beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トンボ( 13 )


モノサシトンボ?

e0094349_10303020.jpg

ジュズダマの苗にとまっているイトトンボの仲間、多分モノサシトンボのオスです。

キイトトンボのメスが近くにいたのでついでに撮影しました。
e0094349_10344482.jpg

赤いイトトンボはまだ見つかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-05 10:35 | トンボ

日の平のハッチョウトンボ

国内最小のハッチョウトンボ、湿地に舞う 宮崎・日向 2013年5月9日 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/362535

上の新聞記事で紹介されたハッチョウトンボの生息地、日向市、日の平の放棄水田(湿地)を見てきました。
e0094349_1440473.jpg

e0094349_14402935.jpg

山間部の谷間にある小さな棚田で、湧き水があるため湿地になっています。

お目当てのハッチョウ君たちは最上段の棚田に無数に飛んでいました。
e0094349_1510671.jpg

相手が小さくて、接写のピントがなかなか合いません。
e0094349_14424876.jpg
e0094349_14423324.jpg
e0094349_14421539.jpg

オスは鮮やかな赤色の胴体ですがメスは茶褐色の帯模様です。
e0094349_14453017.jpg
e0094349_14452265.jpg

日の平を訪れる前に有名な高鍋湿原のハッチョウトンボも見てきました。

赤い夏の使者 高鍋湿原にハッチョウトンボ 宮崎日日新聞 5月5日(日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130505-00000309-miyazaki-l45

e0094349_14551118.jpg
e0094349_1455380.jpg
e0094349_14545611.jpg
e0094349_14544787.jpg

高鍋湿原ではトンボに近寄ることができない設定になっていたので、離れて接写して、手振れでピントが合いませんでした。

ハッチョウトンボ生息地の保全に関する生態学的研究
養父志乃夫,中島敦司 - ランドスケープ研究: 日本造園学会誌1997
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004306092

丘陵湿地に生息するハッチョウトンボの場所利用と生息場所の保全について
上田哲行, 木下栄一郎, 石原一彦 - 保全生態学研究, 2004
http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/32224/1/NA-PR-KINOSHITA-E-25.pdf
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-12 14:56 | トンボ

モノサシトンボ

6月上旬に産まれたゲンジボタルの卵から幼虫が孵化し始めました。2ミリ足らずの小さい幼虫に餌を与え、初期の生存率を高める作業を続けています。山から湧き水を引いて流しているタンクと水路の中で幼虫を大きくするつもりですが、最初が肝心です。

タンクと水路の中にはいろいろなヤゴが住み着いていて、多分その一つであるモノサシトンボらしきイトトンボの1種が出現しました。
e0094349_1723082.jpg

イトトンボ類のキイトトンボとアオイトトンボはすでに出ていますが、このモノサシ君は初めて見ました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-30 17:24 | トンボ

ヤンマの羽化

ホタルの幼虫飼育水路で育ったヤゴから羽化したばかりのヤンマを見つけました。
e0094349_755273.jpg

頭部のクローズアップです:
e0094349_7554098.jpg

蛹の抜け殻をしっかりつかんでいました。

複眼の色が青緑でなく、黄色をおびているのはなぜでしょうか。
種類がよくわかりませんが、ヤブヤンマかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-09 08:21 | トンボ

三ヶ瀬川のカワトンボ

ホタルのシーズンが迫りつつありますが、わが家に最も近いゲンジボタルの群生地となっている三ヶ瀬川の様子を見てきました。

日向市の基幹林道(塩見谷・土々呂内線、起点が奥野河川プールで延長約23キロ:案内看板には22.996メートル、と誤差1m以内で測量したのかもしれない(そんなはずがない)不思議な数字があります)を西門川の388号線まで走破しました。
e0094349_1916181.jpg

NPO法人、門川「こどもの森」の小屋がある付近で三ヶ瀬川の(上流の)渓流に降りてみました。
e0094349_19181723.jpg

e0094349_19434025.jpg

このあたりにはわずかな農地とシイタケ生産施設があるだけです。

川には多数の茶羽根のトンボが飛び交っていました。ハグロトンボかカワトンボか、はたまた別の種かさっぱりわかりませんが少なくとも2種類混ざっていたようです。自宅の周辺でも飛び回っていますが、ここには桁違いに沢山いました。
e0094349_1927375.jpg

(オス?が)縄張りを作っているようで、決まった場所にこだわっているようです。そこに巡回してきた別の個体と互いに反応する様子が面白くて、しばらく眺めていました。突然水面に着水する姿も繰り返されていました。写真撮影のチャンスが少なくて、木の枝の陰でバタバタやっている個体です。
e0094349_1929652.jpg

これは一種のディスプレイでしょうか、お尻を突き上げていました。
e0094349_19295238.jpg

同じ場所で、少し小型の別種と思われるトンボがいました。川の石の上にいたものを追ったら岸辺の草に止まったところで撮影できました。この種名もわかりません。
e0094349_19314885.jpg

猪の内トンネルのところで猿の鳴き声を聞いて、車を止めたら、トンネルのはるか上に野猿がいました。ただし、瞬間的に姿を見ただけで撮影はできませんでした。猪の内トンネルの写真です。車が中ですれ違う幅はありませんが、林業トラックが通行できるようにデザインされているようです。
e0094349_19344843.jpg

三ヶ瀬川流域の村落でも「農地・水・環境保全向上」事業が行われています。
e0094349_2024079.jpg

国道388号線に出たところで三ヶ瀬川が五十鈴川に合流します。
e0094349_1958359.jpg

この国道を北郷の方に向かって走ると、途中に沈水橋がありました。そこで作業中のお年寄りに尋ねてみたら、種籾を川の水に漬け込んでいました。発芽を促進させるのでしょう。
e0094349_19395886.jpg
e0094349_1940819.jpg

岸から川の中を見たら、オタマジャクシがいました。カジカガエルのお玉でしょう。最近、その鳴き声が奥野川でも聞こえています。
e0094349_1946667.jpg

五十鈴川は若干濁っていましたが、上流の川岸で、道路工事やその他いろいろな土木工事が行われていたので、その影響でしょう。

北郷の村落内にレンゲソウが一面に咲いている農地がありました。わが家の周囲でレンゲソウのシーズンは終わりつつありますが、内陸部ではまだ咲いています。
e0094349_201402.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-29 19:46 | トンボ

小春日和

雨上がりの暖かい日差しの中でトンボやチョウチョが飛び回っています。
シラカシの木に止まって日向ぼっこしているアオイトトンボ?を撮影しましたが、せっかく相手がじっとしていてくれたのに、ピントあわせが極めて難しく、何とか見えるものも色合いが妙な感じとなったり、文字通り尻切れトンボになりました。
e0094349_1873799.jpg
e0094349_1874849.jpg

アカトンボは沢山いて、縄張りを主張していました。アキアカネか?
e0094349_1884849.jpg

ドラムカンの赤い色をバックにしていた擬態トンボもいました。
e0094349_18101156.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-11-16 18:10 | トンボ

アカトンボ

嵐の前のわずかな静寂で、増水した湿地と水路ではアカトンボが盛んに産卵しています。
どの種類かわかりませんが、大きすぎるので期待している八丁さんではないと思います。
オスとメスで全く色彩・模様が異なっています。
オスはあちこちで縄張りを張っていて、止まっています。
カップルが忙しく飛び回って、卵を産み付けていますが、撮影は極めて難しい相手です。
e0094349_11371671.jpg
e0094349_11373638.jpg
e0094349_11375384.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-09-16 11:37 | トンボ

キイトトンボ

家の周りで多種多様なトンボが飛び回っています。ヤゴが変態して飛び立つのは
ホタルのシーズンとほぼ同じのキイトトンボですが、すでにつながった状態で飛んで
回っています。
e0094349_1836372.jpg
e0094349_18365264.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-30 18:36 | トンボ

畦道で見かけたイトトンボ

e0094349_8522637.jpg

今朝の散歩中に見かけたイトトンボです。これも名前はひとまかせ。
林道に黒い細い帯が出来ていたので良く見たらアリンコの大行列が延々と続いていました。
ちっこいので軍隊アリのような迫力はありませんが、何かの前兆かな。
e0094349_853536.jpg

おまけのカラスウリの花です。朝の間しか開いていません。
e0094349_855768.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-06-26 08:55 | トンボ

黄金色のイトトンボ

e0094349_20152082.jpg

裏庭でよく見かけるイトトンボですが、少し緑色がかかった黄色で、のんびりやさんです。
童心に返ったKさんがトンボの捕獲方法、クルクルパー、をやって捕まえましたが、
その必要もないほど人の姿を恐れません。このKさんは元々童心のまんまの人です。
[PR]

by beachmollusc | 2007-06-25 20:18 | トンボ