beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:サルナシとマタタビ( 66 )


ウラジロマタタビの開花

サルナシ類の一種、ウラジロマタタビのオス花が開花しました。
e0094349_17165852.jpg
e0094349_1717813.jpg
e0094349_17171894.jpg

今年のウラジロマタタビの蔓には沢山蕾がついています。

問題は、メス花が咲いて受粉しないと実ができません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-05-06 17:18 | サルナシとマタタビ

サルナシを支える竹の支柱

2010年の秋に始めたサルナシ園つくりでは、サルナシの葛を支える支柱として、太い竹を3本組み合わせたセットを1単位としています。

下の写真は2010年11月20日に撮影したもので、手前の駐車場の先に竹の支柱群があります。
e0094349_17155698.jpg

この竹は4年持たないことがわかりました。

昨年の台風の影響を受けずにいたのが、冬の季節風の突風で支柱の根本が折れて、なぎ倒されました。
e0094349_17193128.jpg

e0094349_172093.jpg

サルナシ・ポポー園の整備と維持に協力していただいているMさんから、新しい竹を50本いただきました。
e0094349_17214846.jpg

今日の穏やかな天気のもとで、家の一番手前の支柱群の修復が終わりました。
e0094349_17232678.jpg

駐車場側のサルナシ支柱群も続いて竹を交換して補修します。

サルナシ類の蔓は丈夫なので、支柱が倒れても特に悪影響を受けません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-05 17:28 | サルナシとマタタビ

山ノ神山のシマサルナシ

延岡市北川町の山奥に野生のシマサルナシが採れるスポットがあります。

標高約500メートルの稜線を走る林道の脇にあるのでアクセスがよく、2009年に発見してから何度も採取に出かけていますが、昨年はパスしました。

朝は快晴で季節風が弱まっていたので、チャンス到来、野鳥に食われる前にシマサルナシを収穫するべく、以前にも増して荒れた悪路を走りました。

山ノ神山には2箇所のシマサルナシ採集スポットがあって、その一つでは小さい丸い実、が、もう一つは大きいタル型の実がなります。

小さくても糖度が高い丸い実はたわわに実って待っていてくれました。
e0094349_19121217.jpg

高切り鋏が届き、固まってとれるものをいただきました。
e0094349_19122317.jpg

大きい実がびっしり生る蔓は、主幹がポッキリ折れていて、悲惨でした。
e0094349_19141067.jpg

分枝した蔓にはそれなりに実が着いていたので、収穫はありました。
e0094349_1915254.jpg

サルナシの蔓は非常に丈夫なので、これがなぜ折れたのか訳がわかりません。
e0094349_19164759.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-12-08 19:18 | サルナシとマタタビ

シマサルナシの実

霜に当たると熟すといわれているシマサルナシの実の検分のため、日向市のさるなしの里を訪問しました。
e0094349_1622585.jpg

上の写真は普通のシマサルナシで下の写真は日向特産の変種です。
e0094349_1622142.jpg

シマサルナシと変種の実はようやく熟し始めたところでした。

シマサルナシはキウイフルーツのミニチュアといった姿で、親指の先ぐらいの大きさです。

それなりに美味しく、ビタミンCがたっぷり含まれている健康的な果物です。
[PR]

by beachmollusc | 2014-12-05 16:27 | サルナシとマタタビ

サルナシの実、自家採取の第1号

宮崎県に生育しているサルナシ(または、マタタビ)類には、シマサルナシ、サルナシ、ウラジロマタタビ、そしてマタタビの4種類があります。

自家栽培のため、大分から宮崎にかけて、サルナシとマタタビの野生蔓から挿し木苗を作り、大分と熊本のナーセリーから苗を購入して育てています。

ようやく自宅で実った最初のサルナシ果実の味見です。果樹栽培は時間がかかりますね。

シマサルナシの、実が8つついた蔓がありますが、それが熟すのは12月ころのはずです。

ウラジロマタタビ(南方系の2倍体のサルナシ)には全部で6個の実です。ミニキウイです。

そろそろ熟す時期が近いので、鳥に狙われる前に収穫しました。
e0094349_9345584.jpg
e0094349_93447100.jpg

指の先ほどの大きさです。

この実がなった蔓は大分県日田市のキヨタキナーセリーが販売していた久住の1000mくらいの高度で採取されたというサルナシ(ウラジロマタタビ)の実生苗です。庭に植えてから5年目でしょうか。

来年からは沢山の実がついてくれるのを期待します。
[PR]

by beachmollusc | 2014-09-15 09:38 | サルナシとマタタビ

シマサルナシに綿カビ?

シマサルナシの新しい葉には赤い色素が出て目立つのですが、その一部に白い綿カビのようなものが広がっています。ごく若い葉の一部だけであって、古い葉には見られません。
e0094349_15144960.jpg
e0094349_15143244.jpg

これは蔓延している様子はなく、栽培上の問題となるかどうかわかりません。
e0094349_1515494.jpg

専門家に問い合わせてみます。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-11 15:19 | サルナシとマタタビ

シマサルナシの花

e0094349_1048837.jpg
e0094349_104758100.jpg

植栽したシマサルナシの4株に花が咲いています。

シマサルナシは雌雄異株だったはずですが、接写してみた2株は共に雌しべと雄しべが揃っていました。

これは、花粉がでない、事実上のメスだったようなことかもしれません。雌しべのないオス花が咲いてくれないと結実しないのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-23 10:51 | サルナシとマタタビ

やっとサルナシの実がついた

2009年からサルナシ類の苗を育てていますが、今年になってようやく花が咲き、実が着き出しました。
e0094349_8315822.jpg
e0094349_8315055.jpg

北方系のサルナシに対して南方系のサルナシで和名はウラジロマタタビです。

シマサルナシと違って、野生のサルナシの実が採れるような蔓はほとんどなく、熟した実は鳥やテンなどに食われてしまって、人間が食べるためには栽培するしか方法はありません。
e0094349_8361763.jpg

山から取ってきた枝の挿し木苗から4-5年かかってようやく最初の花が咲きました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-16 08:36 | サルナシとマタタビ

ウラジロマタタビが開花

e0094349_94314.jpg

ポポー園を取り囲んで(防風フェンスとして)いるサルナシ(ウラジロマタタビ)の開花第1号です。

山からとってきた枝を挿し木にして苗を作り、定植したのが2010年秋でした。
サル・マタ大作戦: http://beachmollu.exblog.jp/13484009/

残念ながらオスの花なので、この株から実はできません。
e0094349_9515737.jpg

つぼみがついているウラジロマタタビは別の株が2つあるので、近日中に開花するでしょう。メスであれば、最初の自家生産の実が、秋に収穫できるかもしれません。
e0094349_9513190.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-05-02 09:53 | サルナシとマタタビ

マタタビが目立つシーズン

マタタビは山間地の渓流沿いや谷間の湿潤な環境に広く見られます。
e0094349_76477.jpg
e0094349_755394.jpg

マタタビは雌雄異花で開花期が梅雨前、ホタルが飛び出す頃になります。そして、花が咲く頃に葉の一部が白くなって、緑が濃くなった山で目立つようになります。

一昨日、青島のゴルフ場の裏山にある宮崎市の自然休養村「好隣梅」
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1231896199799/files/annnaizu.doc
の林道を探索中に白い葉を見つけました。この場所は、標高が50mもなかったと思います。マタタビの生育場所として、今まで見たもっとも低い場所です。

この林道は小さな渓流に沿っていて、ホタルが出るらしく、市が立てた案内看板がありました。
e0094349_7122318.jpg

お役所的、教科書的な説明で、出現時期や光る色、その他について違和感を感じます。現地でどのような状況になっているのかわかっているのでしょうか。

もう一つ「クワガタの森」などという看板がありました。
e0094349_7153651.jpg

セイタカアワダチソウが伸びていて下の方が読めません。

「クワガタ」などのために植林された樹種リストを見ましたが、なぜか虫を集める効果が高いとされる「エノキ」がありません。リストから、見た目だけで魂が入っていない事業をやったように思われます。

参考:榎とクワガタにまつわるエピソード

榎馬鹿日記
http://www.asahi-net.or.jp/~MR8K-SGN/BAKA-9712/coela-kappagi1.html
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-23 07:18 | サルナシとマタタビ