beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Meretrix ハマグリ( 172 )


貝あわせ試作セット

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリは日向市の市民から存在がほとんど忘れられているようなので、市民権を復活させる取り組みを考えました。

ひな祭りには間に合いませんでしたが、小倉ヶ浜で拾い集めたチョウセンハマグリの打ち上げ殻を使った「合わせ貝」の試作品第1号ができました。
e0094349_176696.jpg

横30センチのトレイに37個の片割れを並べ、中央に一つ出して、それと対になる片割れを見つけ出すゲームです。(真ん中に置く貝殻は外側表面を見せます。内側の見える貝殻はゲームの時には出しません)
e0094349_1794381.jpg

内側には対の相手となる殻と同じ絵柄のシールを貼っておきました。
e0094349_17104485.jpg

ジャムの空き瓶に入っているのはトレイに広げた殻たちのペアとなるべき相手です。

瓶の中から一つずつ(出し貝)を出して、その相手を、広げた殻の仲から外側の色と模様を見て合わせるという、単純な遊びです。

海外の本で「貝合わせ」を紹介している記事を見ると、「神経衰弱」の遊びと勘違いしていますが、これは記憶して合わせるのではなく、貝殻の個性、つまり一つずつが違う色と模様を見て、個体を識別するのがポイントです。同じ個体の左右の殻は(鏡で見る)対称型となります。

伝統的な「貝あわせ」では大きなハマグリの殻を360セット使いますが、子供たちに遊んでもらうことで、30から50セットくらいが良いだろうと考えました。

貝殻の内側には色々なシールを個別に貼っておき、ペアが合っているかどうかを確認できるようにしました。試作品では熱帯魚の絵を使っています。

さあ、ニモを探そう、というわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-03-06 17:20 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリで合わせ貝

小倉ヶ浜で拾い集めておいたチョウセンハマグリの打ち上げ殻を大きさ(殻長を5mm間隔で仕分け)別にしました。

36-40mmクラスがもっとも多く300近くありました。
e0094349_8103434.jpg

それを色彩型別にわけて似たもの同士からペアを見つける難易度の高いセットを作ります。
e0094349_833232.jpg

紫色の美しい貝殻を集めてみました。
e0094349_86481.jpg

色彩型として出現率の低いものも、全体の数が多ければかなりの数になります。

一番大きいクラス(51-55 mm)と小さいクラス(26-30 mm)は数が少ないので、色彩型を全部混ぜてセットにして、難易度は低くします。
e0094349_81193.jpg

次は殻の内側にシールを貼る作業です。ペアの確認のため、左右の殻に同じシールを貼ります。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-27 08:14 | Meretrix ハマグリ

打ち上げ貝殻拾い

ちょうど良い波があったらしく、今日のGIビーチにはチョウセンハマグリの死殻の打ち上げが賑やかでした。
e0094349_15315522.jpg

久しぶりにタイコガイ→カズラガイの殻が打ち上げられていたので拾って持ち帰り、殻から砂を洗いだしていたら、死んだヤドカリが姿を現しました。
e0094349_15321362.jpg

ヤドカリの上にはフジツボが付着しています。どちらも種類は調べていません。(暇も興味もなし)
e0094349_15331632.jpg
e0094349_15332436.jpg

大小のチョウセンハマグリの殻は、合わせ貝のために大きさをそろえているグループに分けて入れます。

ナミノコガイとフジノハナガイの殻も少しありました。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-24 15:35 | Meretrix ハマグリ

貝あわせ遊びの準備

小倉ヶ浜の砂浜にはチョウセンハマグリの死んだ殻がたくさん打ち上げられます。

天敵であるスナヒトデやツメタガイなどに食われたものが多いのですが、2010年以後は、まとまった雨のあとに大量に死ぬことが繰り返されています。(陸から毒物が海に流れ出ていると想像しています)

ミッキーを砂浜で走らせながら、チョウセンハマグリの稚貝の出現状況をモニタリングしていましたが、そのついでに死んだ稚貝の貝殻を集めてストックしています。

ひな祭りが近づいているので、今年は、貝合せの遊びを地域の子供たちに楽しんでもらいたいと考え、その準備中です。

昔は貝覆いと呼ばれ、江戸時代には大名家や大商人、そして遊郭などで女性が遊びました。

下の図は「江戸の遊戯(大江戸カルチャーブックス) 並木誠士著 2007年、青幻社)」から引用です。
e0094349_9152893.jpg

合わせ貝であるハマグリの殻の内側に様々な細密画を描く、独特の文化も生まれました。
e0094349_9214040.jpg

e0094349_9215096.jpg

この遊びの現代版として、子供たちが遊べるようにしたいと考えています。
e0094349_9231160.jpg

手元に集めたチョウセンハマグリの打ち上げ貝は大小バラバラなので、まずは大きさをそろえました。
殻の長さを5ミリ間隔で振り分けた所、3.1-3.5, 3.5-4.0, 4.1-4.5 cmのそれぞれのクラスの数が多いので、次は模様が似ているのをそろえます。
e0094349_927132.jpg

このようにして、左右対称である同じ貝の殻を外側の模様などから見分けるために眼力が必要となるように設定し、30-50組程度にしてみます。

仕上げには殻の内側にシールを貼り、同じ貝殻の左右に同じシールを貼って、外側から見て合わせた貝殻がマッチしているかどうかの確認をします。
e0094349_9304014.jpg

e0094349_933758.jpg

子供たちが喜びそうなシールをホームセンターでかき集めておきました。

2月28日-3月1日に熊本、天草で研究発表会に参加するため、その準備に専念していたので、貝合わせの準備が遅れています。実際に遊べるセットの試作品が完成するのは、残念ながらひな祭りの後になります。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-22 09:38 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリの死殻

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリは極めて低い生息密度になって、漁獲量はゼロに近い状態が続いています。
e0094349_10334412.jpg
e0094349_10333475.jpg
e0094349_1033247.jpg

それでも砂浜には、台風から出た強いうねりの影響で死殻の打ち上げが見られ、今朝のドッグランついでで拾ったのは殻長が15~60ミリの範囲で、合弁(二枚の殻がつながっている貝)が合計98個でした。
e0094349_1033434.jpg

死殻にツメタガイが開けた孔があったのは、小さめの殻だけで28個中12個でした。しかし、大きいほう(殻長5センチ以上)の70個には孔が見られません。

ヒトデに食べられた場合は孔ができませんが、貝の大きさ5センチ以上を丸呑みできるような大きいヒトデは多分いないと思われます。つまり、大きい貝の死因はよくわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-01 10:38 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリが消滅した波当津の砂浜

東九州自動車道は大分県の佐伯と蒲江間が未完成ですが、日向市から蒲江まで開通しています。ありがたいことに、南延岡ICと蒲江IC間の通行料金が無料です。

今日は、久しぶりにドライブして蒲江の元猿海岸でミッキーを走らせた後、波当津の砂浜を見てきました。
e0094349_14474622.jpg

今日は波が穏やかなのでサーファーの姿はありません。

駐車場でテングサのゴミよけをしていたおばあさんがいました。
e0094349_14513760.jpg

波当津で昔ハマグリがいたことを、ここの民宿で以前聞いていたので、このおばあさんに尋ねてダブルチェック:今はいないが、大きなハマグリが昔は沢山とれた、と証言してくれました。

砂浜で打ち上げられた貝殻を調べてみたら、チョウセンハマグリの(極めて古い)破片を見つけました。
e0094349_1459369.jpg

波当津で確かに昔はチョウセンハマグリがいたという証拠です。
e0094349_14592623.jpg

1円玉は直径2センチです。

一昔前に現地の民宿で聞いた話では、砂浜の沖で海砂の採掘が行われた後、ハマグリが消えたそうです。砂浜が遠浅でなくなった、地形の変化があったためかもしれません。大分県の海岸でチョウセンハマグリがいた砂浜は、おそらくここだけだったと思います。つまり、大分県で絶滅したということでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-24 15:04 | Meretrix ハマグリ

中国産ハマグリ類の学名


昨年出版された中国南海経済貝類原色図譜が留守中に送られて来て、再配達をしてもらって受け取ったばかりです。

早速、ハマグリ類の頁を開けてチェック、861番から864番まで4種が掲載されています。
e0094349_12144118.jpg
図鑑でチョウセンハマグリ(M. lamarckii)とされているものはMeretrix meretrix (タイワンハマグリ)と考えられます。

ハマグリ(Meretrix lusoria)とされているものはシナハマグリ(Meretrix petechialis)でしょう。

863のミスハマグリ(Meretrix lyrata)はOK。

864はタイワンハマグリの学名が付けられていますが、インドハマグリ(Meretrix casta)のように思われます。あるいはシナハマグリの変異型かもしれません。

中国南部にはチョウセンハマグリが分布していますが、その画像はありません。

この図鑑でハマグリの学名があてられているシナハマグリは、より南の台湾やホンコンの集団で膨らみが強くなってハマグリによく似ていて、とても紛らわしくなります。

以上のように、日本と中国との間でハマグリ類の各種の認識が異なっているので、学名が同じであっても同じ種とは限りません。

最近、中国ではハマグリ類の分子集団遺伝解析が急速に進められていて、その結果がGenBankに登録されていますが、中国の国内での学名が使われているので、こんがらがっています。

[PR]

by beachmollusc | 2014-03-25 12:25 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリの放卵数

チョウセンハマグリは殻の長さが5-6センチ(4年以上)で成熟し、雌が卵を産むようになります。その産卵数について報告したのは、茨城県水産試験場の児玉(1980年、Ocean Age, July, 55-62頁)です。産卵誘発で産ませた卵を数えています。

児玉が発表したデータは表になっていて、わかりにくいので、グラフにしました。縦軸は対数目盛りにしました。
e0094349_06213218.gif
殻の長さが6センチ前後の若いメスからは100万粒くらい、9センチの大型のメスは1千万粒を産み出しました。持っていた卵を全部出したとは限らないので、抱卵数はもっと多いはずです。

これは鹿島灘のチョウセンハマグリのデータであって、日向灘に当てはまるかどうかは実際に調べてみないとわかりません。日向灘産の貝のほうが長さに対して殻の膨らみが大きいので、同じ殻長に対して卵の数は多くなるかもしれません。

卵の大きさは、直径が0.1ミリに満たない微小であって、「小卵多産」という海の貝類では普通の繁殖方法です。

産卵期に親貝が一斉に産めば、海には莫大な数の浮遊幼生が誕生します。しかし、約2週間の分散期に海が台風で時化ると、幼生は沖に流されてしまって「無効分散」つまり、その繁殖はパーになります。1シーズンに1回だけ集中して繁殖するのはギャンブルになるので、数回に分けて産卵することが、たとえば同じ砂浜で一緒に暮らすナミノコガイでわかっています。チョウセンハマグリもおそらく危険分散となる繁殖戦略をとっているでしょう。

幼生が定着してから稚貝になり、その生育条件が良好であれば生き残り率が向上し、莫大な数の稚貝が湧くことがあります。貝やヒトデなどの大発生のメカニズムの根本は初期生活史における生き残りの変動に関わっているはずですが、詳細はよくわかっていません。

[PR]

by beachmollusc | 2014-03-02 06:43 | Meretrix ハマグリ

鹿島灘のチョウセンハマグリ

e0094349_11570339.jpg

1983年に農林統計協会が発行した「つくる漁業」(水産庁監修、資源協会編著)の409‐418頁に真岡東雄がまとめた「茨城県鹿島灘におけるチョウセンハマグリ、コタマガイの漁業とその増殖計画」という章があります。

この章の中にある上のグラフは、明治38年(1905年)から昭和54年(1979年)までの貝類の漁獲量の変遷を示しています。鹿島灘ではチョウセンハマグリ、コタマガイ、そしてウバガイが交代しながら増減を繰り返してきました。それぞれのピークとして、昭和35年(1960年)のウバガイ、昭和38年(1963年)のチョウセンハマグリ、そして昭和52年(1977年)のコタマガイの年間漁獲量は1万トンを超えました。それぞれの貝が、時にして大量発生し、それを獲りつくすような漁業が続いていました。

最近は、厳重な漁獲量の管理(出漁する船を当番制にして漁獲日数を制限し、さらに総量規制をかけて親貝の獲りつくしを防ぎながら次の大量発生を待つ戦略をとっていますが、鹿島灘全域で砂浜環境が激変し、かつての稚貝の発生場所で激しい浸食が起こっています。

茨城県では、鹿島灘のチョウセンハマグリが重要な水産資源であることで、種苗生産と放流試験などをやってきましたが、資源の回復は見られません。

<鹿島灘はまぐりの再生産に適した生息環境条件の解明>
ハマグリ資源の回復にむけた研究
(平成 23~27 年度:県費,平成 23~25 年度:国費)
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kagaku/seika/24seika/a%20clam.pdf

これによると、平成23年度の漁獲量は300トンを下回ったとされています。一昔前は年間1000トンを維持していたはずですが、その水準を持ちこたえることができなかったようです。

ハマグリ類の漁獲量の統計は、絶滅危惧状態であり、マイナー品目となっているため、全国的な集計値が見つかりません。

熊本県が最近出した「熊本県ハマグリ資源管理マニュアル」によると、熊本県全体で平成18年に年間100トン程度とある。また、三重県の桑名では同じ頃に年間8トンくらいだったのが最近は増える傾向にあるらしい。

東京湾では、台湾で稚貝を生産してから木更津の沿岸などに放流して収穫している。これは年間100トン規模を超えているようであるが具体的な数量はわからない(公表されているのかどうか?)。

いずれにせよ、日本全国でハマグリの漁獲量は数百トンレベルであろうし、鹿島灘に加えて最近増えている九十九里浜のチョウセンハマグリをあわせても、国産ハマグリ類全部で1000トンに満たないでしょう。

かつてピーク年代には数万トンあったものが1千トン以下、ということは、昔に比べて漁獲量が数%しかないということになります。

アサリとシジミの国内の総漁獲量は、それぞれピーク年代に比べて1割から2割まで減少しています。国内生産が減った分を補ってきた輸入貝類の数量は、近年、急激に減少しています。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-26 11:54 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリの殻輪郭の変化

小倉ヶ浜で採集したチョウセンハマグリの死殻の形態変化を測定したデータを整理しました。

殻長20~40mmを小型、40~80mmを大型として二つのグループに分け、殻長、殻幅、殻高の測定値を199個体について得ました。

殻の長さ(大きさ)を基準にして横軸に、殻の長さを幅で割った値(SL/SW)と長さを高さで割った値(SL/SH)を縦軸にとって、個体ごとにプロットしています。
e0094349_13521639.gif
殻が大きくなると長さ/幅の比は小さくなります(これは薄べったい形が次第に膨らむことを意味します)。殻長50mmより大きい範囲では、個体間のばらつきはありますが、全体として膨らみの成長に伴う変化は見られなくなるようです。

また、大きくなるにつれ、長さを高さで割った比は少しずつ大きな値に変化します(次第に横長になります)。この変化は殻幅が(小さい稚貝の間に)急激に膨らむ変化ほど顕著ではありません。

殻の幅と高さの変化を組み合わせて見ると、下の図のようになります。
e0094349_13515582.gif
殻の小さい(20-40mm)グループの点はグラフの右下になり、大きい(40-80mm)グループは左上に散布しています。

まとめると、チョウセンハマグリは稚貝(殻長40mmくらいで成熟しはじめるので、それ以下)は、薄くて丸い輪郭から、成熟すると膨らみが増して横長になるわけです。

殻が薄くて円盤状の稚貝は浅瀬で成育し、波間に出てサーフィンしてから急速に砂に潜ったり、流れに乗って移動したり、活発に動きます。それが大きくなると、沖合いに移動して砂の中で安定した姿、錨で動きを止めたような生活に変化します。また、成熟すると殻の中に生殖巣を発達させるので、膨らみが増すと、卵や精子の収容スペースが増大する、適応のようです。

チョウセンハマグリは稚貝の姿が成貝とはまるで違う姿に見えるため、江戸時代の貝類図譜(目八譜)では別種扱いで、名称は「ワケビ」でした。

目八譜のハマグリの一つ、ワケビについて
http://beachmollu.exblog.jp/11722892/

九十九里浜でチョウセンハマグリの稚貝はゼンナと呼ばれています。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-25 14:19 | Meretrix ハマグリ