beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:田んぼと里山( 89 )


植樹のフォロー

e0094349_18542171.jpg

自宅の近くで昨年2月に日向市の植樹祭が行われたところですが、植えられた樹の
苗が2回目の夏を迎えました。今年も草に覆われているので、ボランティアの皆さん
が草刈をやったようです。幸い曇り空でした。苗には間違って刈り取られないように
あらかじめ赤い目印が取り付けられていました。ミッキーの散歩がてら、草刈作業が
終わった後の様子を見に出かけました。真夏に雑草が伸びる速さは半端ではなく、
暑い中での草刈も大変です。作業をした皆さんはお疲れ様でした。
写真の中に見える大きめの樹木は植樹されたものではなくて、勝手に生えていた
木の中で植樹準備のために伐採されなかったものです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-26 18:59 | 田んぼと里山

夏の盛り

昨年は台風の直撃で散々痛めつけられた日向の田んぼでしたが、今年は今のところ
順調です。早期耕作の稲穂が頭を垂れるようになってきました。刈り取りも近いでしょう。
e0094349_8224629.jpg

イノシシたちは意外に静かなようですが、油断せずに防護柵が設置されています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-20 08:34 | 田んぼと里山

セリとクレソン

湿地の中でクレソンは流れがある場所で、そしてセリは水が停滞する場所で住み分けて共に繁栄しています。両者とも育ちすぎて野菜として採取して利用する時期を過ぎてしまいました。伸びるところを早めに摘み取っていれば、後から後から育ってくるのだろうと思います。クレソンは高温に弱く、セリは強いようですから、これからしばらくはセリの天下でしょうが、いずれ花が咲いて、次のシーズンまで消えるのでしょう。
e0094349_9595084.jpg
e0094349_100191.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-05-08 10:00 | 田んぼと里山

あっと言う間に

e0094349_180594.jpg

昔の田植え作業は大変だったと思いますが、今は機械でさっと済んでしまいます。
その前準備の代掻きもトラクターであっと言う間に終わります。

田んぼに張る水は、場所によってはポンプが出動しますが、水路の導水部分を
セットすればよいだけです。

田んぼの持ち主が稲作の農作業に出てくる必要がある日数は実際に年間で
どのくらいでしょうか。見回りは大事な作業ですが、それ以外の仕事で、のべ
実働日数としては多分2週間くらいでしょうか。個人が所有する田んぼの面積
が小規模な山間地で機械化が進んでいる結果で、経費が収穫の売り上げと
トントンになる程度のような気がします。今の農家は農協職員とお役人たちの
生活維持のために働いているような姿にさえ見えます。
[PR]

by beachmollusc | 2008-04-01 18:12 | 田んぼと里山

田植え

e0094349_18295259.jpg

今朝の風景です。
稲の苗が準備されました。
夕方には田植えが終わっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-31 18:30 | 田んぼと里山

田植えが近い

e0094349_950143.jpg

近所の谷津田で田植え前の準備作業が進められています。
昨年は初夏台風に襲われて散々でしたが、今年はどうなるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-28 09:51 | 田んぼと里山

カエルの合唱

e0094349_15514588.jpg
e0094349_15515890.jpg

久しぶりにまとまった雨が降り、温度も上昇しているのでカエルがにぎやかです。
とても臆病な連中で、近寄る前に泥の中に潜って逃げてしまいますが、アオミドロの
上で逃げそびれた奴が1匹いました。アカガエルかヤマアカガエルのどちらかです。
鳴き声から判断すると現在はアカガエルのようです。真冬はヤマアカガエルでした。
生み出された卵塊が沢山ありますが、どうやらカラスが食べに来ているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-19 15:57 | 田んぼと里山

紅葉の山

奥野の集落から北に向かって見える永田方面の山の頂上付近が綺麗になっています。
e0094349_18321897.jpg

近辺の山並みが一面にこのような景観を作っていたらさぞかしすばらしかったことで
しょうが、残念ながら杉の人工林だらけで、単調で暗い緑に包まれてしまっています。
照葉樹は色づきませんが、春の若葉が綺麗なので季節感が生まれるのでOKです。
とにかく、岩だらけの急斜面に隙間なく杉を密に植えて、そのまま手入れもしないで
いる姿は見苦しく、悲しいものです。それを見慣れてしまった世代が違和感を持たず
に、時間をかけて状況を改善しようといなくなることが懸念されます。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-11 18:38 | 田んぼと里山

小春日和

e0094349_1817212.jpg

今日は塩見川の周辺でミッキーと散歩してきました。
すばらしい天気の休日となり、川では高校生くらいの3,4名がルアー釣りをやって
いました。マルカを狙っていたようですが、捕獲禁止になっているはずの魚です。
そばの田んぼで土を耕してあった所にコサギらしき鳥が集まっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-23 18:20 | 田んぼと里山

ご用済み

e0094349_7445633.jpg

週末の間に谷津田の稲がようやく刈り取られています。
台風の後も不順な天気が続いているので稲刈りの日和がなかなかありませんでした。

イノシシや鳥などを威嚇してがんばったミッキーのお友達は見捨てられていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-13 07:48 | 田んぼと里山