beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:環境保全( 40 )


水源の森つくり

山ノ神山の尾根筋で大きな実が生っていたシマサルナシを見つけた喜びは前に報告した。

その場所で行われていた緑資源機構の「水源の森つくり」の現場は極めてショッキングな有様だったが、現場を見渡せるような場所がなかなか見つからないので、現状を写真で紹介することはかなり難しい。最新の高解像度の空中写真があれば良くわかるが、県北部の写真はオンラインで公開されていない(延岡の竜巻災害の直後の写真が国土変遷アーカイブにあるだけ)。2005年の集中豪雨の爪あとの写真は撮影した会社が一部を公開しているが、この場所は該当していない。

陸地峠の探訪の後、林道:松瀬・歌糸線の歌糸集落側(国道388号線の沿線)から山ノ神目指して登ってみた。前回はこの林道を途中から勘違いで県道43号線側の集落に降りてしまったので、完走していない。幹線林道や大規模林道には道しるべがあるが、このような一般林道では分岐点での行き先標識がない。GPSの読みではまだ先かも知れないと思いつつ、良い状態の方が主道だろうと判断して間違えたのだった。道路地図や地形図で記された林道はほとんどあてにならない。

歌糸の集落は谷間の渓流沿いにあって、水田の他には茶の栽培が目立っていた。霜害を防ぐための屋外扇風機がポツンと立っているようなのどかな村であった。肝心な林道の標識は全く無いので、勘を頼りに山に向かって進んだら、前に走った山ノ神山の尾根の少し東側に続く尾根筋が見えてきた。
e0094349_1821566.jpg

山頂の南側が見えているのだが、尾根筋が広く伐採されて裸になっている様子が麓から見ても良くわかった。
林道を登りながら見えた山腹の惨状を紹介する。
e0094349_18233196.jpg
e0094349_18233828.jpg
e0094349_18234671.jpg

e0094349_183985.jpg

e0094349_18235353.jpg

林道は部分的に舗装が切れていて、ガレのある砂利道の部分が断続的に現れるからライダー向きではない。道を塞いで通行できなくしているような斜面崩れの場所はないが、舗装面にかなりの落石があった。
e0094349_18264610.jpg

この谷間の林道沿いには砂防や治山の堰堤は見つからなかった。

水源の森を作るということを口実にした林業、しかも大規模な皆伐で山を丸裸にして、その跡地をそのまんまに放置しているように見える。このような状況は九州山地ではごくありふれているようである。

林野行政は山林の手入れを呼びかけ、ボランティアを募集したり、森林税を徴収したりしているが、現場の姿が一般市民の眼に触れないのを良いことに、実際は何をやっているのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-24 18:32 | 環境保全

マッチポンプのマツクイムシ対策

昨夜8時半から9時にかけて自宅周辺で今年最初のホタルの発光を見ました。
ヒメボタルは1個体のみで、ゲンジボタルとヘイケボタルは数個体でした。
気温は約18度で十分に高かったようですが、湿度は約60%と乾燥していたので、土の中で待機している羽化成虫が出るのを控えていたかもしれません。出てきたものも、ほんのわずかな時間だけでした。

昨年に比べて約2週間早いこと、そして3種が同時にそろい踏みということは特記事項です。延岡や北川など、他所でも今年は早く出ているようです。

さて、夏が近づいてホタルだけでなくいろいろな昆虫が活動開始です。

今朝、小倉ヶ浜の中央部、赤岩川河口付近の松林をチェックしてきましたが、薬剤散布で立ち入り禁止の予告が出ていました。今年もまた、来週からはじまるようです。
e0094349_11194714.jpg

羽化するマツノマダラカミキリが枯れ松の中のマツノザイセンチュウを運んで、他の元気な松にマツ枯れが広がることを防止する(建前で)この生態系破壊の暴挙が行われます。

線虫とカミキリムシの幼虫が潜んでいるのは、枯れた(そして、感染していて枯れる前の段階で弱っている)松の木の中です。そして、海岸からよく見えますが、昨年のうちに枯れた松が放置されたままです。
e0094349_1125039.jpg

松林の中には枯れた松の倒木が多数あり、さらに部分的に枯れていて弱っている様子が見られるものが密生しています。松は貧栄養環境に適応する樹木なのでジャングル状態ではストレスが一杯であり、そのために弱っていると線虫に感染しやすくなっている(カミキリムシはそのような木を選んで幼虫を育てる)はずです。
e0094349_1127233.jpg
e0094349_11271011.jpg
e0094349_11271910.jpg

別の場所で、伐採して運び出された枯れ松が、海岸付近の空き地に山積みされているところを見つけました。

このように、松枯れに関与するカミキリムシと線虫の再生産システムを現地に温存したままで、薬剤散布を闇雲に行うというわけです。こういったやり方は「マッチポンプ」と称されます。

松枯れに関係するカミキリムシを殺す目的で薬剤散布すると、他の多くの昆虫はもちろん、土壌中の小動物や微生物からなる生態系を破壊します。また、松は土壌中の菌類と共生関係を維持しているのですが、薬剤がその共生関係にどのような影響を及ぼしているのか、誰も気にしていないようです。

松枯れとは、何らかの理由で弱った松を森林から取り除くメカニズムであり、「遷移」をもたらす仕組みでしょう。マツノザイセンチュウは、原産地のアメリカでは元気な松と仲良く共生しているそうです。

共生関係をうまく維持できない、線虫耐性の弱い日本の松はそれと仲良くできませんが、抵抗性の苗を選抜して育て、弱い松と交代させることが生態的に理に適った方策でしょう。この方策は実験的に進められているようですが、その一方で線虫とカミキリムシの増殖の手助けを続けながら、マッチポンプで薬剤散布をするのはいかがなものでしょうか。使用される薬の製造販売関係と、散布作業を請け負う事業者の「利益」だけのために松枯れ対策事業が行われることは納得できません。

事業予算の使い道としては、弱っている松と枯れ松の撤去と適正な処分、そして富栄養化した林床を松の生理に好適な状態に改善して維持するべきです。また、カミキリムシを食べる天敵の鳥を増やすために巣箱を設置するなどの方法があるはずです。殺虫剤で餌を奪われた鳥達が林から姿を消すような、強い味方を失うような税金の無駄になる、愚かな「対策」はやめてもらいましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-14 11:52 | 環境保全

前途多難、小原のホタルの里づくり

最近、自宅前の林道を林業用大型トラックが頻繁に往復し、杉の丸太を満載して運んでいます。どこで伐採をやっているのかわかりませんでしたが、ようやく見つけました。

塩見川の支流である奥野川は、小原(こばる)集落の外れにある自宅前より約100m上流で二股に分かれていて、東は横尾谷、西は権現谷に流れています。二つの合流点の下流部、つまり自宅周辺、で農水省が実施している補助事業「農地・水・環境保全」の一環としてホタルの里づくりを進めています。5年計画の事業で3年目に入ったばかりのところです。飼育して周囲に放流したゲンジボタルの幼虫はすでに上陸して土繭を作っているでしょう。

5月末から6月上旬には3種類のホタル(ゲンジ、ヘイケ、ヒメ)が飛び回るでしょうが、問題が残っています。

ヒメボタルが群れて飛ぶ杉林では冬の間に間伐が行われましたが、そのために、昨年まで一番多く飛び回っていたゾーンの地面が相当荒れています。そのため今年は飛翔する数が減ることを想定しています。

ヘイケボタルの成育環境は、小原の皆さんの協力があって、かなり良好です。これは心配ないでしょう。

ゲンジボタルですが、奥野川には幼虫の餌になるカワニナなどの貝類がほとんどいません。ホタルの名所である北隣の谷筋の三ヶ瀬川(五十鈴川の支流)とは天地ほどの差があります。なぜこのような極端な差異が生じているのか考えると、主な原因として砂防ダム建設、杉林の伐採、林道工事と、養鶏場からの排水が疑われます。

三ヶ瀬川では上流部にシイタケ栽培と小規模な農地があるだけで、集落が現れるところまでの河川改修もあまり行われておらず、また杉の植林もあまりされていない、宮崎県内で稀な自然が色濃く残っている地域です。ホタルのシーズンには川筋全体に無数のゲンジボタルが乱舞していて、集落の家々の周りでも飛び交っていました。

砂防ダムについては、横尾谷に大きなものが3つ並んでいることを前のブログでも指摘しました。昨日権現谷で見つけたのは、比較的新しい、しかしすでに土砂が堆積して埋まっている砂防ダムです。これも隣の谷のものと同様に、なぜここに、何のために建設しなければならなかったものか理解に苦しむものです。
e0094349_10142034.jpg

林道から見えたのはこれ一つでしたが、他にもあるかもしれません。権現谷は上流で二股になっていて、西側の枝道で、このダムが見えた林道で舗装工事がなされたのが私が引っ越す寸前で、4年前くらいです。東側の枝道を北に進んで峠を越えた向こう側に三ヶ瀬川があります。

説明のために地形図をスキャンして地名などを書き込んだ画像です。
e0094349_10184232.jpg

権現谷沿いには二つ養鶏場があって、一つは山の斜面上の高まりにありますが、地鶏の方は二股分岐部分の川に密着しています。この施設が川の環境に何か影響しているかどうか即断はできませんが、下流には奥野河川プールがあって、夏には大勢の利用者が泳いでいますので、プールの管理責任がある日向市による水質のチェックは必要でしょう。

地鶏養鶏場のすぐ上の山の斜面では杉林が大規模に伐採されていました。
e0094349_10243151.jpg
e0094349_102440100.jpg

この伐採された斜面のすぐ上流にすでに埋め尽くされた砂防ダムがあります。それとは無関係に、次の大雨で今回伐採された谷の両側の斜面から大量の土砂が奥野川に流出することは避けられないでしょう。塩見川まで影響が及ぶかもしれません。

ホタルの里づくりは前途多難です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-16 10:26 | 環境保全

日向市ハザードマップ

e0094349_1919691.jpg
日向市のハザードマップが配布されました。その自宅周辺部を紹介します。
わかりやすくするために書き込みを加えています。
横尾谷川と権現谷川が合流して奥野川となったすぐ下流に自宅があります。
約200m下流から下に川沿いに小原(こばる)の集落があります。小原集落の
北に「土石流危険渓流氾濫区域がマークされていますが、砂防ダムはそれと
関係なく、横尾谷川の上流に3基建設されています。
以前から、このダムは何のために建設されたのか疑問に感じているところです。
この横尾谷の渓流で土石流が発生しても、合流点の手前の開けた場所、谷津田
の水田があるところまでに収束するような地形です。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-08 19:12 | 環境保全

海岸のホロコースト

e0094349_70016.jpg

今朝は5時半に小倉ヶ浜の中央部、運動公園のところから砂浜に出ようとしたら、
遊歩道の入り口で張り番をしているおじさんに呼び止められました。薬剤散布を
やっているので松林の中に入らないでください、ということでした。改めて周囲を
見渡したら、やっていました。
e0094349_723386.jpg

風に乗って殺虫剤の霧が松林の上に広がっていました。
おじさんに薬剤の種類は何かと尋ねたら、知らないという返事、何を撒いていて、
それがどのような性質のものかを認識していなかったようです。人々のアクセスを
止めるだけの指令を受けて番人をやっているだけです。国有林部分だけでなく、
民有林部分にも散布するといっていました。業務を担当しているのは地元の森林
関係部署でしょうが、与えられた予算の消化業務を毎年繰り返しているだけでしょう。
e0094349_77514.jpg
e0094349_771598.jpg

このような薬剤散布は松林の中の生態系を滅茶苦茶に破壊すること、その期待
されている効果:つまりマツクイムシ(線虫を運ぶと考えられているカミキリムシの
薬殺による)防除が効果的に行われてきているとは思えないこと、すでに全国的に
この薬剤使用での対策は見直されつつあること、そして重大な見落としとなって
いる砂浜海岸でのアミ類など小型甲殻類やエビ・カニ類が死滅して、砂浜で成育
している水産魚介類の稚仔の餌を殺し、ゆりかごを破壊していること、などなどから
マイナス要因に注意を払わずに、松だけを見て生態系の保全を考えない、乱暴な
事業は廃止するべきです。環境省は林野庁に遠慮して口を出さないことにしている
と思われます。環境省の「ぱしり」である自然保護団体も口をつぐんでいます。

保安林の保全は重要な課題ですが、それは人為的な管理が大変な松だけに頼る
のでなく、串間市の石波海岸や高知県の大岐の浜などのように、松以外の環境に
適した樹木が育つような自然にまかせた林を維持するべきです。

この松林では、松に直接薬剤を注入する事業も行われています。さらに実験的に
線虫に耐性を持つ品種の松を育ててもいます。効果が疑問であり、副作用が強い
薬剤散布にたよらないで、健全な海岸保安林を守り育てるようにするべきで、その
試みを辛抱強く続けることが行政の責任です。国の補助金を受けてそれを消化する
だけ、その効果も被害も検証しないまま、だらだらと毎年薬を撒き続ける公共事業は、
薬の製造販売元と散布事業者を養うだけに過ぎません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-22 07:19 | 環境保全

マツクイムシ

小倉ヶ浜には立派な保安林が残っています。日向灘沖で大地震が発生し、大津波が海岸に押し寄せてきた場合に、みごとに受け流してくれるでしょう。しかし、その松林には所どころに赤く枯れた松ノ木が見られます。海岸に出る道の脇に伐採された枯れ松が積んでありました。
切断面を撮影したのは、これがマツノザイセンチュウにやられたかどうか見るためです。
小倉ヶ浜ではいまだに定期的な殺虫剤の散布をやっているようです。これはセンチュウの運び手になるカミキリムシを殺し、被害の蔓延を防ぐことが目的とされています。しかし、これが本当にカミキリムシを殺しているかどうか、その結果を調査した事例では巻き添えになった他の昆虫ばかりが殺されていました。松林の生態系を構成する土壌中の小動物も巻き添えになっているはずですが、さらに昆虫類に近い甲殻類、エビ、カニ類にも殺虫剤の影響は絶大です。

小倉ヶ浜の砂浜にはスナガニ類の姿が極めて乏しく、砂浜の潮間帯を見てもキンセンガニなどの密度が極端に低いし、小型甲殻類で岸辺に集まる稚魚の餌として重要なアミ類やコツブムシの仲間、その他大勢が見られません。薬害の影響であることは明瞭でしょう。
e0094349_1355392.jpg
e0094349_13555434.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-01-21 13:55 | 環境保全

砂防ダムのムダ

e0094349_6581381.jpg

ホタルの里である旧南郷村の渡川流域、ダムの上流の源流域を見て調べてきました。
そのいたるところに砂防ダムと治山ダムが建設されているのですが、砂防ダムは立派に
機能を果たしてわずかの年数で土砂が一杯に溜まっています。後は、崩れ落ちるのを
待つばかりですが、その下に人家や産業施設などは(土建業者以外は)ありませんから
何で建設されたのか、何を守っているのかわかりません。単に土建業者の懐を守って、
その談合を促し、政治献金を還流させているのでしょう。
ダムの上に植林された杉林が崩壊している例を見ることが出来ました。
e0094349_751971.jpg
e0094349_753040.jpg

道路の下の谷間にも砂防ダムの列が出来ています。
e0094349_743098.jpg

さらに、同じ構造で人工林のある場所に建設されている「治山ダム」です。名前は
違いますが、基本的に同じで、山の上の方にあるだけです。
e0094349_7442751.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-08-01 07:05 | 環境保全

杉の根っこ

e0094349_4331594.jpg

がけ崩れで通行止めになっている広域農道を見に行ってきました。
その途中で、植林された杉林の根元が崩壊している場所を見つけました。
今回の台風は風が弱くて風倒木はほとんど見かけませんし、折れた枝などもありません。
土砂崩れはほぼ大雨の影響だけで起こったものと考えられます。
杉の根元を良く見ると、なるほど根っこが浅いようです。これでは簡単に崩れますね。
e0094349_4332587.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-07-17 04:38 | 環境保全

斜面崩壊

e0094349_10213114.jpg
e0094349_10214631.jpg

田んぼ湿田にあった置き土産の杉の木の源らしきところを発見しました。
家から林道を1km余り山中に入った場所で新しい崩落現場がありました。
急傾斜の崖に杉の植林をしていたこの場所の地盤はかなりもろいようです。
このような場所にまで補助金を出して植林させた行政はかなり狂っていたのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2007-07-16 10:26 | 環境保全

小川流域にて

e0094349_624583.jpg

松葉小学校からさらに上流に進むと、以前から気にかけていた漁業者が借地して
いる山林の看板が見つかりました。地元の自慢の鮎を守るために流域の山林の
伐採を防ぐ目的で河川漁業組合が森を借りています。その場所に出くわしました。
e0094349_6271124.jpg

小学校のすぐ前にあった砂防ダムの列ですが、これは何の意味もない場所に
建設されているとしか思えません。下には道路があるだけで、人家を土石流から
守っている(つもり)でもなく、本当に崩れたら、一緒に川になだれ込むはずです。

北川漁協が懸念しているように、流域では山腹の伐採跡が、あちこちにありました。
e0094349_6302874.jpg

北川から北浦方面に抜けて走っていたら、さらに見事な伐採跡をみました。
e0094349_6311930.jpg

この地域ではお猿さんが道路に出てきますが、山がこの有様では当然ですね。
[PR]

by beachmollusc | 2007-06-07 06:32 | 環境保全