beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海岸( 306 )


ふかふかビーチ

e0094349_09283250.jpg
e0094349_09281915.jpg
今朝のGIビーチは時化後に典型的な状態、砂が陸に向かって大量に押し上げられ、盛り上がっていました、

新たに堆積した砂は空隙が多くてふかふかとなっています。足が砂にめり込んで歩きにくいほどでした。

[PR]

by beachmollusc | 2014-04-16 09:31 | 海岸

40年前の護岸

小倉ヶ浜の中央部に流出する赤岩川の河口部は数年前から南に向けて蛇行を続けています。

e0094349_08405967.jpg
上の写真は2014年4月11日撮影で、小倉ヶ浜の総合運動公園の南端の遊歩道を通って、赤岩川の河口左岸に出たところです。この赤岩川の河口は砂浜を南に向かって岸に平行に流れています。
e0094349_08450322.jpg
ゴルフ場を過ぎてから、その先では松林の海側の護岸とコンクリートブロック(約40年前に建設されたものと考えられる)に川の流れが当たって砂浜を浸食して、高さが2メートル以上の浜崖となっています。
e0094349_08482206.jpg

e0094349_08523125.jpg
上の写真は、川の上流へ向かって振り返って見た様子です。
e0094349_08533891.jpg
手前の防護ブロックとセットになっている垂直護岸のデザインは1970年代のものと思われます。砂丘の上に松林の植林を拡大し、さらにコンクリートで護岸を建設するという事業が40年前に行われ、その後に砂が堆積(砂丘の復活)してコンクリートが埋積されていたようです。
e0094349_08575420.jpg
この護岸の露出部の終点あたりから、流れが東(左側)に蛇行して海に流れ出ています。

昔の空中写真で赤岩川の変遷をたどれば、松林が拡大植林される前の流路に戻ろうとしていることがわかります。1948年に米軍が撮影した写真を見てください。
e0094349_09003171.jpg
砂浜をつぶしての拡大植林で、赤岩川の河口は北に移り、河口右岸にできたゴルフ場の護岸で流れが規制されていたようです。
e0094349_09071969.jpg
タブの木などの照葉樹が幅100メートルくらいの立派な防潮林を作っているところに、一体全体何を考えてのことかわかりませんが、砂浜の幅を半減させる(砂浜の波浪の減衰、減災効果を損ねる)松の植林を約40年前にやっています。

このような海岸の改変事業が、チョウセンハマグリの稚貝を育てていた砂浜南部の環境を悪化させていると考えられます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-04-13 09:10 | 海岸

今朝の塩見川河口

e0094349_10411022.jpg
e0094349_1041156.jpg

ミッキーが走り回る砂浜は、朝の時間に干潮となる小潮であっても、実に広々としています。

塩見川の流路は北よりになっていて、右岸の砂浜に干潮の塩水が引いて流れるラネルが見えます。

潮は引いた砂の上を見て周った結果ですが、2-3歳のチョウセンハマグリの稚貝が今年は極端に少ないことが気にかかります。数年後に漁獲サイズとなる貝が少なくなって,貧漁となりそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-11-29 10:47 | 海岸

砂の上の足跡

今朝の小倉ヶ浜ドッグランは中央部、赤岩川の河口付近でした。

河口の周辺沖にはチョウセンハマグリの稚貝が集中して生息しています。それがヒトデ類(スナヒトデやモミジガイ)やツメタガイ類(ホソヤツメタ)などに食われて、貝殻が浜の汀線に沿って打ち上げられます。

貝合わせに使えそうな対になった貝殻を拾い集めてから駐車場に戻ろうとしたら、砂の上に縦横に走った足跡が見られました。
e0094349_9312734.jpg
e0094349_931198.jpg

ミツユビシギの群れが近くの渚で戯れていましたが、中には砂浜の上を走り回っているものがいたわけです。

スナガニの走り回った足跡がミツユビシギの足跡と交叉しています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-11-01 09:33 | 海岸

小倉ヶ浜の防潮林の護岸が砂の下に埋もれている

今朝は久しぶりに塩見川の河口の右岸(南側)に出て護岸の堆積・埋没状況を見てきました。

このあたりは、1960-70年代に海側に拡大植林された松林の縁に垂直護岸があるだけで、赤岩川河口の北にあるようなコンクリート階段はありません。

塩見川にかかる橋が有料道路だった時の管理事務所が撤去されていて、駐車可能な場所が道路わきにできています。車を止めてミッキーと海岸に向けて歩いてゆくと砂浜に出る道が数箇所ありました。

河口側(GIビーチに正面となる)の出口では松林から護岸を超えて砂浜に下るわずかな段差が残っています。
e0094349_1035149.jpg

浜から出口を見返した下の写真でわかる段差は降りてゆく支障にはなりません。
e0094349_10353629.jpg

これはコンクリートの垂直護岸ですが、互い違いに縦横の梁がある構造です。(赤岩川河口にも同じ構造の護岸があります)

海側の出口の垂直護岸はほぼ完全に砂の中に埋没していて、段差はありません。
e0094349_10393442.jpg

この出口を海側から見ると、砂丘の上の海浜植物群落の陰になっています。
e0094349_1040541.jpg

護岸の天辺のコンクリートが露出しているので護岸の位置がわかります。
e0094349_1042797.jpg

e0094349_10425368.jpg

この天辺部分のすぐ外側に鉄製の手すりのようなものがカヤの中に見えます。
e0094349_10451335.jpg
e0094349_1045311.jpg
e0094349_10444991.jpg

最初にこれを見つけた時、一体全体なんだろうと思ったのですが、どうやら松林側から砂浜に向けて垂直護岸を降りる階段があって、その手すりだったに違いないと考えられました。

護岸の建設から40年以上経過していますが、護岸の下側で砂の堆積が進み、砂丘が松林の高さまで成長した結果でしょう。護岸の高さは、赤岩川で露出しているものと同じ設計だったとすれば、2メートルくらいのはずです。多分20年で1メートルくらいの堆積速度でしょう。

赤岩川河口付近のコンクリート階段でも、同程度の堆積速度で階段が埋没中です:
小倉ヶ浜の階段が砂の下に消える日 2011-12-31
http://beachmollu.exblog.jp/17147442/

砂浜の自然の営み、砂の堆積と移動、浸食のビーチサイクルを理解しないまま、全国一律に松林をむやみに海側に広げておいて、その海側に防潮堤や護岸を建設する「間違った林野行政」が各地で砂浜の消滅を招いています。

小倉ヶ浜は、その間違いにまけずに、砂の堆積が勝っていて、コンクリート構造物を埋めているので砂浜が保全されてる「奇跡の砂浜」です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-18 11:01 | 海岸

小倉ヶ浜のコンクリート階段


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-17 20:33 | 海岸

砂浜の堆積と侵食の変化

岩礁と砂浜がセットになっているGIビーチでは、台風が接近して通過する際の大波が砂浜の上を越えて岩に当たると、砂が侵食されるあるいは堆積する場所の移動が起こります。砂の総量はほとんど変動しなくても、空間的に砂が移動するため、浜辺の景色が大きく変化します。その変化は、台風のコースと波の強さが不規則であるため、毎回の結果が場所により細かく変化します。

岩礁の表面は空気中で黒っぽく変化します(表面を覆う地衣類などの色でしょう)。しかし、砂に覆われた部分の岩(溶結凝灰岩)は赤っぽい茶色ですが、それが砂の中から空気中に露出すると黒と茶のコントラストがはっきり見えます。
e0094349_904675.jpg

上の写真の茶色部分は先月の大波で露出したものです。層の厚さは60センチくらいあります。
e0094349_914348.jpg

この岩塊のくびれた所は、下の部分が露出する前には砂が堆積していて、段差なしでした。
e0094349_932564.jpg

ところが、上の写真の右手前の砂が消えて、大きな段差ができました。(左の岩のくぼみに堆積した砂が残っていますが、それと同じ高さまで右側にも砂がありました。)
e0094349_954158.jpg

段差を乗り越えた向こう側の砂浜は岩の陰となって侵食を受けませんでした。
e0094349_963913.jpg

上の写真は、くびれ部分の反対側に出てから海側を見たところです。下のように、以前は散歩の通り道だったくびれ部分の砂が消えて岩が凸凹になり、段差を超えた部分が歩きにくくなりました。
e0094349_993249.jpg

このような一時的で局所的な砂の侵食と堆積の変化は頻繁に起こっています。砂浜が外力を受けた後の姿は千変万化です。自然の力によって変化し続ける砂浜の海岸線を固定しようなど考えるのは愚の骨頂でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-04 09:15 | 海岸

スナガニ類の砂団子

1週間ぶりに日の出時間に合わせ、GIビーチのドッグランでした。
e0094349_810317.jpg

今朝は潮がよく引いた砂浜の上にスナガニたちの活動した跡が見えました。
e0094349_812377.jpg

巣穴の周辺に砂ダンゴがあるだけでなく、放射状に小さいダンゴが散乱しています。
e0094349_8123043.jpg

日の出前の薄暗い時間帯に活動しているようで、日の出後にカニの姿をみることはできません。
e0094349_8122369.jpg

明るくなってからでは、ビーチ・カラスたちの攻撃があるからでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-12 08:15 | 海岸

砂丘の成長と飛砂

小倉ヶ浜の中央部にある、生態的に有害で防災上無意味なコンクリート「誤岸」が砂丘の下に消えるまで見守り続けることは、多分できないかもしれません。それは、飛砂が起こるような強風の頻度が極めて低く、砂丘の成長が遅いためです。

下の写真は、10段(あるいはそれ以上)あったコンクリート階段が残り3-4段となっている様子です。
e0094349_1352015.jpg

それでも、護岸の上に積もり続ける砂を見ていると、堆積速度は数年前から加速されているような気がします。その加速を促しているのは赤岩川の河口が南に大きく蛇行したままになっていて、護岸に向けて南から南東の強風で乾いた表面の砂が飛ぶ量が増えているからでしょう。飛ぶ砂を供給する面積が増大しています。
e0094349_13445891.jpg

小倉ヶ浜は海岸線が東南東に向いているので、冬の季節風は沖だしとなります。
e0094349_13521530.jpg

海岸線の向きが反対の鹿児島の吹き上げ浜では、季節風がもたらした大規模な砂丘が発達しています(ただし、近年は侵食が起こっている)。それに対して小倉ヶ浜では低気圧が北を抜ける時の南風でしか砂が飛ばないので、砂丘の堆積速度はゆっくりです。

砂丘は大荒らしの波で浸食を受け、沖に運ばれ、それがビーチサイクルで沖から岸に運ばれて打ち寄せられます。海が普段の状態の間に、波で絶えず打ち寄せられた砂が、さらに飛砂となって砂丘を復活させます。

波浪が当たる場所にコンクリートで護岸を作ると砂は堆積できず、砂浜が消えます。小倉ヶ浜の誤岸は、特別強い嵐の時だけ波浪がぶつかるので恒常的な侵食を受けず、広い砂浜が維持されています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-03 14:04 | 海岸

ハマゴウの開花

夏が来たら海岸で咲く花、ハマゴウが咲き始めました。
e0094349_9383810.jpg

e0094349_939659.jpg

ハマユウの花も一緒に咲いています。
e0094349_9385558.jpg

花の色がさわやかなので、咲くのを待ちわびていました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-07 09:40 | 海岸