beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:環境保全( 40 )


海砂の採取

e0094349_1132893.jpg

講義のスライドで西日本の海砂採掘状況の情報を紹介します。
長崎県が最高!
だから壱岐、平戸、五島、野母崎などの沿岸でチョウセンハマグリが消えてしまったのでしょうね。
[PR]

by beachmollusc | 2006-02-06 11:05 | 環境保全

雨上がり

e0094349_18203112.jpg

赤土は海の表面を拡散します。本部半島から瀬底島に渡る瀬底大橋の上
から見下ろした風景です。組み込んだ写真は本部半島の海岸で写しました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-19 18:22 | 環境保全

土地造成中の沖縄高専

e0094349_1750462.jpg

昨年開校した沖縄高専の敷地が造成されていた当時の写真です。
http://www.okinawa-ct.ac.jp/
現在は立派なキャンパスが完成しています。

沖縄で大規模な公共工事をすれば、このように赤土がむき出しになります。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-19 17:53 | 環境保全

貝が消えた

e0094349_11343588.jpg

久しぶりに沖縄本島、恩納村の屋嘉田潟原に出かけました。藻場が広がる
浅瀬に多様な貝類が生息している(はずでした)ので、カワラガイやオオ
ヒシガイ、そしてリュウキュウアオイが採れることを期待していました。
しかし、結果は3名で2時間探し回ってゼロ。貝の姿が見えない浜になって
いました。ワタリガニやタコなどを狙って来ていたおじさんも同じくらい
時間をかけて探し回っていましたが、空振りに終わったようです。

海岸には10数年前に植林された保安林のリュウキュウマツが真っ赤になって
青空とコントラストを見せています。恩納村一帯で、今年もまた松が枯れて
真っ赤な紅葉状態です。たしか、今年は、沖縄県の松くい虫根絶計画の達成
の目標年だったと記憶しています。去年よりも今年の方が激しいと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-01 11:43 | 環境保全

建設中の橋

e0094349_8464282.jpg

キャンプシュワブの少し北にある大浦湾の干潟の上に巨大な橋が建設され
つつあります。写真は2年前の姿ですが現在、橋の本体は完成しているよう
です。

全くわからないのは、橋の一方が山の中のトンネルにつながるらしいのに、
そのトンネルが山の向こうでどこに開くのか見当がつきません。また、
なぜこの橋が必要であるのかのもさっぱり見えません。建設するための建設
だろうとしか思えません。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-08 08:47 | 環境保全

出来立てほかほかの埋め立て地

e0094349_8174831.jpg

沖縄本島北部西海岸、名護の北にある塩屋沿岸にはダム建設の廃土を
使った埋立地ができています。沖縄島の面積がまた増えました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-04 08:18 | 環境保全

ニュースになっている海岸

e0094349_1722944.jpg

沖縄本島北部、東海岸にある米軍基地、キャンプ・シュワブとその
周辺が上空からはっきりと見えました。普天間にある海兵隊の航空
基地の移転先とされている場所です。

この岬の手前の奥には大浦湾があり、干潟にキュウシュウナミノコ
をはじめとした砂質干潟に特有な小型貝類が豊富です。また、すぐ
北の瀬嵩海岸にはナミノコガイの集団が健在です。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-02 17:28 | 環境保全

海岸侵食

e0094349_7551056.jpg

鹿児島県の東シナ海沿岸には広大な砂浜がありますが、その吹上浜では
北部で侵食が激しく進んでいるようです。砂浜の沖合いにずらっと並ん
でいる消波ブロックを作るために海砂の採掘が行われ、それが侵食を
促進させ、さらにブロックを作るという見事なサイクルができている
と思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-26 07:57 | 環境保全

中城湾の埋立地

e0094349_7153668.jpg

勝連城跡の上から見下ろすと、広大な埋立地が広がっています。
中城港湾として物流拠点を形成するという鳴り物入りで事業が進められて、
埋め立てが終わってからすでに何年が過ぎたことか。

環境に配慮して「出島」方式にしたとかで、この埋立地には数本の橋が
架けられていますが、大津波が来たときには逃げ道が限られてしまうので
大変な混乱が起こるでしょう。

中城湾にはもう一つ、与那原にも広大な埋立地ができていて、同じ構造で
建設されました。さらにまた、泡瀬干潟の埋め立てが現在進行中で、同じ
ことを繰り返しています。

役所という所では、何でも同じにしないと気がすまないのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-12 07:25 | 環境保全

入野海岸の保安林

e0094349_16514742.jpg
e0094349_1652146.jpg


南海地震津波の襲来する高知県では古くから海岸林の整備がなされ、維持管理の手を緩めていない。大方町の入野海岸の保安林には、津波から逃れるための建造物もあった。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-09 16:53 | 環境保全