beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海岸( 306 )


パワースポットのカラスたち

パワースポットは和製英語のようで、英語のネイティブスピーカーには通じないそうです。

それはともかく、日向の海岸には約1500万年前の噴火の際に「地殻変動」のエネルギーが働いたパワースポットがあります。ここをジオパークの目玉にしたいと思っていましたが、地域の皆さんがその存在や意味を理解してくれないと何も進みません。
e0094349_10445872.jpg

溶結凝灰岩の岩塊が高さ77mのボウズ山となり、その裾に大きな割れ目があります。
e0094349_10524834.jpg

ほぼ毎日この砂浜に出かけてミッキーを自由に走らせていますが、カラスたちがミッキーのおやつのおこぼれを狙って集まってきます。
e0094349_1053247.jpg

上空にはトンビ、波打ち際ではサギやカモメ、シギなどを時々見かけます。
e0094349_10541936.jpg

二足歩行、またはピョンピョン跳びで後を追ってくるカラスの足跡です。

四足のミッキーの足跡が漣痕の砂にめり込んでいるのは、砂の堆積状態が変化している証拠です。
e0094349_111345.jpg

砂浜の形成と維持、そして堆積変化には波のエネルギーの働きが背景にあり、それを理解して付き合わないと、ほぼ全域で自然状態を失っている宮崎市の砂浜ののようになります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-07 11:01 | 海岸

干潮のGIビーチ

中潮で午後2時頃の干潮時間にGIビーチにミッキーと散歩に出ました。
e0094349_17173855.jpg

走り回って体温が上昇すると休憩です。
e0094349_17174752.jpg

雨が降ってきたので、潮が引いた、ボウズ山の岩盤の割れ目の中に入りました。
e0094349_17193912.jpg

外側の岩礁には黒い二枚貝とフジツボ類がびっしり着いています。
e0094349_1722664.jpg

イガイの仲間で多分ヒバリガイです。日向ではこの貝を汁の具に使っています。
e0094349_17215652.jpg

イワフジツボとカメノテが見られました。
e0094349_17275621.jpg

ここの岩礁は、大昔の火山噴火がもたらした溶結凝灰岩と一部分で柱状節理が頭を出しています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-01 17:33 | 海岸

庵川干潟の貝類

干潟の貝類調査で採集された主な二枚貝類を種類ごとに紹介します。

干潟の面積が1万平方メートルあまり、そして方形枠での採集面積は全部で3.75平方メートルしかありませんでした。つまり、わずか干潟の0.03%程度を調べただけです。
e0094349_834999.gif

上の地図は模式的に描いています。3本の調査側線のそれぞれの間隔は20m、定点の間隔は25mで、全体として干潟の西側に偏って調べました。

各採集地点で枠内に見られた貝の種類と数、大きさはテンデンバラバラですから、それぞれの貝がこの干潟でどれくらいの個体数で生息しているのか、生息密度と面積をかけて推定しても精度は極めて低いものです。さらに網袋のメッシュが約5mmですから、ごく小さい個体は採集されていません。

ハマグリは3本の側線のうちもっとも東側の1本だけでみつかり、線上の5地点中3地点から大小合計4個体でした。
e0094349_11164561.jpg

1平方メートル当たり約1個体の密度なので、干潟全体の生息密度が同じであったとすれば、網目にかかる大きさのハマグリの数は1万個体のレベルとなります。ただし、この貝は稚貝が粘液糸を出して流れに乗って移動する習性があるため、集中分布している場所があるはずです。

スダレハマグリは合計6個体で、中央の側線に集まっていました。
e0094349_11293898.jpg

アサリとシオフキは3本の側線全部でほぼ満遍なく現れ、それぞれ40~50個体、つまり1平方メートル当たりに10個体以上の生息密度でした。干潟にはおそらく10万個体のレベルで生息しているでしょう。

下はアサリの大きい個体だけの集合写真です。殻の色彩・模様に個体変異が激しいのはアサリが二枚貝の中のチャンピオンです。
e0094349_11343668.jpg

次はシオフキの大きい個体の集合写真です。
e0094349_11344566.jpg

サクラガイの仲間がかなり数多く採集されていますが、これは食用にならず、潮干狩りで相手にされません。多分ユウシオガイという貝です。
e0094349_11405530.jpg

この貝も同じ種で個体による殻の色彩変異が見られます。ピンク、黄色、そして白に分かれているようでした。外海の砂浜に多いカバザクラというサクラガイの仲間でも同様な色彩変異があります。

シオヤガイは泥干潟に多い南方系の二枚貝です。
e0094349_11474423.jpg

オキシジミも南方系で泥干潟の貝です。
e0094349_11501283.jpg

沖縄の干潟でオキシジミは泥に深く潜っていて、干潟の表面を鉄筋棒で突くと、泥の中の貝が反応して潮を砂泥の上にぴゅ-と吹あげます。表面から深さ5センチくらいまで掘って採集した中に大きい個体が1個出てきて、びっくりしました。

沖縄ではこの種をハマグリと呼ぶ人たちがいて、調査で混乱しました。鹿児島では牛のひづめと呼ばれていました。シジミという名前がついていますが、シジミの仲間ではありません。

2007年の宮崎県のレッドリストの改定で、干潟の貝類の多くが追加されています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/shizen/reddatabook/2007kaitei.html

このリストに追加された二枚貝の中にハマグリ、オキシジミ、シオヤガイ、スダレハマグリ、シオヤガイ、ユウシオガイが含まれています。また、今回の採集調査で1個体だけ出てきたソトオリガイもリストに含まれています。
e0094349_1255484.jpg

以上のように、今回の調査で採集された二枚貝の大多数がレッドリストに含まれます。

宮崎県沿岸は熱帯性の貝類の北限分布域となっていて、干潟が少ないため、このような貝類がのきなみ絶滅危惧種となっているのです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-15 12:11 | 海岸

アユの稚魚漁(塩見川の河口沖)

快晴のGIビーチにミッキーと散歩するために出かけ、砂浜のすぐ沖でアユの稚魚を捕獲している漁船の様子を見ることができました。
e0094349_17112959.jpg

e0094349_17115682.jpg

2隻の船が網を曳いています。うねりの波が砕けはじめるすぐ沖ですから、水深はごく浅いはず。
e0094349_17133193.jpg

海岸に平行してゆっくり網を曳き、最後尾の袋網に魚を集めていました。
e0094349_17143495.jpg

船に網を手繰り寄せて捕獲し、随伴していた?運搬船に移すのでしょうか。
e0094349_1716177.jpg
e0094349_1716985.jpg
e0094349_1716098.jpg

大波に揺られながらの操業です。今日はこれでも波が穏やかで、サーファーが来ていません。

動画を撮影してYOUTUBEにアップしておきました。
http://youtu.be/Yj4zGsdnKlg
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-10 17:17 | 海岸

みごとな紅葉

海岸は比較的暖かいので、ドッグランのGIビーチの周囲では紅葉のピークが遅れてきたようです。

例年と比べて今年のハゼの木の紅葉がとくに鮮やかです。まさにハゼモミジ!
e0094349_18131614.jpg

葉が黄色になっているものも鮮やかなので、美しいコントラストが楽しめます。
e0094349_181398.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-12-23 18:16 | 海岸

大雨の置き土産

今朝のGIビーチでは、大雨で流されたゴミが大量に打ちあげられていました。

葦の中でボールが笑っていました。
e0094349_1129469.jpg

ゴミの大部分が塩見川の中で群落をつくっている葦の枯れ葉です。
e0094349_11295671.jpg
e0094349_1130384.jpg
e0094349_1130945.jpg
e0094349_1130156.jpg

プラスチックなど人間の出したゴミが割合少ないのが幸いでした。
e0094349_11342058.jpg

かなり大型の円筒形のプラスチック・タンクが転がっていましたが、破損していました。
e0094349_11364739.jpg
e0094349_11365541.jpg

何かを飼育していたような木箱(40x60x40センチくらい)です。
e0094349_11381552.jpg

メッシュの窓枠が錠前で止められていたのが気になりました。中に何も入っていなかったようなので、そのままにしておきました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-18 11:39 | 海岸

砂浜の変化

台風が九州の西側を北上すると、日向灘では強い東風が持続的に吹き、砂浜の砂丘堆積が進行します。

今朝は小倉ヶ浜の中央部のコンクリート階段がどのように変化したかを見てきました。

大潮の満潮でも波は階段に届かず、階段の周囲は乾いていました。

赤岩川左岸に大きな流木が打ち上げられていて、飛砂の流れを妨げた結果の「堆積」と「侵食」のパターンができていました。

上は北から南に向かって、下は南から北に向かって流木を撮影しています。
e0094349_1714510.jpg
e0094349_17141333.jpg

砂の状態から、南東の風が卓越していたことがわかります。

コンクリート階段の南東に面した部分の吹き寄せられた砂の堆積量が大きく、一気に1段分の40センチ以上砂の厚さが増したようです。
e0094349_17174770.jpg
e0094349_17175432.jpg

この有害無益なコンクリート階段が砂の下に埋没する時がゆっくりと近づいています。
e0094349_17241697.jpg

上の写真は以前のブログ:小倉ヶ浜の階段が砂の下に消える日 [2011-12-31]から
http://beachmollu.exblog.jp/17147442/

飛砂で新たに堆積した砂はフカフカ状態なので足元が沈みます。
e0094349_17195849.jpg

このコンクリート階段に生えている松は健在でした。
e0094349_17204857.jpg

e0094349_17405568.jpg

昨年12月の写真(下)と見比べると砂の堆積が進んだことがわかりますが、この松の位置は階段がカーブしているので砂が溜まりにくい場所です。
e0094349_17424193.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-09-18 17:26 | 海岸

GIビーチの砂の堆積

昨年秋のGIビーチでは、砂の侵食が激しくて、海岸の岩が1m以上露出していました。時化で南から寄せてきた大波が岩の周りの砂を沖に運び去ったからでした。

•GIビーチから砂浜が消えた [ 2011-09-28 08:58 ]
http://beachmollu.exblog.jp/15621379/
•干潮のGIビーチ [ 2011-10-06 12:59 ]
http://beachmollu.exblog.jp/15765291/
•海岸の変化 [ 2011-12-18 19:24 ]
http://beachmollu.exblog.jp/17083232/
•海岸の変化(つづき) [ 2011-12-20 18:20 ]
http://beachmollu.exblog.jp/17093416/

今年の夏の台風が九州の南の海上を東から西に抜けるコースを取り、宮崎の海岸は東から打ち寄せるうねりと風波が続きました。その影響で、GIビーチでは沖から海岸に向かって打ち寄せられた砂が堆積し、昨年の侵食された場所はほぼ完全に元に戻っています。


以前の写真を今朝撮影した写真と比べてみるとはっきりわかります。
e0094349_8561678.jpg

e0094349_8571145.jpg


e0094349_8584776.jpg

e0094349_8592730.jpg

昨年10月6日(上)と今朝の状況(下)を比べると、一番奥の駐車場下でも砂が戻っています。
e0094349_913290.jpg

e0094349_934652.jpg

同じく昨年10月6日(上)と今朝の状況(下)で津波岩?のところです。
e0094349_962628.jpg

e0094349_955616.jpg

大きな波が海岸に寄せる時に砂が大量に動いて、堆積状況が変化します。

その波の寄せる方向と強さで堆積結果がまったく違うことは驚きです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-01 09:09 | 海岸

精霊船

毎年、お盆の精霊流しに使われる藁のこも船とお供えがGIビーチに漂着しているのですが、今年も昨年に続き、木造の船が浜に打ち上げられていました。
e0094349_8155953.jpg
e0094349_816698.jpg
e0094349_8161469.jpg

カレンダーの帆というのが不思議ですね。
[PR]

by beachmollusc | 2012-08-16 08:17 | 海岸

赤岩川の蛇行が負の遺産を露出させている

小倉ヶ浜の中央に流れ出ている赤岩川の河口では砂浜の上で蛇行が進み、約40年前に設置された消波ブロックが砂の中から姿を現しています。

1970年頃に海岸砂丘の上で松林を拡大させて、その前面にコンクリート護岸を建設して、さらにブロックを置いたようです。(下の1974年に撮影された空中写真で読み取れます)
e0094349_10344573.jpg

小倉ヶ浜の中央部、砂丘形成部では、砂の堆積が毎年10センチ程度で、単純計算で40年間で4メートルの厚さになります。

小倉ヶ浜の中央部の堆積 (2011.12.22)
http://beachmollu.exblog.jp/17103213/

このような場所にコンクリート構造物を設置すると、堆積した砂の下に消えます。

赤岩川の河口が激しく蛇行を続けるメカニズムはよくわかりませんが、とにかく40年前の無意味な消波ブロックの一部が砂の中から出現しました。
e0094349_1040223.jpg

海岸線に平行になって蛇行している川筋が砂を抉り取り、コンクリートブロックに到達しました。
e0094349_10423042.jpg
e0094349_10423839.jpg

上流側の露出部分をクローズアップしてみると:
e0094349_1043237.jpg

高さが4メートルくらいの崖になっていて、堆積した砂の層のはるか下にブロックがあります。

外海に面した砂浜海岸で<自然に形成される>砂丘があることは、環境保全のために大変重要です。普段は砂が堆積していて、台風の高潮で浸食を受けた時に溜まった砂が沖に運ばれ、それが再びビーチサイクルで浜に戻る、という自然の営みを理解しなければなりません。

防潮林の拡大植林とその護岸が、砂丘の存在意義を失わせ、結果的に宮崎市をはじめ日本中の砂浜を失う原因を作っています。小倉ヶ浜はそれでも砂の堆積が勝っているので砂浜が残っています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-08-13 10:53 | 海岸