beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海岸( 306 )


ミズクラゲの打ち上げ

午後の干潮のGIビーチで、傘の径10センチ前後のミズクラゲ、成熟状態に見えるもの7-8個体、が打ち上げられていました。
e0094349_1817192.jpg

ミズクラゲは内湾に棲むクラゲなので、どこから流れ出たものか興味があります。

風向きから考えると、南から北に向かって漂流したと思われますが、日向灘は南北に単調な海岸線で、内湾はありません。

志布志湾あたりで発生した集団の一部が流れ着いたものかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-04-25 18:21 | 海岸

ヒラメ釣り

午後の干潮時間にGIビーチにて、駐車場で竿を持って海に向かうところのアングラーに遭遇しました。

何狙いか聞いたらヒラメだそうです。
e0094349_1647460.jpg

小倉ヶ浜は日本中探しても比類のない、極めて遠浅の砂浜です。そのためか、浜から投げ釣りをしても獲物のかかるゾーンに届かないのか、投げ釣りやキャスティングの姿を滅多に見かけません。(魚がいないためでしょう)

ヒラメは稚魚時代に砂浜の浅瀬で育つ魚ですから、この場所での釣りでは稚ヒラメしか釣れない筈です。

今頃は、アユの稚魚が砂浜の沿岸に群れているでしょうが、ヒラメの稚魚がアユの稚魚を食べているのかどうか、気になりました。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-10 16:54 | 海岸

小倉ヶ浜のコンクリート階段

小倉ヶ浜のコンクリート階段は自然の力でしだいに本来の姿である「砂丘」に戻りつつあります。

砂が堆積した砂丘は、嵐の時の波浪を受け流し、そのエネルギーを減衰させます。高潮で砂丘の砂は海に運ばれ、それがビーチサイクルで海岸に戻ります。

沖から岸に向けて寄せては砕け続けるウネリの力が砂を前浜に運び、さらに風が砂を飛ばして砂丘を育てます。

このような砂が動く場所をコンクリートで固めることは防災から見て誤ったことであり、生態的にも有害無益であり、おまけに自然景観を損ねます。

この階段護岸を撤去する公共事業が実施されることを望んでいますが、その前に階段は砂に埋もれて見えなくなるかもしれません。
e0094349_11545923.jpg

赤岩川の河口、左岸の砂浜に出る部分のコンクリート階段は2005年の台風の時に洗掘を受け、屈曲部が破壊されましたが、その後修復されました。

2005年10月31日に撮影した時には階段は9段あり、沖側にコンクリート構造物が2段に積まれていました。2015年1月1日の写真をみれば、階段の下側4段と沖の2段の構造物が砂の中に埋没したことがわかります。また、階段手前の遊歩道の路肩を固めたコンクリート部分も埋没しました。
e0094349_11552826.jpg

次は小倉ヶ浜の看板が立てられた所です。2006年11月27日の写真と2015年1月1日の写真を見比べれば、8年あまりで色々な変化が起こっています。

階段の段数は8段から4段に半減しました。つまり、下側4段は砂の下です。

コンクリート階段の継ぎ目にクロマツの若木が育っていますが、看板の周囲でもチガヤの群落の中でクロマツが旺盛に茂っています。これらは植林されたものではなく、自生しています。

この階段のところは、本来は砂丘として、海浜植物、コウボウムギとかケカモノハシなどが生育する場所です。そしてアカウミガメが上陸して卵を産む場所にもなります。

砂浜の浅瀬で育つチョウセンハマグリの稚貝を育てる餌、砂の中の微細な藻類は、陸から海に染み出る栄養素で繁殖しますが、それをコンクリート階段は遮断しています。

百害あって一利もないコンクリート階段を建設したのは愚の骨頂でした。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-01 12:16 | 海岸

panorama

オリンパスTG-3にはパノラマ写真を自動的に作る機能が備わっています。

ミッキーのドッグランに通っているGIビーチでテスト撮影しました。
e0094349_12441489.jpg

e0094349_1245542.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-10-31 12:45 | 海岸

嵐の後のスナガニ孔

e0094349_119873.jpg
e0094349_1185911.jpg

台風の大波が寄せている時にスナガニたちは岸よりの波当たりの陰になっている場所に避難していたようです。

今朝の干潮時間に巣穴が集中していた場所の様子です。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-06 11:11 | 海岸

スナガニの食事痕

干潮のGIビーチの砂浜にミッキーと歩き始めたのは午前6時半ごろで、スナガニの活動時間が終わった後でした。

あたり一面にカニたちが食事をした痕跡が残されていました。
e0094349_8565382.jpg
e0094349_8564030.jpg
e0094349_8562854.jpg

砂の表面が茶色がかって見えるのは、砂粒の隙間に生息している微細藻類です。

茶色の砂の表面を薄く剥ぎ取って、持ち帰ってから海水で藻類を洗い出しました。

顕微鏡で拡大してみたら、緑褐色、小判のような形で、多分鞭毛で回転しながら遊泳するので褐色鞭毛藻類(クリプトモナス)かもしれません。
e0094349_91459.jpg

海水がかぶっている間は砂粒の中に潜んでいて、潮が引いたら表面に出てきて、日光を浴びて光合成をするようです。このようなコミューターアルジー(通勤藻類)には色々な種類があります。

スナガニは砂と一緒に藻類を取り込んで、こしとって、砂粒を団子にしてポイポイします。
e0094349_9132136.jpg

普段の砂粒ダンゴは上の写真のようになりますが、藻類が砂の上に部分的に集中している場合はパターンが変化します。今朝はフィエスタだったようです。
e0094349_9141826.jpg

砂の中にいる微細藻類は貝類の餌でもあり、チョウセンハマグリの稚貝やナミノコガイなど、潮間帯で育つときに重要なものです。

このような藻類を養う栄養分は川から海に流れ出ているだけでなく、地下を浸透し砂浜で湧き出すものがあります。砂浜で微細藻類がパッチを作るところを注意してみると、湧き出し水の影響がよく見えます。

チョウセンハマグリの稚貝の分布を調べると、藻類のパッチがある場所に密集しています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-09-02 09:22 | 海岸

台風通過後の変化

今朝のGIビーチでは台風のコースが幸いして、大量にあった流木と葦の枯葉がほぼ一掃されていました。
e0094349_8281552.jpg
e0094349_828758.jpg

浜にできていたバーム(汀段)が消え、砂浜の凹凸が一様にならされました。

岩礁の裾が浸食によって露出して、岩肌が白く見えていたゾーンが砂の堆積でほぼ覆われています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-10 08:52 | 海岸

浜鉈豆の花

e0094349_7212713.jpg

今朝の小倉ヶ浜は曇り空、赤岩川河口に出て浜が綺麗に清掃された様子を確認してきました。

運動公園の駐車場から砂浜までの遊歩道に咲くハマナタマメの花が綺麗です。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-28 07:24 | 海岸

クラゲの打ち上げ

e0094349_938189.jpg

今朝のGIビーチに大型の鉢クラゲ類が1個体、打ち上げられていました。

傘の径が15センチくらい、多分ビゼンクラゲでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-23 09:41 | 海岸

ハマヒルガオとハマエンドウ

e0094349_1852310.jpg

雨の隙間を見て、GIビーチにドッグラン。ハマヒルガオがいつの間にか咲き始めていました。
e0094349_18514822.jpg

ハマダイコンの花はピークを過ぎ、ハマエンドウが真っ盛りです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-22 18:54 | 海岸