beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:蛾と蝶( 47 )


今朝であった幼虫さん

e0094349_10491993.jpg

なかなかの美形でした。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-29 10:50 | 蛾と蝶

色彩パターンが面白い蛾

e0094349_3525040.jpg

家の裏隣の杉林の伐採が始まりました。その経過写真は後で出しますが、足元に
妙な模様の蛾がいたのでその写真記録だけ残します。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-02 03:54 | 蛾と蝶

あなたは何様

e0094349_19434939.jpg

わが家の外壁にくっついて蛹になった変な子です。
[PR]

by beachmollusc | 2007-05-20 19:44 | 蛾と蝶

ヤマカマス

e0094349_1039694.jpg
e0094349_10391769.jpg

谷津田の周りのクヌギ林で落葉が進んできたので、ヤママユの空繭やヤマカマスが
見えないかと見てまわりましたが、全く見つかりません。ところが足元をふと見たら
なにやらきれいな緑色のものが!捜し求めていたヤマカマスが小枝に着いたままで
落ちていました。ふたが開いていないようですから、中身が残ったままでしょうか。
思ったよりも小さめでした。羽化シーズンは終わっているはずですから、失敗した
個体かもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-13 10:47 | 蛾と蝶

ヤママユの空繭

e0094349_13185070.jpg

南隣の栗林では栗の木の葉がほとんど落ちて日差しが通るようになりました。
何気なく木を眺めていたら、なんと、あちこち出かけて探していたヤママユの繭らしき
ものが見えました。秋に自宅の灯にこの蛾がやってきたことを裏付けました。
枝から切り取って、8個ゲット。全部道路沿いの木で、1本から6つ、そして1個ずつの
木が二本でした。
e0094349_1323327.jpg

葉っぱを取り除くと淡いグリーンの空繭が出てきました。
e0094349_13241380.jpg

これも小原の天神様のお恵みでしょう。初詣ででお礼を言わねばなりません。
[PR]

by beachmollusc | 2006-12-31 13:25 | 蛾と蝶

大きなヒメ

e0094349_11581514.jpg

玄関のドアの下にへばりついたままの蛾です。
たぶん、ヒメヤママユだろうと思いますが、ヤママユガより小さいと言っても
かなり大きな蛾です。夜間に玄関灯をつけたままにしていたので、飛んできてから
夜が明けて動きが取れないまま、日光浴しています。
ミミは今年2度目の発情期に突入したので、夜間に放浪犬♂たちがご訪問です。
外からは囲いの中に入れる犬はいませんが、ミミは飛び出ることができるので、
かわいそうですが自由を奪っています。うらめしげな顔をしています。
e0094349_1233289.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-11-21 12:03 | 蛾と蝶

けったいな奴

e0094349_16314317.jpg

虫除けの網に止まったまんま、どこにも行かないでいる変な蛾がいます。
その姿はでこぼこで、色彩には迷彩効果はありそうです。

この蛾はなんだろうか、検索するのも面倒ですね。

行き当たりばったりで写せる被写体を撮影しているだけのナチュラリストもどきということで、誰か親切な人が名前を教えてくれると助かるのですが。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-13 16:35 | 蛾と蝶

きれいなタテハ

e0094349_710867.jpg

カワニナ飼育コーナーにやってきたチョウチョですが、なかなかよいポーズをとって
くれませんでした。これは何ですか、不肖の○○さん。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-02 07:11 | 蛾と蝶

毛虫の集団

e0094349_5141872.jpg
e0094349_5142875.jpg

自宅の裏庭にある若いクヌギの木に毛虫の大群がいます。下の方の枝では葉っぱ
が完全に食われていて、集団は二手に分かれて上昇中のようです。5センチくらい
の大きな毛虫に育っているので、あとどのくらいで蛹になるのかわかりませんが、
クヌギが丸坊主になるのは時間の問題でしょう。この毛虫の正体がわからないので
幼虫図鑑サイトの画像掲示板にお尋ね中です。ヤママユガだったらすばらしかった
のですが、違いますね。
毛虫が葉っぱを全部食べたとしても、クヌギはどうせまた新しい葉を出すでしょう。
毛虫集団は蛾になって飛び去る運命だから、何時までも同じ木で食べ続けるわけ
でもないし、植物と昆虫の健全な関係と思えばよいかもしれません。
沖縄でライチーの木に毛虫が集団発生した時、成り行きにまかせて葉っぱを食べ
させておいたら、毛虫がすべて蛾になって飛び去った後でライチーは新しい葉を
元気よく出して、その後さらに大量に実をつけてくれました。毛虫を害虫扱いして
駆除する必要性に疑問を感じました。植物に危機感を抱かせて、活性化させる
効果があるのではないかしら、という新仮説です。
街路樹や公園樹木に毛虫が発生すると行政が殺虫剤の散布を熱心にやって、
それが薬剤感受性の高い市民の健康を脅かしているケースまであるようです。
しかし、毛虫のほうからヒトを刺しには来ないし、放置しておけばいずれ飛んで
いってしまうし、たぶん樹木が元気になるし(?)、薬を撒き散らす意味はないん
じゃないですか。
[PR]

by beachmollusc | 2006-09-25 05:29 | 蛾と蝶

でかいイモムシ

e0094349_11572461.jpg

裏庭で大きな緑色のイモムシがうごめいていました。
残念ながら、ヤママユではなくて、どうやらスズメガの仲間の幼虫のようです。
下のサイトのサムネイル画像で検索したらウチスズメというのに似ていました。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html
[PR]

by beachmollusc | 2006-09-21 12:00 | 蛾と蝶