beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:田んぼと里山( 89 )


田んぼで増える藻

e0094349_1862921.jpg

浮き草が一面に広がっていますが、田んぼの水中には実にさまざまな生物が生きて
います。藻類もかなり多くの種類が湧いてきました。とりわけ、レース網のような緑藻
がきれいです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-07-09 18:08 | 田んぼと里山

田んぼの住民たち

e0094349_1042742.jpg
e0094349_1043741.jpg
e0094349_1044810.jpg
e0094349_1045847.jpg

水田に一定量の水を張って維持することは大変なことであるとわかってきました。
浮き草が増えつつあり、ドジョウやメダカ、カワニナなどを放流する準備を進めて
いますが、生息場所として単調になっているので、一工夫すうr必要を感じます。

水田の見回り中にムシやカエルたちに出会います。長いやつもかなり多数いる
みたいです。餌が豊富だから当然のことです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-22 10:08 | 田んぼと里山

野生メダカとジャンボタニシ

e0094349_7434112.jpg
e0094349_7435271.jpg

ハマグリの話を聞いて回っているときに、野生メダカの集団が付近にいると聞き、
探してみました。水田はちょうど田植えの作業中のところが多く、宮崎よりも一月
遅い感じでした。水田の周辺の水路に、水草や藻が生育していて、メダカの集団
ばかりでなく、コオイムシやミズカマキリなどもいて、フナとメダカが健在でした。
しかし、水路の壁面には赤いツブツブが点々と見られ、それを産んだジャンボ君
たちがたくさんいました。水田の障害になるはずですが、駆除していないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-20 07:48 | 田んぼと里山

今日もよい天気

e0094349_8175085.jpg
e0094349_818359.jpg
e0094349_8181581.jpg
e0094349_8182650.jpg

雨を降らせてくれた嶋津君が去ってから再びよい天気が続いています。
梅雨に入ってから雨は数日だけ、よい陽気で快適です。しかし、沖縄は土砂降りとか。

自宅の脇の水田と実験室に給水するポンプ小屋で川から水をくみ上げる装置、
田の中に掘った井戸と山の湧き水の3本立てで実験飼育ができるように万全の
体制が整いました。田んぼにはそのほかに水路の最上流部で湧き水があります。
水路には赤腹君とお玉がうようよいます。ここにカワニナを川から移植しました。
水路脇の岩には苔が生えているので、ゲンジボタルが産卵に来てくれると大変
うれしい。

先週から勝手に家族に加わってくれた捨て犬がいます。昔グアムでかわいがって
いた犬にそっくりで、名前も同じ「ミミ」にして養うことにしました。かなり賢くてよい
犬です。すでに番犬として働いています。ファルとの散歩にも一緒についてきて
走り回っています。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-12 08:28 | 田んぼと里山

水を張った棚田

e0094349_7265165.jpg

家の脇の川筋に棚田が耕作放棄されていたのを借り受け、地元の皆さんの協力
で、水田の状態に戻すことができました。まだ水の供給が不安定で、川からくみ
上げて維持していますが、自宅に引かれている山からの湧き水を流すことも開始
します。田んぼの一角に掘った井戸からポンプでも水をくみ上げ、飼育水の確保
を三重にしています。水生生物を飼育する形がほぼ完成してきました。あとは電気
工事を残しているだけです。安定したら、田んぼにカワニナやタニシ、ドジョウに
メダカなどを放流してホタルの里の基盤整備ができます。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-07 07:33 | 田んぼと里山

今朝の日の出ころ

e0094349_18571845.jpg

今朝の散歩で朝日が山頂から出る寸前の、いつものコースの谷あいの棚田です。
空気がおいしく、草木から出ているさまざまな香りが漂っている中を歩くのは最高の
気分です。
[PR]

by beachmollusc | 2006-05-22 19:00 | 田んぼと里山

田んぼ

e0094349_19435389.jpg

悪天候が続いていたので稲の伸びはあまりよくないのかもしれません。
今朝はよく晴れたので、ファルの標準散歩コース、片道1キロをいろいろな写真をとり
ながら歩いてきました。この田んぼにはたくさんのオタマジャクシがうごめいていました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-05-21 19:48 | 田んぼと里山

耕作放棄された水田

e0094349_9184778.jpg

これが家の脇にある放棄された田んぼの姿です。水を張って整備すれば
ホタルやドジョウなどの養殖池に変身するでしょう。農地、特に水田の
転用は難しいそうですが、放置されたままで良いはずがありません。
[PR]

by beachmollusc | 2006-04-16 09:21 | 田んぼと里山

田植え

e0094349_8281785.jpg

今朝は良い天気です。家のすぐ近くの田んぼの田植えが昨日のうちに終わっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-04-07 08:28 | 田んぼと里山