beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:サルナシとマタタビ( 66 )


パッションフルーツの冬支度

パッションフルーツの鉢植えを3株大事に育てています。そのうち2回目の冬を迎える1株は大小の青い実を6つつけたままです。今年購入した2株は大きな葉をつけて成長を続けています。

これまでは、家の前のミッキーの囲いこみスペースにおいて、垣に取り付けた網のフェンスに登らせておいたのを、越冬のため、からまった「まきひげ」を切断して網から外し、鉢の中の支柱にまとめました。
e0094349_11132348.jpg

現在3株はベランダの特等席に移動して、1坪サイズの簡易ビニール温室の到着を待っています。
G11というベランダに置くだけの温室で、約3万円、それに加えて9000円の小温室用の温度調節、加熱送風器の出費となりました。
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/minatodenk/cabinet/00770835/img55988317.jpg
これで3株ともこの先の冬場を乗り切ってもらうつもりです。

パッションフルーツが占拠していたスペースにはシマサルナシの鉢植え苗を移動させています。
e0094349_11142246.jpg

この苗の元になった野生株の採取場所がわからなくなっていますが、多分、近場のオスです。盛んに新鞘を出して成長を続けています。

このシマサルナシと一緒の鉢にウラジロマタタビの苗もあり、来年は一緒にフェンスに登らせます。
e0094349_1119517.jpg

井戸小屋の南側には久住から来たウラジロマタタビ、実生苗から3年目が伸びていて、さらに通販で購入した赤い実がなる「ハーディ・レッド」というサルナシの園芸種が家の南西角に伸びて屋根まで届いています。
e0094349_11204282.jpg

サルナシ・マタタビ果樹園とは別に、庭でも各種のサルナシ類が成長を続けています。

来年は、自宅でサルナシ類の花が咲いて実がなることを期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-29 11:22 | サルナシとマタタビ

果樹園の準備

自宅の北側の約300坪の土地は、サルナシ採取を一緒にやっている木登り上手なKさんの所有で、借地としています。

この土地は杉が植林された約30年前のさらに前は桑畑だったようで、土地はかなり肥沃です。

サルナシ類を植栽した場所は竹が3本、互いに支えあう支柱としています。20セットほど作っています。天敵さんが建てた棚と連携させています。

サルナシ・マタタビの植栽ゾーンを林道から見た様子です。手前に天敵さんが植えたコナラの苗が並んでいて、いずれ街路樹のようになるでしょう。
e0094349_19394154.jpg

4年前に杉が伐採され、その切り株が残っていたので使い勝手が悪かったため、サルナシ類だけかと思っていましたが、幸いにも切り株を取り除くとこができたので、次はポポーの苗を植栽することにしています。
e0094349_19361776.jpg

今日は、天敵さんによって彼が建てた櫓の解体作業が始まりました。テゲテゲに作ってあって未完成のまま丸太や板が腐食し、危険な構造物となっている上に、ポポーの植栽予定地を塞いでいます。

北側の土地は整地してビジターの駐車場とする計画です。
e0094349_19355975.jpg

この土地の北東側(写真の左手の向こう側)の奥野川沿いの元水田も借地にしていますので、それを見下ろす位置に、ビジター用の簡単な休憩場所をつくり、ホタル鑑賞、スポーツ観戦(下の土地でバレーボールなどができるはず)、そしてバーベキューなどができるように整備します。

100m南の奥野河川プールに駐車場とトイレがあるので、そこも利用でき、近隣の皆さんが集まって色々な催しができる場所にしたいと考えています。

櫓の3階部分が撤去され、その廃材を補助燃料にして杉の切り株を焼きました。
e0094349_19373446.jpg

切り株の山を全部焼き終えるのはまだ先のことになりそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-20 19:42 | サルナシとマタタビ

サル・マタ大作戦

山から取ってきた枝を挿しておいたサルナシ類(マタタビを含む)の苗が大量にできたので定植の準備を始めています。旅行に出る前に竹3本組の支柱システムをこしらえておいて、戻ってから苗を移植します。

また、種から育てたポポーの苗も定植するべき時期になっています。ポポーは落葉が迫っていて大きな葉が黄色くなっています。
e0094349_1438832.jpg

ポポーの木が風に弱い、もろいという性質であることから、その防風システムとしてサルナシ類の生垣を考えました。

サルナシの栽培技術としては、ブドウなどの蔓性植物と同様な棚を使うように手引書に書いてあります。T字の支柱の列に3本くらいワイヤーを張って蔓を誘引することが基本です。しかし、わがサル・マタ園では独自に考えた栽培方法をとります。

天敵さんが巨大なヤグラと棚を作りかけで放置しているので、それを活用することと、皆さんから竹を大量に寄付していただいているので、竹ヤグラを作ります。3本を3角形に組んで互いに支えるという簡単な構造です。
e0094349_1535428.jpg

黒木巌さんが持ってきて、植え込んでくれたシマサルナシの苗を絡ませる竹ヤグラを真っ先につくりました。
その苗は順調に育っています(上の写真の中央)。その右側は自分で育てた苗を移植したばかりのものです。
e0094349_14501328.jpg

竹を地面の中に埋め込むために、まず穴を掘ります。穴あけ用の道具をホームセンターで見つけ、3本購入し(1万円近い投資)応援が来るのを待っていましたが、まだ誰も使ってくれません。

穴掘りは取っ手を回すだけで土を掘り進むすぐれものです。その先端部の写真を紹介します。
e0094349_14494887.jpg

しかたなく自分だけで腰をかばいながら作業しています。
今日までに15組作りましたが、後でさらに30組は作る予定。1組作る時間は30分程度です。

サルナシやポポーの苗だけでなく、パッションフルーツも地面に植えたくなりました。

昨年に続いて、鉢植えのパッションフルーツが冬実を次々につけています。
e0094349_14563972.jpg

夏と冬に2回収穫できるので、植物本体が越冬さえできれば、冬は葉を落として春を待つだけにできそうです。寒波が来るときだけ囲い込み、本体が耐える温度より冷えすぎないようにするシステムを考案中です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-23 14:57 | サルナシとマタタビ

蕾がいっぱい、さて実は付くでしょうか

先日の日之影方面の調査で、日諸峠の下の林道で見つけたウラジロマタタビは、大きな蔓が縦横に伸びていて、蕾が一面についていました。
e0094349_18275991.jpg
e0094349_1828840.jpg

この林道は昨年中は工事中で通行できなかったため、今回初めて通ったことで、調査地点の番号が最新のWP122となりました。
e0094349_18305896.jpg

枝先を持って帰ってから挿木しておきました。上はそのクローズアップですが、このように蕾がにぎやかなウラジロマタタビの新鞘は見たことがありません。雌雄の判別はまだしていませんが、挿した枝や水に漬けた枝の蕾が開花したら判別できますので、それまでのお楽しみです。

挿木の枝の上に止まって葉っぱのまねをしていたアマガエル→シュレーゲルアオガエルがいました。
e0094349_183455100.jpg

すぐ近くにヤマカガシが来ていましたが、無事に生き延びているでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-04 18:35 | サルナシとマタタビ

県道22号線のシマサルナシ

昨日のサルナシ調査の結果ですが、その前に、南郷区の中村林道を走っていて見えた謎のパターンです。
e0094349_19491273.jpg

谷の向こうの山腹は急傾斜で林業には不向きと思われますが、それでも杉が植えられていました。そのパターンがこれまで見たことがない、いい加減な落書き状態です。どうせなら、何か面白い模様になるように植えればよかったのに。

宮崎県の統計では県全体の面積の約7割が森林で、その約7割が人工林ですから、県全体のほぼ半分が人工林で、ヒノキ畠もありますがその大部分はスギ畠ということです。諸塚村では地域の林業経営で計画的な植林を進めているようですが、ほかの多くの場所では細切れの所有者がバラバラに計画ナシ、というより経営しないで放棄している状態です。山間地の小さな谷津田で稲を作ってもお金にならないのと同じ構図でしょう。農政麻痺のまま、林業は放棄林と皆伐による裸の山とが広がっています。

この景観を見た林道には蕾が付いているウラジロマタタビがありました。そして昨年の実のミイラが見つかったので、これはメスの株であると推定できます。
e0094349_2052389.jpg

続いて39号線にて、昨年大きい実が少数付いていた株を再発見し、苗つくりのためその枝を一部切りとりました。(写真は省略)

県道22号線では、昨年の調査で実が付いていた2箇所の計3つの株から蕾の付いている枝を採取して香川大学の片岡研究室あてに送りました。

WP42番のシマサルナシですが、これはダムの近くで道路工事が進められている場所です。
e0094349_200514.jpg

e0094349_2001414.jpg

WP95番には道路の陸側斜面の下と川側のガードレールの下斜面に各1本実が付いていたシマサルナシがあります。共に蕾がついていて、川側の株は蔓がよく育って蕾も多数ありました。
e0094349_20112712.jpg
e0094349_20113970.jpg

蕾はかなり膨らんでいて、開花が近いようです。
e0094349_20114889.jpg

木城町の山間部でも標高が低い小丸川の川沿いに成育しているシマサルナシは、高山よりも開花が早くなるだろうと予想しています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-30 20:13 | サルナシとマタタビ

シマサルナシとウラジロマタタビの蕾

ご近所の農家の後継者K君が延岡のボランティア活動グループの若い皆さんを連れて遊びに来てくれて、地域の活性化の意見交換をした後、K君が観音滝を知らないというので連れて行って見せることになりました。そのついでにサルナシ類の開花予想のための蕾の付き具合を見て回りました。

滝は日光を浴びて、滝つぼの周辺では虹が見え、最高の景色でした。延岡から来た皆さんにも見せたかったのですが、今回は延岡の行事予定が迫っていて無理だったので、次のチャンスに改めて案内する計画です。
e0094349_20201754.jpg

県(険)道225線には複数のサルナシ類があり、昨年5月下旬にオスの花が咲いていた23番のシマサルナシが蕾をつけていました。(番号はGPSの位置登録の順番です)
e0094349_20241415.jpg

昨年は実が付いていなかったシマサルナシ33番にも小さい蕾がありました。
e0094349_20263353.jpg

e0094349_20264975.jpg
e0094349_20265952.jpg

上の写真のように33番は大きい蔓が高いところに伸びていて、高切鋏で切り取った枝で蕾を確認しました。この株に昨年実が付いていなかったということは、これもオスでしょう。

林道山の口・五郎太線のウラジロマタタビ20番にも蕾がたくさんありましたが、昨年は実がなかったのでオスであろうと思われます。
e0094349_20321436.jpg

今日の経路では、昨年の調査でメス株が見つからなかったので、メスの蕾は別の場所で近日中に確認するつもりです。蕾が見られた以上の3株以外のシマサルナシとウラジロマタタビも多数見つかりました。昨年見落としていた株が多いのですが、新鞘が伸びているものは見つけやすくなっています。

この林道と、その前に走った塩見谷・土々呂内林道とで、それぞれアナグマが1頭ずつ道に出てきて車の前を走り去りました。アナグマはやはり夜行性動物ではないのかも知れません。それにしても1日に2頭のアナグマを見たということは驚きです。林道の横断溝の下に逃げ込んだ1頭に対して、K君が写真撮影に成功しています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-25 20:35 | サルナシとマタタビ

寒の戻り

昨日は午前中に雪が日光に照らされてキラキラするという珍しい光景から始まり、午後は暴風並みの冷たい強い風が吹きまくりました。

今朝は屋外のバケツなどに薄氷が張っていて、一部で霜がおりたので、最近芽生えたばかりのサルナシ類がどうなったか見ておきました。

空き地に植え込んである黒木巌さん提供のシマサルナシは元気で朝日を浴びています。
e0094349_939777.jpg

昨年苗を購入して植えしておいた赤い実がなるハーディ・レッドも健在です。
e0094349_9394761.jpg

山から枝先を切って連れて来て、鉢で挿し木苗としているウラジロマタタビ(またはサルナシ)とシマサルナシも皆さん大丈夫だったようです。
e0094349_940566.jpg
e0094349_941934.jpg

この寒波のダメージを受けたかどうかはまだ確定していませんが、今のところ眼に見える損傷は受けていないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-03-11 09:42 | サルナシとマタタビ

日田尾のシマサルナシ

今日の午前中、黒木巌さんが新しく発見したシマサルナシの検分に出かけました。

黒木さんの家から出て、広域農道で田ノ原の生産者直販の店に立ち寄ったら、シマサルナシが販売されていました。その一つは黒木さんの所で栽培されていた株から分家したものだそうです。
e0094349_20531012.jpg

もう一つは野生株の実を誰かが採取したものでした。1キロ500円のお値段です。

今日の調査場所は、以前、香川大学の片岡教授と一緒に調べた乙羽山の北にある、東郷町の日田尾の山中です。

標高は200未満で、起伏が激しい山中に、パイロット事業で建設された立派な舗装道路が張り巡らされていて、その周りの一面に放棄された耕作地の中に、わずかな農地が見られるところです。
e0094349_2172498.jpg

シマサルナシの成育している場所は私有地なので、黒木さんが地主に了解をもらって入りました。

ジャングル状態の山の中にシマサルナシの群生地がありましたが、乙羽山と同じく農地の中にも大きな株があります。片岡研で検査したら、調べた中でその実が一番食味が良いという結果が出ていた株から完熟状態の実を採りに行ったところ、すでに誰かがお仕事していました。

このシマサルナシの幹も茎も太くて立派なものです。
e0094349_20592887.jpg
e0094349_20593723.jpg

取り付かれた木が押し倒されてしまうのが時間の問題のように見えました。
e0094349_210531.jpg

よく見たら天辺のところにわずかな取り残しがありました。そこで、木登りが始まりました。
e0094349_211196.jpg

天辺近くは支えの木が細くて危険ですので、わずかな数の実を採集しておしまい。

ジャングル状態の場所では杉の大木の数十メートルの梢まで登っているシマサルナシが見えます。
e0094349_2131386.jpg

これは登って採ることが出来ません。

谷間にあった実が小さいけれどもものすごい数が付いていた株を見せてもらいました。
e0094349_2143413.jpg
e0094349_2144393.jpg
e0094349_2145383.jpg

これはまだ熟しておらず、葉も残っていました。実が小さすぎて食べるよりも飾り物にした方がよさそうです。

この株はこれまで見てきたシマサルナシの野性株とはかなり違っているので、検査してもらうために香川大学宛に送りました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-19 21:07 | サルナシとマタタビ

シマサルナシ採取に再突撃

前回はまだ実が熟していなかったので、一部だけ採取し、次を狙っていたところ、本日採集の助っ人から電話があって、急遽、予定を1週間繰り上げて、お昼から出撃となりました。

雨上がりで暖かい陽気になった松瀬・歌糸林道を3度目の走行でした。前には道路のボコボコを撮影していなかったので、今回は代表的な路面破壊状態を記録しておきました。
e0094349_2192681.jpg
e0094349_2193454.jpg
e0094349_219418.jpg

車が腹をこする恐れがある場所は前に手当てしておきましたが、大きな破損箇所がまだ沢山あります。

木登り名人の黒田さんが獲物を持って満足しているところです。
e0094349_211210100.jpg

2回の出撃で頑張って採取しても、まだ三分の二くらいは残っています。ただし、手が届く場所にはほとんど残っていませんので、後は鳥や獣たちの取り分です。熟した実には鳥がすでにつついた跡が残っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-11 21:14 | サルナシとマタタビ

シマサルナシの採取

そろそろ熟し始めるかも知れぬと、採取時期を図っていた山ノ神山のシマサルナシ目指して北川の松瀬・歌糸林道を走りました。同行してもらったのは、前にウラジロマタタビ採集で助っ人となった、木登りが得意の大工の黒田さんです。

林道の途中で路面の舗装が大型車両の轍でぐちゃぐちゃになって突き出ている部分を叩いてへこます作業もやってもらいました。そのまま走ると前回のように車体の下の部分がぶつかってしまいます。壊れている路面の舗装が薄いことに黒田さんはとても驚いていました。

林道建設工事を請け負った事業者は完成検査の時に調べられるような場所以外は出来るだけ資材を節約して建設して、経済効率をあげているのでしょう。舗装面が壊れていても滅多に車は通りませんから、壊れていても苦情は出ないし、補修も特に必要なしということのようです。

シマサルナシはそのままジット待っていてくれました。すでに葉の色が黄色くなっていて落葉開始の状態ですが、まだ実が固くてすぐには食べられません。

黒田さんがシマサルナシが絡んでいる木に登って買い物袋いっぱいに実を採取しました。
e0094349_1972940.jpg
e0094349_1973830.jpg

持って帰った実はエチレンで追熟させる必要がありそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-11-29 19:08 | サルナシとマタタビ