beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海岸( 306 )


砂浜の上で蛇行する河口

以前からモニタリングしている、小倉ヶ浜の南部に流れ出る吉野川の蛇行が激しくなっています。

この砂浜で、河口部の蛇行を直線化する工事が何度も繰り返されてきた経緯をブログで紹介していますので参照してください。

砂浜海岸の上の河口変化 2010-07-22
http://beachmollu.exblog.jp/12984290/

川は一直線に流れるものと法律で決まっているらしい 2010-7-21
http://beachmollu.exblog.jp/12980831

宮崎県の土建財政は豊かだ! 2010/09/04
http://beachmollu.exblog.jp/13180524/

直線化された流れのその後| 2010-11-16
http://beachmollu.exblog.jp/13645406/

吉野川は再び砂浜の上で蛇行している 2012-01-14
http://beachmollu.exblog.jp/17217596/

今年の梅雨の雨量が多かったため、吉野川は増水し、流れが暴れています。

砂浜に出る所では堆積していた砂がえぐられ、埋もれていた護岸の基盤が見えます。
e0094349_13415790.jpg

この出口から川の流路が南に向かって蛇行していて、2年前の工事の頃よりもさらに南側で海に出ています。
e0094349_13471838.jpg
e0094349_13473032.jpg

砂浜で蛇行する川は岸の砂を抉り取り、高さが2mくらいの崖を作っています。
e0094349_13494433.jpg

e0094349_1350474.jpg

今朝の日の出に照らされた、流れが海岸線に平行になっている部分です。
e0094349_13522819.jpg

ミッキーは太陽光に当たると熱中症になるので日の出の時間に出かけています。
e0094349_13534356.jpg

現在、吉野川の北で小倉ヶ浜の中央部に流れ出ている赤岩川も激しく蛇行しています。

蛇行する川の流れを直線化するアンポンタン行政の「公共工事」がまたあるかどうか監視を続けます。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-31 13:57 | 海岸

GIビーチのバナナ

GIビーチの奥にある駐車場の脇にバナナが植栽されています。
e0094349_83167.jpg
e0094349_832536.jpg

冬の寒波で植物体の外面が枯れて無様な姿になりますが、芯が生きていて、夏には復活して花までつけます。しかし、残念ながら果実は太らないようです。

誰が何のために植えたのかわかりませんが、大きな葉っぱの利用法を思いつきました。南太平洋のサンゴ礁の島で行われるウム料理に使えそうです。

下のURLにはサモアの伝統料理であるUMUを紹介しています。
http://www.travelblog.org/Photos/3302771

石を並べてその上でココナツの殻などを燃やし、熱せられた石の上にバナナやタロイモの葉で包んだ食材を乗せて蒸し焼きにする、石焼芋の南太平洋版です。

GIビーチには1500万年前に尾鈴山が噴火した時の溶結凝灰岩があるのでその上に流木を集めて燃やせば、海岸も綺麗になるので一石二鳥です。(ついでに打ち上げゴミも綺麗にしましょう)
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-27 08:19 | 海岸

塩見川河口にサギの群れ

今朝のGIビーチでは珍しいことが3つありました。

コアマモの打ち上げは出水の後でいつも見られますが、アマモ(スガモかもしれないので確認が必要)の打ち上げは過去になかったような気がします。アマモの生育場所は内湾であって、門川町の尾末湾には群落がありますが、塩見川にはなかったと思います。

サギ(コサギかどうかはっきりしない)の10羽ほどの群れが河口部で干上がったところに集まっていました。
e0094349_854979.jpg

たまに1羽だけいたりしたことはありますが、群れている姿は初めてです。

前に紹介した、打ち上げられた葦が1本だけですが穂を出していました。
e0094349_8581257.jpg

雨が断続的に降っていたので乾燥して枯れないで成長を続けています。

おまけは花盛りになっているハマユウです。
e0094349_8595235.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-07-25 09:00 | 海岸

赤岩川河口の蛇行

小倉ヶ浜の中央部に流れ出ている赤岩川の流れが砂浜に出てから大きく南に蛇行を続けています。

河口の右岸にゴルフ場があって、川筋はコンクリート護岸で固定されています。

ゴルフ場の対岸から上流側を見た様子:
e0094349_1225812.jpg

同じく下流側を見た様子です。
e0094349_12251646.jpg

砂浜に出てから、川の流れは海岸線にほぼ平行に南下しています。
e0094349_12252487.jpg
e0094349_122530100.jpg

流れは最後の部分で東に曲がって海に流れ出ます。
e0094349_12253872.jpg

河口は閉塞していませんが、浅くなっていることが波の砕け方でわかります。
e0094349_12254586.jpg

川筋の移動で砂浜がえぐられ、砂の堆積構造がよく見えます。
e0094349_12255491.jpg

流れの移動により生じた砂の崖が崩壊中です。
e0094349_1226048.jpg

昔の空中写真で見ると、このような流路の変化は頻繁に起こっています。

もっと南にある吉野川の河口では蛇行した流路の直線化工事が行われていましたが、なぜかこの赤岩川ではやっていません。気まぐれな痴呆行政です。
[PR]

by beachmollusc | 2012-03-30 12:35 | 海岸

GIビーチのサーファー

2月1日午後4時過ぎにGIビーチのドッグランへ行きました。
e0094349_1811162.jpg

干潮の広い砂浜を歩いていたら、サーファーが1名ボードを抱えて沖に向かっていました。

ビーチの駐車場から波とサーファーを撮影しました。
e0094349_18155953.jpg

http://youtu.be/tcESQlNqwhc



遠浅の砂浜ではこのように砕け波が何段にもなります。また、河口の周辺の海底は砂の堆積状態が複雑で、ウネリが砕けるパターンも複雑です。

このビーチはもっぱら地元のベテラン・サーファーが使っています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-01 18:16 | 海岸

チョウセンハマグリの生息環境が壊れている砂浜


Published by デジブック

チョウセンハマグリは傾斜が緩やかで干潟のようになっている砂浜の浅瀬で稚貝が育ちます。

また、地下水や砂浜に流れ出る川の水が稚貝の餌である微細藻類の繁殖を支えています。

砂の供給は非常にゆっくりしていて、砂浜の沖で行われる海砂の採取は海岸の砂を間接的に減らし、侵食で浜の傾斜を急にするようです。

九州の東シナ海沿岸部で盛んに行われてきた海砂の採掘が砂浜環境に大きな影響を及ぼしたと思います。

吹上浜は日本3大砂丘の一つとして海岸で砂の堆積が激しく、農地や住宅などが砂に埋もれないようにする砂防対策が必要だった海岸ですが、最近になって侵食されています。それに伴ってチョウセンハマグリが激減し、漁獲対象にならなくなっています。

砂浜をコンクリート階段や防波堤で固める「整備事業」が全国的に行われています。しかし、それは景観を損ね、貝類を消滅させ、砂浜の生態に破壊的な影響をおよぼしています。

全国の沿岸の村々に建設されている無数の漁港も砂浜で環境破壊に貢献しているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-28 08:34 | 海岸

小倉ヶ浜のコンクリート階段と謎の構造物(2005年)

デジブックのブラウザで古い写真を整理していたら、移転する前の年の2005年10月31日に小倉ヶ浜で撮影したコンクリート階段の画像が出てきました。撮影した本人は忘れてしまっていましたが、貴重な記録が残っています。

2005年9月5から6日に宮崎県に接近した台風14号は、宮崎市と延岡市で大規模な水害を引き起こしただけでなく、高千穂鉄道の橋梁の倒壊そして耳川上流で激甚な土砂災害を引き起こしました。
http://www.nliro.or.jp/service/databank/tyousa/typhoon0514.pdf

おそらくこの台風の大波でコンクリート階段が壊れていたらしいことが写真から想像できます。
e0094349_20431376.jpg
e0094349_20433073.jpg

階段と赤岩川の間にコンクリートの二段構えの防波堤もどきがあったことがわかりました。

2006年と2007年の写真をブラウザで探してみましたが、残念ながらこの階段部分を撮影した画像はありません。

2008年6月19日に産卵のために上陸したアカウミガメが、たまたまこの場所を徘徊していた足跡を撮影した画像が残っています。
e0094349_20474270.jpg
e0094349_20475961.jpg

この2組の写真の撮影に3年のギャップがありますが、その間に壊れた部分の階段の補修が行われたことと、謎の構造物が急速に砂に埋められていったことがわかりました。

この謎のコンクリートの物体は、昨年2011年秋に砂の下に完全に埋もれてから見ることはできません。

とにかく、砂浜で砂が堆積を続けているということが認識されないで、構造物が建設されているようです。建設のコストがいくらだったかわかりませんが、砂の中で何の役に立つのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-21 20:53 | 海岸

時化の間に砂が堆積したGIビーチ

18日に晴れ間が広がったので、午後4時頃にGIビーチのドッグランに出かけました。16と17日に外に出られなかったワンは大はしゃぎです。

低気圧のもたらした大き目の波がビーチの満潮線付近で砂の堆積を推し進めたようでした。
e0094349_1404238.jpg

塩見川の河口左岸からボウズ山を見た写真です。浜の中に干潮で海水が取り残されているラネルですが、その海側で砂が盛り上がっているので内側に海水が取り残されます。

河口の縁にあるカラスの食卓岩には食べかすのチョウセンハマグリの稚貝の殻が散乱しています。
e0094349_1461598.jpg
e0094349_1462857.jpg

この岩は、しばらく前は見上げるような高さがあったのが、今では砂の堆積で人の背丈まで低くなっています。

岩の上から塩見川の河口を見た様子です。
e0094349_1475647.jpg

岩の周りからラネルの海側にかけて、フカフカの砂が続いています。これは最近数日間の時化で堆積したばかりで、砂粒の周りに水分が多く残っている状態です。

フカフカの砂の上を歩くとズブズブと足が沈みます。
e0094349_1412054.jpg
e0094349_1412814.jpg
e0094349_14121559.jpg

ハートの足跡です。
e0094349_1412512.jpg

波浪の来た方向が北よりだったらしく、浜の南側ほど新しい堆積の層が厚いように感じられました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-19 14:14 | 海岸

吉野川は再び砂浜の上で蛇行している


Published by デジブック

砂浜の川の直線化(再び) 2011年2月22日
http://beachmollu.exblog.jp/14289568/

直線化された流れのその後 2010年11月16日
http://beachmollu.exblog.jp/13645406/

宮崎県の土建財政は豊かだ! 2010年9月4日
http://beachmollu.exblog.jp/13180524/

砂浜海岸の上の河口変化 2010年7月22日
http://beachmollu.exblog.jp/12984290/

川は一直線に流れるものと法律で決まっているらしい 2010年7月21日
http://beachmollu.exblog.jp/12980831/
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-14 19:19 | 海岸

砂浜の流木ネッシー


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-13 20:16 | 海岸