尾中のヘイケボタルのペア1組を確認。

デジカメ内臓のLED照明で接写しましたが、ほとんどがピンボケとなりました。
e0094349_21155469.jpg

上がゲンジ、下はヘイケです。
e0094349_9154793.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-05-31 21:16 | ホタル

洞窟の中で光る罠

今年は「北川やっちみろ会」によるホタル博士育成講座の3年目になります。

5月7日土曜日の午後1時半から第1回の勉強会が北川ホタルの宿で開催される予定。その講演の準備で海外のホタル事情などを調べていたら、ニュージーランドの鍾乳洞の中で発光して餌をおびき寄せるglow wormの動画を見つけました。

これは3分間の動画で、glow wormの捕食行動:光におびき寄せられた昆虫が粘液の糸に捉えられる様子が印象的です。

Discovery Channel Videos: Planet Earth: Caves: Glow Worms
http://dsc.discovery.com/videos/planet-earth-caves-glow-worms.html

e0094349_1615465.jpg

e0094349_162945.jpg

e0094349_165977.jpg


ホタル成虫の発光は繁殖行動に関係していることは良く知られていますが、ホタル類の幼虫がなぜ光るのか、その生態的な意味は良くわかっていません。

陸生ホタルの幼虫が光るのは、捕食者(カエルなど)を脅かして身を守る効果があるという説が出されています。例えば下のような論文があります。

ホタルの総称は英語でglow worm または firefly です。

Raphaël De Cock and Erik Matthysen (2003)
Glow-worm larvae bioluminescence (Coleoptera: Lampyridae) operates
as an aposematic signal upon toads (Bufo bufo).
Behavioral Ecology 14 (1): 103-108.

bioluminescence: 生物発光
aposematic signal: 防衛信号

ゲンジボタルの幼虫は体の表面に毒を分泌して捕食者から身を守ることができます。

Bufoと言うのはヒキガエルtoadの仲間です。ちなみに英語で普通のカエルはfrogと呼ばれています。

アメリカのテレビ番組のシリーズBONESのなかで、FBI捜査官がヒキガエルをfrogとしていたのを検死担当者に「toadですよ」と繰り返し訂正を求められる場面がありました。(研究者のこだわりを揶揄していました)

日本語ではどちらもカエルですが、ぴょんぴょん跳ねるものとノソノソ歩くものとを別の名前で区別している英語の台詞を日本語ではどのように表現したらよいのか、翻訳者泣かせの場面でした。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-04 15:58 | ホタル