beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蛾と蝶( 47 )


オオミズアオの産卵

5月23日に玄関前に現れたオオミズアオの雌を虫かごに入れておきました。それを24日夕方の西都市のヒメボタル鑑賞会で見せて、25日夕方の西都市の結の里のゲンジボタル鑑賞会でも見せようかと、そのままにしておいたら、25日朝までにプラスチックカゴの内面に卵を46個産み付けました。
e0094349_10484896.jpg

卵を産み終わってしまったかもしれませんが、もし残っていたら産めるように、虫カゴから出して隣の栗林に逃がしました。
e0094349_10493754.jpg

カゴの中に残った卵は孵化させて幼虫を飼育することにしました。

初令幼虫の餌は、ネット情報で、新鮮なコナラなどの葉がよさそうです。たまたま幼虫の餌になる数種の木の苗を作っているので、1週間後の幼虫の孵化が楽しみです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-26 10:53 | 蛾と蝶

フジバカマの訪問者

アサギマダラを呼び込むためにプランターで育てて咲かせたフジバカマの花にはまだ本命は来ていません。
e0094349_12323921.jpg

先ほど、アサギマダラに紛らわしい派手な蛾が蜜を求めてやってきました。
e0094349_12324787.jpg

この蛾は毒蝶のアサギマダラに擬態しているのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-14 12:35 | 蛾と蝶

2列1ダースの黒丸模様

日向市に来てから5年余り、忘れられた地域の生物資源を復活させ、心地よい里山暮らしを目指してきました。その成果ですが、ようやく自分好みのメニューが揃ったようです。

ホタル・シジミ・サルナシ・ポポーの里、では名称が長すぎて無理ですから、「ホシサポーの里」というユニークな里山つくりを標榜することにしました。タマムシやクズもいれたかったのですが、ぐずぐずしているうちに置き去りです。

今月の後半は農地・水・環境保全の取り組み(農水省の零細補助事業:日向市塩見地区の推進役の一人がたばこ銭にしかならないと言った)の5年目の最終年度の締めくくり時期が迫っているためか、各地から塩見での取り組みを見学したいという申し込みが来ています。主にホタルの復活に関心が集まっているようで、高千穂、都城、そして熊本の3つの地域から依頼が来ました。

ホシサポーのモットーは、できるだけ手をかけないで放置して勝手に育つ生物を利用することです。しかし、放置の結果はサルナシ・ポポーの園地が雑草のジャングルとなってしまいました。見学客に見てもらうために雑草を掻き分けるのも一興ですが、本日の午前中、塩見地域の老若男女が集結して草刈をしました。

その最中に、イヌビワの葉を食べている毛虫を発見、これが面白い模様です。
e0094349_18114025.jpg
e0094349_18114897.jpg

黒丸が12対綺麗に並んでいます。

特徴がはっきりしているので毛虫図鑑で見てすぐわかりました。

チシャノキオオスヒロキバガ(幼虫)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/tishanokioosuhirokibaga.html

これを下のURLの幼虫と並べると面白そうです。
シロシタホタルガ(幼虫)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/shiroshita.html

成虫の写真が「宮崎県延岡の昆虫」サイトで見つかりました。
http://miyamashiro.at.webry.info/200611/article_4.html
成虫にも黒丸の斑紋があるので、なぜか笑えました。

イヌビワかと思っていた木はチシャノキかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-06 18:14 | 蛾と蝶

アゲハモドキ再来

今回の15号台風は雨だけでしたが、雨宿りに来たのか、キッチンの窓の外側(日よけで風も陰になっている)にアゲハモドキが止まっていました。腹側の写真は少ないだろうと思って、記録しておきます。
e0094349_16591598.jpg

2009年5月に出会っていました。
アゲハの偽者
http://beachmollu.exblog.jp/10251430/
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-21 16:59 | 蛾と蝶

蛾のファッションショウ

家の周囲でホタルはまだ光っていませんが、様々な虫が現れています。その中で外灯に集まってくる蛾の仲間の色彩・模様と形が多様で面白いのですが、種類が多すぎて同定が面倒くさいため見て見ないふりをしていました。

最近目立っている黒マントの蛾はホタルガによく似ていて、同じようなオレンジ色の斑紋が見えます。しかし、ホタルガ独特の白い帯が羽根の上にありません。
e0094349_97637.jpg

オンライン図鑑で探してみましたが、全くわからず、降参です。

今朝は地味な模様の蛾3種の画像を残しておきます。もちろん、名前はわかりません。
e0094349_994061.jpg
e0094349_994857.jpg
e0094349_995762.jpg

そのままファッションのデザインに盗用できそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-27 09:11 | 蛾と蝶

美しい蛾

蝶は昼間飛ぶ蛾、と言われています。それが正しければ蛾は「夜の蝶」になりますね。それはさておき、蝶にくらべて蛾の多様性は圧倒的です。昼間飛んでいるやつらもいるし、美しさでも負けていないものを見受けます。

今朝見つけたものは、すてきな緑色をベースにして、それを不思議なパターンの茶色の影で引き立てています。
e0094349_8301969.jpg

何かのカモフラージュにしても、これは目立ちますね。

オンライン図鑑で名前を探したら「(アシブト)チズモンエダシャク」のようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-25 08:32 | 蛾と蝶

オオミズアオがやってきた

他人のアドレスでスパムメールを送りつけるやからがいますので要注意です。アドレス帳に侵入されたようで、リストの皆さんに送信されていると思います。

今朝は5時半頃にウドノセに着いたら、なんとタヌキの子供が浜辺にいました。先日来、アクセス道路(小倉ヶ浜有料道路)で小さいタヌキの轢死体を2回続けて見たばかりです。その片割れの生き残りがいたのかもしれません。死骸はグロイため写真掲載はしません。今朝のは撮影できませんでした。

家に戻ったら、玄関前にオオミズアオがいました。昨夜の訪問者です。
e0094349_732061.jpg

日向市に来て5年にして、初めてこの蛾と会うことができました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-21 07:32 | 蛾と蝶

光るサナギ

木製フェンスの陰に黒いサナギが付いているのを見かけたので、顔を近づけてよく見たら、キラキラとエメラルドグリーンに光っていました。5個2列で計10個の光る突起があります。
e0094349_17112926.jpg

わりと小さめなのでアゲハ類ではなさそうです。
e0094349_17121048.jpg

発光しているかと思ったら、実際は反射光のようです。屋外で撮影が難しいので部屋の中に持ってきて撮影しました。
e0094349_17134315.jpg

ネット情報を調べてみたら、ツマグロヒョウモンの蛹であることがわかりました。

キラキラ光るのはいったい何の効果があるのでしょうか。

研究テーマ 「高森町で15年前見られなかったツマグロヒョウモン(蝶)が、このごろ見られるようになったのはどうしてか」
長野県高森町立高森南小学校5年2組 研究報告 平成19年1月20日
http://www.sbc21.co.jp/enterprises/shorei/2006/06.pdf

下のような観察結果を報告しています。

④さなぎの色について

さなぎにはいろいろな色があることに気づき、そのちがいを調べてみることにしました。ふたの部分が黒い虫かごのさなぎは黒っぽく、その他の虫かごのさなぎは明るい茶色のような色をしたものが多い気がしたので、実験してみることにしました。

1つの虫かごは周りを黒い色紙で囲み、もうひとつの虫かごは黄色い色紙で囲み、中に4ひきずつ幼虫を入れてさなぎになるのを待ちました。その結果、4ひきの中には多少色のちがいはあるものの、黒い色紙をまいた方は黒っぽいさなぎになり、黄色い色紙をまいた方はオレンジ色っぽいさなぎになっていました。

さなぎは動き回ることができない分、敵に見つからないようになるべく周りの色と同じような色になっているんじゃないかと考えました。


すばらしい実験観察です。指導した先生は生徒を誇りに思っているでしょう。

隠蔽色の蛹がキラキラ光って存在を誇示することはものすごく矛盾していることに気づいたら、もっと素敵でした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-26 17:15 | 蛾と蝶

アゲハの偽者

林道を歩くと様々な生物に遭遇しますが、今朝はまさにアゲハの姿をしている、しかしアゲハよりもかなり小さい蛾を見つけました。

触角を見たらチョウチョでないことが一目でわかりますが、この子はメスでしょうか、オスだったら櫛のようなさらに目立つ「フェロモン探査装置」を持っていると思います。

以前蛾像検索の時に見かけて記憶していたアゲハモドキというジャコウアゲハのそっくりさんです。
e0094349_170598.jpg

ジャコウアゲハは南方系であり、モドキさんは北日本を含めて全国的に分布しているというので、有毒なジャコウアゲハにアゲハモドキが擬態して捕食者を騙すという説はあまり信用されていないそうです。

そもそも体の大きさが全く違うし、展翅標本みたいにとまっている姿は蝶と違うし、オープンな場所で咲く花を訪れて吸密することも無いでしょうから、擬態と言っても単に他人の空似かもしれません。羽が黒いアゲハ類は互いによく似ていますし、蛾だってその仲間に加わってしまってもよいのでしょう。

蛾像検索で見つけたアゲハモドキの幼虫はオバケのような姿をしています。
http://blog-imgs-21.fc2.com/a/o/b/aobaten/20080715212622.jpg
とにかく変な蛾です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-16 17:17 | 蛾と蝶

キンモンガ

散歩道でたくさん見かける、昼間に明るい場所で飛び回る蛾が気になって調べて見ました。模様がシロクロではっきり染め分けられていることから蛾像検索をして見たら、キンモンガというのが当てはまりそうです。
e0094349_7593447.jpg

この蛾は自分の存在を誇示しているようです。ミスジチョウの仲間に擬態しているのではないか、という想像も浮かんできます。

参考:「昼のガはチョウそっくり(キンモンガ) - 海野和男のデジタル昆虫記 ...2006年8月2日」
http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200608/1154515688.html
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-01 08:05 | 蛾と蝶