beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Meretrix ハマグリ( 172 )


ハマグリの輸入量

e0094349_10585496.gif
財務省統計の検索により、ハマグリ(種は区別されていない)のカレンダー年ごと、国別輸入量を引き出し、(冷凍は別統計ですが量が相対的に少ないので省略)生のハマグリの、主要4カ国のグラフを作りました。オンラインで公表されているのは1988年以降、昨年度まででした。
http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm

中国がダントツで、北朝鮮がそれに続いていましたが、2007年から日本で輸入が禁止されました。その後は、ロシアと中国から迂回輸出が行われているようです。

韓国からは2011年以降ゼロとなっています。また、台湾は2008年から100トン台を維持して、中国に続く2番目に多くなっています。

中国は2005年まで2万トン前後であったのが2008年にかけて急激に減り、近年は5‐7千トンです。この減少傾向は中国で生産量が減っていることが反映されていると思われます。

日本で国内生産が増えていないし、それが多く見ても1000トンくらいで、最盛期の一桁に満たないので、(中国産を敬遠する風潮も減少に影響しているかもしれませんが)輸入・消費の需要はあると思われます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-21 11:16 | Meretrix ハマグリ

宮崎と熊本のハマグリの形態比較

e0094349_11383123.jpg
宮崎県門川町の庵川干潟で2013年12月に採取されたハマグリと2006年に熊本県の緑川河口干潟で現地の漁師によって漁獲されたハマグリ(九州大の小池教授、当時、から借用したサンプル)の形態指標の比較です。 

散布図の上で、両方の点がほぼ重なっています。

宮崎市の加江田川の河口では熊本県産のハマグリが移植放流されている(未確認)可能性がありますが、庵川では漁業権の設定が無くて、移植・放流実績がありません。

九州の東西に分かれているハマグリ集団は、殻の輪郭:形態的にはほぼ同じと見られます。


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-19 11:46 | Meretrix ハマグリ

門川町庵川干潟と宮崎市加江田川河口のハマグリ

2013年12月に門川町の尾末湾にある庵川干潟で、そして同年4月に宮崎市の加江田川の河口で採取されたハマグリの殻を計測して比較してみました。

これら二ヶ所の間は、ほぼ南北に、直線距離で約75キロ離れています。
e0094349_1772892.gif

このグラフは、ハマグリの殻を、デジタルノギスを使って、殻長・殻高・殻幅を計測し、横軸に(殻長/殻幅)そして縦軸に(殻長/殻高)を個別にプロットしたものです。

グラフ上の個々の点は大きくバラケていますが、これは個体変異を示します。

横軸の殻長/殻幅(比)は、閉じた殻をヒンジ側から見て、殻がふっくらしているか、または痩せているかの指標です。この数字が大きいほど痩せています。数字が2であれば、幅が長さの半分で、長軸と短軸の比が2対1の楕円に見えます。

縦軸の殻長/殻高(比)は、殻を横から見て、数字が1の時、つまり長さと高さが同じであれば真ん丸となります。1から離れる、つまりグラフの縦軸の上になるほど横長の輪郭となります。

グラフ上で、右上になるほど殻は相対的に痩せて細長い輪郭となり、左下では丸っこい寸詰まりになるわけです。実は、これらの形態指標は成長に伴ってそれぞれが変化します。従って、大きさによる変化を補正しないと異なる集団間での比較は厳密にはできません。

白丸(加江田)と緑丸(庵川)がほとんど重なり合っていますので、庵川と加江田のハマグリ集団は、予想通りでしたが、形態指標によって比較した集団間の隔たりは小さいと思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2014-02-18 17:41 | Meretrix ハマグリ

日向市のチョウセンハマグリ漁獲量

e0094349_18023687.gif
日向市の小倉ヶ浜と金ヶ浜のチョウセンハマグリの年間漁獲量の変遷について、漁獲データを整理中です。

2004年までのデータは水産試験場の報告などから得ていましたが、その後のデータ(1995年から2013年まで)を日向市の市議会議員の松葉氏から頂いたので、組み合わせてグラフを作成しました。1995年から2004年の10年間はそれぞれの数字が一致していませんので並べて図に示しました(変動傾向は合致しているので、会計年度とカレンダー年度の集計区間のずれかもしれません)。それぞれ、上の図で、旧データと新データとしています。

1996年のピークについては、地元の人たちが記憶していますが、一過性の豊漁で、1998年にはほぼゼロに減りました。その後は2006年まで不漁が続き、日向市から県水産試験場にSOSが出され、2007年度に緊急調査が行われました。

2007年の調査では、稚貝の生息量が高い水準であった上に、年間漁獲量が8トンに増えました。しかし、それも束の間、2008年以降はジリ貧状態となって、2009年には塩見川河口周辺で大型のチョウセンハマグリ(産卵母貝)の大量死が起こり、2011年から昨年まで3年間はゼロ漁獲となっています。

鹿島灘産チョウセンハマグリの放流の記録もあります。
e0094349_18385308.gif
2003年度の放流は母貝で、それ以前は稚貝のようですが、大きさや個数のデータは無く、放流された全重量の記録しか残されていません。鹿島灘では1990年代から稚貝の発生が乏しくなったため、日向市で入手できなくなっていました。2005年以後の放流はありません。

放流された稚貝がどれくらい生き残って、どれくらい成長し、それが漁獲増大に効果があったかどうか、については全く情報がありません。上の2つのグラフを見比べて、種苗放流の効果のあるなしは読み取れません。その判断に必須の、放流効果を調べる貝のマーキング調査が行われていなかったようです。

2009年の母貝の大量死は(水産試験場に検体が送られて調べられたようですが)原因不明でした。私の印象では、事件の直前にあった、まとまった降雨で流出した毒物による急性中毒ですが、後の祭りでしょう。一過性の現象を後から検証するのは困難です。

2010年以後、小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの稚貝の発生は乏しいままです。最近水産試験場が調査したデータでも、稚貝の生息量が低い水準のようです。このままでは地域絶滅の恐れも考えられます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-11 19:07 | Meretrix ハマグリ

ハマグリの講演会

e0094349_21411050.jpg
e0094349_21412644.jpg


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-05 21:41 | Meretrix ハマグリ

レーザーマーキング

e0094349_12491791.jpg
1月31日に長野県のアスク工業(株)のQL事業部
http://www.quick-laser.com/laser_index.html
小型レーザー加工機による貝殻のマーキング実演をしてもらいました。
e0094349_12535182.jpg
このアメリカ製のシステムは、集塵装置付き一体型でPC制御、コピー機と同じくらい簡単なシステムです。
e0094349_12560295.jpg
持参したチョウセンハマグリの殻の表面に数字と文字を彫りこんでもらいました。
e0094349_12565124.jpg
木質の素材ではこのように文字が綺麗に出ます。

貝殻では、外側の殻皮とその下に色があると文字ははっきり出ますが、内側のような真っ白な表面には彫刻してもよく見えませんでした。貝殻の内側に絵を描いて合わせ貝を作ろうかと思ったのでしたが、それは難しそうです。


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-03 13:00 | Meretrix ハマグリ

下関王司のハマグリ

e0094349_19134202.jpg
2003年に下関市王司の漁協から購入したハマグリの殻の色彩変異です。

下関市王司の木屋川の河口干潟(千鳥浜)にはカブトガニが生息し、アサリとハマグリの漁場となっていました。

山口県の水産試験場が、この干潟でアサリとハマグリの養殖試験を一昔前にやっていましたが、結果が思わしくなく、アサリが激減してハマグリにシフトしたそうです。

よみがえれ王司干潟 二枚貝保護へ地元住民ら環境整備
2011年1月21日(金)掲載 山口新聞ニュース
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2011/0121/15p.html

<この干潟もかつては二枚貝が多かったが、水温上昇や土質硬化、エイの食害などで激減。漁協組合員らが2003年から干潟再生に取り組み、2年前から国、県、市の補助金が付いた。昨年夏にこの干潟で集めた天然ハマグリの稚貝を保護エリアにまき、現在は直径3センチにまで成長。あと1年半かけて直径4.5センチにまで育てば出荷できるという。>

この干潟では中国から輸入したシナハマグリの畜養もやっていたので遺伝子汚染を懸念していました。中国産のアサリを放流していたかどうか、確認していませんが、アサリの激減は環境悪化やナルトビエイの食害だけでなく、疫病があったかもしれません。

木屋川の上流にある豊田町は「ホタルミュージアム」を持っているホタルの里です。上流域で河川環境を良好に保つ努力をしているのに、河口環境が悪化しているのは残念です。

10年前に王司漁協の組合長さんとお話したとき、カブトガニが漁業の障害になるような話が出てびっくりした記憶があります。また、EM菌ダンゴを干潟に撒いていることも聞きました。環境保全についての本質的な理解と意識が希薄では、この干潟の貝は復活しないでしょう。

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-22 19:16 | Meretrix ハマグリ

庵川干潟(門川町)のハマグリ

e0094349_09270939.jpg
門川町の尾末湾(または門川湾)内にある小さな干潟にはハマグリをはじめ、様々な干潟の貝類が生息しています。

昨年2月に門川高校の生徒さんたちと一緒に簡単な貝類分布調査をやりました。

庵川干潟のハマグリ 2013年2月14日
http://beachmollu.exblog.jp/19796267/

庵川干潟の貝類 2013年2月15日
http://beachmollu.exblog.jp/19798953/

この干潟のハマグリやアサリ資源は、漁業者が漁獲して流通させる規模にない、漁業権の設定がない状況が幸いして、移植放流という「有害で無益」な行為がなされていません。そのおかげで、一般人の潮干狩り対象となっているだけで持続的に利用されています。

地元のハマグリ堀りの名人が昨年採ったハマグリを日向市のKさんがもらいうけ、その食べかすを研究用にいただいたものが写真の41個です。移植放流による遺伝子かく乱がない、大切な標本です。

先日借り出した、宮崎市の加江田川河口のハマグリとの比較をするつもりです。加江田川ではハマグリの移植放流が行われていると思われるので、その影響が検出できるかどうか調べるための、対照(コントロール)となります。

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-17 09:43 | Meretrix ハマグリ

加江田川のカワハマグリ

宮崎県では外洋(日向灘)に面した砂浜にチョウセンハマグリ、そして砂浜に出る河川の河口にハマグリが生息しています。

昔からチョウセンハマグリが単に「ハマグリ」、そしてハマグリは「カワハマグリ」と呼ばれていました。
e0094349_10340017.jpg
e0094349_10341683.jpg
青島に流れ出ている加江田川の河口で、昨年潮干狩りで宮崎市在住のHさん夫妻によって採取されたカワハマグリの殻サンプルを借りています。中身を食べた後、殻を保存していて、大小84個あるので立派な集団サンプルです。1昨年のサンプルも保存してあるそうなので、それも借りて殻の計測と色彩型の頻度のデータを出すつもりです。

門川町の庵川の内湾干潟で採集されたハマグリのサンプルと比較するためのよい標本です。

門川では外来のハマグリを放流していませんが、日向市の塩見川はもちろん、宮崎県内の河川ではほとんどの漁協が「移植放流」つまり、よその産地のハマグリを放流しているようです。熊本県産のハマグリは宮崎の土着のカワハマグリと識別が難しいのが困ります。(チョウセンハマグリは日向灘の集団と鹿島灘など外来集団とは殻の形と色彩模様の頻度が違っているので識別可能です。なお、分子集団遺伝での検討はまだこれからの課題です)。

外来集団の移植放流は原則禁止にすべきなのですが、漁獲が減ると短絡的に放流事業が行われ、また漁協の「漁業権」の更新に条件付けで「義務放流」という間違った行政慣行があります。漁業者は放流の効果に疑問を抱いているのですが、行政のアリバイ実績つくりに同調しておかないと「漁業権」更新で意地悪をされる懸念があるようです。

近年のアサリとシジミの全国的な漁獲の減少に「放流事業」が貢献しているかもしれません。まだ証明されていませんが、新興病原ウイルスによる疫病が、国内と国外からの外来集団の放流事業で広がっているかもしれません。口蹄疫や鳥インフルエンザと似た問題です。

シンジュガイの養殖では、南太平洋で外来クロチョウガイの移植で疫病が広がり、日本でもアコヤガイのウイルス病が伊予灘で起こりました。最近では、マガキのヘルペスウイルス症がフランスから始まって移植でヨーロッパに広がっています。もし、このカキヘルペスウイルスが日本に入ったら、カキ養殖が壊滅する恐れもあります。ヨーロッパのカキ養殖のカキは元は日本のマガキと同種ですので、感染に種特異性が高いウイルスに感受性が高いはずです。

貝の病気の専門家が論文で「外来集団の移植について」警告していますが、水産庁は問題が発生するまで放置プレイでしょう。(脳衰官僚は権益には熱心ですが、検疫には興味がないようです)

二枚貝の病気 良永 知義(2005) 
日本水産学会誌 Vol. 71 (2005) No. 4 P 654-657 (特集 海外からの病気の侵入)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/suisan/71/4/71_4_654/_article/-char/ja/

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-14 10:54 | Meretrix ハマグリ

豊橋市の貝塚から出たハマグリの殻

2007年1月、愛知県豊橋市の牟呂・前田遺跡から出土したハマグリの純貝層から、発掘担当者の特別な配慮で、ひとかたまりを研究用に提供していただきました。

その発掘担当のIさんからのメールで
<貝塚は調査が終わったあと、工事で宅地になりますので、貝層にはアクセスできなくなります。追加のサンプルは採れなくなります。>
とありました。
e0094349_08160827.jpg
建設工事現場で現れる貝塚は、「埋蔵文化財」として担当する教育委員会や博物館、埋蔵文化財センターなどによって発掘調査が行われますが、よほど重要な遺跡でない限り(あまりにも多くの遺跡が出てくるので、相対的な重要性です)大急ぎで行われる調査が終わりしだい埋め戻され、アクセス不能になります。

ハマグリの殻は極めて大量に出てくることが多いのですが、おそらく保管場所の制約で、ごく一部だけが保存されます。

この貝層は、茹でて中身を取り出してから捨てられた貝殻が固まっているものと推察されました。

下の写真は合弁のまま出土した殻です。もちろん、ほとんどの殻はバラバラです。
e0094349_08372413.jpg

縄文時代の晩期、今から数千年前に三河湾の干潟から採取されたハマグリの殻ですが、三河湾でハマグリは絶滅したので現生集団との比較はできません(伊勢湾の現生集団は残っていますが、移植放流が盛んなので現生集団は遺伝的に混乱しているかも知れません)。

砂泥を洗い落とし、バラバラになっていた左右の殻を分け、大きさをそろえて番号をつけ、殻の長さ・高さ・幅を計測してから、それぞれの比率をグラフにして、PC画面で左右のマッチングをしました。
e0094349_08451577.jpg
このように、合わせ貝が出来上がりです。

同様なことを、青森県と千葉県、そして山口県の各地の貝塚出土のハマグリで行ってきました。もちろん、同時に現生の貝殻もできるだけ広く集めています。

[PR]

by beachmollusc | 2013-12-22 08:48 | Meretrix ハマグリ