beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の両生・爬虫類( 41 )


雨の後がやかましい

昨夜は前線通過の雷雨に見舞われました。PCや電話はガードしてありますが、至近距離で雷さんが落ちると、どうなるかわかりません。以前の、床が揺れた直近の落雷でADSLのモデムがぶっ飛びました。昨夜の落雷は距離があったので、全く影響なしでした。

カエルの鳴き声が複数の合唱コーラスで、とてもにぎやかです。特にアマガエルたちが窓のすぐ外にいますので寝床まで響いてきます。庭の桑の木の葉っぱにとまっていた奴です。
e0094349_8142640.jpg

この桑は実が大きくなる果実栽培用の品種で、たしかに大きな実ができますが、味は通常の山桑に劣ります。取り寄せたばかりの山桑の苗は、まだ若いので、当分の間実らないでしょう。

雲南桑という品種は小さな苗に実が付いています。味見が近いうちにできそうです。
e0094349_8171057.jpg

ようやくユスラウメの赤と白の両方の実を食べました。昨年より多く収穫できましたが、まだ小皿に一杯程度でした。

一方、びっくりグミの木は実がなり過ぎて、食べ切れません。一斉に花が咲いて一度に熟すのが問題です。完熟した実はえぐい味が消えて食べやすいのですが、それでも沢山食べると口の中がおかしくなります。写真は完熟した実を取り除いた後で、まだ未熟果が残っていますのであと1週間くらいは食べられるでしょう。
e0094349_8203310.jpg

実が小さい西洋グミはやや遅れて熟し始めていますので、これから収穫できます。

ブラックベリーとブルーベリーは、長い間少しずつ熟した実が食べられるので、家庭菜園に向いています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-22 08:21 | その他の両生・爬虫類

カナヘビと山中で遭遇

自宅の庭にいくらでもいるカナヘビ君ですが、林道で出会うとは思いもしませんでした。
マタタビが渓流の岸辺にずらっと生えている、とある場所を発見してホクホクしていた時でした。
林道にニホンミツバチの伝統的な巣箱が転がっていたのを見かけて、その上にいたカナヘビに気がつきました。見た瞬間は日向に来て最初のヤモリに出会ったのかと喜んだのですが、残念ながらカナヘビですね。
e0094349_19594474.jpg

ミツバチの巣箱はあちこちで見かけますが、道に転がっていたのは初めてです。

最近、ニホンミツバチの失踪が問題となっていて、養蜂業が危機的状況になり、さらに様々な植物の授粉に影響が出ているかもしれません。

付近に仕掛けてあった巣箱です。何だか、ミツバチに見放され、放置されたままのような気がします。
e0094349_203822.jpg

今年咲いたレンゲソウの花に来るミツバチの姿を見ませんでしたが、結実していますのでレンゲには授粉する昆虫がいたようです。しかし、初春に花が沢山咲いていたサクランボやユスラウメなどの結実率は大変低い状態です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-16 20:05 | その他の両生・爬虫類

ナマズの孫ではなくてカワズの子供

雨降りが続き、湧き水の水量が増えてオタマたちは元気いっぱいに泳ぎ回っています。
しかし、不思議な現象が見られます。
オタマの群れが一斉に同じ方向に泳いで行き、浅いドンずまりの場所でひしめき合っていました。
増水が終わって水が減ると、乾いて置き去りになる場所に集中するのです。
有名なレミングの集団自殺みたいです。
e0094349_9343977.jpg
e0094349_9345541.jpg

一時的な水溜りに新たな卵塊が産み落とされています。これは天気が回復すると乾いて干物になるはずの場所です。親カワズたちは何を考えているのだろうか。子供が生き残ることで自然選択のフィードバックがかかるはずですから、意味がわかりません。アカウミガメが護岸に邪魔されて良い場所に産卵できないケースとは違います。わざわざ悪い産卵場所を選んで子供を見殺しにするようです。しかし、良い産卵場所では嫌になるほどオタマが生まれています。

アカガエルたちはそこらへんで水が溜まっていれば躊躇無く産卵するようにプログラムされているような気がします。沖縄でも道路わきの干からびかけた水溜りでオタマが群れていたのを見て不思議に思っていましたが、あれはリュウキュウアカガエルだったのかしら。移入種のシロアゴ君だったかもしれませんが。
e0094349_939239.jpg
e0094349_9391466.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-03-11 09:39 | その他の両生・爬虫類

アカガエル

冬の間に2種類のアカガエルが産卵集合しています。今朝は実験室の入り口ドアの前で励んでいたカップルがいました。さて、これはヤマアカガエルかニホンアカガエルか、どちらでしょうか。
e0094349_8151223.jpg

昨夜の雨で増水した湿田の中を見ると、2種類の卵塊がありました。多分、両方とも繁殖を続けているのでしょう。まずは昨年の暮れから断続的に、雨の後の暖かい日に見られたのと同じタイプの卵塊です。
e0094349_8164361.jpg

続いて、新たに見られるようになった少し小ぶりのものです。
e0094349_8181261.jpg

湿田の中ではすでにオタマがウヨウヨしていますが、孵化直後のものから大きくなったものまで混ざっています。
e0094349_8191944.jpg
e0094349_820193.jpg

二種の見分け方について検索してみたら、専門的な解説付きのサイトがありました。
http://seichoudoku.at.webry.info/200702/article_25.html
これによると、ニホンアカガエルのようです。
両種が交尾しても染色体の数が違うことなどで発生が進まないようです。
見かけはかなりよく似ていても、ヒトとチンパンジーくらい違うようです。

さらに同じ仲間でタゴガエルも周囲の川岸に住んでいるようですが、湿田には来ないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-20 08:20 | その他の両生・爬虫類

マタ来た

e0094349_17465097.jpg

今朝アカミミガメを入れた別のタンクの中にシマヘビ君が入り込んでいました。
これは何か意味がありそうです。カメの産卵を察知して蛇が卵を狙うのでしょうか。
蛇はしばらくの間カメさんの臭い?をかぎまわった後で脱出しました。
間違ってタンクに落ち込んだのではありません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-06 17:59 | その他の両生・爬虫類

蛇がカメのタンクに乱入

e0094349_18215062.jpg

昨日のことですが、以前から飼育中のクサガメ?のタンクにシマヘビが入り込んで
いました。1.2mくらいの美形でしたが、しばらくカメと仲良く?した後で脱出でした。
このカメさんはマグロの刺身を貪り食うので飼育は簡単ですが、今朝の小倉ヶ浜から
の帰り道に大きなアカミミガメを路上で捕獲したので選手交代させました。
このアカミミガメは赤岩川から上陸して産卵した後かもしれません。
このアカミミ君は、在来種のイシガメやクサガメを生態的に圧迫する外来種ということ
になっているので、野外に戻さずに手元に展示用に飼っておきます。
ペットだったミドリガメの成れの果てということですが、ずいぶん大きくなるものです。
甲羅の縦方向の長さが約20センチあります。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-05 18:31 | その他の両生・爬虫類

クサガメ、イシガメ、それとも交雑種?

e0094349_846254.jpg

小原のKさんが路上で見つけた亀さんを持って来てくれました。
この人は前にも田んぼで見つけたイシガメをつれて来てくれたことがありました。
この子は甲羅の長さが20センチ近いので大人でしょうか。
その種の査定ですが、困ってしまった。わからないが、どちらかといえばクサガメか。
イシガメの特徴もあるみたいな気がするし、ひょっとすると交雑種?
交雑種でも繁殖力があるそうなことがネットで書かれていた。
とりあえず、空いたタンクに収容しておきます。
以前のイシガメはあっと言う間に逃亡してしまったので、今度は壁が滑るタンクです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-24 08:54 | その他の両生・爬虫類

幻のヘビ君

ホタル幼虫飼育の準備としてカワニナの飼育タンクを片付けていたら、タンク(トロ箱)の
下に小さい蛇が潜んでいました。まだ幼蛇のようですが、マムシのような模様であり
ヤマカガシでもなく、アオダイショウの子供でもなく、見慣れない種類だったので、その
正体を調べるために捕獲しました。ネットであれこれ画像を見て説明を読んでみた結果、
どうやらシロマダラのようです。宮崎県のRDBでは情報不足のカテゴリーでした。
全国的に分布しているようですが、日本固有種で希少種のようで、全国各地のRDBで
様々なカテゴリーで記載されています。
e0094349_2015479.jpg

詳しい情報と画像は下のURLを参照してください。
http://baikada.com/JSM/?p=151
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-22 20:15 | その他の両生・爬虫類

闖入者

e0094349_8383089.jpg

いつの間にか台所に入り込んでいました。
こいつは変な色模様ですが、(にほん)アマガエルでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-23 08:39 | その他の両生・爬虫類

小さな訪問者

玄関前のコンクリートの上で滑りながら歩いていたおちびさんです。
生まれたばかりのヤマカガシのようです。
秋は仔ヘビの誕生が多いようで、車に轢かれてペッシャンコのチビを散歩の途中でよく
e0094349_15451361.jpg
e0094349_15452361.jpg
見かけます。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-19 15:45 | その他の両生・爬虫類