beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海岸( 306 )


烏は何をしているの

e0094349_8321618.jpg

千里浜では河口近くに鳥が集まっていました。サギやウミネコなどの他に、
烏が集まっていましたが、連中が何を目当てにしているのか見当がつきま
せん。
それにしても、チョウセンハマグリの稚貝やフジノハナガイなどが集まっ
ているのは、このような河口の周辺です。捕食者のキンセンガニやツメタ
ガイなども一緒に集まっているようなので、餌が多い場所は鳥たちには
周知されていることでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-19 08:38 | 海岸

片男波海岸

e0094349_10123975.jpg

和歌山の代表的な海水浴場ですが、9月下旬ではさすがに誰も泳いでいません。

この海岸はマッシロな砂に見えますが、よく見ると、もともとは黒い砂が白い砂で覆われていることが読み取れます。白い砂は比重が軽い多孔質のサンゴ礁性の砂のようでした。日本各地の海水浴場で、海外などから砂を輸入して浜に入れているようですが、ここもそれをやっているのだろうと思われました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-15 10:17 | 海岸

津波対策

e0094349_9501352.jpg

生見海岸は高知県南部、室戸岬に近いサーフィンビーチです。
過去の津波の高さを基準にして、海抜10メートル以上の高さの防波堤が建設されていますが、これは津波や高潮から後背地を守る目的で作られたようです。しかし、海岸で大勢の海水浴やサーフィンを楽しむ人々が、突然襲ってくる津波から逃れる通路は限られていて、しかも波が来る前に遮断されることになるわけで、海岸に取り残された人たちはどうなるのか、想像したくありません。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-15 09:56 | 海岸

津波水門

e0094349_9121810.jpg

和歌山県の自然博物館で教えてもらった広川町の唐尾干潟に行ってみたら、
ここにも巨大な水門が漁港の入り口にありました。津波から漁船を守るため
に建設されたものでしょうが、設置にも維持にも巨額な経費がかかっている
ことでしょう。津波の前の地震に耐えるはずの設計でしょうが、このような
構造物が実際に働いて想定された役割を演じるかどうかわかりません。

干潟には大きなハマグリの死殻がごろごろしていましたが、すべてが古い
殻であって、かなり昔の集団の名残りと思われました。コンクリートで
固められた海岸ではどこもかしこも貝類集団が消えてしまっています。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-13 09:20 | 海岸

白保の津浪石

e0094349_7483831.jpg

昨年12月26日のインド洋大津波を経験したインドでは、将来に向けて
海岸防災を考えている所ですが、南インドのタミルナドゥ州の海洋生物
研究所のDr. Patterson Edwardが来日して、調査を続けています。

三陸沿岸、静岡から宮崎までの東海、南海地震津波襲来が予想される海岸を
巡り今回は石垣島にやってきました。陸にある巨大な津浪石も見ましたが、
サンゴ礁の礁原に点々とある大きな岩に驚いていました。

琉球大学理学部ではパタソンさんをゲスト講演者として「津波とサンゴ礁」
というタイトルの国際セミナーを来週月曜日に開催します。そのプログラム
はこちら:http://www.sci.u-ryukyu.ac.jp/seminar/seminar.htm
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-12 07:58 | 海岸

竹富島のサンゴ礁

e0094349_8315363.jpg


パタソンを案内して日帰りで石垣島を訪問し、竹富島に渡りました。
到着したら港にグラスボートが待機していたので海底のサンゴ見物をする、
ことに決め、港を出たすぐの周囲を20分ほど見ることができました。

波が高かったけれども潮時がよくて浅瀬のサンゴ集団をゆっくり眺め、
高い被覆度、程よい多様性の健全な群集とお魚たちを見ました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-10-11 08:32 | 海岸