beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の両生・爬虫類( 41 )


うちの大将

梅雨の晴れ間の太陽を浴びるべく、アオダイショウが巣穴から出てきて寝そべっていました。
e0094349_9422497.jpg

まだフルサイズになっていない若大将のようで、全長は2mギリギリくらいです。

シマヘビやヤマカガシは出会ったら一目散に逃げてしまいますが、さすがは大将です。ただし、緊張していることは歴然としていて、体を硬直させていました。
e0094349_945488.jpg

顔のアップを撮らせてもらいました。なかなかハンサムな顔立ちです。
e0094349_9455131.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-06-09 09:46 | その他の両生・爬虫類

アカガエル天国にサギが来た

7日は春が来たような温度になり、裏の湿地に集まったカエル(ヤマアカ、またはニホンアカ)たちの喧騒が激しくなりました。

かなり離れていても、人などの気配で、カエルたちはピタリと鳴きやみ動きを止めます。そこで、遠距離から望遠レンズのカメラで撮影しました。ランダムに飛びついてまさに混乱状態。
e0094349_10154868.jpg
e0094349_10155886.jpg
e0094349_1016626.jpg
e0094349_10161424.jpg

2種のアカガエルは、時期をややずらして同じ場所に集まって来ているようです。鳴き声がやや違っていますが、どちらもケロケロという愛らしい鳴き方をします。

今年の冬は乾燥続きで、しかも低温です。日向市に来て、カエルが真冬に繁殖するということを知ったのは驚きでしたが、冬晴れで暖かい日に集中します。水温が低いので当たり前ですが、オタマジャクシの成長は春夏のトノサマガエルなどに比べるとゆっくりです。

カエルたちがものの気配に敏感で、繁殖行動で夢中であるのにもかかわらず周囲を厳重に警戒していることは天敵に身を晒しているからでしょう。

冬はヘビの姿が見られませんが上空から天敵の鳥がやってきます。わが家には庭鳥となったアオサギが1羽住み込んでいます。夜は近くの木の上にとまっているのでしょうが、昼間はカエルを追って徘徊しています。

ミッキーと近所を散歩する際には、安全な離れた場所でこちらをじっと見ています。
e0094349_10253881.jpg

河川プールの脇で見送ってくれているアオ君です。

さきほど、昼飯の最中のサギを撮影してきました。アオ君とは別の鳥のような気がします。

鳥の図鑑で調べたらゴイサギの幼鳥に似ていますが、大きさから考えてササゴイかもしれません。
e0094349_1254482.jpg

草の陰に隠れているカエルを見つけて嘴を伸ばします。
e0094349_1255684.jpg

カエルをくわえた瞬間です。
e0094349_127546.jpg

飲み込んでいます。
e0094349_127538.jpg

抜き足差し足で場所を変えながらハントを続けていました。
e0094349_1281799.jpg

先ほど庭先に鮮やかな青色の羽根の小鳥が現れてすぐ飛び去りました。
カワセミではなくて、ルリビタキのように見えました。写真はとれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-08 10:27 | その他の両生・爬虫類

ゲッコー出現

以前、日向を含む宮崎県の県北でヤモリが少ないことが奥日向拓さんのブログで話題になりました。

<№2人と生物との出会い!>

もしかしたら昔から日向市に棲息していたのかもしれないし、誰か他の所から持ち込まれたのが繁殖しているのかも、それにしてもたぶん日向市ではほとんどその存在は知られていないのが現実だと思います。だからヤモリがいたってどおって事はないんですが、このカメレオンみたいなユーモラスな「ヤモリ」が普通に人の生活圏の中でヒッソリと生きている事にボクは本当に感動した次第です。
http://blogs.yahoo.co.jp/b_inlet/25346198.html

このブログの読者の皆さんは盛んにコメントを出すのに、それに比べてわがブログの静かなこと。
話題の中身と文章が面白いことがその差に現れたのかも。

それはともかく、わが家でも、移住後4年半を過ぎて、ついにヤモリ君が出現しました。
2週間近く家を空けて旅に出ていたので、その間、家を守っていてくれたのかも知れません。

背景処理が必要な画像ですが、本体はばっちりと見える画像です。
e0094349_7582156.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-11-13 07:58 | その他の両生・爬虫類

赤腹

超スローモーションで林道を横断中のアカハラ君を発見、車に轢かれたら気の毒なので路肩に運んでから、記念撮影しておきました。ひっくり返すと極めてゆっくりと起き上がります。
e0094349_18384719.jpg
e0094349_1838552.jpg

撮影後に安全な場所に置いてやりました。
e0094349_1839413.jpg

その近所でアケビ、ツツジ、クサイチゴの花が咲いていたので記録スナップです。
e0094349_18405033.jpg
e0094349_1840587.jpg
e0094349_184154.jpg

散歩を終えたミッキーはダウンしてイモリのように転がっています。
e0094349_1842294.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-04-07 18:42 | その他の両生・爬虫類

やかましい連中

急に温度が上がり、雨が降るという絶好のコンディションでカエルたちがものすごくにぎやかです。

湿地では朝からアカガエル軍団が声高に鳴きまくっていて、合併浄化槽の点検に来た天敵さんの従兄弟の作業員がおびえていました。ヤマアカガエルのかわいらしい鳴き声に対してアカガエルは騒がしいほどです。

カワニナ飼育のタンク付近では多分ヒキガエルだと思いますが、低い鳴き声を出していました。また、栗林の中からはアマガエルの鳴き声が加わって三重奏となって、ハーモニーにはなっていないながら、楽しく聞かせてくれます。

ミッキーに晩御飯をあげているときに玄関前にアカガエルのペアがいることに気がつきました。カメラを取ってきてライトで照らし、撮影準備中に、後ろにいた小さい奴、多分オスが逃げてしまって、残ったメス(だと思われる)を撮影しました。ミッキーの落とした毛が絡んでいます。
e0094349_18354887.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-02-10 18:35 | その他の両生・爬虫類

藪蛇をつつく

最近、海の羊さんが藪蛇を連発したものだから、呼ばれて出てきた奴がいます。

今日の昼過ぎは温度が急上昇して18度くらいになりましたが、春が来たと勘違いして出てきたシマヘビが勝手口の前にいました。
e0094349_17211675.jpg

ごく普通のシマヘビ君で、庭で何度も挨拶した間柄です。草むしりしていたら、すぐ目の前に鎌首をもたげていたりして面白い子です。

出てきたものの、若干寒かったからか、動作が鈍くて、普通は顔を合わせるとサッサト逃げるのに、同じ場所でじっとしていました。それならピンアップ写真を撮ってあげようと、デジカメを持って出て接近して撮影しました。

最初は普通の顔をしていました。
e0094349_1725966.jpg

尻尾をつついたら、少し嫌な顔をしました。
e0094349_17261937.jpg

それでも逃げないので、さらに突いてやったら、頭を平たくして怒り出しました。
平常心の時と怒り心頭の時の顔を見比べてやってください。
e0094349_1728411.jpg

シマヘビは元気いっぱいで怒った時は、鎌首を持ち上げ、首の後ろのかなりの部分まで平たくして、シューシューと音を立てますが、今回はだんまりでした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-25 17:29 | その他の両生・爬虫類

ジムグリの幼蛇

親と仔の色模様が激しく違っている動物が多い中でも、蛇類の子供は親と全く違って見える種があります。

今朝の散歩道の林道であわれな轢死体となっていた美麗な幼蛇はジムグリのようです。以前生きているものを見かけた時はカメラを持っていなかったのでまだ撮影したことはありませんでした。今朝も、なぜかたまたまカメラを持って出なかったので、蛇を持って帰ってから撮影しました。
e0094349_11234092.jpg

ネット情報によると、ジムグリは美しくおとなしい蛇であるのでペットにしたがる人がいるようです。
http://homepage3.nifty.com/japrep/snake/namihebi/elphe/text/zimuguri.htm
<夏の朝に山地の道路に出ていることが多くよくひき殺されてしまうことがあります。実は私も1匹ひいて殺してしまいました。みなさんも是非お気をつけください。こんな魅力的なヘビがいつまでも日本にいてくれるように。> (以上、引用)
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-09 11:32 | その他の両生・爬虫類

うちの殿様

産経ニュース:科学(環境の間違い?と思ったが、環境というカテゴリーが無いのね)
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090906/scn0909061301000-n1.htm
銚子で2年ぶりに「トノサマ帰る」 全国激減のなか、気象庁のカエル調査 2009.9.6 13:00

MSNのメールを使っている関係で、メールを開くたびに産経ニュースがいつも目の前に出てきてしまいます。この新聞社はかなり(良い意味の保守ではなく)頑迷な守旧意識を身にまとっているのですきくありません。しかし、検索してみたらトノサマガエルのニュースは他のメディアではほとんど見つかりませんのでしかたなく引用です。

記事の最後の部分の専門家の意見を聞き書きした部分に突っ込みどころ満載でした。この両生類専門の教授は記事を見て怒っているでしょう。この記事を書いた記者と編集責任者が不勉強であることを示す箇所がいくつもあります。

広島大学両生類研究施設の住田正幸教授は「トノサマガエルが環境の変化に特に弱いという訳ではない。急速な宅地化や区画整理など水田の補助整備、さらに機械化によって水田の耕作法が変わり、田植えの時期が極端に遅くなったり、繁殖場所だった『苗床』がなくなるなど環境が変化したことも原因」と指摘している。

気象庁のカエル初見時期の調査は、気象台周辺の定点観測の一つであって、データは位置的にバイアスがかかっていて、県などの行政地域レベルの状況を反映させているわけではありません。毎年やっているのは年度ごとに季節的な早い遅いを比べているので、桜の開花予報と同じようなノリですから、カエルさんが増えたか減ったかの問題は、環境省の調査に頼るべきでしょう。しかし、年を追って観測できる地点数が減少を続けていること自体は明らかに「環境が変化した」ことを意味します。

「トノサマガエルが環境の変化に特に弱いという訳ではない」は意味深な表現ですが、弱いものだらけの中で特に弱くは無い、という意味ならば認めますが、文字通りの意味であれば大間違いであって、両生類の専門家が、こんなことをのたまうはずがありません。

水田の「補助整備」、ですが、これは「正しく」間違えています。「圃場整備」という補助金事業をまとめて簡略化した表現であれば、かなり頭が働いているのですが、ただの聞き間違いでしょう。おそらく農村や里の生物に関する基礎知識がゼロの記者が書いた記事です。

「田植えの時期が極端に遅くなった」というのは本当でしょうか。宮崎県では反対に極端に早くなっています。早期耕作の水田は4月はじめに田植えが終わって、早いところでは7月中、遅くともお盆の前には稲刈りです。田植え時期が遅くなっている地域はどこにあるのでしょうか。

「繁殖場所だった『苗床』がなくなる」という部分は???ですが、稲の場合は「苗代」と呼ばれています。苗代は、現在では集中的に苗が生産されるている「育苗センター」という施設になっていますが、もともと苗代でカエルが繁殖していたと考えるのは難しいでしょう。水田の代掻きが終わり、水が張られて田植えが進む時期は稲が生育できる暖かくなる時期に一致し、それがカエルやメダカ、ドジョウなどが田んぼで繁殖する時期と重なっていたのです。

トノサマガエルは環境の変化が原因で減少したが、環境の変化に特に弱くない動物である、という論理は成立するのでしょうか。このようなことが書けてしまう「科学」担当の新聞記者の質はすばらしいですね。編集者がアンポンタンであって記者を育てない、そしてそれがアホ編集者を再生産し続けるのでしょう。このような新聞を読む必要はありません。

ところで、わが家の周辺ではトノサマがワンサカいます。モチロン殿様以外のカエルたちも勢ぞろいで、鳴き声で聞き分けて少なくとも6種類はいます。雨の夜の大合唱は耳をつんざくほどです。休耕田を借りて、一年中水がある状態を維持しているだけで、カエルとトンボ、ドジョウとメダカの天国が出来ました。

うちの若い殿様です。
e0094349_8405855.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-09-09 08:41 | その他の両生・爬虫類

多忙中の皆さん

ホタルの様子を見ていたら、今夜は昨夜の続きでアマガエルの合唱が特にやかましくなりました。
かれらの夜間活動の撮影です。
e0094349_21402346.jpg
e0094349_21403267.jpg
e0094349_21403958.jpg

ヒメボタルはまだ出ていませんが、ゲンジとヘイケはかなりにぎやかに飛び回っています。

今夜は小さい子どもさん連れが二組、ホタル見物に来てくれました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-22 21:42 | その他の両生・爬虫類

何のポーズ?

今年初めてのトッキョ・キョカキョクの鳴き声が聞こえました。この鳥の出現は、ホタルのシーズンと合致しているかもしれません。

温度が上昇し、林道を横断中の蛇たちの姿が多くなりました。轢死でペッチャンコになったものもあります。

今日、運転中に出会ったクロっぽいシマヘビ、半分カラスヘビは、妙な姿で硬直状態のままでした。水をかけたら急いで藪の方に逃げたのですが、この変なポーズは枯れ枝か何かに見せかけようとしていたのかもしれません。
e0094349_1851011.jpg

シマヘビとは時々鉢合わせしますが、他のへびのようにさっさと逃げず、時にはコブラのような姿でアタマをもたげてこちらを威嚇したりします。今日のポーズは何をやっているのか意味がわからず、不思議でした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-22 18:53 | その他の両生・爬虫類