beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:田んぼと里山( 89 )


遅霜

宮崎市や新富町でほぼ終わっていますが、日向では田植えの準備中です。
e0094349_734384.jpg

今朝は昨日に続いて冷え込み、我が家の周囲で遅い霜が降りています。
e0094349_7382064.jpg

ツクシの穂とレンゲソウの花も寒そうでした。
e0094349_7383357.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2015-03-27 07:38 | 田んぼと里山

乾田となった谷津田

奥野川沿いの谷津田は冬の間ずっと乾田となり、水路にも水がなく、カエルやホタル、ドジョウやメダカなどが生きるには厳しい環境です。また、乾燥した田では時々トラクターが入って土を切り返します。
e0094349_9425316.jpg

このような状態でも、かろうじてヘイケボタルやヤマアカガエルが細々と繁殖しています。それは、山の斜面から染み出る水がわずかな水溜りを、あぜ道のわきに作っているためです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-21 09:46 | 田んぼと里山

田植えが終わった谷津田

e0094349_09245741.jpg
奥野川上流にある谷津田でほぼ田植えが終わっています。田植えまでは乾いていたU字溝に堰から引かれた水が勢いよく流れています。

田んぼの中からトノサマガエルの鳴声が聞こえて、水面にはアメンボが波紋を作り、その下にアカハライモリも見かけました。
e0094349_09302654.jpg
散歩する畦道にキンポウゲが花盛りとなっていました。
e0094349_09311294.jpg
e0094349_09312237.jpg




[PR]

by beachmollusc | 2014-04-12 09:32 | 田んぼと里山

カヤチューの巣

昨日午前中、草刈応援隊が来襲して、ポポー園に生い茂ったススキなどが刈り払われました。その刈り残し部分から出現したカヤネズミの巣です。
e0094349_11210162.jpg
例年11月までにやっている草刈ですが、今年は主役者が多忙で12月下旬と遅くなりました。

ポポーの苗は高さが1m半前後になっています。すでに全部が落葉済み。
e0094349_11275717.jpg
今朝は、植栽したポポーやサルナシの苗などが間違って切られないように刈り残されたところを手作業で(自分だけで)仕上げました。下の写真は、サルナシとツルウメモドキを這わせた竹の支えの下でカヤが刈り残された様子です。
e0094349_11293529.jpg
カヤチューの巣は家のすぐ脇の、川べりのススキ原に多く作られていますが、ポポー園の中に進出してきたとは驚きました。



[PR]

by beachmollusc | 2013-12-23 11:32 | 田んぼと里山

猪の訪問

毎晩イノシシの訪問があるので鳥獣駆除の狩猟が終わったのかと、関連情報を検索:

日向市鳥獣被害防止計画(H21年作成)
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/note/dl_category/ringyo/plan.pdf

1.対象鳥獣の種類、被害防止計画の期間及び対象地域
対象鳥獣 イノシシ、シカ、サル、カラス、カワウ
計画期間 平成21年度~平成23年度
対象地域 日向市
捕獲等の取組内容
年間を通して市街地等を除く市内全域で、銃器及びわなによる捕獲を随時行う。

計画書の捕獲目標数はH21,22,23の各年にイノシシ50頭、鹿150頭です。H24年以降についてはオンラインで見つかりません。

日向市鳥獣被害対策実施隊設置要綱
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/reiki/reiki_honbun/q607RG00001439.html

わが家のすぐ下の湿地ヌタ場がリフレッシュされ、拡大中です。
e0094349_9203877.jpg

ヌタ場の上にはシジミとクレソンの育成水路があります。
e0094349_9213040.jpg

奥野川の水をくみ上げて流していて、シジミのために水路の中に砂を入れています。
そのため水路脇に置いている砂の上に足跡が残されていました。
e0094349_92335100.jpg
e0094349_923271.jpg

イノシシは家の脇の林道の向こう側、山の斜面のスギ林からやってきます。
e0094349_9243840.jpg

スギ林から林道に下りる獣道が何箇所もできています。
e0094349_9252029.jpg

山からヌタ場までの経路にカメラを設置してイノシシを撮影したいと思って、アメリカ製の自動撮影ができる赤外線カメラを注文しています。わが水槽・飼育室に住み込んでいるテンと裏庭に巣を構えたイタチの撮影も狙うつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-04 09:29 | 田んぼと里山

獣よけフェンスの設置

昨日午前中にミッキーの散歩がてら、フェンスの様子を見てきました。
e0094349_12284496.jpg

e0094349_1229211.jpg
e0094349_12291438.jpg

防錆の亜鉛メッキが施された鉄筋を支柱として2m弱の高さに防錆されたメッシュ(多分、コンクリート構造物の中に埋められて強度を保つ用途の網)が張られています。
e0094349_12315948.jpg

奥野川左岸の谷津田のみを囲っていて、主力の田んぼがある右岸にフェンスを張り巡らさないようです。
e0094349_12335246.jpg

狭くて細長い谷津田の総面積はとても小さいと思いますが、最上流にあるヘベスの果樹園が最大の受益者になるのかもしれません。

作業を休憩中の知人にインタビューしました。

フェンスの単価は知らない。
市内の他地域に設置されるものと一緒に市が発注して無償配布している。
農水の補助金の年度末消化らしい。
受益者の負担は設置者側の労務のみ。
補助事業が次年度に続くかどうか不明。(川の向こう側はそのままになるのかどうか、聞きそびれました)
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-03 12:43 | 田んぼと里山

獣よけフェンス

日向市の塩見地区にある奥野川沿いの谷津田は、市役所から車で15分もかからない、いわゆる「中山間地」にあります。その一番奥まった田んぼの脇の林道がミッキーといつも歩いている散歩道の一つです。
e0094349_10593162.jpg

e0094349_1143985.jpg

今朝の散歩で発見したものは、かねてから聞いていた猪・鹿対策のフェンス設置資材です。
e0094349_1143075.jpg

e0094349_1152130.jpg

値段がよさそうな、鉄筋のような杭と金属メッシュ(さび止めされている?)しっかりした資材ですが、これは市役所が無償で配布しているはずです。おそらく農水省の補助金でまかなわれていると思います。ただし、フェンスの設置作業は田んぼの持ち主がやることになっていると聞きました。

ここでは田植えから稲の刈り取り前に電撃柵が部分的に張られていました。またプラスチックの網も使われていましたが、猪はそれをものともせずに侵入していたようです。

e0094349_11131549.jpg

近所のKさんが手押し耕運機で作業中でした。この谷津田で、外の皆さんはトラクターを使っています。
e0094349_112239.jpg
e0094349_1115461.jpg

この谷間をテリトリーとしているカラスのペアが、耕運で何か幸運な餌がでてこないかと待機していました。

Kさんは高齢ですが、とても元気で、毎日自転車か徒歩で谷津田や畑に出て農作業をやっています。しかし、この農地を守るべき跡継ぎはいないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-25 11:16 | 田んぼと里山

ぬた場

わが家のすぐ下の湿地には、猪と鹿がよく遊びに来て土を耕してくれます。ここでは春に蝶が舞うので「猪鹿蝶」の役ができます。

今は狩猟シーズン中、ハンターが近隣を徘徊していて、夏場ほど賑わいませんが一昨晩から猪が来て、ぬた場を作っています。
e0094349_1045794.jpg
e0094349_10445897.jpg
e0094349_10445196.jpg

何を狙っているのかよくわかりませんが、時間間隔を置いては繰り返して仕事をしてくれます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-24 10:48 | 田んぼと里山

隠れ里の棚田


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-05 09:50 | 田んぼと里山

早期耕作米の刈り取り

日向市権現原の水田用水路には耳川から幹線水路で引かれた水が流れているのでカワシジミとカワニナが安定的に生息しています。ただし、今朝のチェックでシジミの死殻が目立っていたので農薬か何かが流れていたのかもしれません。

ペットのドンコの生き餌が不足しているので、今朝はこの水路でメダカを採集しました。環境省がメダカを(準)がついた絶滅危惧種に認定していますが、ここはウジャウジャいます。

水路脇の水田では早期耕作米が刈り取られて、架け干しがされていました。
e0094349_1010194.jpg
e0094349_1010866.jpg

モグラ対策かどうかはっきりしませんが、風車が立ててあります。
e0094349_1011375.jpg

畑の中で暴れるモグラがいることはミミズがいる証拠ですが、稲を刈り取った田んぼで風車が必要なのか、それとも単なる飾りなのか、よくわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-08-10 10:13 | 田んぼと里山