beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Meretrix ハマグリ( 172 )


時化による打ち上げ

e0094349_11371087.jpg
1週間ぶりにGIビーチでミッキーと散歩しながら、砂浜に打ち上げられていたチョウセンハマグリの(合弁のみ)死殻を拾いました。時化の後には通常多数の貝殻が打ち上げられますが、本日の収穫はわずか13個でした。

写真の上の列は4歳以上で、成熟サイズに近い、そろそろ潮間帯から沖に向かって移住する連中です。来年の夏には最初の繁殖を迎えるはずだった個体ですが、誰かに食われてしまいました。その犯人はわかりません。

下の列は右端を除く5個が3年目の冬を迎える前に死んだ貝で、ツメタガイの穴が開いていないので、最近多いスナヒトデの餌食になったと思われます。

中央の列の4個(3歳+)の中で右側の3個(そして下列の右端)に、ツメタガイに食われた痕跡があります。

打ち上げられたフレッシュな死殻を調べることで、相対的な個体密度の変化や天敵による捕食の影響をモニタリングできます。


[PR]

by beachmollusc | 2013-12-20 11:50 | Meretrix ハマグリ

ハマグリ稚貝の色違い


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2013-12-12 09:15 | Meretrix ハマグリ

貝塚出土と現生の貝の比較

ハマグリの貝殻は一様ではなく、殻の輪郭と表面の色彩模様が個体間で変異に富んでいます。そして成長に伴うそれらの変化、さらに地理的な集団間の差異も顕著です。つまり、ハマグリには形と色の違いが地域ごとにあって、それぞれの地域集団で特徴を持っています。

ハマグリは、ほぼ日本全国に分布(現在は北海道を除く)していて、貝塚から出る貝殻の主要な部分を占めます。残念ながら現生集団は各地で地域消滅(たとえば東京湾)あるいは衰退しています。

地球環境は時代を追ってゆらいで変化してきたので、同じ場所でも過去と現在の環境の差異があって、それが生物に影響を及ぼしています。縄文時代の前期は特に温暖な気候で、ハマグリの殻は北海道の遺跡から出土しています。その当時、九州南部は現在の沖縄の気候に近かったようです。

鹿児島県の南さつま市、金峰町にある<阿多貝塚>からハマグリの殻が出土していて、南さつま市歴史交流館金峰に収蔵されています。
http://www.jomon-no-mori.jp/sensikodai/182.pdf
金峰町教育委員会(1978)「阿多貝塚」『金峰町埋蔵文化財調査報告書』

南さつま歴史年表 http://www3.synapse.ne.jp/hantoubunka/kaidou/chronicle.htm
縄文前期BC4000~阿多貝塚:地球温暖化で海面が上昇し、阿多貝塚の付近が海岸線となる。ハマグリやマガキの貝殻や、轟式(とどろきしき)土器、鏃(やじり)、骨針などが出土するなど、安定した海辺の生活が見られる。

阿多貝塚の現在の位置は内陸部ですが、貝塚ができた縄文時代は海辺であって、吹上浜に流れ出る万之瀬川の河口近くだったはずです。

阿多貝塚から出土したハマグリの殻サンプルを借りて写真撮影と殻の各部を計測してデータを得ることができました。左右バラバラ、合計30個、殻の長さは4センチ以上で最大は9センチ弱でした。下は代表の2個です。
e0094349_14325768.jpg
e0094349_14324960.jpg


万之瀬川の河口の外側には吹上浜が広がっています。かつてはチョウセンハマグリの産地でしたが、砂浜の浸食が激しく、全長約30キロの海岸線のどこにも、死殻だけで生きている貝を見つけることができず、消滅状態となっています。

ところが万之瀬川の河口の内側にある河口干潟にはハマグリが健在でした。2003年、現地を訪問した時は地元の人たちがさかんに潮干狩りを楽しんでいました。このとき集めたサンプルは不十分だったので2007年に再び現地を訪れ、ハマグリの漁師が地元のスーパーに卸して販売していることを突き止めました。
e0094349_14371078.jpg

上は合計365個の生きていた貝の殻サンプルです。4センチ以下の大きさが大多数でしたが、4センチ以上が30個(左のトレイ)あって、貝塚の殻と統計的な比較が可能になりました。4センチ以下の貝は殻の色彩模様で型を分類しています。濃い茶色(チョコレート色)の殻は出現率が1割弱でした。

結果は、万之瀬川が育てた昔のハマグリは現在のものと明らかに殻の形が違っていました。それが何を意味するのか、その推論はここでは控えます。外の各地でも同様な調査を進めているので全体像が見えてくれば論文になります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-12-11 14:42 | Meretrix ハマグリ

西表島の月ヶ浜にて(2003年11月5日)

沖縄産ハマグリ類の情報整理のためPC内の関連ファイルを徹底捜索しています。

10年前、砂浜の貝類調査(ナミノコガイ類とハマグリ類のサンプリング)のため、西表島の月ヶ浜を訪問した時の写真が出てきました。残念ながら当日の天気がよくなかったので素晴らしい砂浜景観がややくすんでいます。
e0094349_12281925.jpg
e0094349_12281256.jpg
e0094349_1228543.jpg

この砂浜は沖から外洋のうねりが入り込む(岸から離れたサンゴ礁で白波が砕けない)、沖縄では珍しい環境です。そのため、波でソーティングされ、粒が細かく、よくそろった砂粒がナミノコガイなどの生息に適しています。

沖縄県では、本島にかつて2種類のハマグリ類(キルンとチョウセンハマグリ)が生息していましたが、どちらも地域消滅しました。なお、チョウセンハマグリはインドネシア、ベトナム、中国南部(ホンコン、海南島)に分布し、熱帯から温帯に広く分布しています(北限が宮城県の気仙沼、本吉町の砂浜)。
e0094349_12403216.jpg

西表島のハマグリは、本島にいた2種とは別種で、日本国内ではこの月ヶ浜だけに生息しているので、生息環境が保全されないと消滅する危険性があります(沖縄県の絶滅危惧種に認定されています)。

この貝についての学術的な情報(分子集団遺伝や系統地理・分類)は現在論文報告を取りまとめ中なので、今の段階でブログで詳しく述べることはできません。

月ヶ浜にはウミガメ類の上陸が見られ、その看板がありました。
e0094349_12463058.jpg

夏の間、沖縄県の各地の海水浴場で刺傷被害を引き起こす「ハブクラゲ」もこの砂浜に出没しています。
e0094349_12474054.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-12-07 12:48 | Meretrix ハマグリ

ハマグリの研究に復帰

e0094349_821389.jpg

過去3年間、淡水シジミの問題や長良川河口堰の委員会に誘われヤマトシジミについて調べるなど、ハマグリ類の研究を棚上げにしていました。

沖縄にいるハマグリ研究の相方が博士論文を取りまとめ中なので、今後しばらくはシジミ類の研究を棚上げにしてハマグリ類に復帰するつもりです。

写真は貝殻の写真撮影と形態の計測のシステムです。

左にあるデジタルカメラスタンドには昔から愛用しているCAMEDIA-5050 Zoomを装着し、LEDの照明を使っています。

右はノートPCにデジマチック・キャリパー(ノギス)をデータ読み取り用のケーブルでつないで、測定値を直接PCのエクセルに取り込んでいます。これを使えば、貝殻がたくさんあっても、短時間で作業できます。

下の写真は西表島の月ヶ浜に生息するハマグリ類の一種です。
e0094349_8354910.jpg
e0094349_8354230.jpg
e0094349_8353556.jpg
e0094349_8352869.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-12-06 08:35 | Meretrix ハマグリ

日向市市議会委員による益田市での行政視察

10月24日(木曜日)、日向市の市議会議員のセンセイがたご一行が、島根県益田市の市役所において開催された行政視察に訪れました。この視察を、現地の関係者の皆さんと日向市・市議会議員さんの間を取り持った関係で、オブザーバーとして私も(自費)参加しました。

その「次第」文書:
e0094349_13255835.jpg

下は視察団(生活産業建設常任委員会)6名様の委員名簿です。
e0094349_13285511.jpg

視察団は日向市から空路、福岡乗り継ぎ経由で、益田の西部にある萩石見空港に前日到着してから、益田市のはるか東にある世界遺産の石見銀山を観光視察した後で、温泉宿で休養し、当日JR山陰線で折り返し益田駅に向かったところ、悪天候で到着が30分遅れました。

受け入れ側の益田市市議会議長の歓迎の挨拶の後、視察団の西村委員長のご挨拶がありました。隣は副委員長です。他の4名の委員は両サイドに2名ずつ直角に並びました。
e0094349_13385942.jpg

調査事項(日向市の視察団からあらかじめ出された質問:私はこれについて事前に相談を受けていない!)7項目の1から5までは地元JFの職員でありNPOアンダンテ21のメンバーでもあるSさんがパワポスライドでわかりやすく丁寧に説明されました。
e0094349_13441497.jpg
e0094349_1344473.jpg
e0094349_13435525.jpg

益田市のハマグリ漁業者は船の上から箱めがねで海底を見て、ハマグリが砂の中に潜っているところ(小さなくぼみ)を見つけ、4本歯のさす又で刺し獲ります。
e0094349_1343439.jpg

課題は色々残っていますが、益田のハマグリ漁業者の会が採捕できる大きさを7センチ以上と決め、一日の漁獲量の制限や出漁日数の調整など、資源管理を自主的に行っています。(日向市では実質資源管理は行われていませんので、よい参考になったはずです)

6番はアンダンテ21の理事長が説明し、7番は地元行政の水産の担当者が行いました。この最後の2項目の質問があいまいなので、説明者はそうとう苦労していました。

益田のチョウセンハマグリは地域ブランド名を「鴨島ハマグリ」としています。

NPOのアンダンテ21は、益田特産のハマグリ資源について市民に認知してもらうための「ハマグリのささやき」プロジェクトとして、地域の児童生徒に対する学校での出前授業、市民による砂浜での「稚貝分布調査」、そして貝殻に絵を描いた「貝アート」コンクールを行っています。今年は4年目となります。
e0094349_1425146.jpg

同じチョウセンハマグリの産地である日向市などからの応募が期待されます。もちろん、それぞれの地域の自慢のハマグリの貝殻を使ってアピールしてもらいたいと希望しています。

応募要領はアンダンテ21のウエブサイトでダウンロードできます。
http://www.andante21.org/

気仙沼の本吉町の砂浜がチョウセンハマグリの北限産地です。地域の復興のための水産資源の一つとしてハマグリ漁の復活を期待したいのですが、コンクリートで海岸を固めて水産資源を痛めつけることになる超巨大防潮堤プロジェクトが進められています。

6名の日向市の市議会議員さんたちは熱心に話を聞き、感想や質問を出しました。しかし、1名だけパワポのプレゼンが始まってすぐに、観光地めぐりの疲れと前夜の温泉宿での飲みすぎ?のためか、おやすみになっていました。
e0094349_14114997.jpg
e0094349_14113954.jpg

この議員さん、受け入れ側のプレゼンが終わった後、目を覚ますと、とても活発に意見と質問を出されていました。その質問内容が、まさにプレゼンで詳しく説明があったことだったのが非常に印象的でした。日向市の市議会議員のレベルがこれでよく理解できたと思います。日向市沿岸のハマグリ資源をドンゲカしないといけないのですが、行政はテゲテゲですから市議会の関係議員さんたちをしっかり啓蒙しないといけません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-25 14:19 | Meretrix ハマグリ

カラスの食卓

砂浜の潮間帯で潮が引いて干上がると、カラスたちがチョウセンハマグリの稚貝を掘り出して食べます。チョウセンハマグリの殻は丈夫であり、表面がツルツルでつかみどころが難しい上に、閉じた二枚の殻をこじ開けて食べるためには技が必要です。脳みそのシワがよく発達しているカラスには貝を上空から岩の上に落として割って食べる特技があります。
e0094349_7481452.jpg
e0094349_748699.jpg

GIビーチでは、以前は塩見川の河口に近い大きい岩礁の上がカラスの食卓になっていましたが、最近はそこから離れた違う岩を使っています。
e0094349_7484974.jpg
e0094349_7484390.jpg
e0094349_7483548.jpg

潮間帯には2から3年目の1センチから4センチくらいまでのチョウセンハマグリが砂の中に潜っています。カラスは貝がもぐっている場所を知っていて、水管が出ていたわずかなくぼみの下から掘り出します。

貝が小さすぎると重量不足で割れないようで、大きめのものを選んで運んでいます。又、運ぶ前に、砂の上に置いて日光に当てて貝を弱らせ、殻を開けやすくしているようです。上から落とすだけでなく、嘴で突き割っているかもしれません。

付近に人間がいると、カラスたちは警戒して潮干狩りも食卓岩での食事もしません。そのため実際に上空から貝を落とすシーンはまだ撮影できていません。

監視カメラを置いてカラスたちの行動の詳細を調べてみたいのですが、カメラを監視していないと、すぐ誰かに持ち去られそうなので、実行していません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-22 08:00 | Meretrix ハマグリ

庵川干潟のハマグリ

13日の午後、干潮の門川町の庵川干潟で門川高校の生徒さん十数名と監督の先生3人で3つの班に分かれて貝類の生息調査を行いました。

海岸線の長さと奥行きが約100mほどの小さい干潟ですが、宮崎県内では唯一の砂質干潟で、宮崎県のレッドデータに掲載されているハマグリなどが生息している貴重な場所です。

規模が小さいので貝類は漁業の対象とならず、地元の漁協がよそからハマグリやアサリを持ってきて放流するような「ばかげた」遺伝子かく乱や寄生生物、病原体などの導入はやっていないようです。

この調査は干上がった干潟の上に一定の間隔で50センチ四方の「方形枠」をおき、その中にいる貝を砂ごとスコップで堀って、網袋(約5mmメッシュ)に入れて海水中で砂を洗い流してから礫の中から貝を拾い出すという仕掛けです。

生徒たちは、はじめて経験する調査活動でしたが、よい天気にも恵まれて、楽しんだと思います。

4,5年前はハマグリやアサリがかなり高密度で湧いて、潮干狩りを楽しむ人が多かったのですが、今年はわずかなので、貝も少ないだろうと予想していました。

干潟の中央部で岸から沖に向かって25m間隔で採集した1枠ずつ(全部で5枠)の獲物を紹介します。

海岸の干潟の平坦面が始まるところを0mとして、25m, 50m, 75m, 100mの各地点です。
e0094349_2159221.jpg
e0094349_21591526.jpg
e0094349_2159812.jpg
e0094349_2159157.jpg
e0094349_21585487.jpg

背景のメッシュは5mm方眼です。

ハマグリは0、25、75m地点で合計4個見つかり、アサリは50,75,100m地点で合計18個、シオフキが合計17個、サクラガイの仲間が7個、その他はオキシジミ、シオヤガイ、カガミガイ、種の査定はこれからの二枚貝がそれぞれ1個ずつでした。

他の2本の調査線上ではハマグリは出てこず、アサリとシオフキが主体でした。

スダレハマグリは上の写真の側線では出ませんでしたが、他の二つの線上では1個と2個、合計3個体が採集されました。

この干潟には転石の多い場所があり、そこにはケマンガイがいますが、今回は調査地点に含まれていません。

この干潟全体でどのくらいの数の貝がいるのかは、もっと綿密に調査枠の数を増やして全域をカバーしなければなりません。今回は予備調査として本格調査のデザインを考えるための準備でした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-14 22:15 | Meretrix ハマグリ

ハマグリがま

e0094349_15434175.jpg

木曽岬の漁業者がハマグリを見つけるため使う鎌です。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-13 15:43 | Meretrix ハマグリ

日本の南限集団である種子島のチョウセンハマグリ


Published by デジブック

チョウセンハマグリは宮城県の気仙沼市、本吉町の砂浜を北限として、国内の南限は種子島です。

国外ではホンコンを含む中国南部(特に海南島と台湾海峡付近)、ベトナム、そしてインドネシアのビンタン島で見つかっています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-25 10:41 | Meretrix ハマグリ