beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:田んぼと里山( 89 )


台風後の谷津田

e0094349_9295826.jpg

今朝の様子です。
今回の台風は南からほぼまっすぐ来たので、風は北よりが続きました。
そのおかげで、北に山があるこの田んぼでは風の陰だったはずです。
また、稲穂は北に向いて寝ていますので、通過後の風を受けていたようですが、
吹き返しがほとんどなかったので南風の影響も心配されたほど激しくはなかったもようです。

日向市の平地の田んぼでは稲が一面になぎ倒されていましたが、奥野川上流の谷津田では
それと比べて被害は軽かったと思われます。
ミッキーのお友達もあいかわらず元気に田んぼを守っています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-04 09:34 | 田んぼと里山

旧南郷村でタニシが残っていたわけ

e0094349_7235672.jpg

旧南郷村、現在美郷町南郷区の甲斐恒利さんの実家にある古いコンクリート製の池
には鯉が泳ぎまわっていました。その排水溝にヒメタニシが群れていたのでした。
池の周囲の甲斐さんの田んぼにもタニシが住んでいます。農薬を出来る限り使わない
で耕作をしているそうです。水源は家の裏山にあり、それをパイプで引いています。
そのために他の水田で使われている農薬の影響を受けないでいるようです。
周囲の水田にタニシは住んでいないそうです。このような特殊な条件がそろった場所
だったので、奇跡的に在来のタニシが残されていたのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-01 07:29 | 田んぼと里山

ミッキーをビビらせたお友達

e0094349_811643.jpg

谷津田の中に出現したこのカカシさん、ご近所の黒田さんに生き写しです。
今朝、このカカシさんの前に来たら、ミッキーがひどくおびえてしまいました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-07-20 08:02 | 田んぼと里山

いのしし対策

e0094349_11544740.jpg
e0094349_11545930.jpg

稲穂が垂れ始めると今度はイノシシの攻撃を防ぐ準備です。フェンスを張り巡らしたり、
ワイヤーやテグスを使ってバリヤーを作っています。カカシまで動員されていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-07-10 11:56 | 田んぼと里山

田んぼのガードマン

e0094349_7265797.jpg
e0094349_7271046.jpg

奥野川の谷津田では稲穂がかなり伸びています。
今朝は雨上がりで霧がかかり、稲の上にかかっているクモの巣に水滴がついたのが
輝いていました。稲穂を食害するような昆虫を待ち伏せしているのでしょうね。
その一方で、田んぼで育ったヤゴがトンボになって稲穂から飛び立とうとしている姿が
見られましたが、そのトラップにもなるのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-07-08 07:30 | 田んぼと里山

カルガモのカップル


昨夜は新米の県議会議員のカップルがホタル見物に来てくれました。
カップルといえば、裏の田んぼにカモのカップルが住み着いています。
夜はどこかに行って寝ているようですが、昼間は田んぼでのんびりと草を食べています。
多分、カルガモでしょう。お母さん鳥の後に雛が列になって歩くというニュースが
よくありますね。
e0094349_10342264.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-06-13 10:32 | 田んぼと里山

ちびっこ集合

e0094349_8131876.jpg

田んぼの排水用水路の中で1センチくらいのチビたちが集まっていました。
さて、この子達は何カエルでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-06-12 08:14 | 田んぼと里山

謎の浮遊物

e0094349_5512090.jpg
e0094349_551301.jpg

北川の支流小川(こがわ)のホタルの名所をチェックするために北上していたら、
門川町内の苗が植えられた直後の田んぼが真っ赤になっていました。
もしや、アカウキクサが使われているのかも、と思って近くまで行って見ました。
浮いてはいましたが、ウキクサではなくてどうやら微生物のようです。
以前、高鍋の防災ダムのところで見たものと似ています。

アカウキクサは自宅裏の田んぼで実験中ですが、とても勢力が強い草です。
シダ類であり、窒素固定能があるので、田んぼで稲のための除草剤を使わず、
肥料も節約できるという、たとえば合鴨農法と組めば、優れもののはずです。
http://www.hotarui.com/index.htm
ただし、外来種のアカウキクサ利用については問題視する向きもあります。
[PR]

by beachmollusc | 2007-06-07 06:02 | 田んぼと里山

長い道

e0094349_8371734.jpg

元水田、今湿原にアカウキクサを入れて繁茂させていますが、今朝見たら、長々と
筋が出来ていました。これは例の長い奴らが歩いた足跡です。
近所を探したら足跡の主がいました。
e0094349_839425.jpg

画像でしりとりみたいですが、畦にはヘビイチゴが真っ赤になっています。
e0094349_8394987.jpg

湿原ではクレソンが花盛りです。
e0094349_8402113.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-05-17 08:40 | 田んぼと里山

種を撒いたレンゲも咲いています

e0094349_194259.jpg

シードバンクから育ったレンゲは花盛りを迎えていますが、スズメのテッポウが
頭を伸ばして抜け出たために部分的に隠れています。
その一方で、種まきから育てた畑でようやく一斉に咲き出しました。
こちらは生育密度過剰のためひょろひょろしていますが、他の雑草を圧倒しました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-11 19:07 | 田んぼと里山