beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海岸( 306 )


小倉ヶ浜の階段が砂の下に消える日

小倉ヶ浜のドッグラン収めに中央部に出かけて、例のコンクリート階段を撮影しました。

ハートは老化が進んでいますが、この階段を駆け上がれるので、まだまだ元気です。
e0094349_16275953.jpg

階段の上には市役所が建てた看板が5年経過しても余り劣化していないようです。
e0094349_16285872.jpg

5年前の2006年11月27日に撮影した同じ場所の画像が残っているので、現在の状況とと比較できます。
e0094349_16301545.jpg

看板の下の階段を並べてみると、砂による埋堰が1段余り進んでいました。
e0094349_16424680.jpg

あと6段が埋まるまで、これまでのペースで進むと約30年かかります。

そもそも、なぜこのような不細工なコンクリート構造物を砂浜に建設したのか、計画された当時にどのような大義名分があったのか、またこの位置に何段でいつ造られたのか、データが欲しいところです。

小倉ヶ浜の景観を見苦しくし、ウミガメの上陸産卵場所をふさいで有害であり、自然の海岸植生を破壊したコンクリート階段が消えてくれるかどうか、行く末を見守っています。

この階段のところは、本来は砂丘ができている場所です。砂丘に砂が積もり続けて育ち、それが数十年に一度の大嵐の波浪で浸食される時が来るはずです。

これから30年の間に、巨大台風の直撃や日向灘沖の大地震と大津波が来そうですが、それでこの砂浜がどう変わるか、自分の目で見ることができるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-31 16:35 | 海岸

小倉ヶ浜の中央部の堆積

小倉ヶ浜の最北部、塩見川の左岸河口にあるウドノセまたはGIビーチでは本年9月までに一時的に砂浜侵食が起こり、それが現在堆積が進んで回復中です。砂浜の一時的な変化は普段は届かない高い位置まで波浪の力が及んだ場合ですが、同じ海岸線でも場所によってその結果は異なります。

小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の左岸河口の誤岸ビーチのコンクリート階段に波が届くのは台風の高潮に限られているようです。ただし、今年の台風の大波でもコンクリート階段の一部には届いていませんでした。

本日、12月22日は若潮で、干潮は午前10時ころ、満潮と干潮の干満差は1mくらいで大潮の半分程度です。午後1時にこのビーチに到着したので上げ潮の真っ最中でした。
e0094349_178381.jpg

GIビーチと大きく異なり、乾いた砂のゾーンが幅100mくらいあって、広々としています。
e0094349_1710036.jpg

汀線から満潮線にかけてバームができています。しばらく海が穏やかだったので、バームを越える波が無く、平坦部は湿っていません。小倉ヶ浜は冬でも季節風の影響が弱く、冬晴れの日は快適です。

コンクリート階段では2006年に最初に観察を始めてからずっと堆積が進んでいます。今年の大波でも浸食は起こっていません。

本日の姿と9月1日の写真を比べてみてください。比較のため、同じ位置で撮影しました。
e0094349_17154769.jpg

e0094349_1717113.jpg

9月1日は大波が階段のすぐ下まで来た直後の湿った砂の表面を記録しています。その後の変化はわずかですが、階段の上の砂が少し増えていて、堆積が進んでいます。

階段の別の位置で、松が隙間から生えている場所の変化です。
e0094349_17224429.jpg

e0094349_17231731.jpg

前回の撮影は7月20日だったので5ヶ月前の様子と比較できます。この位置には9月の大波は届いていましたが、侵食は起こりませんでした。そして、引き続き、砂の堆積がゆっくり進行していることが明白です。

このコンクリート階段下で、2008年6月19日にウミガメの上陸跡を記録した時の写真です。修復(または付け足し)部分が白いことが印象的でした。
e0094349_17481741.jpg

あたかもコンクリート階段を守る防波堤のような形でコンクリートの堤防のような構造物が設置されていて、そこに大きな流木が引っかかっていました。

この防波堤モドキは、現在は完全に砂の下に埋没していて見えません。流木も本年9月までは砂の上のネッシーのような姿でしたが最近消失しています。階段が2段分近くの砂の堆積が過去3年半で起こっています。ここでは年に10センチ前後の堆積が起こっています。

大波が届いていなかった部分でも3年半で階段の1段分余りの砂の堆積が進んでいました。同じ位置の写真ではありませんが、階段の数を数えて比べることができます。
e0094349_1827914.jpg
e0094349_18271722.jpg


おまけとして、今年7月20日と9月1日の流木ネッシーの画像です。
e0094349_1753177.jpg

e0094349_1754891.jpg

砂浜の上にコンクリート構造物を置くことのあほらしさを示す証拠物件が見えなくなってしまいました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-22 17:55 | 海岸

海岸の変化(つづき)

GIビーチで以前撮影した写真のプリントを片手に、同じ場所の変化を記録・比較しようとしました。

しかし、これが思ったようにできません。

砂が場所によっては縦に1m程度も抉り取られて変化したため、足場が同じにできないからです。

岩の上から撮影しておけば比較しやすかったのですが、後の祭り。

満潮線の位置は、岩礁にぶつかっていますが、低潮線の位置が沖に移動していることが明白です。これはビーチサイクルによる、波浪の力で沖から岸に向けた砂の押し戻しが起こり(バーが上陸してバームに変化)、低潮線付近で砂の堆積が進んだからでしょう。もっと進めば岩礁部も堆積が及ぶだろうと思われます。

本日、GIビーチの潮間帯部分の岩について、干潮の時に撮影した画像を3ヶ月前(岩礁付近の砂がさらわれた直後)の写真と比較すると、堆積が進んでいることが明白です。
e0094349_1815391.jpg

手前の岩は柱状節理ですが、3ヶ月前に露出した部分の堆積が進み、ほぼ埋め戻されました。

干潮の時に広々とした砂原が戻ってきましたが、満潮の時に海水が届かない「白く乾いた」砂浜が戻ってくるのが待ち遠しいことです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-20 18:20 | 海岸

海岸の変化

本年9月の台風が通過した後、GIビーチの砂浜が大きく変化しました。岩礁に吹き寄せられていた砂が厚さで1m程度も剥ぎ取られ、沖に運び去られました。

GIビーチから砂浜が消えた 2011年9月28日のブログ
http://beachmollu.exblog.jp/15621379/

満潮の時は波が岩礁まで届くので乾いた砂の浜辺が無くなってしまい、ビーチでワンたちを走らせるゾーンがとても狭くなりました。

昨年の12月に撮影したGIビーチの姿と本日午後の干潮に撮影した画像を比べると、いまだに満潮線が岩礁にぶつかっていることがわかります。昨年は満潮でも潮が届かない乾いた砂浜が十分に広がっていました。
e0094349_19155963.jpg
e0094349_1916774.jpg

今日は気まぐれで一眼レフのデジカメで撮影したので、いつものコンデジの画像と画角が違うし、撮影したアングルも違います。それでも、砂の湿り具合で満潮線の位置がいまだに昨年の位置に戻っていないことと、岩礁の白いゾーン(砂が剥ぎ取られて露出した部分が白い)に砂が戻っていないことがわかります。

岩礁付近に砂は戻っていませんが、干潮の時にバームができていて、低潮線では砂が戻りつつあることがわかります。その証拠写真をどうやったら撮影できるか、過去の画像と比較する方策を思案しています。

なお、小倉ヶ浜の中央部の階段のところは砂の堆積が進んでいて、階段が1段分埋没したようです。これも比較写真を以前と同じアングルで撮れるかどうか、やってみましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-18 19:24 | 海岸

干潮のGIビーチ

久しぶりに朝から晴れ上がり、朝露が降りました。

主がシジミにかまけてワンたちが相手にしてもらえず、かなり不満が溜まっているようです。

今朝は7時にGIビーチに向かいました。

気持ちの良い、広々とした干潮の砂浜でミッキーとハートは思い切り走り回ってきました。
e0094349_12563687.jpg
e0094349_12564320.jpg
e0094349_12565072.jpg

岸の岩がツートーンカラーになっているのは、前の2ツの台風の波で下側の厚さ1m余りの砂の層が沖に洗い出されて消えたからです。砂が覆っていた下側は白く見えます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-06 12:59 | 海岸

GIビーチから砂浜が消えた

今朝は大潮で朝が満潮です。

以前は大潮の満潮でもドライ・ビーチ、つまり海水が寄せてこない砂浜のゾーンがあったGIビーチが、今年の台風の波で岸よりの砂が厚さ1mくらい沖に運ばれてしまって、満潮の波が直接岩礁にぶつかっています。

ワンコを浜辺で散歩させることができない状態です。
e0094349_8501316.jpg
e0094349_8502235.jpg
e0094349_8503267.jpg

しかたなく、アクセス道路を散歩しました。

岩礁の上にはハマゴウが美しい花を咲かせていました。
e0094349_8513545.jpg
e0094349_8514472.jpg

ビーチ・サイクルで沖に行った砂が次第に戻ってくるでしょうが、乾いた砂のゾーンがないまま飛砂が起こらなくなり、岸辺に砂が堆積して前の状態に戻るのは当分の間は難しいかもしれません。

岩礁の周りに堆積した砂が消えて現在は満潮の波がぶつかるところには(砂の下に埋もれていた)フジツボやカキの殻がありますから、この状態が長期間安定していた時期が過去にもあったわけです。昔の空中写真を見ても、そのような時代があったことが確認できました。

数十年の単位で大きな変化が起こって、ある時期の動的な安定状態が突然別の状態にシフトしてしばらくそのままになる、というのがこのビーチの特性のようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-28 08:58 | 海岸

小倉ヶ浜で高潮

小倉ヶ浜の朝の散歩に出る途中、塩見川沿いの国道327号線から川の水位を見ていたら、今朝は普段と比べて高く、カワヨシの群落が半分水没状態でした(朝6時)。塩見川では名前の通り、海の干満の潮汐を見ることができます。

国土交通省が洒落たことをやっていて、防災情報として全国の河川の水位観測データがオンラインで公開:毎時更新されています。下は今朝の8時時点のグラフです。(県にもHPがありますが、数値を出しているだけ)

テレメータ水位 縁開橋(えんかいばし)
http://www.river.go.jp/nrpc0305gDisp.do?mode=&officeCode=11521&obsrvtnPointCode=65&timeAxis=60
e0094349_962977.png

今朝6時の1.82mは、水防団待機水位:2.10mまでわずか28センチでした(赤の破線、避難判断にはプラス1m)。

小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の河口に出ました。GIビーチでは後浜(海水が届かない部分)が満潮で消えて歩けないと判断しました。
e0094349_9213123.jpg

コンクリート階段のすぐ前まで満潮の時の大波(台風11と12号のうねりが来ています)が届いていました。

階段下のグンバイヒルガオの部分は砂丘化が進んでいて、海水をかぶっていません。
e0094349_9243149.jpg

花が数輪咲いています。
e0094349_925449.jpg

階段の上に頑張って咲いている株もありました。
e0094349_9253928.jpg

コンクリートがなければ、砂丘のスロープに色々な植物の群落ができているはずです。海岸景観を美しく見せる海浜植物を粗末にして、有害かつ無益な構造物を造った痴呆行政の「責任者」は誰でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-29 09:27 | 海岸

小倉ヶ浜の松林でユリが咲く

日の出が次第に遅くなりだし、今朝は6時丁度に赤岩川河口の砂浜に出ました。朝日は雲の陰になっていてワンコたちには幸いです。

波は小さいけれどもサーファーたちも出撃していました。
e0094349_8175874.jpg

階段の下の砂の風紋を見れば、南風が階段に平行に吹いている様子が読み取れます。
e0094349_8195712.jpg

障害物があると砂の堆積状態の空間分布が変化します。これは水の中でも同様で、砂浜海岸で構造物を建設すると砂の動的平衡状態をかき乱します。

階段の上から松林の中の遊歩道を歩いて駐車場に戻る途中、あちこちで白いユリの花が咲いていました。
e0094349_823077.jpg

e0094349_8231793.jpg

それぞれの花があちらこちらを向いて咲いていますが、松のジャングルの暗い林床内でこぼれてくる日光の方を向いているのかもしれません。

松を密に植えずに開けた林床にすれば、ユリの花畑のすばらしい景色が楽しめるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-10 08:26 | 海岸

アメリカ北西部の砂浜海岸変化

日本の地質学や地理学は砂浜海岸を軽く扱っていますが、アメリカでは砂浜海岸が昔から重要な研究対象となっていて、実地に観測・測定したデータとその解析が豊富です。

アメリカの海岸を大きく地域ごとにまとめ、それぞれの地域住民に対する情報提供が行われています。
e0094349_14565698.gif


海岸変化のデータを一般市民にわかりやすく開示している一例として北アメリカの北西部(オレゴンとワシントン州)の砂浜海岸の情報サイトNANOOSがあります。

Welcome to NANOOS, the Pacific Northwest regional ocean observing system of
IOOS (Integrated Ocean Observing System), an integrated network of regional
systems.
http://www.nanoos.org/home.php

下のURLでは、地図情報の上にそれぞれの海岸で観測されたビーチ・プロファイル(断面図)の季節変化・年次変化がわかるようになっています。これは海岸に関する総合的な情報のほんの一部です。(データの取得はGPS観測によっています。)

Beach and Shoreline Mapping
http://www.nanoos.org/nvs/nvs.php?section=NVS-Products-Beaches-Mapping

上のサイトを訪問して実際にデータをダウンロードして体験してみてください。

オレゴン州の砂浜海岸は冬の猛烈な時化(大波)で砂浜が消え、海が穏やかな夏に砂が戻るというサイクルが明瞭なところがあって、海洋学の教科書にその実例が紹介されています。

オレゴン州政府の地質と鉱物資源産業と海岸管理部門が共同で同州の海岸侵食について解説しているサイトもあります。(こちらはお役所的な雰囲気がプンプン)

Oregon Department of Geology and Mineral Industries and the Oregon Coastal
Management Program

http://www.coastalatlas.net/index.php?option=com_content&task=view&id=14&Itemid=15

アメリカ地質調査所ではNASAと共同でLIDARというシステムを使ってハリケーンによる砂浜変化を観測しています。

Coastal and Nearshore Mapping with Scanning Airborne Laser (Lidar)
http://coastal.er.usgs.gov/lidar/
e0094349_1535670.gif

上はNASAが行っている調査方法:Airborne Topographic Mapper (ATM)です。1日で数百キロの海岸線を調査できる優れたシステムです。

南日本では、冬の強い時化波がなく、砂浜の浸食と回復のサイクルは主に台風の波によっているので、周期が不規則であり、嵐で浸食が起こっても平穏時にゆっくり回復することが認識されていません。

砂が沖に運ばれても、その後、岸に絶えず向かっている寄せ波で押し戻されてくること、さらに後浜(満潮でも波が届かない砂浜部分)では飛砂で陸側に砂丘ができて育つこと(それが嵐で海に戻る)が日本では正しく認識されず、自然の砂の循環を妨げ、結果として不都合な結果:侵食問題を引き起こすわけです。

海岸の自然の営みを壊すだけのドケンに莫大な金をつぎ込む日本の行政と比べてみれば、アメリカが科学的な情報収集に費用をかけ、合理的な浸食対策を考える基礎情報を積み上げる先進的な取り組みをしていることが理解できます。

砂浜浸食にコンクリ構造物対策ばかりやっている日本は、自然の力に対峙するときに太平洋戦争当時の「竹槍精神」が残っているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-04 15:08 | 海岸

コンクリート階段のハマゴウ

明け方まで断続的に降った雨が日の出時刻に止んだので小倉ヶ浜に出かけてワンたちを走らせてきました。

小倉ヶ浜の総合運動公園には犬が運動できるドッグランがありませんが、広い砂浜があるので、それを造ってくれと言う注文は特につけていません。ただし、公園内の犬の散歩を禁止する看板がいたるところにあるのはいただけません。禁止などしなければスポーツ行事がない平日の公園利用者で一番多いのが犬の散歩となるはずです。とにかく利用者本意ではなく、管理者(行政)の都合が優先されるのは気に入りません。

今朝の小倉ヶ浜では台風9号のウネリが入り始めて時化ています。

走ってへたれたワンたちを駐車場に連れ戻す帰り道ですが、私の目が黒いうちに完全撤去を切望しているコンクリート階段の中にハマゴウが1株頑張っているのが目にとまりました。
e0094349_7424523.jpg
e0094349_743030.jpg

階段のところは、本来は砂丘の海側斜面ですから人間が邪魔をしなければ海浜植物群落が発達する位置です。ハマゴウの群落ができているべき場所にポツンと生えているのが哀れですが、綺麗な青い花を咲かせていました。
e0094349_7431093.jpg

海浜植物は不安定で変化が激しい環境に見事に適応しています。ハマユウのように庭に植えて育つ植物もありますが、多くは難しいようです。

台風6号襲来前にGIビーチで砂の中から芽を出していた植物を連れ帰って鉢で育てています。現地の砂のままで、底水で水が枯れないようにしています。
e0094349_7503433.jpg

この植物が何であるか、そのうちわかるように育ってくれるのを楽しみにしています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-04 07:51 | 海岸