beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の両生・爬虫類( 41 )


ヤマアカガエルの産卵

久しぶりに雨が降り、気温も上昇しているので、ヤマアカガエルのコーラスが賑やかになりました。
e0094349_1275195.jpg

新しい卵塊が無数に産み落とされています。
e0094349_128116.jpg

カエル定食を食べるアオサギ君が徘徊した足跡が見られます。
e0094349_1292741.jpg

メダカの稚魚も群れています。
e0094349_12101640.jpg

ヒキガエルの卵塊はまだのようです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-16 12:11 | その他の両生・爬虫類

カエルたちの卵塊

e0094349_11075918.jpg
家の下の放棄水田を借りて維持している湿地にはカエルたちの卵塊の集団が見られます。

e0094349_11082450.jpg
ヤマアカガエルの卵塊が集中している場所

e0094349_11085179.jpg
ヒキガエルの卵塊、孵化が近い

e0094349_11091795.jpg
ヤマアカガエルの卵塊


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-17 11:14 | その他の両生・爬虫類

まっくろくろすけ

カエル天国となっている湿地の周辺を見て回ると、ヘビたちの多く出てくるスポットが何箇所もあります。
e0094349_9371038.jpg

このカラスヘビ(シマヘビの黒色化した個体)は合併浄化槽の脇にできた隙間に住んでいます。

今朝は湿地に食事に出ようとした途中で家主に遭遇して、あわてて逃げました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-29 09:40 | その他の両生・爬虫類

オタマがウヨウヨ

近所の谷津田の脇で、湧き水の中で生まれたヤマアカガエルのオタマが孵化しています。
e0094349_1635583.jpg

斜面から染み出るわずかな水量で維持されている水溜りの中で、産卵から時間をかけて孵化しました。
e0094349_16354669.jpg

卵塊の中から出たばかりの連中は密に集合しています。
e0094349_1637348.jpg

別の卵塊から前に出たものをしだいに分散していますが、この水溜りは狭いのです。
e0094349_16384051.jpg

何を食って育つのかよくわかりませんが、泥の上の藻類かもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-23 16:41 | その他の両生・爬虫類

ヒキガエルの卵塊

カエルの仲間を英語でくくるとfrogとtoadがあります。

ピョンピョンはねるカエルたちはfrog{the family Ranidae}で、その代表がトノサマガエルなどのRana属、それに対してノソノソ歩く仲間のtoad{the family Bufonidae}の代表がヒキガエルのBufo属です。

両者の違いにはいろいろありますが、卵塊の姿がまったく異なります。

昔はヒキガエルがもっとも身近な存在だったことから、太い紐状のジェリーに包まれた卵塊が(オタマジャクシが孵化する)カエルの卵の代表だったと思います。学生時代に動物の解剖実習で体の構造を詳しく勉強した記憶が残っています。

しかし、近年はヒキガエルが全国的に「絶滅危惧」となっていて、紐のような卵塊を見ることは珍しくなっているはずです。宮崎県ではニホンヒキガエルが「準絶滅危惧種」に認定されています。
e0094349_10372136.jpg

今朝は放棄水田を湿地にしているところにヒキガエルの卵塊を見つけて驚きました。
e0094349_10373676.jpg

ジェリーの紐の中でオタマが発生中です。

同じ湿地内にはヤマアカガエルの卵塊がびっしりと産みつけられています。
e0094349_10391236.jpg
e0094349_1039472.jpg

アカガエルとヤマアカガエルが冬場に産卵することは見慣れていますが、ヒキガエルが真冬の今頃に産卵するとは驚きです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-26 10:51 | その他の両生・爬虫類

うちの殿様

ゲンジボタルの幼生を室内飼育から屋外のホタル育成水路に移す準備を進めています。

応援隊のおかげで水路の周りの草刈が済み、水路に流している谷間の湧き水のパイプのつまりをトット君たちが清掃してくれたので、カワニナに餌を与えても水質悪化の心配がなくなりました。

湧き水を流している水路の出発点にはタヌキモを入れたメダカ池があり、その次に大型トロ箱のカワニナのプールがあります。このプールには「主」が棲みついています。

トノサマガエルの若い時は、緑がかった明るい体色ですが、この主は褐色になっています。
e0094349_16131455.jpg

このプールには、イボガエルやアカガエルが時々出現しますが、ヌシ君は定住生活者です。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-10 16:16 | その他の両生・爬虫類

シマ・カラスヘビ

陽気に誘われたのか、ベランダでヘビが日向ぼっこしていました。
e0094349_122355.jpg

頭から体の前半分はシマヘビで尻尾のほうはカラスヘビです。
e0094349_12235639.jpg
e0094349_1224218.jpg

シマヘビの体色が黒くなったものがカラスヘビですが、この長虫君は変色の途上にあるようでした。

このような黒色化(melanism)は爬虫類では珍しくありません。

幼蛇に親蛇と違った色彩・模様が現れることも普通で、体色を決める因子は単純な遺伝だけではないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-05 12:28 | その他の両生・爬虫類

イシガメの子供

天敵さんが田植えをしている時に見つけたちっこい亀を持ってきてくれました。
e0094349_7454145.jpg

甲羅の縦方向の長さをノギスで測定したら29mmでした。甲羅の中央のキールがはっきりしているので多分イシガメでしょう。

野生のイシガメとクサガメについて情報は乏しいのですが、多数の飼育記録がネットに出ています。

夏に産卵して秋に孵化するという情報からみると、この仔は昨年生まれで、1回目の越冬が終わったところでしょうか。

最近の水田には餌になる動物が少ないけれども、ジャンボタニシなど殻が薄い貝が餌になるでしょう。今はシジミを食わせる余裕はありませんが、養殖シジミの天敵になるかもしれません。

日本の固有種であるイシガメは全国的に減少していて、環境省RDBでは情報不足(DD)のカテゴリーに入っています。

九州各県でも軒並み絶滅危惧状態です。
http://www.jpnrdb.com/index.html

福岡県 ニホンイシガメ Mauremys japonica 準絶滅危惧(NT)
佐賀県 イシガメ - 情報不足種
長崎県 イシガメ Mauremys japonica 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
熊本県 イシガメ Mauremys japonica 準絶滅危惧(NT)
大分県 - - -
宮崎県 イシガメ Mauremys japonica 絶滅危惧Ⅱ類(VU-r,g)
鹿児島県 ニホンイシガメ Mauremys japonica 分布特性上重要
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-18 07:57 | その他の両生・爬虫類

ヤマアカガエルの合唱

冬に繁殖するカエル達、ヤマカガエルとニホンアカガエルのシーズンが到来して、雨の日と暖かい日に合唱が盛んです。

人工湿地に卵塊がびっしりと産み付けられています。
e0094349_20401971.jpg
e0094349_20403028.jpg
e0094349_20403879.jpg

繁茂していたイグサが枯れて分解中、そしてアオミドロが増えています。これはオタマが孵化したら食べつくすでしょう。

アオサギ君が毎朝のようにカエルを狙ってやってきます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-13 20:43 | その他の両生・爬虫類

抜け殻

草むらに長々と寝そべっているものがありました。
e0094349_224827100.jpg

ヘビの脱皮殻ですが、どこかに巻きついてから脱いで出るはずなので、どこか変です。

長さは約1.4mありました。アオ大将は2mに近いのでおそらく彼ではなくて、黒色化したシマヘビの真っ黒クロスケ君でしょう。

抜け殻となった頭の部分を取り上げて接写してみました。
e0094349_22533016.jpg

ヘビの抜け殻は縁起が良いと聞いています。何かよいことが起こるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-24 22:55 | その他の両生・爬虫類