beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ウミガメ( 34 )


漁業とウミガメ

興味深い記事を発見しました。

エビ・ウミガメ事件 文責:蛭田伊吹http://www.econ.keio.ac.jp/staff/myamagu/seminar_www/1999/pdf/shrimp_turtle.pdf
アメリカではエビ底引き網で混獲されるウミガメを網から脱出させる装置を義務付けた法律が施行されていますが、それをWTOがらみで東南アジアなどの国からアメリカがエビを輸入する場合に同様に義務付けようとして、各国の反発を受けたお話です。

千葉県でアカウミガメ保護をやっているところの詳しい情報サイトがありました。最新は:
http://www.ne.jp/asahi/inlet/jomonjin/2008kame.html

同じサイトで、ウミガメ保護に関するランキングで日本がワーストワン、世界一悪いと評価されている情報が紹介されていました。英語の本や資料を勉強して紹介しています。
http://www.ne.jp/asahi/inlet/jomonjin/2006turtle.html
オーストラリアが世界一ウミガメにやさしい国であることは自他共に認めるところでしょう。
かつて、グレート・バリア・リーフのアオウミガメを大量に捕獲してスープの缶詰を作ってイギリスに輸出した国ですが、大変身しています。

日本が世界最悪国である評価理由について原文を見ていないのでどこで減点されたのかわかりませんが、
<ランキング作成に際しては、(1)卵の盗掘の有無、 (2)成体の捕獲の有無、 (3)産卵場所の保全状態、 (4)ウミガメ保全に対する国全体としての取り組み、 (5)トロールや延縄漁獲でのウミガメ捕獲規制状況、等に基づき作成されているという。>
だそうです。
日本は1,2は無しでしょうが、3,4,5がメタメタですね。いくら善意のある人々が卵の移設に努力を重ねても基本的な減点事項をカバー出来るはずがありません。

国として行政的に環境省は事実上関与していないし、水産庁が野生海洋動物の保護に後ろ向きであることが大きい問題だろうかと思います。また、 ワシントン条約でウミガメ類の国際取引の制限の取り決めについて、業界を守るために最後まで激しく抵抗したのは日本でした。その失点を回復する努力がなかったのも大きいでしょう。

http://www.nmfs.noaa.gov/pr/pdfs/interactions/turtle_bycatch.pdf
Executive Summary – International Technical Expert Workshop on Marine Turtle Bycatch in Longline Fisheries –. Seattle, Washington, USA, 11-13 February 2003.
延縄漁業の針にかかって事故死するウミガメについての専門家会議をアメリカ政府(NMFS)がやっていました。
これは日本のマグロ延縄漁業に対するけん制だったのかもしれません。アメリカは延縄をやらずに大型まき網漁業でマグロを獲っていますから、延縄漁業はやっていないはずで、自国の問題ではありません。ただし、国際的にウミガメ類を保護するという法律the Marine Turtle Conservation Act (MTCA) of 2003 をブッシュ大統領がサインしたのが2004年でしたので、この会議は法律に連動させていたのでしょう。

数十年前に大目刺網というマグロ漁業を日本が開発したことがありましたが、ウミガメやイルカなどが多数殺されるので国際的に猛烈な非難が集まり、廃止に追い込まれました。

マグロ延縄にかかって死んでいるウミガメの数はどのくらいか、日本がちゃんとデータを出さないからいけないのだと思います。

<追記>
上に紹介した千葉県のサイト:
http://www.ne.jp/asahi/inlet/jomonjin/2006turtle.html

「ウミガメについては、学術的な書籍や写真入の解説書類がいろいろと発刊されている。それらの中から、いくつかの話題について紹介する。
参考にした書籍は、"Loggerhead Sea Turtles", Alan B . Bolten,et.al, 2003, Smithsonial Institution、"Sea Turtles", James R. Spotia, 2004, John Hopkins University Press、"Voyage of the Turtles", Carl Safina, 2006, A John Macrae Book、インタネーネット上のWebSite等である。」

Sea Turtles の著者がミススペルされていたので見つけるのにてこずってしまったが、
Spotila であって、引用ではエルの字が抜けていた。
早速アマゾンサイトに注文を出したので、国際ランキングの話は後日、この本の内容を
見てからコメントしたい。
この本を発行したJohns Hopkins University Pressはconservation関係で
よい本をいくつも出している。
ついでに、英語を母国語としている人たちもよく間違えるが、Johnではなくて Johnsである。

また、Loggerhead Sea Turtlesという本はすでに注文済み。

Safinaは文章が達者で、ウミガメの本の前に水産資源とサンゴ礁保全に関する
Song for the Blue Ocean: Encounters Along the World's Coasts
and Beneath the Seas (1998) Henry Holt & Co 
という大著を出版している。

Safinaが所属するNational Audubon Society からは VSH videoとして、
Danger at the Beach (1992年)が出されている。これはアメリカの海岸に
おける環境問題、野生動物の保護問題などについて当時の状況と、問題解決に
取り組む各地の活動などを紹介している。
http://www.audubon.org/
この協会では野鳥の保護活動が中心であったが、野生生物と自然環境を守る
活動を活発に展開している。AUDUBONという雑誌には優れた啓蒙記事が多い。

大西洋クロマグロをワシントン条約のリストに加えようと提案して日本の水産庁を
かなり焦らした中心人物がSafinaです。この人のブログでマグロについての記事、
http://carlsafina.wordpress.com/2008/01/07/managing-tuna-into-extinction/
そしてアカウミガメの記事、
http://carlsafina.wordpress.com/2007/10/20/loggerheads-in-the-headlines/
を見ることが出来ます。この中に引用されていたアメリカ政府の文書をダウンロード
してみました。1年前に出ている最新の情報(既存情報のまとめ)です。
http://www.fws.gov/northflorida/SeaTurtles/2007-Reviews/2007-Loggerhead-turtle-5-year-review-final.pdf

まとめでは、日本沿岸の孵化率の減少を砂浜の侵食に結び付けています。また、
回遊してからの若いアカウミガメが東太平洋における漁業活動で巻き添えになり
死亡している問題を指摘しています。これは小笠原で生まれて沖縄や東アジアの
沿岸域に回遊している若いアオウミガメが漁獲されて死んでいる問題と似ています。

広く回遊するウミガメ類については、関係した国々の間で情報交換して、問題の所在
を明確に把握した上で、効果的に対処して保護活動しなければ、海岸で産卵された
卵を守ろうとしても無駄な努力になります。もちろん、親になったアカウミガメも漁業
による事故死が激しければ、それを何とかしなければならないでしょう。日本の水産
庁は海岸でのウミガメ保護について形だけの通達を出し、海岸で保護活動に取り組
んでいる団体などにわずかな補助金を支給するだけでお茶を濁しています。
http://www.ne.jp/asahi/inlet/jomonjin/suisanchou_tsuutatsu1994.html
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-31 21:10 | ウミガメ

ウミガメを守るためにはどうすれば良いか

http://ir.u-gakugei.ac.jp/bitstream/2309/1465/1/18804306_57_44.pdf

屋久島におけるアカウミガメの孵化状況と未孵化卵の死亡原因について
A Research of the Incubation Situation and a Death Cause of Non-Incubation Egg of a Loggerhead Turtle in Yakushima
著者 : 山田, さやか 和田, 正人
著者(別言語) : YAMADA, Sayaka, WADA, Masato
日付 : 2006-2-0
URL : http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3AAA12117441
収録種別 : 紀要論文
ISSN : 18804306
出版社 : 東京学芸大学紀要出版委員会
URI : http://hdl.handle.net/2309/1465
出典 : 東京学芸大学紀要. 総合教育科学系 Vol.57 p.463 -468

2004年、屋久島で行われたアカウミガメの孵化に関する調査結果を報告している。

産卵された卵が移植された場合の平均孵化率は64.4%で移植しなかった自然に任せた場合は76%であった。冠水したりする危険がある場合に人の手で移植しているとあるが、その孵化率が自然のままのものより低い。移植に際して転卵の影響を避けるために産卵直後に行われたとあるが、その方法にリスクがあることがわかる。また、護岸のある浜では、それがない浜よりも孵化率が低下した(77.0%対65.2%)。

今後の課題として、「これからは無理に移植することは避けた方がよさそうである」、
そして、
「最後に、人がウミガメの産卵行動や、孵化し海へと帰る子ガメを見て思うことは様々であると思う。しかし、その”生命を繋ぐ”という生物の営みを絶やすことなく繋げていくため、私たちに何が出来るのだろうか。それはきっと、ただ救済しようとするだけでなく、よりよく理解することと、ただ守ろうとするのではなく、そっと見守っていくこと、なのかもしれない。」とまとめている。

「移植習慣病」の皆さんに是非読んでもらいたい報告である。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-29 20:30 | ウミガメ

アカウミガメ情報

日本産アカウミガメ (Caretta caretta) の産卵後の回遊
Post-nesting migration of Japanese loggerhead turtle, Caretta caretta
亀崎 外10名 Wildlife Conservation Japan Vol.3, No.1(1997) pp. 29-39
この報告を見つけました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001817074/
1990年代後半以後に日本でもかなり研究が進んでいたことがわかりました。

アブストラクトを読んだだけですが、産卵上陸してから標識を付けられたアカウミガメが各地で再発見されたデータをまとめた結果を報告しています。アブストの最後の文章:
Many of the recapture records were obtained by trawling vessels in the East China Sea and by set nets operating in the Japanese coastal waters. We discussed on their conservation.

再発見された標識アカウミガメの多くは、東シナ海で底引き漁船の網にかかったか、日本各地の定置網にかかった個体であった。網にかかって死んでいた割合は本文をみないとわからないのですが、この問題が論議されているようです。水産庁サイトのアカウミガメのデータファイルにはこの情報は引用されていなかったと思います。

http://www.flmnh.ufl.edu/herpetology/caretta/caretta.htm
A BIBLIOGRAPHY OF THE LOGGERHEAD SEA TURTLE Caretta
caretta (LINNAEUS, 1758), INCLUDING REFERENCES TO
FOSSILS PLACED IN THE GENUS Caretta
C. KENNETH DODD, JR.
Department of Wildlife Ecology and Conservation
University of Florida Gainesville, FL 32611, U.S.A.
e-mail: terrapene600@gmail.com
December 2007

アカウミガメ関係の論文を集めているサイトにぶち当たりました。これは便利ですね。
サイト内検索まで用意されています。
これを使っていろいろ調べてから、面白い情報が出てきたら紹介します。

日本ウミガメ協議会の1994年のものはあるようですが、2002年のレポートは収録されていないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-27 20:18 | ウミガメ

アカウミガメの里帰り

Natal homing in juvenile loggerhead turtles (Caretta caretta)
著者多数のため、筆頭者のみ:BRIAN W. BOWEN 外18名
Molecular Ecology Volume 13 Issue 12, Pages 3797 - 3808
Published Online: 21 Oct 2004

お金を払わないと全文が読めないというサイトですので、後で某大学でダウンロードしてもらってpdfファイルを横流ししてもらうつもりです。アブストラクトは読めますので内容をちょこっと紹介します。

分子遺伝情報で系群を識別できる時代になっていますね。

大西洋西部(アメリカ)沿岸のアカウミガメについて研究した結果を報告しています。

産卵親は同じ海岸の砂浜にかなり正確に回帰していることが知られていますが、自分が生まれた海岸に戻ってくるかどうかは(回帰は想像されていましたが)良くわからなかったことでした。若い子亀は大西洋東部と地中海の外洋で生活した後に、西大西洋の沿岸部で育つという生活史を持っていると考えられています。

この研究の結果は、産まれ故郷の附近に戻って産卵する個体がかなり高い割合で存在していることを示唆しています。

ビーチごとに親亀の個体識別ができる(親子関係を特定できる)ほどの遺伝情報はまだ十分ではないでしょうから、ピンポイントで生まれた海岸に戻るかどうかを論じるまでには至っていないと思いますが、可能性はあるでしょうね。

大西洋でアカウミガメがやっていることは、太平洋でも同様かも知れません。

アブストラクトをコピペしておきます。

Juvenile loggerhead turtles (Caretta caretta) from West Atlantic
nesting beaches occupy oceanic (pelagic) habitats in the eastern
Atlantic and Mediterranean, whereas larger juvenile turtles
occupy shallow (neritic) habitats along the continental coastline
of North America. Hence the switch from oceanic to neritic stage
can involve a trans-oceanic migration. Several researchers have
suggested that at the end of the oceanic phase, juveniles are
homing to feeding habitats in the vicinity of their natal rookery.
To test the hypothesis of juvenile homing behaviour, we surveyed
10 juvenile feeding zones across the eastern USA with
mitochondrial DNA control region sequences (N = 1437) and
compared these samples to potential source (nesting) populations
in the Atlantic Ocean and Mediterranean Sea (N = 465). The
results indicated a shallow, but significant, population structure
of neritic juveniles (ΦST = 0.0088, P = 0.016), and haplotype
frequency differences were significantly correlated between
coastal feeding populations and adjacent nesting populations
(Mantel test R2 = 0.52, P = 0.001). Mixed stock analyses (using
a Bayesian algorithm) indicated that juveniles occurred at elevated
frequency in the vicinity of their natal rookery. Hence, all lines
of evidence supported the hypothesis of juvenile homing in
loggerhead turtles. While not as precise as the homing of
breeding adults, this behaviour nonetheless places juvenile
turtles in the vicinity of their natal nesting colonies. Some of the
coastal hazards that affect declining nesting populations may
also affect the next generation of turtles feeding in nearby habitats.

京都大学のメンバーが我がアカウミガメの外洋における移動を追跡して報告しています。
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/44126/1/4thSEASTAR2000_28.pdf
この報告では御前崎生まれの2個体の仔ガメに発信機をつけて追跡した結果、1個体が
265日で9800キロ移動、他の個体はまだ移動中で、似たコースを流動している。

このコースはいわゆる「黒潮続流」で、ジョン万次郎が漂流したコースと一緒でしょう。
漂流中は流れ藻などに隠れて寄り添って、周りのいろいろな餌を食べているでしょう。

Site fidelity and homing behavior in juvenile loggerhead sea turtles
(Caretta caretta) Larisa Avens外3名 Marine Biology Volume 143,
pp.211-220 / 2003年

これもアブストラクトだけですが、北アメリカの沿岸部に住み着いた若いアカウミガメは
違う場所に移動させた後で、同じ場所に戻ってくること、季節移動した後でも同じ場所に
戻ってくることを標識放流で確かめています。つまり、未成熟時代のアカウミガメ達は
自分が選んだ生活の場にこだわり続けていて、戻ってくる能力を持っているようです。
最後のまとめの部分:
Taken together, the results of this study indicate that juvenile
loggerheads exhibit fidelity to specific areas during summer
months and possess the navigational abilities to home to
these areas following forced displacements and long-distance
migrations.
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-27 15:56 | ウミガメ

早起きクラブ

e0094349_8321575.jpg
e0094349_832255.jpg

週末ですがウミガメには休日はないようです。
5時半に小倉ヶ浜に到着したら、すでに掘り掘りされた跡が見つかりました。

日向市にはウミガメ保護条例があるそうです。そして卵の移設については日当として
年間8万円程度がウミガメを守る会に支給されているそうです。
ビーチが3つに分かれているので3、3,2となっていて、二ヶ月間、毎朝出ていると
して、それぞれ一人で担当しているとすれば、1日当たり500円の日当です。
これも予算が削減対象になっていて、毎年、減らされ続けてきたと聞きました。
残念ながら、この活動で得られたデータがしっかりと公表されてはいないようです。

全国的に日本ウミガメ協議会という組織があって、ウミガメ類に関する諸々のデータを
集積して公表していますが、ここ日向市では、そして宮崎県の他の海岸でも同様ですが
互いの情報交換もしないでいて、そして全国ネットワークと連携していないところが多い
ように思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-19 08:44 | ウミガメ

毎日ごくろうさま

e0094349_7432834.jpg
e0094349_7433933.jpg

Kさんの話では、小倉ヶ浜で今年はすでにのべ40頭以上のアカウミガメがが産卵
したようです。卵も5000個は固いでしょうね。
これも昨夜上陸して、卵が掘り出された場所です。

だいたい同じ場所に繰り返し上陸しているようですが、亀から見て、陸上に何かの
手がかりがあって、それをキューとして上陸場所を決めているのでしょうか。

単車で走り回っているわだちの跡が一緒に見えるように撮影しておきました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-15 07:47 | ウミガメ

ウミガメの「保護」活動

今朝は快晴だったので、ミッキーがバテてしまう日が昇る前に小倉ヶ浜に出ました。
いました、いました、ウミガメの卵を掘り出す人たちです。ウミガメ保護隊のボスの
Oさんたちが来ていました。日向市からの活動助成金をもらっているようです。

これも小型だったようで、海に帰ってからそれほど時間が経過していません。
e0094349_781530.jpg
e0094349_782762.jpg

Oさんがスコップで掘り始めました。すでに何百というウミガメの産卵巣穴を掘った
経験豊富なベテランです。すぐに卵を見つけ出しました。そして全部掘り出す。
e0094349_784676.jpg

e0094349_7101039.jpg

e0094349_7113945.jpg

122個ありました。それをアシストさんがプラスチックの買い物袋に入れました。
e0094349_7115719.jpg

聞いてみたら、{安全な場所に}移設するそうです。移設の様子を見るのが怖いのと
日が昇ってきたので、この時点で帰宅しました。卵が1日前の産卵で発生が進んで
いたら死滅する個体が多く出るでしょうが、産みたてなので、その恐れは少ないと
思って、自分を押さえました。温度環境などの発生環境が変わると雌雄の比率も
変わることが知られていますが、温度計は持っていないようです。卵数だけを記録。
負荷率ではなくて孵化率は7割くらいだとの問わず語りのコメントがありました。
私がウオッチしていることを気にしてOさんはいろいろと自己弁護をされました。
Kさんに提供した卵移設用のパンケースはOさんには渡っていません。

この場所で卵が孵化するのに問題はなさそうに思えましたが、Oさんはかつて経験
した台風の時に卵が洗い出された様子を見たことがトラウマになっているようです。
「台風などで卵が失われることもウミガメの繁殖は織り込み済みですよ」と余計な
一言をぼそっと言っておきました。人為的な繁殖の障害を取り除くとか、漁業者の
網にかかって死ぬとか、プラスチック袋を食べて腸閉塞で死ぬとか、ウミガメの
保護にはもっと大切なテーマがありますが、卵の移設は実際に自分達の手で
実行できるので、達成感が生まれるのでしょう。これは植樹と同じ様な感じですね。

自宅附近で2年前に、自然林に復元中の林を伐採して、イチイガシなどを植える
植樹祭がありました。その音頭とりをしていたのもOさんでした。

小倉ヶ浜の赤岩川河口の北側のこの産卵場所では階段護岸がありますので、
台風の大波が当たればその反射で附近に産み落とされたウミガメの卵は洗い
出されるでしょう。階段護岸がなければ、移設することは必要なしだと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-11 07:31 | ウミガメ

産卵の確認

e0094349_932329.jpg
e0094349_93351.jpg
e0094349_93456.jpg
e0094349_935567.jpg
e0094349_94665.jpg

今朝は北風で曇り空、久しぶりに涼しい、心地よい小倉ヶ浜の南側海岸でした。
一足先にウミガメの上陸した足跡を見つけたので、ウミガメ保護マンであるYさんの
到着を待ちました。割りと小さい個体で、推定で甲羅の長さが65センチくらいです。
流木にぶつかったところで昨夜産卵していました。Yさんは、私が「監視」している
ことで緊張しすぎたか、産卵確認のために丁寧に手掘りをする場所を間違えて
なかなか卵と遭遇できません。カメの歩いた跡や砂かけのカモフラージュの様子
から私が判断した場所(ぴんぽーん)でしたが、かなり浅く産んでいました。
存在を確認した卵は巣から掘り出さずに埋め戻し、2ヵ月後の孵化を待ちます。
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-10 09:11 | ウミガメ

未熟者が再び

ウミガメはシーズン中に同じメスが4週間隔くらいで繰り返し上陸すると言われて
います。makinoさんの予言どおり、再び上陸したカメの足跡が現れました。
今朝の北小倉ヶ浜には再び不都合な場所に上陸してしまい、不首尾に終わった
跡が見つかりました。一番北の浜が狭くて岩場の割れ目から淡水が流れ出ている
場所にはまり込んで、かなりジタバタしてから、やっとこさ海に戻ったようです。
かなりきつい段差を上下していました。
e0094349_8404973.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-07-09 08:40 | ウミガメ

邪魔が入ったのか

e0094349_7502846.jpg
e0094349_7504133.jpg

小倉ヶ浜では潮汐との位置関係から判断して今朝の夜明け頃に上陸したウミガメの
足跡が残っていました。これを良く見ると、上陸途中でグルグル廻って、産卵せずに
海に帰ってしまったようです。引き返し地点は満潮線よりすぐ上でしたが、誤岸から
かなり遠い場所でした。おそらく、上陸途中で何かが気になって中止したのでしょう。
想像すると、陸上の人間の存在を感じたためかもしれません。この誤岸の場所では
毎日のように上陸した痕跡が残されています。そして卵が掘り出された跡もあります。
砂浜では花盛りの草が広がっていますが、これはなんだろうか、後で調べよう。
e0094349_75879.jpg

カルガモのペアが砂浜に来て歩き回っていました。普段はカラスがいる所です。
e0094349_7585885.jpg

階段護岸の上にはハマグリの壊れた殻が増えていますので、カラスの潮干狩りも
活発なようです。
今朝も向こう岸のコアジサシのモニタリング中であったYさんの話では100羽以上
が営巣しているそうです。鳥も人間の干渉で営巣を途中放棄するので、注意深く
見守る必要があることは、ウミガメの産卵上陸を乱さない細心の配慮が必要である
ことと同じです。過干渉と過保護の「名ばかり自然保護」はいけません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-26 08:05 | ウミガメ