beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ナミノコガイの仲間 Donax( 23 )


カニの餌食

e0094349_7495658.jpg

久しぶりに本業関係の投稿です。
満潮線附近にスナガニ類のものらしき穴が多数ありますが、今朝はあちこちにで
穴の周辺にフジノハナガイの殻が散乱していました。砕かれていないのがちょっと
不思議ですが、カニが捕獲してから巣穴で食べて、食べかすの殻をポイポイした
ように見えます。前にこのような景色を見ていなかったのは、明け方前の活動が
上げ潮で消去されてしまうからかもしれません。
フジノハナガイは潮間帯移動をしますが、それを波間でキンセンガニが襲い、
殻を砕いて食べます。
スナガニ類は鋏で殻を砕くことが、構造的に出来ないのでしょうか。おそらく、殻を
こじ開けて食べるのでしょうね。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-15 07:55 | ナミノコガイの仲間 Donax

人間のナミノコ

e0094349_14223163.jpg

和歌山県の磯ノ浦は関西で有数のサーフィンビーチですが、夏には海水浴
とサーファーが住み分ける必要があります。その中を掻き分けてナミノコ
ガイとフジノハナガイを採集しました。ここでは人間のナミノコの方が貝
のナミノコよりも多かったように思えました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-15 14:25 | ナミノコガイの仲間 Donax

貝が消えた嘉徳海岸

e0094349_1356249.jpg


嘉徳海岸ではふた昔前にはキュウシュウナミノコが波間に飛び出て
サーフィンをしていたと「日本の渚」の著者の京都大学の加藤真さん
から聞きました。また、微小貝の収集をされている方からも、海岸
の砂浜に殻が沢山見られたとも教えてもらいました。

勇んで現地を2回訪問したのですが、貝はまったくいませんでした。
奄美大島撮影日記ブログで、この海岸の浸食が進んだ様子を見ました。
http://amami.exblog.jp/

沖合いで海砂を採取しているようですが、それでは砂浜が痩せてしまい
貝類の姿が消えるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-13 14:02 | ナミノコガイの仲間 Donax

網野子海岸

e0094349_13421374.jpg

ナミノコガイの仲間を求めて奄美大島の海岸を探し回ってみましたが、
いまのところ、集団が見つかったのは瀬戸内町の網野子海岸だけです。
嘉徳海岸やその他いくつかの海岸では散々探して数個体だけに終わって
集団の特性をデータとして比べるサンプルは得られませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-13 13:45 | ナミノコガイの仲間 Donax

津屋崎のナミノコガイ

e0094349_12193319.jpg

福岡県の津屋崎海岸ではナミノコガイの高密度集団が見られました。
地元で貝を集めているご一家に案内してもらい、一緒にサンプル採集
でしたが、キュウシュウナミノコも一緒に採集していただきました。

下の写真に見えるツブツブは波間に踊っているナミノコガイです。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-25 12:22 | ナミノコガイの仲間 Donax

浦田海岸のナミノコガイ

e0094349_1581186.jpg

種子島は南北に細長い島で、その北端に近い場所に浦田海岸があります。
この海岸の真っ白な砂と透き通った海水は沖縄のどこの海岸よりも美しい
と思います。吹上られた砂が砂丘を作り、海岸線はU字型で、海岸の地形
も見事です。沖合いに見える漁港の護岸が景観をぶち壊しにしていなけれ
ば、この海岸こそが日本一美しい海岸であると言ってもよいでしょう。

この真っ白な砂の中にナミノコガイの集団が見られるのは驚きでした。
しかも、殻の色では黒っぽいものの占める割合が高く、背景とのコント
ラストが明瞭です。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-20 15:15 | ナミノコガイの仲間 Donax

渡口の浜

e0094349_811292.jpg

宮古島から伊良部島に渡り、港の反対側に行くと渡口の浜に出ます。
ここは下地島と伊良部島の間の水路が海に開いている場所で、その
水路から流れ出る栄養分がナミノコガイを養っているようです。
宮古群島では今まで調べて廻った限りで、この場所以外にナミノコ
ガイは見つかっていません。

サンゴ礁の真っ白な砂と透き通った海水の環境では、ナミノコガイの
ように運動が活発で餌をたくさん食べる貝は普通は生息できないよう
ですが、この浜は例外となっています。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-19 08:17 | ナミノコガイの仲間 Donax

波当津海岸

e0094349_1229820.jpg

大分県の旧蒲江町(現在は佐伯市)南部の波当津海岸です。
ひなびた美しい海岸ですが、休憩所のトイレが浮浪者?に
占拠されていました。ここにはナミノコガイの集団があり、
貝殼起源の白い砂が地の黒い砂の上に広がっています。
前回訪れた時に近くの民宿に泊まったら、おかみさんが
海砂採取の影響で海岸環境が変わってしまったと嘆いて
いました。昔は遠浅でチョウセンハマグリが生息していた
かもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-18 12:34 | ナミノコガイの仲間 Donax

実習

e0094349_14263794.jpg

沖縄本島の名護市、東岸にある瀬嵩海岸で潮干狩り実習です。
スコップで手掘りした場合にどのくらい見逃しているのか、
掘った後で砂をメッシュに入れて残っている貝(ナミノコガイ)
を調べ、捕獲率と、掘り取った貝と逃がした貝の大きさの分布
の差異を調べました。

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~coral/LabX.htm

当初は屋嘉ビーチで行う計画でしたが、3日に実施したら貝が
見つからなかったので瀬嵩海岸まで遠出することにしました。
大浦湾を通り過ぎて少し北上した場所です。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-08 14:32 | ナミノコガイの仲間 Donax

元猿海岸

e0094349_11472983.jpg

大分県の南部にある元猿海岸には海洋科学館があります。二度目の訪問
でしたが、その前の砂浜のナミノコガイ集団は衰退しているようでした。
前回には打ち上げられた貝殼が多種多彩で、特にベニガイが多かったの
に、今回はまるでなし。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-07 11:50 | ナミノコガイの仲間 Donax