beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の果物( 24 )


サルナシとポポーの植栽準備

14日の日曜日、前夜の弱い雨があがって、曇り空の絶好の作業日和となりました。老若男女、10名以上が集合し、サル・マタ大作戦の決行となりました。

サルナシ類(シマサルナシ、サルナシ、ウラジロマタタビ、マタタビ)の苗を植える場所には竹の支えを準備しておきましたが、ポポーを植える予定のゾーンには杉の切り株(伐採後3年経過してかなりボロボロ)が残っているため、その除去作業を小型ユンボで進めることになりました。

ユンボのオペレーターはトット君の父君、専業農家の主で、外回りの仕事は何でもこなし、それも徹底的にこなすという凶暴性も見られる、一種の「ユンボ暴走族」です。
e0094349_10254165.jpg

見事なユンボ捌きで、大きな切り株を次々と掘り起こしました。
e0094349_10265393.jpg

前に植栽しておいたタブや桑の苗が危ういところで巻き添えとなるところを、見事に見切って避けてくれました。
e0094349_1027158.jpg

掘り起こした切り株と根っこは一箇所に積み上げて焼却しながら、その下でヤキイモを作り、さらに特別参加のサルナシ栽培のベテランである黒木巌さんからの差し入れのシイタケとシメジをホイル焼きし、竹筒で炊いたご飯なども加わり、昼のご馳走パーティを皆で楽しむことができました。
e0094349_10292870.jpg

2メートル以上に積み揚げられた切り株の山に火をつけて古竹を補助燃料にしてガンガン焼きましたが、一夜明けた今朝も燃え続け、燃やし尽くすまで数日かかりそうです。

サルナシ類の苗は参加者が各自のロットを決めて手植えをしました。大きく育って実が生り、それを食べる楽しみを共有するべく、地域の皆さんで見守ることになります。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-15 10:35 | その他の果物

モミジカラスウリの実など

新潟県十日町市のなぐも原・結いの里から今年のサルナシの収穫が始まっていると案内がありました。
昨年11月、柏崎のハマグリ調査の折に訪問してサルナシ畑を見学させてもらったところです。

新潟県十日町市のサルナシ園、結いの里:http://beachmollu.exblog.jp/11529990

日向の野生サルナシ(ウラジロマタタビ)の収穫は難しいのですが、今日の良い天気に誘われて美郷町南郷区に出かけて見ました。竹ノ野トンネルの脇の林道で花が咲いていた株周辺のチェックです。花が咲いていた株はオスだったので実の付いているものが付近にあるか探してみました。結果はスカ。

トンネルができてから林道の利用者がいなくなったらしく、草刈がされていません。そのおかげか、サルナシはダメでも昨年収穫に失敗したモミジカラスウリの実が見つかりました。
e0094349_1724735.jpg

橙か黄色に熟すカラスウリの南方系の種で、一説には「実の味が良い」そうです。
e0094349_17253139.jpg

持って帰ったのは未熟の緑から完熟?のダイダイ色までのシリーズで、完熟したものは後で味チェックです。
e0094349_17291521.jpg

昨年キカラスウリの実が甘くて美味しいという説をテストした時は、たしかに甘かったが後味が悪かったのが残念でした。もしモミジカラスウリの味がよければテスト栽培するつもりです。

モミジカラスウリのすぐ近くにムベの実が生っていました。高切鋏が届いた3個を収穫しました。
e0094349_17304022.jpg

自宅で栽培中のムベの実も色づいていますが、葉を食う虫が大発生していて、実の皮も食われています。
e0094349_17313978.jpg

今日はボケの実が木から落ちていました。熟したのでしょうが、硬い実です。
e0094349_17323765.jpg

栗のシーズンも終わり、落葉がはじまっています。
落ちてきた実は歓迎でしたが、隣の栗畑から落ち葉が嫌になるほどやってきます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-17 17:35 | その他の果物

アケビが豊作

日曜日に木登り名人の黒田さんと一緒に今年もサルナシ狩りに出かける約束でした。

注文したプランクトンネットが当日の配送予定になっていたので、届くのを待ってから午後に出撃。

時間がかかる遠距離の採集地はあきらめ、すぐ近くの林道沿いのサルナシを目指しました。ところがそのサルナシ(種はウラジロマタタビ)はすでに終わっていたらしく、実が残っていない状態です。しかし、山ノ神は我々を見捨てず、車を方向転換したらアケビの実が沢山付いている所だったという幸運です。しかも実は丁度口を開く収穫にベストタイミングで、バケツいっぱい採れました。

自分の取り分の写真です。
e0094349_1551392.jpg
e0094349_155216.jpg
e0094349_1552985.jpg

ホクホク顔の黒田さんと山分けでした。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-11 15:06 | その他の果物

ムベの実がなった

3年前に家の西側の日よけのため竹で棚を組み、ムベとアケビの苗を植えて育てたものが、今年初めてムベが結実しました。アケビのように果皮が裂けないムベが実ったのは喜ばしいことです。

アケビは赤いアブラムシのような昆虫が付いて葉っぱがシワシワになる病気に悩まされています。

春先に白い花が2株に無数についたけれど実がついたかどうか分からないまま、特に気にしていなかったのが、今朝見たら計7個ありました。
e0094349_11343527.jpg
e0094349_11344234.jpg

黒い斑点が付いているのは虫が付いてしまったものかもしれません。
e0094349_11352914.jpg

山中を徘徊すれば沢山見つかるのですが、果皮が厚くて種の周りにちょっとだけわずかに甘みがある果肉というものなので積極的に栽培する気はありません。「ムベなるかな」と賞賛?される果物とするためには品種改良が必要でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-03 11:41 | その他の果物

キカラスウリの試食

21日はミカン狩りで延期した都農町のシマサルナシの異常な果実のサンプリングに出かけました。

GPSで記録した場所にシマサルナシはありましたが、異常な実は全く無しで、みごと空振りです。しかし、そのようなことは織り込み済みで、ついでに近い場所のカラスウリ類のチェックをしました。

モミジカラスウリの場所に行ってみたら、枯れ果てた姿で実は残っていません。やはり、仲間内で一番気が早い種のようです。美味しいとされた実に今年はありつけませんでした。

次に、キカラスウリの実を求めて、以前から見ていたので、記憶しているあたりを探しました。薄暗くなっていたので現場の写真を撮影していませんが、キカラスウリはたくさん実っていて、まだ緑色の実もかなり残っています。これがカラスウリの仲間で一番遅れて実の熟す種のようです。

2箇所で採取して実だけ持って帰りました。一箇所は某公民館脇の防火用水のフェンスと立ち木に絡んでいたもので、道路向かいの家のワンコに吼えられながら採集しました。次は県道沿いの家の生垣に実っていたものです。家主さんにお願いしたら、こころよく採取OKということで、緑色から黄色の色々な状態の実が採取できました。この家のワンコにも吼えられましたが、すぐ仲良くなりました。

写真は右の少ないのが公民館で左の多い方が生垣から採取した実です。
e0094349_11245117.jpg

一番黄色が濃い実を縦に切り開いて中を見ました。若干嫌なにおいがして、食欲はおきません。
e0094349_11255359.jpg

中身の黄色も好感が持てませんが、味見だけはしておきました。甘みはありますが、えぐい味が同時に感じられました。完熟したらもっとましな味になるかもしれませんし、別の蔓の実は味が良いかもしれません。しかし、昔はおやつになっていたというほどの果実とは思えません。
e0094349_1131041.jpg

このキカラスウリの種はやや膨らんだ部分がありましたが、カラスウリの種とは違って、モミジカラスウリやオオカラスウリの種に近い形です。つまり、宮崎県産のカラスウリ類では、カラスウリだけが極めて特異的な形(カマキリの頭に似た姿)の種をつくるということです。

天花粉の製法の記述があったので、孫引きです:引用元は
http://www.i-apple.jp/medicinal/02/0320.html

キカラスウリ Trichosanth
大正時代の植物事典 (大植物図鑑 "キカラスウリ")

前種と同じく各地の竹林叉は樹林中に自生する攀登性宿根草本なり。概形前種に酷似すれども本種の葉は胡瓜に似て毛茸なく光澤あり。葉腋毎に鬚ありて物に絡み、夏の半に白花を開くこと等亦前種に同じ。果實は前種より稍々大形にして短く、熟すれば黄色を呈す。

【食】 果實は胡瓜の如く鹽漬として食用に供し種子よりは油を搾り、叉藥用に供す。

【藥】 本植物の根より製出したる澱粉を天瓜粉と稱し藥用に供す。去れど前種カラスウリの澱粉を天瓜粉と稱し賈る者あり。叉之れを交へて賈る者あり。其他葛粉、しょうふ?を交へて賈る者あり。純正の天瓜粉は純白色の澱粉にして主として汗疹(あせも)濕疹(しっしん)等に散布して特効あり。

天瓜粉の製法 秋の末若しくは冬季中に根塊を掘り大根おろしにて可成丁寧に磨り卸し、之れを米かし桶に入れて淸水を注入しよく攪拌し白色に濁れる水を他の桶に移せば、最初の桶の底には皮の粕、繊維等を殘留す。此の殘留物は尚澱粉を含有する見込あらば更に水を注ぎて採取する必要あれども、左もなき時は捨て去るべし。斯くして次の桶に入れたる白濁水を屢く靜置するときは澱粉は桶底に沈澱す之れ天瓜粉なり。去れど可成純白なる精撰品を採取する方が良きものなれば、再三淸水を入れて攪拌沈澱せしめて採取し、最後に布袋等にて水分を濾過し乾燥するなり。此乾燥したるものは即ち天瓜粉なれば直ちに市場に出し販賈せらるるなり。


薬になる植物 (68) キカラスウリ   笠原義正 (衛研ニュース 2005)
http://www.eiken.yamagata.yamagata.jp/news/files/138.pdf

薬理効果の中に細胞死を誘導する成分が含まれていて、皮膚炎やアレルギーを抑える効果あり、とされています。湿疹や飛び火に治療効果があるということで、食用よりも民間療法の材料として重宝するでしょう。

果肉を練りこんだ薬用石鹸や、化粧水とかクリームなどが製造販売されています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-22 11:31 | その他の果物

天敵トリオが大活躍

柿の大木の鈴なりの実を、干し柿や柿酢つくりに利用するプロジェクトが昨日実行されました。

とにかく木が大きく高すぎるので、上の方の枝を切り落とし、地面で収穫することになりました。柿の木は上部を失っても新しい枝が再生するはずなので、後で実をとりやすい高さになるように枝打ちを設定しておきます。

単なる天敵さんの手に負えない作業のため、本命のお猿さんが負けてしまうイワオさんの登場です。70台後半の年令にもかかわらず、こういった作業では誰にも負けません。
e0094349_14182261.jpg

たまたま西都市からイワオさんの所に来ていた天敵さんの友人Nさんも加わり、トリオで柿の木を攻めました。

まずは梯子をかけて、イワオさんが木に登り、鋸を使って枝を落としました・
e0094349_14201050.jpg

e0094349_14202245.jpg

e0094349_14204623.jpg

チェーンソーで太い枝を落として枝打ちが終了。
e0094349_14272430.jpg

下に落ちた枝から柿の実を収穫したのは、急遽参加したパン屋さんです。
e0094349_14215599.jpg

2本の木からリンゴ箱で5,6箱分くらい収穫して皆さんが山分けしました。

綺麗に丸裸にしたため、カラスやヒヨドリの取り分は残っていません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-13 14:28 | その他の果物

渋柿とり

杉の大木に圧倒され、変形していた柿の木が2本、伐採跡地でものすごい数の実をつけています。これは渋柿ですが、完熟すると渋さが消えて、とても甘くなります。しかし、甘すぎて、べシャっとつぶれるので一度に沢山食べるのは無理な注文です。

家の周りに定住しているカラスのカップルがやってきて熟したのを持って行きますが、その数は知れています。ヒヨドリなども来ていますが、まるで減りません。

昨日は柿の天敵である柏田さんが田中さん親子を誘って、柿とりに来ました。渋柿から渋みを抜き取るテクニックを試すのと、干し柿つくりのために資源の有効利用です。
e0094349_8564743.jpg

今回で2度目の収穫で、下の枝からは減りましたが、上の方はなかなか減りません。何しろ大きな木です。

柿の葉が綺麗に赤くなっていたので採ってみたら、ハンサムなケムシが付いていました。落ち葉になる寸前の葉に止まっていた間抜けな毛虫です。ケムシ嫌いの柏田さんがつぶしたがっていましたが、成虫になるチャンスを奪うのはかわいそうなので放免しました。

追記: 幼虫検索で「ヒロヘリアオイラガ」のケムシだろうと思われます。これに刺されたら痛そうです。
http://www.jpmoth.org/Limacodidae/Limacodinae/Parasa_lepida_lepida.html
以前、この仲間の成虫を記録しました。成虫はバンザイして止まっています。
http://beachmollu.exblog.jp/10039137

e0094349_902345.jpg

庭の桑の苗には別のかわいくないケムシがいましたが、これも成虫になると結構きれいになるかもしれないのでそのままにしておきます。(ヒトリガの仲間の幼虫と思われます)
e0094349_913293.jpg

おまけの写真です。散歩道に小さな真っ赤な実を沢山つけている木があります。似たような実がなる木は多いので、何だかわかりませんがイソノキというものかもしれません。
e0094349_933150.jpg

e0094349_934456.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-23 09:04 | その他の果物

モミジカラスウリの味見

都農町産のモミジカラスウリの実の表面が黄色になってからシワ状になったため熟したものと考えられます。
e0094349_9503016.jpg

そこで、本日、真っ二つに切り開いてみました。これは長さ8センチの実です。
e0094349_9513953.jpg

種が沢山あり、種の周りに白い果肉?があります。ちょうどムベの実のような感じです。
ムベやアケビを食べるようにしてみました。ジュースはほとんどありません。

確かにほんのりと甘く、アケビやムベとほとんど同程度でした。香りも無く、美味というにはちょっともの足りませんし、若干ですが後味が残りました。まだ1個だけの試食であり、完熟まで間があったかもしれません。

種の大きさが、長径約1センチありました。カラスウリの種とは全く違い、ありふれた普通の形です。写真の種は以前採取して乾燥させておいたものです。
e0094349_9582019.jpg
e0094349_9582873.jpg

モミジカラスウリとキカラスウリの実はよく熟すと甘くて美味しいといわれているので、これからもサンプルを増やして確認するつもりです。さらに、オオカラスウリも見つけて調べたいと考えています。

カラスウリ類とよく似ている蔓性のパッションフルーツ(クダモノトケイソウ)の実は、熟すと柄が切れて落果します。そしてそれを放置しておくと次第に皺くちゃになり、中身が甘くなって良い香りを放ちます。下の写真の上側はパッションフルーツの完熟したものです。シワシワで色も落果時点より濃くなっています。
e0094349_1022432.jpg

カラスウリ類は落果しないで蔓が枯れるまでぶら下がっていますが、色づいて皺くちゃになると甘くなる点で同様な繁殖戦略(動物や鳥による種子散布)をとっているようです。

カラスウリ類の場合、実を蔓から切り離して追熟させるタイミングを見極める必要がありそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-09-13 10:05 | その他の果物

イヌビワの実

散歩道脇の杉畠の薄暗い中、道路に近いところにイヌビワが群生しています。
e0094349_901423.jpg
e0094349_902113.jpg
e0094349_902944.jpg

昨夜の雨に濡れたイヌビワの実が沢山見えますが、小さくて熟し方がバラバラなので収穫する意欲が湧きません。

先日訪問した自然農法の黒木さんはこれを集めてジャムを作っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-08-20 09:00 | その他の果物

イヌビワ

昨日、20日に山中でマタタビ・スポットの位置をGPSで出し、現場を撮影していた時に足元のすぐ近くでガサゴソ言っていたと思ったら、大きなヤマドリのオスが飛び立ちました。音は以前から聞いていましたが、ケバケバしい姿の実物を見たのは初めてでした。あっと言う間に藪の中で、カメラで撮影は当然できませんでした。

今朝の散歩中、自宅脇の奥野川の上を青い弾丸が飛び去りました。いつもいるカワセミです。そしてミゾゴイかもしれない鳥が水面上を高速で飛び去りました。どちらも普通のデジカメでは撮影できません。持ち歩いているカメラは接写を優先させています。

散歩の戻り道で林道の脇の杉林の中でコツコツという音がするのでよく見たらコゲラが枯れそうな木を盛んに突いていました。この鳥との遭遇は初めてです。ヒメボタルが群れて飛ぶ杉林ですが、林道沿いには杉に圧倒されて枯れかけている木があり、その枝の間を飛び回っていました。これまたシャッターチャンスなし。

ヒメボタルはいまだに集団発光を始めていません。ゲンジボタルとヘイケボタルは少し飛んでいますが、まだ本格的ではありません。昨夜はゲンジが数匹、ヘイケは10匹前後でした。自宅の庭(幼虫の飼育水路際)で羽化したヘイケボタルのオスとメスをカゴに入れておいたら、昨夜から今朝まで交尾していました。産卵させる準備をしなければなりません。産卵床となるコケを集めておく必要があります。

散歩道ではイヌビワの花(実)が見えるようになりました。これはイチジクのミニチュアであり、夏に「食べられる」果実となりますので、粗末にはできません。
e0094349_934199.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-05-21 09:35 | その他の果物