beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:田んぼと里山( 89 )


田んぼに群れる

門川町の五十鈴川沿いの国道388号線を走っていたら田んぼにたくさんのサギがいました。
丁度そこにバス停があったので停車したら、かなり距離があったにもかかわらず、警戒した連中が遠くに飛んで逃げました。安全な(射程距離以上の?)距離まで逃げるみたいな動きです。こちらをじっと見ています。
e0094349_1853059.jpg
e0094349_1853817.jpg

なぜ、この写真の場所に集中していたのかわかりません。周囲で見る通常の風景では、サギの類は数羽程度で、このように多いことは珍しいことです。また、大きく広がっている周囲の区画にはほとんどいませんでした。何かの餌が特に多い場所ということでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-20 18:56 | 田んぼと里山

里の畑でキジをよく見かけます

山の中ではコジュケイがやかましく鳴いていますが、ヤマドリの出す音はまだ聞こえていません。
家から街に出る途中の奥野の集落を通過するときに畑の周辺をうろついているキジのオスとメスを頻繁に見かけています。車を路肩に止めて、デジカメをオンにしてズーム最大で、外に出てから、被写体を狙っても、そのときには藪の中に逃げ込んでいます。何度かトライしましたが、先日やっと姿を捉えました。
e0094349_83441.jpg

今日は北川町(延岡市)のやっちみろ会の「ホタル博士講座」の講師を務めます。
北川のゲンジボタルは有名でしたが、防災のための河川改修工事などで激減したそうです。
それを取り戻したい、という地元の人たちの意欲的な活動を支えてみようと思います。
http://beachmollu.exblog.jp/3565493
http://beachmollu.exblog.jp/2609070
http://beachmollu.exblog.jp/5837460
http://beachmollu.exblog.jp/3574308
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-25 08:40 | 田んぼと里山

天敵昆虫学

マタタビがクサカゲロウを誘引する話をきっかけに、天敵昆虫についていろいろ検索して調べてみました。
クサカゲロウとマタタビ(月刊『クリンネス』 面白むし話 2009年1月号掲載)
http://www.ikari.jp/column/c2/01/c2_200901_01.html

ルーラル電子図書館http://lib.ruralnet.or.jp/index.php:
検索結果:クサカゲロウ、では26件の情報タイトルと概要を見ることができます。(本文の閲覧は有料)
「防除の助っ人 土着天敵を さがす・飼う・ふやす」
月刊 現代農業:1999年06月号 
[概要]
見出し ●こんなにいるよ!田んぼや畑は土着天敵の宝庫●意外なアブラムシ大食漢 テントウムシ●強いアゴでアブラムシをバリッバリッ ヤマトクサカゲロウ●幼虫の間にハスモンヨトウ100匹! ハリクチブトカメムシ・シロヘリクチカメムシ●1日60匹を攻撃産卵 アザミウマヒメコバチ●天敵資材をふやして効かす ククメリスカブリダニ●自然のコナガ抑制の立役者 コナガサムライコマユバチ●細菌兵器!カビが侵す バーティシリウム・レカニ(糸状菌)

上野高敏さん( 九州大学大学院農学研究院 生物資源開発管理学部門 生物的防除学講座 天敵昆虫学分野)が天敵昆虫に関する研究情報を公開しています。出来立てのホヤホヤで、まさに発展中のサイトです。
http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/ibc/ueno/suiden.html
水田で暮らす有益な天敵昆虫たち

水田は,主食であるコメの生産の場であると同時に,農村や里山の景観を形成します.さらに,農耕地の生物多様性は一般的に貧弱なものですが,水田は(かつては広く存在した)低地の湿地を代替する環境としての機能を持つため,生物多様性がかなり豊かです.それゆえ田んぼの生物多様性については以前から関心が持たれてきました.しかし天敵昆虫類に関して言えば,ほとんど認知されてこなかった種が多いことや種やグループの特定が困難であることから,どのような天敵昆虫が暮らしているのかについての研究は進んでいません.

このサイトでは,水田に住む様々な天敵昆虫やクモ,害虫,中立の生物,について紹介していきます.>


インターネットの上で、このような情報が増えているので、家庭園芸や減農薬農法の強い助っ人となるでしょう。これがさらに、実践的な情報・意見交換の場を通して、問題解決の技術情報が共有されるようになる時代が来ることでしょう。また、テントウムシやクサカゲロウなどの天敵昆虫を農業資材として開発して、販売してする業者が国内にもすでに出現しているようです。(欧米では、それがかなり前からあることを知っていました)

シジミ蝶の幼虫が獰猛な捕食者となっていること、一部はアリの巣に入り込んでアリの幼虫を食べることは知っていました(イギリスのシジミ蝶の一種、ラージ・ブルーの絶滅と保全問題を取り上げて講義ネタにしたことがあります)。上に紹介した「面白むし話」には、竹を食害する虫を退治するゴイシシジミの話がありました。天敵による生態的なバランスを壊す、害虫も益虫も一緒くたに殺戮してしまう薬漬け農業から脱皮する必要がありますが、それには虫たちや微生物の生態的な関係を深く知る、調査・研究することです。そのような研究に人員や資金を投入することが将来に対する投資です。目先だけの景気・雇用対策ではなくて、将来に対する布石を打つのが政治家の本来の務めでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-24 08:42 | 田んぼと里山

バード・ウオッチング

塩見川の土手を散歩しながら鳥達を眺めてきました。
川にはカワウとカモたちがいて、岸辺でくつろいでいる連中に近寄るとすぐ逃げ去ります。
川の水面のゆらゆらした中を逃げてゆくペアです。
e0094349_17501412.jpg

乾いた田んぼでトラクターが仕事をしていました。その後を追ってコサギかチュウサギの
どちらかわかりませんが、一緒に歩いています。ケラやカエルを食べるそうです。
e0094349_17523164.jpg
e0094349_17524378.jpg

ハクセキレイが10羽あまり周囲を飛び回っていました。何か餌が出てくるのでしょうか。
e0094349_17535492.jpg

ニンゲンに慣れた鳥達は撮影が楽ですね。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-24 17:54 | 田んぼと里山

谷津田の冬景色

奥野川の上流の田んぼが寒波で凍りつきました。
日陰になった場所では田んぼにわずかにあった水が凍っていました。
その模様が面白かったので記録しておきます。
e0094349_1525394.jpg
e0094349_15254870.jpg

昨年までは田んぼが乾いたままにされていたのですが、今度の冬はどうしてか湿っています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-15 15:25 | 田んぼと里山

冬の産卵

寒さが緩んでカエルの合唱が聞こえています。産卵を確認しました。
多分、先に来ているヤマアカガエルでしょう。アカガエルは早春に交代します。
e0094349_1852285.jpg

ちょっとでも物音を立てるとカエルたちは鳴くのをやめ、姿をくらまします。
かなり遠くでも敏感に反応するのは捕食者、特に鳥を警戒しているようです。
水の中を徘徊している足跡です。大きさからみてアオサギでしょう。
e0094349_1865562.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-14 18:07 | 田んぼと里山

タニシ元気

湿田を水路のような形に整えた後で畦にコスモスの種を撒いておいたら、よい感じで花が咲きました。盛りは過ぎでも、まだミゾソバの花と競りああっています。
e0094349_8452353.jpg

e0094349_845055.jpg

旧南郷村から得たヒメタニシが定着して泥の上を這い回り、元気に暮らしています。
(ヤマ?)アカガエルの鳴き声が聞こえていましたが、卵塊は見つかりません。
e0094349_8462873.jpg

カワニナも放流してありますので、おそらくヘイケボタルの幼虫はここで、幸せな環境で育っていることでしょう。

ゲンジボタルの幼虫は室内で飼育を続けていますが、あまり大きくなっていません。
先日、O川の上流で探索したら体長5mmくらいのゲンジボタルの幼虫を1個体だけ発見しました。野外でもそれほど大きくなっていないことが不思議です。これから冬になってしまうので、その間に餌も一緒に活動(成長)低下となれば、春先に最終令の幼虫に育ってから上陸できるのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-11-17 08:51 | 田んぼと里山

田んぼ湿地のリセット

e0094349_10341215.jpg

休耕田を湿地として放置していたら、芹の一斉開花が終わり、その後草ボウボウで始末が悪くなってきました。ヘイケボタルの生息地としては不適当な状態になったと考えていたところ、これをリセットしてもらえることになって、先週末には草刈と整地(ユンボが出てきてあっと言う間に完成)が終わりました。少し深めに掘り下げて、畦を高くし、水が溜まる場所を水路の形につくりました。終わった後で泥が収まってから見たら、大きいのや小さいドジョウがかなりいました。メダカはほとんど消えていたので、後で飼育タンクから移植するつもりです。

この湿地にこれまで草の陰に隠れていたドジョウの姿が見えるようになって、早速やってきたのが隣の川に棲んでいるカワセミでした。川から湿地に水を補給するポンプに送電する電線にカワセミが止まって、下のドジョウを狙っていました。ただのデジカメで手持ち撮影で、これが限界です。カワセミであることはわかりますね。
e0094349_10503578.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-08-30 10:50 | 田んぼと里山

イノシシが作ったヌタ場

e0094349_18492783.jpg

休耕田の湿地ですが、芹の花が一面に咲いて消えて、その後どうなるかと見ていたら、イノシシたちが遊びに来ているようです。あちらこちらで泥の中から何かを掘り出して(食べて?)いるものと思われます。このようなヌタ場は水溜りとして、単調になった湿地生態系を撹乱、カエルの産卵場所になったりして、多様性の維持に役立つでしょう。田んぼから電撃ショっカーフェンスで締め出されていたので、ここを利用しにきてくれたようです。しかし、ご来場が夜間なので姿は見ていません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-12 18:52 | 田んぼと里山

今年の早期耕作米

e0094349_19503812.jpg

奥野川の上流の谷津田で稲刈りが進んでいます。写真は昨日の状況です。
イノシシの被害もなく、作柄も上々で作業をしている人たちも気合が入っています。
杉の日陰になる部分だけ稲が倒伏していました。これは徒長、草丈が伸びすぎた
ために起こったそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-07 19:57 | 田んぼと里山