beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:環境保全( 40 )


砂が運ぶ種

外来種がやってくる経路には色々ありますが、非意図的な侵入には水や土砂が関係する
場合があります。

日本は海外から多量の砂を建設用の骨材とか人工海岸に敷くために輸入しています。
砂は国内でも盛んに移動しているので、それに伴って色々な植物や微生物などが動い
ているはずです。

海外旅行から帰国する旅行者に対しては、土砂、特に土が付いたものは厳重な検疫の
対象になっているのですが、大量に入ってくる砂はフリーパスのようでした。国会でも
以前、これについて問題提起がされていましたが、国はダブルスタンダードでチェック
しやすい相手は厳重に、チェックしにくい相手にはそれなりにやっているのでしょう。

写真の砂の中から出ている植物が見慣れない物だったので、よく見たら、この砂は
昨年度に近くで行われていた道路工事で使われた骨材の残りかすでした。ミッキーと
たびたび散歩している場所なのでよく憶えています。いったい砂がどこから来たものか、
わかりませんが、この中にあった種が発芽したのでしょう。
e0094349_18291463.jpg
e0094349_18292423.jpg

この植物の正体もわからないので、外来種かどうか知りませんが、そのうち成長した
ものから判別してみたいと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-02 18:30 | 環境保全

用水路の工事

e0094349_6592189.jpg
e0094349_6593464.jpg

権現山のふもとを流れる用水路には湧き水が流れていて、メダカが住んでいます。
横山さんはこのメダカの危機的状況についてなんとかしたいと望んでいます。
家庭排水も流れていますが、水路にはカワニナとイシマキガイも生息していて、
蛍が飛ぶそうですから、水路はいじって壊して欲しくないわけです。
e0094349_734941.jpg

イシマキガイがいるのは塩見川につながっている証拠です。
e0094349_78154.jpg

しかし、下流では日向市の公共工事で水路の「整備」が進行中です。
e0094349_753713.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-11-30 07:06 | 環境保全

放棄された谷津田の運命

e0094349_18473781.jpg
e0094349_18474897.jpg

現在借りている田んぼは耕作されなくなってから数年だったので、田んぼの状態に
戻すのは割合簡単でしたが、その上に連なっている谷津田は放棄されてから年数が
経っていて、笹薮に変化している途上です。これが地下茎で広がったら、再び田んぼ
に戻す作業は大変難しくなりそうです。田んぼの耕作をあきらめたところにはクヌギの
苗を植えて手入れして管理して、クヌギ林を広げてゆくような努力をすると将来的に
有用な環境と資源を生み出すと思います。ただ放棄されるのを放置しないで、何らか
の跡地の効果的な利用ができるように制度化を急ぐべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2006-09-26 18:55 | 環境保全

除草剤の影響

e0094349_8523475.jpg

彼岸花は球根から束にして花を出しているように見えます。
真っ赤な花がお互いにひしめき合っているのが正常な姿でしょう。
畑の雑草を殺す除草剤が数週間前に散布されているのを見ましたが、
その影響で死滅した草むらの中からがんばって花を咲かせているものを見ました。
さすがに花に勢いがありません。
e0094349_8565075.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-09-24 08:57 | 環境保全

ダム

e0094349_1724276.jpg
e0094349_1725352.jpg

河川敷の中でなにやらやっていますが、何のために何をしているのか読めませんでした。

e0094349_1734564.jpg
e0094349_1735986.jpg

耳川は椎葉の巨大なダム以外にも多数のダムと水力発電所があります。写真の
ダムはわりと小さいものでしたが、流木がぎっしりとたまっていました。ちなみに、
昨年宮崎県北部で大洪水を起こした耳川や北川にはでかいダムがありますが、
洪水がなかった五十鈴川や塩見川にはダムがありません。何か因果関係は?
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 17:08 | 環境保全

斜面の崩壊

e0094349_16544249.jpg
e0094349_16545242.jpg
e0094349_1655437.jpg
e0094349_16551581.jpg

椎葉村の手前の諸塚村でも崖がいたるところで崩壊して、杉がなぎ倒されている姿
が目に付きました。河川敷では重機がいたるところで大活躍です。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 16:56 | 環境保全

岩淵大池(ため池)

e0094349_43418100.jpg
e0094349_4344115.jpg

e0094349_4354516.jpg

昨日、小丸川の上流が流れている木城町に立寄って、オニバスの自生地(池)とされている
ため池を探し出しました。古いため池のようですが、県内唯一のオニバスの自生地として、県
の天然記念物として奉られていました。ぐちゃぐちゃと説明文が書かれていた看板を見ていたら
突然の雷雨で、看板のひさしの下で雨宿りしました。

池の水面は一面にヒシの葉で覆われていて、ヒシの白い花が点々と見えましたが、ぐるっと
まわってみた限り、オニバスとやらはまったく見つかりません。そこにちょうど犬と散歩中の
おじさんが通りかかったので、オニバスはどうなっているか聞きました。

去年はわずかな株数で出たが、今年はまったく出ていないそうです。ヒシがひしめいている
のは影響していないだろうということで、鯉ヘルペス騒ぎの影響で池の魚を取り上げなかった
ので、底にたまった泥をかき回さなかったことが災いしているんじゃないか、というご意見を
いただきました。ため池という人工的な環境とは、稲作の生産活動のサイクルにしたがって
人々が使いこむことで維持されているのでしょうか。「天然記念物」などとして下手に奉って
しまっては、もともと「天然」ではないものは迷惑するのでしょう。触らないことで保全しようと
すれば保全できないという矛盾が生じるケースかもしれません。消えてしまったらおしまい。
天然記念物行政は根本から見直す必要を感じます。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-30 04:36 | 環境保全

北川町にて

e0094349_19471612.jpg
e0094349_19472866.jpg

北川も昨年の台風に伴った水害でひどい目にあいました。川沿いの集落では家屋の
かさ上げ、土台の持ち上げ工事が行われています。

町役場の近くでドジョウの看板を見つけたので、種苗を分けてもらえるかどうか主に
質問したら、今年はまだ準備中だそうでした。休耕田を使って新規事業を始めた
ようでした。最初の種苗ドジョウはどこから来たものかたずねたら、正直にも熊本産
だと返事をもらいました。日向の山向こうから来たものを日向ドジョウと名づけるとは
よい度胸ですね。どうも日向の地元のドジョウはすっかり消えてしまっているようで、
まったく入手できません。我が家のすぐしたの休耕田を借り受けて、雑草を刈り、
田起こしを済ませたばかりです。カワニナとタニシを増やすついでにドジョウも飼育
して、皆さんの遊び場、釣堀にしてやろうかと思っているわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-05 19:55 | 環境保全

橋とトンネルの向こう側は?

e0094349_15595342.jpg

数年前から建設中の橋がどうやら完成したようですが、その先のトンネルはどこに
つながるのか、理解できませんでした。既存の道にこれを接続させるためには、
二見の集落のある谷間をまたがって、さらに巨大な橋を建設しなければならない
と思われます。

大浦湾の沿岸道路は台風のときに冠水して通れなくなるので陸の孤島化すると
聞いたことがありますが、この問題を解消して、台風の真っ最中でも名護の町に
出かけることが可能になるようにする計画なんでしょうか。

二見の集落景観は沖縄で最後まで(10数年前までは)昔の田園風景が見られ
ました。その面影は消えてしまい、集落の上をどでかい橋がかかり、自動車が
通り過ぎるだけになるのでしょう。土建行政の究極の姿がここに見られます。
[PR]

by beachmollusc | 2006-04-27 16:07 | 環境保全

宮崎県RDB

e0094349_1541798.jpg

注文していた本が来ました。
メダカとドジョウとナマズがレッドリストに載っていました。
宮崎県でさえこの有り様ですね。
[PR]

by beachmollusc | 2006-02-16 15:04 | 環境保全