beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:田んぼと里山( 89 )


小丸川周辺の探索

18日の青島から日向に戻る途中で小丸川の流域にある木城町から高鍋町の水路を見て回りました。

田んぼの稲が良い天気に恵まれ、すくすく伸びている中にサギたちが餌をあさっていました。
e0094349_20433266.jpg

川の左岸側に流れている水路にはカワニナだけでシジミは見つかりません。

水路の終点は小丸川に樋管の水門を通じて流れ出ています。
e0094349_20514141.jpg
e0094349_20515238.jpg

かなりの落差がありますが、この樋管の水門が洪水の逆流を防ぐのでしょう。
e0094349_20565630.jpg

すぐ下流に堰がありました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-05-19 20:58 | 田んぼと里山

放置され劣化した栗林

omizoさんがコメントで紹介された「樹液を出す林とシロスジカミキリなどの関係」についての報告に出ていた写真を見て、何だろうと思っていたことが一つ氷解しました。

たった今、隣の栗林の中で撮影してきました。
e0094349_7515067.jpg
e0094349_7515812.jpg
e0094349_752591.jpg

上の写真はかなり高い位置にできた樹幹の傷ですが、地面に近いところや枝打ちされた場所など、あちらこちらに樹液がにじみ出ていたり樹皮が浮き上がった傷が見られます。
e0094349_7541440.jpg
e0094349_7542247.jpg
e0094349_7543066.jpg
e0094349_7543871.jpg

栗の木の幹の表面には地衣類などがよく育っています。

草が生い茂っている林床ではイノシシが来て堀まくった痕跡が広がっています。
e0094349_7565950.jpg

この栗林の放置状態は3年目に入っているのですが、木がやたらに大きくなっている反面、健康様態がよろしくないみたいです。今年の花の咲き方がおかしかったのは春の旱魃のせいだろうと思っていましたが、それだけではなさそうです。

強風が吹くとドシンという倒木の音が聞こえるような事態になってほしくない(近くの杉林からよく聞こえます)ものです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-25 08:01 | 田んぼと里山

ぬたうち

最近、ワンコどもが盛んに吼えると思ったら、湿地の中で泥を掘ってデコボコにしている動物が来ています。
e0094349_2051890.jpg
e0094349_2052667.jpg

鹿かイノシシのどちらかでしょうが、犯人の姿の確認はできていません。

カエルの合唱が休憩中に現場をライトを照らしてみましたが、見つかりませんでした。

ぬたうち=沼田打ち、から「のたうちまわる」という言葉が生まれたそうですが、犯人が泥の中で転げまわっている姿を見たいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-12 20:10 | 田んぼと里山

渇水中の田植え

奥野川と同様に赤岩川でも農業用取水堰のところがカラカラに乾いています。
e0094349_18364592.jpg

しかし、その赤岩川の流域では水田で田植えがほとんど終わっていました。
e0094349_1838714.jpg

その水はどこから引いているのかよくわかりませんが、耳川から引いているのかもしれません。

宮崎県内では一ツ瀬川の発電ダムが真っ先に貯水率ゼロ(発電できなくなった状態)となり、続いて度川ダムもゼロに近くなっているようです。

宮崎日日新聞サイトの記事: 
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=37399&catid=74&blogid=13

水没集落渇水で出現 西都・一ツ瀬ダム 2011年04月19日

 長引く少雨で水位が下がっている西都市・一ツ瀬ダム周辺の東米良地区(旧東米良村)で、ダム建設時に水没した集落の住居や学校跡、旧道、棚田が姿を現し始めた。
 地元の人たちによると、1963(昭和38)年のダム完成以来、当時の集落跡が広範囲で確認できたのは初めてという。


田植えが終わった水田でも、今後も渇水状態が長引けば深刻な事態になるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-19 18:53 | 田んぼと里山

宮崎県の渇水状態:早期耕作米のピンチ

トット君のトマトハウスの周辺では、桜が満開で足元にはツクシが伸び、レンゲが花盛りです。
e0094349_19221542.jpg

太陽と水に恵まれている宮崎県ですが、深刻な渇水状態に陥っています。

九州電力宮崎支店からプレスリリース
平成23年3月17日

一ツ瀬川渇水対策に伴う一ツ瀬ダム非常用放流設備からの放流開始予定について

当社は、本日河川管理者である宮崎県から、平成23年3月19日(土)以降に、一ツ瀬ダム非常用放流設備からの放流を行うよう指示を受けました。

これを受け、当社では次のとおり放流を開始する予定ですのでお知らせします。

放流開始予定 平成23年3月20日(日)12時30分頃

参考:一ツ瀬ダムの状況について(3月17日)9時現在

  貯水率 2.9%

  ダム水位 EL.171.25m(最低水位EL.170m)

※最低水位以下では一ツ瀬発電所は発電ができなくなりますが、それにより電力の安定供給に影響はありません。


日向市の塩見川の支流である奥野川の農業用取水堰のところに水が無くなって、川底が干上がっています。ただし、流域全体が干上がっているわけではなく、奥野河川プールには水があります。

早期耕作のため、田んぼの準備が進められようとしていますが、相変わらず雨なしの日が続いていて、田植えができないと、トット君のオヤジさんがぼやいていました。

この状態がいつまで続くかわかりませんが、梅雨に入る6月まで待って普通作になってしまうかもしれません。そして空梅雨になったら目もあてられません。

東日本の大震災・大津波で被災した水田の面積がどのくらいであったか、まだ集計することもできないでいるでしょう。(空中写真で大雑把な推計ができそうですが、農水省はやっているか)。そして福島県では原発事故で耕作放棄される水田面積が莫大になりそうです。

減反や転作で全国的に水田の作付けが減少してきている現状で、旱魃や不作の追い討ちが来たらどうなるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-01 19:22 | 田んぼと里山

野焼き

奥野川上流の谷津田脇の林道をミッキーと散歩中に、Kさんが野焼きをしている所に出くわしました。
e0094349_19381885.jpg
e0094349_19382511.jpg
e0094349_19383328.jpg

下の田はトラクターで土をかき混ぜて草をすき込んで除草していたのですが、畦と上の田で草が伸びていました。それに火をかけて綺麗に燃やしていました。この冬は雨が降らず、乾燥続きで草はしっかり枯れて乾燥しています。今年は、地区全体で例年やっていた一斉野焼きをやらないと決められています。

野焼きは草の中に潜んで越冬する害虫退治に欠かせないそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-09 19:44 | 田んぼと里山

水田は猪の運動場?

今朝のお散歩は小倉ヶ浜南部の平岩を目指して、赤岩川沿いに農道を走ってきました。

まず自宅近くの小原(コバル)集落の水田脇を通過したら、稲がなぎ倒されている様子が見えたのでスナップ写真です。
e0094349_8594190.jpg
e0094349_8595299.jpg

赤岩川沿いでも、丘に囲まれている水田はあちらこちらで稲の倒伏が見られました。
e0094349_912465.jpg
e0094349_913221.jpg

ネットで全体を囲い込んでいた水田でもこのような有様でした。
e0094349_921414.jpg

海岸に近くなるとこのような倒伏状態はほとんど見られず、山や丘に近い水田に集中しているようです。

おそらく猪が田んぼを運動場にしているのだろうと思いますが、倒れた稲の刈り取りは大丈夫でしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-30 09:05 | 田んぼと里山

猪よけの電撃装置

谷津田では梅雨明けしてから稲が一気に育っていますが、まだ遅れを取り戻していません。
e0094349_7433372.jpg

昨年はお盆前の刈り取りが、今年はお盆明けになりそうだと見回りに来ていた農家の話。

稲穂が垂れ始めたので、そろそろ田んぼの侵入者を警戒するレベルが上がっています。
キラキラテープの囲いだけだったものが電撃式の囲いも追加されています。
e0094349_7462490.jpg
e0094349_7463290.jpg

明るくなってからは通電されていないのでミッキーが触れてもだいじょうぶです。

この電撃式撃退装置をものともしないで侵入する猪もいるそうです。
猪が本気を出せば飛び越えることも容易でしょう。2mくらいは飛び上がるそうです。
また、電線が一部切れていたために侵入を許したりするのでこまめなメンテナンスも必要です。

さて、収穫まで持ちこたえるかどうか。

今朝は家の周りでコジュケイの大合唱が聞こえたのですが、道路に1羽でていたのをスナップできました。
小さいのを遠くから撮影したのでピンボケですみません。
e0094349_7522382.jpg
e0094349_7523096.jpg
e0094349_752396.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-07-27 07:52 | 田んぼと里山

里の鳥

一昨日、市内のスーパーに買い物に出る途中であったが、以前もみかけた同じ場所で久しぶりに雉を見かけた。農道脇の畑でなにやらついばんでいて、車を止めてながめていても逃げださなかった。
e0094349_9392024.jpg
e0094349_9393257.jpg

同日の朝、犬の散歩中に家の脇の奥野川河川プールで久しぶりにミゾゴイに出会った。かなり長い間見かけなかったが、留守中にどこに行っていたのだろうか。また面白い鳴き声を聞くことができるだろう。

キジは日本の固有種であり、国鳥というステータスを得ているが、狩猟の対象ともなっている。また、飼養されて放鳥もされている。

九州南部に分布するコシジロヤマドリは県の鳥である。環境省、熊本と鹿児島では準絶滅危惧種であるが、宮崎県では「保護上重要種」扱いである。宮崎県ではヤマドリの地域亜種が貴重種扱いであるのに対し、キジはカラス並みの取り扱いかもしれない。ただし、害鳥として駆除されていないだけましかも。

県の木・県の花・県の鳥
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/profile/symbol2.htm
コシジロヤマドリ - キジ科 - (昭和39年12月22日制定)

(コシジロ)ヤマドリとコジュケイとキジの3種が自宅周辺で見られるが、標高で棲み分けが起こっているように思われる。自宅周辺はコジュケイの縄張りであって、裏庭にも出没し、大きな鳴き声が大変やかましい。

壺中山紫庵ブログ
http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2010/05/post-cc22.html
キジは国鳥、でも狩猟鳥
 キジが国鳥に選ばれた理由は幾つかあるという。
 小生は、7年前に既に調べていたのだった。
 そんなメモを綴ったことなど、すっかり忘れている。
 キジをネット検索でヒットして、我ながら驚いている!

 以下、主な理由を示しておく:

1 日本固有種であり,日本の象徴になっている。
2 留鳥で1年中姿を見ることができ,また人里近くに生息する。
3 姿態優美,羽色鮮やかで,鳥に関心を持つ人が好きになれる。
4 大型で肉味が良い。狩猟の対象として日本では好適で,その狩猟はスポーツとして楽しめる。
5 古事記・日本書紀といった古文献に,すでにキジの名で登場し、また桃太郎に登場する動物として子どもたちも知っている。
6 オスの飛び立つ姿は力強く男性的,メスは「焼け野のきぎす」のたとえにあるように非常に母性愛が強い。

キジのような、すぐ身近にいて人々に愛されている国鳥がいるのに、朱鷺のような環境変化に負けて絶滅し、すでに消えてしまった鳥を特別待遇するのは何故だろうか。人間側の環境を昔のような姿に戻すつもりでいるのかどうか分からないが、今後も生態的に飼育環境でしか残れそうに無い種を無理やり増やして野生に戻そうとするのは優先順位が間違っているとしか思われない。とにかくカラスやテンなどの餌をつくるために莫大な公費を投入しているとしか思えない。

地場・旬・自給 (「発酵利用の自然養鶏」出筆さん)ブログ記事
トキ襲われて死ぬ 2010-03-11 03:50:48 | 環境問題
http://blog.goo.ne.jp/sasamuraailand/e/ed7298b427c2870b21be1bebb8894f16
私も人の事は言える鳥飼のレベルではないが、佐渡とき保護センターの職員よりはましである。研究者でなく、密漁をするような鷹飼いの人に任せたら良い。

2010-03-12 Fri  [ 哺乳類・野生動物 ]
佐渡のトキをテンが襲ったというけれど…by gaku
http://gaku-blog.net/index.php?e=661
テンは、肉食動物である。
肉食動物は、フルーツ類も大好物である。
このため、餌が欲しければ、どんな行動にも出てくる動物でもある。
だから、トキが1羽一億円しようが、テンにとってはただの美味しそうな「餌」、でしかない。
トキは、ケージ内でドジョウなど餌がふんだんに与えられて、育てられている。
その現場そのものがテンにとっては魅力的な餌場であり、虎視眈々と狙い、忍び寄ってきたからである。
カンタンに言い換えれば、トキをつかってテンに「餌付け」をしていたと思えばいい、だろう。


自然、野生動物との共存という言葉の響きは美しいかもしれないが、それは自然・野生の世界を知らない都市住民の幻想の中にある。すでに林業や農業被害を及ぼしている鹿が、口蹄疫ウイルスのキャリヤーとなってしまったら、広範囲に殺戮・駆除されるかもしれない。

希少生物の保護はすべからく生態的に持続性のある環境の保全にかかっているのに、対象種だけを視野に入れた増殖をやったり、農業被害をおよぼす野生動物については不毛な駆除対策事業で技術開発を続けるだけではよろしくない。野生動物と賢く付き合うためには、まず相手のことをしっかり知るべきであり、基礎となる生態研究・野外調査にもっと投資しなければならない。その仕事ができる研究者を育てることが大切である。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-03 10:35 | 田んぼと里山

奥野川上流の谷津田

今年も昨年に続いて台風の上陸がまだありませんが、12号はどうなるか。今のところ11号と似たようなコースに進みそうです。台風のウネリを受けるので、今朝は小倉ヶ浜にサーファーが殺到しているかと思って最南部を見てきましたが、意外にも駐車場はまばらで、特に地元の宮崎ナンバー車が見当たりませんでした。

蛇の死骸をブログに出すなんて、という批判を個人的に受けましたが、宮崎学さんの自然の報道写真の思想にならって、身の回りのできごとをスナップ写真で記録しているつもりです。死骸を片付ける自然のシステムが健全に残っていることは重要です。綺麗なもの、かわいいものばかりを撮影しても面白くありません。

シデムシの存在は一般市民にはほとんど知られていないでしょう。しかし、甲虫マニア相手にクロシデムシを販売するオークションがネット上にあったのは驚きでした。

今回の蛇は、おそらくカラスが片付けたようで、今朝は跡形もありませんでした。

散歩道である奥野川上流の谷津田沿いの林道から見た季節の移り変わりですが、お盆前に稲の刈り取りが済んだ田んぼが少し緑色になっています。
e0094349_19383617.jpg
e0094349_19384352.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-05 19:39 | 田んぼと里山