beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ナミノコガイの仲間 Donax( 23 )


キュウシュウナミノコガイの色彩変異

e0094349_19282088.jpg
沖縄本島北部の大浦湾に生息する多種多様な小型貝類の一つ、キュウシュウナミノコガイは、殻の長さが最大8mmしかありません。写真の個体は約4ミリで成熟しています。

長崎県平戸で平瀬によって採集されたキュウシュウナミノコガイの標本を、新種として1901年に記載したのは、フィラデルフィア自然史博物館のPilsbryでした。 
e0094349_19402742.jpg
上の図はBiodiversity Heritage Library サイトにありました。

九州で最初に見つかったので和名にキュウシュウが付いていますが、これまでに北海道からベトナムまで、広い海域で採集記録があります。

実験室で飼育した結果、卵から産卵する大きさ(4ミリ)まで最短で2ヶ月でした。

雌雄がそれぞれ産卵、放精する時に水管を長く伸ばします。
e0094349_15490130.jpg
矢敷彩子の卒業論文からPlate-1~Pl.-5を引用
e0094349_15502563.jpg
初期発生は上の通りです。
e0094349_15511920.jpg
トロコフォラ幼生となって孵化します。
e0094349_15521587.jpg
D-幼生からumbo期のべリジャー幼生となります。
e0094349_15531391.jpg
3週間ぐらいで砂に触れて変態し、0.2mmくらいで稚貝となります。

殻の色彩変異には、ベースとして、濃い紫、濃い褐色、薄い褐色、そして白(無色)があります。そして殻頂だけ濃い紫が現れるものと出ないもの、水管の近くや殻の中央部に帯状の分断模様が現れるものと出ないものがあります。

色彩の異なる個体間で人工授精をして卵から育てた結果、ベースカラーの白は劣勢遺伝でした。濃い紫と濃い褐色は共に白に対して優勢で、綺麗なメンデル遺伝(優勢の法則に従う)でした。沖縄在住の間に、色彩型のすべての組み合わせの実験が完成できなかったので宿題となっています。分離比から、褐色の遺伝子には致死遺伝が関与しているかもしれません。

二枚貝の貝殻の色の発現メカニズムと遺伝はまだよくわかっていません。将来的にはこの小さな二枚貝がそれを明らかにする実験材料として貢献するだろうと期待しています。

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-20 16:07 | ナミノコガイの仲間 Donax

日本中の砂浜で見られるキュウシュウナミノコ


Published by デジブック
生物の学名や和名に地名をつけることは混乱のもとになります。普通の人は地名がついているとその土地に特有の生物であると勘違いしやすいでしょう。

キュウシュウナミノコは学名のDonax kiusiuensisに由来しています。しかし、模式産地のキュウシュウの平戸以外でも日本全国で見つかっています。

リュウキュウナミノコは西太平洋の熱帯海域に広く分布していて琉球列島は分布の北限です。

また、チョウセンハマグリが朝鮮半島に分布しているかどうか、微妙な問題です。チョウセンサザエやチョウセンフデなど熱帯産で朝鮮に分布していない貝に「チョウセン」をかぶせた昔の分類屋さんの罪は大きいでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-26 18:24 | ナミノコガイの仲間 Donax

波間に遊ぶ貝の代表選手、ナミノコガイ


Published by デジブック

昔の画像ファイルにあったナミノコガイの初期発生と貝殻の色彩型を見つけました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-25 22:07 | ナミノコガイの仲間 Donax

小倉ヶ浜のフジノハナガイ

昨日の朝の採集でフジノハナガイの1才の稚貝が見つからなかったことが気になり、今朝の干潮で再度採集してみました。砂の表面の穴を手がかりにして、今朝はミニスコップで砂ごと堀って、持ち帰った後で細かいメッシュ(約1mm)で篩いました。

ナミノコガイの1才が67個体に対し、フジノハナガイは1才がたったの2個体と言う結果で、昨年生まれはナミノコガイが圧倒的に多いことがわかりました。下の顕微鏡写真がフジノハナコのチビです。
e0094349_1349405.jpg

2個体の大きさは殻長が2ミリ前後で、今年の1月にGIビーチで採集したフジノハナガイの稚貝と比べて大きくなっていません(半年以上経過しているのに、ほとんど同じ大きさ)。

GIビーチから小倉ヶ浜の最南部は約4キロ離れています。異なる場所の成長率が違うのか、それとも産卵期のズレがあるのか、謎が出てきました。今のGIビーチのフジノハナガイを採集して、比較・確認が必要です。

フジノハナガイの稚貝 2011年1月29日
http://beachmollu.exblog.jp/14076780/

砂ごと掘って篩ったので、砂の中に住むヒメスナホリムシが沢山出てきました。
e0094349_1357519.jpg

海水浴で、波打ち際に座っていると人のお尻にひっつく「ヒッツキムシ」です。

また、アミの仲間が1個体だけ出てきました。
e0094349_13595643.jpg

これは環境が良い砂浜では無数に生息していて、水産的に見て、波打ち際で稚魚などの重要な餌となる(砂浜が海のゆりかごとなることを底辺で支える)ものです。

小倉ヶ浜ではアミ類の生息が期待はずれになっている理由が良くわかりませんが、海辺に小型の魚や甲殻類などを食べに来る大型魚が極めて少ない、つまり地引網を引いても魚が獲れない状況を招いています。浜で魚釣りをしている人が極端に少ないことも、同じ理由でしょう。

見かけは綺麗ですが、小倉ヶ浜の海の中の環境はかなり痛んでいます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-08 14:05 | ナミノコガイの仲間 Donax

小倉ヶ浜のフジノハナガイとナミノコガイ

小倉ヶ浜の最南部に平岩港(漁港でない漁港)の防波堤ができてから、その付け根部分で砂の堆積が進んでいます。漁船が出入りする航路にも砂が堆積するので、その浚渫費用が港湾管理者である日向市の財政を相当圧迫しています。また、堆積して移動した砂の供給源として吉野川の河口付近で侵食を招いているようです。

堆積が続く場所では、傾斜が緩やかで砂粒が細かく、ナミノコガイの仲間にはハッピーな環境となっているわけです。そこではチョウセンハマグリの稚貝がナミノコたちと一緒に育っています。

今朝の小潮の干潮(午前6時頃)後を狙って、今年初めて産卵誘発を試みるフジノハナガイ狙いで砂の上に見える水管孔を手がかりにして30分間採集しました。

フジノハナガイは全部で14(2才が10、3才が4)個体、昨年生まれが見当たりません。
e0094349_16491485.jpg

メッシュは5mmです。

面白いことに、以前はとても少なかったナミノコガイが増えています。
e0094349_16512997.jpg

昨年夏に生まれた1才の未成体が25個体、成体の2才が2個体で3才が3個体でした。

砂の中に潜っているものを掘り出すので、掘ってみないとナミノコガイかフジノハナガイのどちらかわかりません。両者が狭い場所に集中して一緒に見つかりました。

潮が引いて露出した砂の表面に茶色の珪藻の皮膜ができて、そこに貝が集中するので見つけやすい場所です。珪藻は餌になっていて、海水が砂の上にかぶさっている時は(流されないように)砂の中に潜ります。

チョウセンハマグリの稚貝も混ざって一緒に掘り出してしまいました。
e0094349_16564996.jpg

大きめの1個体が2才で、残りの1才の稚貝がかなりいます。これは明日の朝、海に戻す予定です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-07 16:57 | ナミノコガイの仲間 Donax

メキシコのナミノコガイ

楽しみにしていたメキシコ産のナミノコガイの一種の貝殻が送られてきました。

メキシコ西海岸テアカパン村からの隠遁者通信
椰子の葉陰の風になって...隠れ里に住む人間嫌いな偏屈おじさん”OTTO”のブログ
http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/
2009年9月14日 (月) ナミノコガイ
http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-7cb8.html

<足の親指の爪ぐらいの、ちっちゃな貝ですが、お澄ましや味噌汁にすると、とても美味しい。 テアカパンで獲れる貝の中でいちばんです。>

上のブログ記事を見つけて、食べた後の貝殻をサンプルとしていただけるか、OTTOさんにお願いしました。

今回OTTOさんが採集してくださったサンプルは、数を確認するのはこれからですが、殻の長さが2から4センチの大きさで、ざっと500個くらいあります。
e0094349_13442898.jpg


メキシコからエクアドルにかけてナミノコガイ類は15種類ほど記載されていますが、本種はDonax panamensisという学名のようです。

世界の貝  Seashells around the world   Page 120 ( 26 Species ) 
Donacidae / ナミノコガイ科
http://www.shellspeak.com/Donacidae/Donacidae.html
上のサイトでパナマナミノコという和名がつけられていました。
和訳されたアボットとダンスの図鑑でもパナマナミノコガイとされています。(語尾のガイはいらない!)

この貝はメキシコの(東)太平洋沿岸の砂浜に生息していますが、大西洋(メキシコ湾)にはDonax striatus、和名:ホソスジナミノコという、とても良く似た種がいます。下のオランダのロッテルダム博物館の画像を見て下さい。

Natural History Museum Rotterdam - Donacidae
http://www.nmr-pics.nl/Donacidae_new/album/slides/Donax%20striatus.jpg

数百万年前にできたパナマ地峡をはさんで、遠い共通の祖先から大西洋と太平洋に分かれて進化した沿岸動物の姉妹種が色々なグループで数多く知られています。

ナミノコガイの仲間にもいくつかの姉妹種の組み合わせがあるようですから、これから検討を重ねて行きたいと思っています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-08 14:08 | ナミノコガイの仲間 Donax

フジノハナガイの稚貝

ナミノコガイは小倉ヶ浜では極めて少ないのですが、同じ仲間のフジノハナガイは多く、特に南の吉野川河口の近くで高密度ですが、一番北のGIビーチでも見られます。

ホタルガイの仲間の胃袋からチョウセンハマグリの稚貝とフジノハナガイの稚貝が見つかるので、GIビーチで干潮の時に砂の表面をよく見て、小さい水管穴のところを表面近くだけ砂と一緒にすくい取り、稚貝を洗い出しました。下の写真のメッシュは2mmです。
e0094349_152615.jpg

上の写真の40個体が採集できましたが、大きい丸い2個と「ハ」の字の見える小さい1個体はチョウセンハマグリの1才半(2009年夏生まれ)と昨年生まれです。大きいほうの殻の表面に小さい個体の大きさとほぼ同じサイズの時の成長(停止)輪が見えます。これは冬に成長が止まっていることを示していると思われます。

フジノハナガイの産卵期と成長のデータはまだありませんが、おそらくナミノコガイと同様でしょう。

上の写真のフジノハナガイの稚貝37の中の大きい2個体はおそらく2009年生まれ、そして大多数の小さいのが昨年生まれと考えられます。

フジノハナガイがナミノコガイと同様に1センチ超で成熟するとすれば、大きい2個体の兄弟・姉妹は今度の夏に繁殖すると予想されます。

ナミノコガイは満2才の夏に1回目の繁殖、その後2年間は大きくなりながら(3センチまで)繁殖を繰り返し、4歳以降でほぼ死滅するようです。フジノハナガイは2センチどまりで、寿命は3年くらいだろうと予想しています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-29 15:40 | ナミノコガイの仲間 Donax

御鉾ヶ浦のナミノコガイ

11日に御鉾ヶ浦海水浴場でアンドンクラゲをディセンターのSさんに捕獲してもらい、
その後、泥縄式に飼育タンクをセットし、新鮮な海水を汲みに出かけ、エアーポンプを
買いにホームセンターに出かけたりで、バタバタしていました。

今朝はGIビーチで朝の散歩を終えたその足で御鉾ヶ浦に出て、海岸線を歩いていると、
何とナミノコガイが波遊びの真っ最中でした。クラゲ獲りは後回しにして、ナミノコガイを
30分ほど採集しました。

今朝の獲物の集合写真です。
e0094349_1702486.jpg

10ミリ未満の万1才がウジャウジャいて、2センチクラスの2才が少し、3センチ近い
3才がかなり出てきて、毎年繁殖している優良な個体集団です。

クラゲ調査の副産物で、北浦まで出かけてナミノコガイを調べる必要がなくなりました。
御鉾ヶ浦は、馬ヶ背訪問の折などで何度も素通りした海岸です。前に見た時は、汚い
ゴミだらけの小規模な海岸だったので興味がもてなかったのがいけませんでした。

よく見たら、岩礁の陰に隠れた沖側に綺麗な小さい砂浜があります。
e0094349_1762611.jpg
e0094349_176365.jpg

この浜には北に開けた沖の外洋からウネリがストレートに入ってくるので、浜の砂が
とても良く淘汰された、典型的なナミノコガイの成育環境でした。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-13 17:08 | ナミノコガイの仲間 Donax

ナミノコガイの繁殖戦略

外海に面した砂浜海岸という環境は嵐による波浪で砂も海水も激しく動きますので、チョウセンハマグリやナミノコガイなどでは、幼生の約2週間の浮遊期間、そして着底後の稚貝(0.2mmからスタート)が強い悪影響を受ける恐れがあります。これらの貝類は繁殖期に台風シーズンが重なっていますので、集中的な繁殖で一発勝負をやるとタイミングによっては浮遊している幼生が沖に運ばれたりして壊滅するでしょう。

沖縄で調べた結果では、ナミノコガイは危険分散を繁殖の基本戦略としていました。温度が25度以上であれば繁殖可能ですから、沖縄では5月から10月にかけて集団として何度も繰り返し繁殖できました。同じ個体が年間に少なくとも2回繁殖できるように思われます。

それに対して冬に水温が下がる温帯海域では、繁殖可能な高水温の時期が夏の盛りに狭まり、物理的に危険分散が難しくなります。また、水温が17度より低くなると成長が止まります。

宮崎県の沿岸でナミノコガイは繁殖の危険分散をするのかどうか、予備的に調べていますが、これは本命であるチョウセンハマグリの繁殖戦略の調査・研究にとりかかる前の準備体操です。小倉ヶ浜にはナミノコガイが少ないので北浦の浦城海岸でサンプルを採集しています。

浦城海岸で6月21日に調べたナミノコガイは生殖巣が前の月に比べて急に発達していましたが、外部から見える部分で雌雄の判定ができませんでした。それが7月20日にはほぼ全部の性別がわかるようになり、4分の1がすでに部分的に放出(放精・放卵)している様子が見えました。つまり繁殖期が始まっていて、集団の個体によってバラバラに活動しているようです。特に大きい個体(3才以上)は早めに繁殖する傾向が見られます。

7月27日に採取して調べた結果、繁殖開始(部分放出)済みと、これから始めるのとが4割ずつで、カラッポ(全部放出)が2割でした。

この結果から見て、あと数週間で全員がカラッポになるような気がします。夏の約1ヶ月間に数回に小分けして産卵しているように思われます。台風の時化があっても全滅を防ぐには十分効果があるでしょう。しかし、メスの貝からの卵とオスの貝からの精子が海水中に別々に放出されて受精しなければならないので、一斉に多数の個体が繁殖行動に参加しないとうまく子孫が残せません。テンデンバラバラというわけには行かないので、何らかの引き金の合図で活動するはずです。小出しにするためには生殖巣の中で細胞グループの成熟状態をずらせば可能です。ただし、こういった仕組みの詳細についての研究はほとんどなされていません。

27日には昨年生まれの小さい稚貝が波間で遊んでいました。丸一年かけてこの大きさ、殻長約6mmです。
e0094349_14263153.jpg

2才の連中は15~20mmとなっていて立派な大人です。

3歳以上は成長が止まるので年令はわからなくなります。最大30mmくらいまでなりますが、25mm前後が大きくなりきったナミノコガイです。最大で何年生きるのか、まだわかっていません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-29 14:28 | ナミノコガイの仲間 Donax

浦城海岸のナミノコガイ

先月26日に浦城海岸でナミノコガイ集団を確認し、3年分の年級群が出ていたので、
その後の追跡を始めました。

沖縄のナミノコガイは同じ年に半年にわたって繰り返し産卵・繁殖します。しかも、
異なった年級群がシンクロ繁殖しないこと、同じ年級群が同一年内に2回産卵する
らしいこと、などが二枚貝類での一般繁殖パターン(年一回の集中シンクロ産卵?)
という温帯の標準的なありかたと明らかに異なっているようでした。

温帯のナミノコガイ集団については海外の異なる種でいろいろ調査報告が出て
いるのですが、たいていは月に一回程度のサンプリングのために解像力不足に
なっていて、時期的に複数回の産卵があるかどうか、同じ個体が年内に繰り返し
産卵するかどうか、繁殖戦略の詳細が不明です。

外洋に面した砂浜では繁殖時期に来る台風などの影響で産卵しても浮遊幼生が
沖に運ばれて帰れなくなる「無効分散」のリスクがあります。沖縄ではその影響が
極めて大きく、それに応じた繁殖時期の分散(リスクヘッジ)が起こっているようでした。

発生に関しての繁殖水温の制約があるようなので、ナミノコガイ(チョウセンハマグリ
も同様)は初夏の水温上昇までは繁殖できないようです。温帯では繁殖適温の時期
が限られているので、「その期間だけ集中的にやるしかない」でしょう。

この繁殖戦略の問題はチョウセンハマグリで調べてみたいのですが、まとまった数で
繁殖サイズで大きさが異なる個体を入手する必要がある、という大きな制約があります。
つまり、100個体のオーダーで少なくとも2週間間隔で調べる必要があります。
年金生活者はその購入費用だけでパンクします。毎日ハマグリを食べるというのも、
好きな人でも嫌でしょう。私はもともと二枚貝は好きな食材ではありません。

鹿島灘や九十九里浜では、それぞれの県でチョウセンハマグリの繁殖について調べて
いますが、宮崎県では半世紀前に、ついでのやっつけ仕事があっただけです。
小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの繁殖期が7~8月と考えられ、禁漁期が7~9月に
設定された根拠は希薄です。データ不足ですが、ヤマカンで6月からが繁殖時期で
あって、9月までに再度産卵があるかどうかでしょう。

北浦の浦城海岸までは片道1時間のドライブですので、定期的にサンプリングする
ことはあまり負担になりません。先月も今月も良い天気で、共に北風が強かったの
ですが、この海岸が東の海に面しているので風の陰となって飛砂もありません。

e0094349_9585822.jpg
e0094349_9591067.jpg

貝殻由来の砂粒が多く、それが比重の関係で波によって篩いわけされ、白い砂の
層が波打ち際で縞模様になります。砂浜を掘ると、縦方向にも縞模様が見られます。
e0094349_9592382.jpg

この砂浜で汀線に打ち上げられていた貝類はキサゴが多く、バカガイとトリガイが
ありました。また、ツメタガイもいるようです。ここでフジノハナガイが見られないこと
がかなり面白いと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-28 10:02 | ナミノコガイの仲間 Donax