beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:口蹄疫( 92 )


ブルータングの講演(つづきの5)

The rules and why we should change them
We shall be playing catch-up all through 2008 as vaccination will only begin in May at the earliest in the protection zone, and vaccination will be confined to the protection zone according to the rules. It is forbidden in the surveillance zone - so during 2008 vaccination will follow infection instead of preceding it. Vaccination will be incomplete because there is no mechanism to ensure all stock keepers will vaccinate all their stock; will you vaccinate all your lambs as well as ewes? It will take several weeks in cattle before vaccine is fully protective, perhaps 10 days in sheep, meanwhile infectious female midges will be actively spreading infection further afield. Infected herds and animals are much more widespread than realised from documenting only those herds with barn door clinical cases of infection.

ルールを変えなければならない理由

ワクチン接種は早くても5月から、ルールに従って保護区域の中に限って実施されるだろうということで、2008年を通してずっと追いかけっこになりそうである。調査区域内でのワクチン接種は禁止されているので、2008年のワクチン接種は先回りでなく感染の後追いになるだろう。所有者が全ての家畜に対してワクチン接種できるように仕組まれていない(親羊だけでなく子羊も全部一緒にワクチン接種できるのか)ので不完全な接種となる。牛ではワクチンが効果を示すまでに数週間かかるだろうし、羊でも多分10日くらいで、その間に感染したヌカカが野外で盛んに感染を広げ続けるだろう。畜舎で戸別に認められただけの感染・発症状況に比べ、実際に感染した家畜や(野生)動物はより広く分布している。

As the supply of BTV-8 vaccine will be limited during the summer of 2008 we should aim to vaccinate all domestic ruminants in Wales, Scotland, N Ireland and those parts of England not yet covered in autumn 2008 and winter 2009. The vaccination should be completed by Spring 2009 as there should be limitless supplies of vaccine by then. The extent of BTV-8 infection should be documented by testing animals for infection, the presence of virus RNA in the blood. Virus RNA remains present in blood long after infectivity has ceased because the virus is sequestered in red blood cells. Red blood cells have a lifespan of about 180 days, 6 months, in the blood stream before they are removed by the spleen. Sampling for antibody in vaccinees when they are vaccinated would be another way to document the extent of infection (before they could have responded to vaccination). There should be an ongoing statistical surveillance of this type to determine the extent of the protection zone.

2008年夏においてBTV-8ワクチンの供給量が限られていることから、ウエールズ、スコットランド、北アイルランド、そしてイングランドでまだ接種が行われていない所の全ての家畜反芻動物を目標にして2008年秋から2009年の冬にかけてワクチン接種を行うべきである。2009年の春には、その頃までに供給量が十分となるだろうから、ワクチン接種を完全に済ませておくべきである。血液中のウイルスRNAを検出し感染検査をすることでBTV-8 感染の範囲を記録する。このウイルスは赤血球細胞の中に潜むので、感染能が失われた後でも長期間ウイルスのRNAを血液中に見つけることができる。赤血球は血液流の中から脾臓で除去されるまでに180日、6ヶ月の寿命がある。ワクチン接種対象の動物について(ワクチン効果が出る前に行う)接種時の抽出抗体検査によって感染の広がりを調べる手法もある。このような統計的な疫学調査が保護区の範囲を設定するために続けられるべきである。

It is ridiculous to a virologist to make rules about not vaccinating in the surveillance zone or outside the surveillance zone in uninfected areas to prevent and block the spread of infection. We are back in the mid 20th century if we continue to act as though we are unable to diagnose virus infection unless we wait for a clinical case to take samples to the virology laboratory. That is the reason for the redundant rule that vaccination is not allowed in the surveillance zone. Why should we be afraid of using vaccination to prevent virus infection from spreading and establishing itself in new areas? Is this because of an unfounded suspicion that somehow vaccination allows animals to be infectious whilst concealing signs of clinical disease? I hope I have explained clearly to you how vaccination works against viruses and the powerful properties of neutralising antibody. Jenner who was a country doctor, a general practitioner, was the first person to use a live vaccine virus to protect humans against smallpox in 1876. The modified live vaccine virus was thought originally to be cowpox but mysteriously evolved into Vaccinia virus over the next two hundred years of medical use. The original live virus vaccine was taken from the udder of a cow called Blossom whose hide is framed and hangs on the library wall at St George’s Hospital where Jenner trained. Jenner foresaw and wrote that it would be possible to eradicate smallpox entirely from the world one day, and he was proven correct in 1977 when global eradication was declared complete. Global eradication would never have happened if each person had had to pay for their vaccine and their tests for smallpox.

感染拡大を予防・防止するためのワクチン接種を、調査区域の中そしてその外側の未感染区域で行うことを禁止している(現在の)ルールはウイルス学者から見て馬鹿げている。ウイルス感染症で症状が出るのを待って検体をウイルス検査のために採取して診断するようなやり方を続ける今の状況は20世紀半ばに戻ったのと同じである。それが調査区域でワクチン接種を禁ずるよけいな規則の根拠となっている。ウイルス感染が広がって新たな場所で発生することを防止するためのワクチン接種を、なぜ恐れるのだろうか。これは、ワクチン接種動物を症状の出ないままで感染させるようにするという根拠のない疑念のためだろうか。私はこれまでの話で、ワクチン接種がウイルスに対してどのように働き、中和抗体の強い性状について明確にしたつもりである。ジェンナーは田舎の医者で、一般臨床医であったが、1876年に天然痘から人間を守る生ワクチンを最初に使った人物である。その弱毒化された生ワクチンのウイルスは牛痘ウイルスであると思われていたが、不思議なことに、その後の200年にわたる医療の歴史で種痘(Vaccinia)ウイルスに変身している。最初の生ワクチンはBlossom(ハナコ)と言う名の牝牛の乳房から採取された。ハナコの毛皮はジェンナーが研修したセント・ジョージ病院の図書室の壁に飾られている。ジェンナーはいつか必ず世界中の天然痘が撲滅できると予言したが、1977年の(WHOによる)撲滅宣言で実現された。この世界的な撲滅は、もし人々が個人的に費用を負担して天然痘の感染試験とワクチン接種を受けていたら実現できなかっただろう。

Ruth Watkins - 22nd February 2008

ハナコの毛皮の写真
Monday, 1 February 2010
Blossom photoshoot
http://blog.ozkizil.com/
e0094349_1305623.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-08-11 13:02 | 口蹄疫

ブルータングの講演(続きの4)

Live vaccine

The best vaccine is a modified or attenuated live virus vaccine because this most closely resembles a natural infection- it does give rise to a generalised infection with the vaccine virus but without any serious disease. The immune system is thus fully engaged and generates memory immune cells that ensure long lasting, life-time immunity and neutralising antibody. [There is no rational way to change the virulence factors of the BT virus because they are not known at present so there is a hit and miss method which involves passaging wild virus in tissue culture cells and checking it out in experimentally infected animals. Eventually a vaccine virus is produced, with a number of mutations fortuitously introduced that make it unlikely to cause any disease. This virus is stored] as a seed virus and then grown up to create doses of vaccine that each contain about 1 000 infectious viruses, this small dose is all that is needed to produce an infection and so result in vaccination. Modified live BT vaccines (MLV) have been generated and used in South Africa for about 50 years- bluetongue virus was isolated in 1902 and it has been worked on in S Africa for a century as domestic european ruminants particularly sheep could not be farmed. The S African BTV serotypes are endemic in wild ruminants such as wildebeast. The vaccine used in South Africa consists of 3 shots of pools of BTV modified live vaccine virus each pool containing 4 different serotypes of BTV so that the animal is immunised against 12 different serotypes of BTV. The BTV-8 MLV is too virulent (pathogenic) for N European sheep according to Pirbright when it is given as a mono-valent vaccine.

生ワクチン

最も優れたワクチンは(病原性を変えて)弱毒化された生きたウイルスからつくられたワクチンであるが、それは明らかな病状を起こさずに全身的な感染状態をもたらし、自然感染の状態にきわめて近いからである。それによって免疫システムが十分にできあがり、長期間作用することを可能にし、生涯を通じた免疫と中和抗体をもつような免疫記憶細胞が作り出される。BTウイルスの症状の強弱を左右する要因は現時点で解明されていないため、それを操作して変化させる道筋はない。現在は試行錯誤によって組織培養細胞の中に野生ウイルス株を入れ、実験的に感染させられた試験動物を使って検査する。そのようにした結果、偶然の突然変異が繰り返され、病原性を示す恐れがないワクチン用のウイルスが出来上がる。そのウイルスは種として保存され、それをもとに増やして1000個のウイルスを接種単位としたワクチンが生産される。この少量のウイルスは感染を起こすのに十分であるのでワクチンとなる。弱毒化された生BTワクチン(MLV)は、過去50年間、南アフリカで生産されて使われてきた。ブルータングウイルスは1902年に分離され、南アフリカでは過去1世紀にわたって研究が続けられているが、それはヨーロッパ産の反芻動物の家畜、特に羊が飼養できないからである。南アフリカのBTVの型は現地の野生の反芻動物(ヌー)などに固有のものである。南アフリカでは4つの血清型をまとめた弱毒化生ワクチンを3通り打って、合計12型のBTV に対して免疫を獲得させている。パーブライト研究所によると、BTV-8の生ワクチン(MLV)が単一抗原として接種された場合、北ヨーロッパ産の羊には病毒性が強すぎるそうである。

Advantages and disadvantages of live vaccines

A modified live vaccine for BTV-8 surely cannot be too long in coming, perhaps in 2009, but there are disadvantages to its use. The vaccinated ruminant can infect midges with the vaccine virus, [which could recombine with the wild BTV-8 or another BT virus. This happened when Israel was routinely using MLV to BTV-16 and when BTV-16 appeared in Italy it was found to be the same MLV as used in Israel brought over to Italy in a plume of infected C imicola midges.] BTV viruses grown and passaged in tissue culture have the property of crossing the placenta to infect and possibly damage or kill the foetus even if this does not usually occur as a property of the wild virus (the source of the vaccine). In the very young animal any maternal antibody still in circulation could neutralise the small vaccine dose of live virus so it does not take. Ideally an MLV would be given to animals greater than 3 months old, not pregnant and in a vector free period, say during the European winter. The advantage of a live vaccine virus is that only one dose would be needed to immunise an animal for life. I think we should look forward to using live vaccines if they can be attenuated to safe levels.

生ワクチンの利点と欠点

BTV-8 用の弱毒化生ワクチンは、それほど遠くない先の、多分2009年に用意されるだろう。しかし、それを使うには不利な点がある。ワクチンが接種された反芻動物がワクチン株のウイルスをヌカカに感染させ、BTV-8 やその他のBTウイルス株と遺伝子組み替えを起こしてしまう可能性がある。イスラエルでBTV-16 のMLVワクチンをルーチン化していたが、イタリアにブルータングが発生した時に分かったことは、イスラエルで使われたMLVに感染したヌカカC. imicolaの群れが飛来したものだった。組織培養で増殖してつくられたBTVのウイルス株は元の野生株と異なり、胎盤を透過する性質を獲得していて胎児を感染させてダメージを与え、死に至らしめることもある。ごく若い動物では母体由来の抗体が体内に流れていてワクチン接種された少量のウイルスを中和させるので効果がない。MLVは生後3ヶ月以上に育った動物に接種すること、妊娠していない時で、さらにヴェクターが活動していない冬に接種するのが理想的である。生ワクチンの利点は動物に生涯免疫を与えるために1回の接種で済むことである。今後、生ワクチンの安全性が十分になって使えるようになることを期待したい。

Inactivated vaccine

The quickest method to come by a vaccine is to make an inactivated vaccine. The virulent virus is grown up in culture then inactivated, by chemical means, whilst retaining its ability to induce protective neutralising antibody. The BT virus is very tough, having a double protein coat (the skin of the football) so it must be completely inactivated, whilst remaining undamaged so that it is still immunogenic. Both the inactivation of each vaccine batch and its immunogenicity must be checked out. This is the type of vaccine that should be ready to come on line in May this year produced by Intervet. However I believe it has been unnecessarily delayed. As soon as BTV-8 resurfaced in ruminants widely in Europe in July 2007 the race should have started to make a vaccine then. Pirbrights studies had shown the MLV serotype 8 to be too pathogenic to use. Inactivated vaccine has been used already in Europe for BTV-2, 4, 9 and 16. Unfortunately no government in Europe funded development of an inactivated BTV-8 vaccine and the EU itself did not because it was ‘old unexciting technology’, not sexy. Dr Laddomada, a commissioner and vet explained in Brussels that the EU had a policy not to fund this long established method of vaccine production. Hence the vaccine manufacturers refused to make any until orders were placed by governments as they had been caught out before over classical swine fever vaccine that they developed and was never bought or used. As it would be illegal to use BTV-8 vaccine unless it was specifically authorised in each country they could be caught out again. Countries placed orders so late that the 6 month lead up time to release will be difficult to meet even in May.

How do inactivated vaccines work? It is seemingly miraculous that a specific and focused immune response can be generated by introducing foreign protein from BTV-8 for example, by injection into the animals tissue at a point source even on a single occasion. In reality a sizeable amount of virus protein must be introduced, with adjuvents to enhance the immune response. Several billions of BTV-8 viruses must be inactivated to produce a single dose, hence the vaccine is more costly and it takes considerable manufacturing capacity to generate many millions of doses. The immune response to an inactivated virus is more limited than in the case of infection but the all important neutralizing antibody is made in response and some immune memory is generated. The neutralising antibody confers protection against infection with the wild BTV-8 virus.

不活化ワクチン

早期にワクチンを使いたい場合には不活化ワクチンをつくる方法がある。強毒性のウイルスを培養して増やし、中和抗体の形成を誘導させる能力を残しておいて、化学的処理で不活化する。BTウイルスは二重のタンパク質の保護膜を持っていてとても丈夫であるから、その保護膜を完全に壊し、残りは壊れないようにして免疫作用を維持させる。製造されたワクチンのひとまとまりごとに、発病させないこと、そして免疫誘導能力の両方を調べる必要がある。インターベット社が製造する不活化ワクチンが、今年(2008年)5月までには用意されるはずである。しかし、どうやらその予定が遅れているようである。2007年の7月にBTV-8がヨーロッパで広範囲に再発した時点でワクチン製造に取り掛かっているべきであった。パーブライト研究所の試験ではMLVの血清8型は病毒性が強すぎて使えなかった。BTV-2、4、9に対する不活化ワクチンはヨーロッパですでに使われていた。不幸にも、ヨーロッパのどの国もBTV-8用の不活化ワクチンの開発製造に資金を出さず、EUとしても「古臭い技術であり」魅力がないとした。ブリュッセル(EU本部)で、委員長で獣医のラドマダ博士は、EUではこのような古典的なワクチン製造には出資しない方針であると説明した。ワクチン製造会社は、豚コレラウイルスに対するワクチンを開発製造したのに、宙に浮いて、政府によって買い上げられて使われることがなかったことを理由に、正式な発注がない限り何も製造しないとしている。それぞれの国で特別に法的に認定されない限りBTV-8 ワクチンの使用は違法となるので、これもまた宙に浮く可能性がある。各国が発注した時期が遅れたので、6ヶ月の準備期間を経て出荷するために5月では間に合うかどうか難しい。

不活化ワクチンはどのように働くのだろう。BTV-8のような異物のタンパク質を動物組織にわずか1回だけ、とある点に注入し、的が決まった特定の免疫反応を引き起こすことができるのは奇跡的といってもよいだろう。実際にはかなりの量のタンパク質が必要となるし、免疫反応を強めるためのアジュバンド(補助剤)も用いられる。一回のワクチン接種のために不活化されたBTV-8 ウイルスとして数千億個が必要であって、百万単位のワクチンを製造するためには相当大規模な設備が使われるし、価格も高くなる。不活化されたウイルスに対する免疫反応は自然感染の場合に比べて制限されるが、重要な中和抗体はすべて作られ、免疫の記憶状態もある程度維持される。この中和抗体は野生株のBTV-8の感染から動物を守ることができる。


Advantages and disadvantages of inactivated vaccines

The disadvantage of inactivated vaccines (apart from the danger of incomplete inactivation) is that booster doses are needed to jog the immune memory and sustain a protective level of neutralising antibody. This would probably be annually in the case of BTV-8. Also large animals such as cattle especially bulls will need large amounts of virus protein and at least 2 doses, to prime and boost antibody to attain a protective level of neutralising antibody that would last as long as a year. It seems that a single dose will be enough to vaccinate sheep. There are several advantages in using inactivated vaccines. Normally neonatal and young animals respond well to inactivated vaccines even before all maternal antibody has waned. Inactivated vaccines are safe to use in pregnant animals (they don’t of course give rise to an infection so cannot infect and damage the foetus) and they can be used when the vector is active without danger of infecting the vector.

不活化ワクチンの利点と欠点

不活性が不完全となる危険を別にした不活化ワクチンの欠点は免疫記憶を駆動し、中和抗体を効果がある水準に保つためにブースター接種が必要になることである。BTV-8の場合、これはおそらく毎年必要となるだろう。また、大型の牛、特に牡牛では多量のタンパク質が必要となり、中和抗体を1年間防護できる水準に維持するように、初回とブースター抗体の少なくとも2回の接種が必要となる。羊では一回の接種で済みそうである。不活化ワクチンの利点としては、通常生まれたばかりや若い動物によく働き、母体由来の抗体が消え失せる前にも効果がある。妊娠中の動物に対して不活化ワクチンは安全で、母体が感染しないので胎児に感染することはない。さらに、ヴェクターに感染しないため、ヴェクターの活動期にも使用出来る。

What should be vaccinated and where

It will be necessary for us to vaccinate both sheep and cattle and all other susceptible ruminant species against BTV-8, both to prevent spread and to prevent disease so that all domestic ruminants are immune either as the result of infection or vaccination.

In Britain we have ten times as many sheep as any other North European country whilst having equal numbers of cattle to France or Germany.

England and Wales have ordered insufficient vaccine to vaccinate all susceptible domestic ruminants in 2008 and Scotland and N Ireland have ordered none at all.

Even in N Europe where so many adult cattle and somewhat less sheep have been infected, without vaccination, BTV-8 infection during 2008 will be little different to 2007 and continue to spread. This is because each year the number of new susceptibles added to the domestic ruminant population is about the same as the number of adults - these will be more than enough to sustain BTV-8 infection unless they are vaccinated. The level of immune ruminants, domestic and wild, should exceed 80% to stop the spread of BTV infection. In order to achieve this in the UK we would need to vaccinate I estimate at least 95% of all domestic ruminants, to take account of the unvaccinated wild ruminants and the vaccinated animals where the vaccine has not been successful.

何に対してワクチンが接種されるべきか、またその場所は

感染の拡大を止め、病気を抑えるためには、羊と牛はもちろん、他の全てのBTV-8に感染しうる反芻動物に対してワクチン接種が必要になるだろう。そうすれば自然感染かワクチン接種で全ての家畜の反芻動物に免疫ができるだろう。

イギリスには北ヨーロッパのどこの国よりも10倍も多い羊がいて、フランスやドイツと匹敵する数の牛がいる。

イングランドとウエールズは2008年に反芻動物の全てに接種するには不十分なワクチンを発注していて、スコットランドと北アイルランドでは全くしていない。

北ヨーロッパでも、非常に多数の成牛とそれよりやや少ない羊が感染した場所でワクチン接種が行われないと2008年の間にBTV-8は2007年と少しも変らずに広がるだろう。それは、毎年、新たに感染を受けるべき反芻動物の家畜の成体数が既存の数とほぼ同数であるからである。新たに加わる個体にワクチン接種しないでおくとBTV-8感染が維持されるに十分な数となる。BTV-8の感染の広がりを止めるには家畜と野生の反芻動物の8割以上に免疫が必要である。これをイギリスで実現させるために、ワクチン接種できない野生の反芻動物とワクチンの失敗率を考慮した自分の推定で、少なくとも95%の反芻動物の家畜にワクチン接種が必要である。

(まだ続く)
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-10 20:46 | 口蹄疫

ブルータングの講演(続きの3)

All infections are generalised whether there is disease or not

The disease BTV-8 causes gives rise to much suffering, death peaking at the 6th day of disease. Deaths follow even upon recovery, due to 2ary bacterial infection and hemorrhage. Even when there is no obvious disease in the pregnant cow or ewe, the foetus can be infected and milk yield fall, and similarly bulls or rams rendered sterile after an unnoticed infection. This is because in every single case of infection of the ruminant host with BTV there is a generalized infection, whether disease occurs or not. Virus is delivered into the bloodstream, small capillaries, either from the saliva of an infected female midge when she bites sawing through the skin with her proboscis, or from a needle used previously on an infected ruminant when an invisibly small amount of blood, 1 or 2 micro-litres, containing infectious virus can be transferred. The virus infects cells of the immune system, the cells lining small blood vessels called endothelial cells and young red blood cells in the marrow or spleen. Other cell types can also be infected, pneumo-cytes in the lung for instance. The virus is carried round the body in the bloodstream, in immune cells and in red blood cells and perhaps free in the plasma, and after several days many millions of cells are infected throughout the animals body. The virus present in the bloodstream (called viraemia) can cross the placenta and infect the foetus.

症状のあるなしに関わらず全身に感染は広がる

BTV-8 が引き起こす病気は重症になると6日目に死亡のピークを迎える。症状が治まった後でさえ、二次的な細菌感染や内出血による死亡も見られる。妊娠している牛や羊で、はっきりした症状がでていなくても胎児が感染することがあり、母乳が出なくなり、オスでも症状が出ずに感染した牛と羊が不妊になる。それは病気の症状に無関係にBTVに感染した反芻動物では必ず全身にウイルスが広がるからである。感染したメスのヌカカが吻で皮膚を突き通して刺すときの唾液、または感染した反芻動物に使用された注射針で百万分の1か2リットルのごく微量の血液が注入された場合、ウイルスは毛細血管の血流に入り込む。ウイルスは免疫システムの細胞、血管壁を作る内皮細胞、そして骨髄や膵臓でできたばかりの赤血球に感染する。そのほかの細胞、例えば肺臓の腺系細胞にも感染する。免疫細胞、赤血球、そしておそらく血漿中に出た状態でもウイルスは血液の流れにともなって全身を巡り、数日後には動物の全身の何百万もの細胞に感染が広がる。血流内のウイルス(ウイルス血症という)は胎盤を透過して胎児を感染させる。

What a virus is and how it takes over an infected cell

Viruses are obligate intra-cellular parasites. This means they must enter a living cell in order to come alive and multiply, reproduce themselves. The virus must key onto a receptor on the cell surface, like a key inserted into a lock, so the cell will take the virus in, otherwise the virus cannot gain admittance. Once inside the virus hi-jacks the cell in order to reproduce itself making use of every facility. It makes the cell manufacture 100, 000 new viruses. These newly formed viruses must exit the cell, they do not always kill it in the process. (Imagine this school building is an animal cell. Imagine this football to be a virus. These are roughly their relative sizes. What is a virus? Simply a protein shell protecting the genome, in the case of BTV the genome consists of 10 different RNA segments and these are hidden inside the outer shell. The virus is inert. Imagine this room has a small round hemispherical window. The ball is kicked up against this small round window from the playground and it gets stuck because it fits perfectly. The window is opened because the cell thinks it is something useful, the post perhaps or a message, and lets the football, the virus, in. The virus this football puts a stop to all lessons and multiplies so that 100, 000 of these footballs fill several rooms of the school. Finally they must be let out of the doors and windows or the walls will be broken down. In reality this whole cycle of infection may only take half a day.)

ウイルスとは何か、それがどうやって感染した細胞を乗っ取るか

ウイルスは細胞内に従属的に寄生する。その意味は、ウイルスが活性化して自己再生産によって増殖するには、まず(生物の)生きている細胞内に侵入しなければならないことを意味する。細胞が受け入れるように、まず細胞の表面にある受け口に、あたかも錠前に鍵が差し込まれたような状態に、ウイルスがぴったりと合わなければならない。そうでなければ、ウイルスは細胞内に入れてもらえない。細胞に入ってハイジャックができたら、そこにあるあらゆるものを利用して自己複製をする。細胞に10万もの新しいウイルスを複製させる。新しいウイルスは細胞の外に出なければならないが、その細胞を殺して出るとは限らない。(例えばこの学校の建物が動物細胞の大きさとしてみると、このフットボールがウイルスの大きさである。大雑把に言って、そのような大きさの比例関係となっている。ウイルスは何かといえば、ゲノムがそれを守るタンパク質の殻で覆われていて、BTVの場合は10本のRNA鎖から成り、外殻の中に包み隠されている。ウイルスは自分では動けない。この教室に小さな丸い半球形の窓があるとして、フットボール(ウイルス)が校庭で蹴飛ばされて丸い窓に飛び込んでピッタリ挟まったものとする。細胞はそれを何かの役に立つ、郵便物かなにかのメッセージと考えて窓を開けてボール(ウイルス)を受け入れる。中に入ったウイルスはすべての教室をめぐり回って授業を受け、数が10万個に増えて学校の中のいくつかの教室に充満する。最後に、増殖したウイルスは教室の窓やドアから外に出されねばならない。さもなくば、壁が壊れて倒れてしまう。現実には、このような(ウイルスの)増殖サイクルは半日で起こる。)

The battle between host and virus

How do animals fight off virus infections? The animal immune system has evolved to beat the virus invader and prevent a re-infection in a way unique to viruses. This is different from bacteria and parasites such as worms).

The animal immune system has 2 ways of responding to the virus invader. The initial response is innate - natural killer cells and interferon immediately start to contain the infection.

This is quickly augmented by a specific immune response focused against the virus proteins or antigens. The generation of killer T-cells (cytotoxic T-cells) by the immune system occurs within days of the invasion. These multiply in number into an army actively seeking out virus infected host cells. The killer T-cell can detect a virus infected cell because they see a little bit of virus protein on the cell’s surface. They signal to the cell that it must die by committing suicide, unfortunate for the cell, but also for the virus multiplying within, all the progeny and any viral proteins are degraded and so lost as well. This attack focuses specifically on the invader BTV-8 for example, the foreign virus proteins triggering it.

宿主とウイルスの戦い

どうやって動物がウイルス感染から身を守るか。ウイルス侵入を跳ね返し、ウイルスの種類ごとに再感染を防ぐ動物の免疫機構が発達している。これは細菌や回虫などの寄生虫とは異なっている。

侵入者となるウイルスに対する免疫システムには二つのやり方がある。当初は生まれつき備わっているキラー細胞とインターフェロンが即座に感染を抑えようと働く。

インターフェロン(英: Interferon、略号:IFN)とは動物体内で病原体(特にウイルス)や腫瘍細胞などの異物の侵入に反応して細胞が分泌する蛋白質のこと。ウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをする。

次に特定のウイルスが持つタンパク質、抗体を標的とする免疫反応がすばやく加わる。免疫システムによってキラーT細胞(細胞毒性T細胞)の形成がウイルス侵入を受けて数日間に起こる。この細胞が増殖して莫大な数の兵士となり、感染しているホスト細胞を探索する。キラーT細胞は、細胞表面上に現れたウイルスのタンパク質のわずかな部分からウイルス感染細胞を見つけ出すことができる。キラー細胞は感染細胞に対し細胞死をもたらす信号を出す。その細胞は不運であるが中で増殖中のウイルスも巻き込まれて複製されたウイルスもウイルス性タンパク質も全て一緒に分解されて消滅する。BTV-8のような外部から侵入したウイルスの持つタンパク質が引き金となって攻撃が特定のウイルスに集中する。

Neutralising antibodies, how they work

A slightly later response of the animal’s immune system is to make antibody against the foreign virus proteins. There may be a role for antibody in mopping up the results of the battle of the killer T-cells, but the most important and unique consequence of the secretion of billions of antibody molecules directed at the virus comes later. As the immune response matures a small proportion of the antibody formed is focused on the proteins protruding from the surface of an intact virus. This has the unique property of inactivating the virus, what we virologists call neutralising antibody. The BTV an orbivirus is round and can be imagined to look like a football (demonstrate a football). The antibody molecules are in reality only about an inch in relation to the size of the football (demonstrate with hazel twigs Y-shaped). Each antibody is Y-shaped and the 2 arms bind at their tips tightly and formed to fit perfectly the shape of the protein on the outside of the virus (hold up football with Y twig applied). Only a few such antibodies, a few Yes, are needed to bind to the surface to inactivate the virus. Even if the virus still attached to the neutralising antibody enters a cell it is in effect locked in, irreversibly inactivated, and harmlessly degraded and the cell escapes infection. These protective antibodies only form in response to virus infection. The neutralising antibodies protect against re-infection with the same virus because they are constantly circulating in the blood ready and waiting to bind to a similar virus, of the same serotype (the same surface protein type) to which they were initially raised. As there are billions of neutralising antibodies secreted into the bloodstream for the lifetime of the animal following an infection, they are more than a match for the few hundreds or thousands of viruses reintroduced into the host in re-exposure. The 24 serotypes of BT virus all require their own distinctly different neutralizing antibodies- hence for immunization against BTV-8, BTV-8 must itself be used in the vaccine.

抗体による(ウイルスの)中和、その働き方

やや遅れて反応するが、異質なウイルスのタンパク質に対する抗体を動物の免疫システムが形成する。抗体にはキラーT細胞のやった仕事の後始末もあるだろうが、ウイルスを標的にした特異的な抗体の分子が何億もつくられる結果、もっとも重要な結末はその後になる。免疫反応が高まるにつれて、形成された抗体のわずかな部分が無傷のウイルスの表面から突き出ているタンパク質の上に集中する。これがウイルスを不活性化する特異的な効果を持っていて、ウイルス学者が言うところの中和抗体である。BTVはオルビウイルスの一種で球形のフットボールのような姿と想像すればよい。抗体分子はこのフットボールに対して1インチ(2.5センチ)の大きさに過ぎない。(Y字の小枝でフットボールに対峙させる)個々の抗体はY字形をしていて二又の枝先がウイルスの表面に出ているタンパク質分子の形に合わせピタリと締め付ける。わずか数個の抗体分子があれば、それだけでウイルスを不活性化するに足りる。このように抗体で中和されたウイルスが細胞内に侵入することがあっても効果的に固められていて元に戻れないまま分解されるので細胞は感染から逃れる。このような防護的な抗体はウイルス感染があってからしか形成されない。中和抗体は血流の中で絶えず循環していて、形成時の同じ血清型(表面のタンパクが同じ型)のウイルスを待ち受けて結合することで同じウイルスの再感染を防止する。感染した動物の体内には生涯にかけて何億もの中和抗体が血流に出ているので、宿主が再度ウイルスの暴露を受けて何百何千も侵入してきても十二分に対抗できる。BTウイルスには24の血清型があり、それぞれの型ごとに異なる中和抗体が必要であるから、BTV-8の免疫形成のために使うワクチンをつくる場合に同じBTV-8が必要となる。

Reinfection

Reinfection is usually completely prevented. If there is a large inoculum and the virus not all neutralised before it can infect a cell then re-infection can occur but it is limited and localised, serving as a strong reminder to the immune system and boosting neutralising antibody production. Any re-infection is inconsequential as the level of virus in the bloodstream is not likely to be high enough to infect a female midge, let alone cause any disease in the host. Nor will the level of virus in the blood be high enough to cross the placenta. Memory immune cells were formed in the first infection and are able immediately to regenerate killer T-cells and antibodies, all this within days of re-exposure.

再感染

通常、再感染は全く起こらない。もしウイルスが多量に注入され、全部が中和されないまま細胞に侵入できれば再感染が起こるが、その場合でも規模が限られ局所的である。それが中和抗体形成を強化させるように免疫システムを強く動かす。再感染が起こっても、発病に至らず、血流中のウイルス濃度がメスのヌカカを感染に導くほどの高さでないので、後が続かない。また胎盤を通して通過するような濃度にも達しないだろう。記憶免疫細胞が最初の感染時に形成され、ウイルスに再び暴露されたときにキラーT 細胞と抗体をすぐさま再生させる。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-10 13:45 | 口蹄疫

ブルータングの講演(続きの2)

Bluetongue virus has not been thought to over-winter by vertical infection of the egg, so that an infected female midge eventually develops from an infected egg (as can happen with different viruses in mosquitoes or ticks). It is widely held that the female midge can only be infected by taking a blood meal from an infectious ruminant. A period of time must elapse after feeding until her salivary glands become infected, shortened from 16 days at 150C to 2 days at 300C, and the virus is shed in her saliva thereafter for the rest of her life. She is then a vector for bluetongue infection. Thus the common trait of midges implicated as vectors in the transmission of bluetongue is that the females lay eggs in batches so must take several blood meals. A female midge infected as a result of her 1st or 2nd blood meal can infect ruminants she bites subsequently until she expires. There are a number of species of midge in the UK that do not take blood meals at all, or that take only one blood meal like the fierce Scottish midge (C impunctatus), these cannot transmit BTV. The male midges feed on nectar from flowers and do not bite animals.

ブルータングウイルスは(蚊とかダニが関わる別のウイルスで起こるような)卵からの垂直感染、つまり感染した卵からの(次の世代の)越冬後の感染は起こらないと考えられている。感染した反芻動物から吸血しない限りメスのヌカカは感染しないと広く考えられている。吸血した後でヌカカの唾液腺が感染するためには摂氏15度で16日、30度では短縮されて2日ほど経過してからとなる。その後はヌカカが死ぬまでウイルスが唾液腺に排出され、そうやってヌカカはブルータング感染を起こすヴェクターとなる。ヌカカがブルータングのヴェクターとなるための共通点は、複数回吸血し、繰り返し産卵することである。最初または2回目の吸血で感染したヌカカは、死滅するまでに反芻動物を刺して感染させることができる。イギリスには全く吸血しないヌカカや、(生涯に)1回だけ吸血する種類(C. impunctatus、スコットランドの強烈なヌカカ)があるが、それらはBTVを伝染させることはない。オスのヌカカは花の蜜を摂り、動物を刺すことはない。

For the virus to over-winter a ruminant host should be infectious for at least 3 months so that when female midges emerge and mate in Spring (April in N Europe) there are infectious ruminants to hand for blood meals. A recent hypothesis has been forwarded that some adult female midges do not die but survive the winter presumably hibernating near buildings and when the ambient spring temperature reaches 150C virus replication resumes by which time the midge is already active again. Cattle are the favoured host of the midge species C obsoletus and C dewulfi, bitten far more frequently than sheep for example, perhaps because of their large size and the amount of CO2 on their breath that acts as a powerful midge attractant. [In N Europe recent sero-surveillance has shown cattle over 24 months to be between 90 and 100% immune (infected in 2006 or 2007) whilst infection rates may be just 30% in sheep in the same area.] In experiments with other BTV sero-types cattle have in general been observed to be infectious for longer than sheep - a sheep not more than 60 days if that, but cattle for up to 90 days or longer. Vertically infected young ruminants may be infectious for considerably longer that 3 months. Apart from remaining infectious through the winter, cattle are also important for the amplification of the infection. From July through to end of October at the peak of the BTV season in N Europe each infected bovine infects 1000s of female midges, that can go on to bite and infect 1000s of other susceptible ruminants- a phenomenon called amplification.

このウイルスが越冬するためには、そのホスト(宿主)である反芻動物が最短3ヶ月間は感染したままでなければならない。そうすれば春(北ヨーロッパでは4月)になってメスのヌカカが出現しして交尾する際に感染状態の反芻動物がウイルスを含んだ血液を摂ることができる。最近提唱された仮説によれば、メスのヌカカの一部は冬に死滅せず建物の付近でおそらく冬眠していて、春の気温が15度に近づけば活動を再開し同時にウイルスの増殖も起こる。C obsoletusとC dewulfiの2種のヌカカは牛を好んでいて、羊などに比べるとより頻繁に刺している。それはおそらく牛の体が大きく、ヌカカを呼び寄せる効果が強い炭酸ガス排出量が大きいからであろう。[北ヨーロッパの最近の血清抗体調査によると、生後24月以上の牛では(2006年と2007年に感染していて)90-100%の免疫を獲得しているが、同じ地域の羊は30%の感染率に過ぎない。] 別の血清型のBTVでの実験例では、牛は羊より長期間感染状態を維持する:羊が60日を越えないのに対し、牛は90日あるいはそれ以上であった。垂直感染した若い反芻動物は3ヶ月以上に及ぶ感染期間があるらしい。牛は冬を越えて感染状態を維持するだけでなく、感染を増幅させることも重要である。7月から10月末まで北ヨーロッパのBTVシーズンのピークの間、感染した牛はそれぞれ何千個体のメスのヌカカを感染させ続け、それがさらに感受性がある反芻動物を何千個体をも刺して感染させる。これが「増幅」現象と呼ばれる。

You cannot vaccinate midges (though many prove to be resistant to BTV infection - there are thought to be internal barriers to prevent infection passing from the stomach via the haemocoel to the salivary glands so that only 1 in 1000 female midges of the vector species were found to be infected in summer 2006 in N Europe). One can vaccinate the ruminant host and there is a long history of doing so. By preventing the infection of the biting female midges, spread to other susceptible ruminants is prevented. Vaccination is also highly desirable because the BTV-8 sero-type in Northern Europe is relatively virulent (pathogenic) to cattle as well as sheep which is unusual for BTV. Many of the incursions into Southern Europe of different BTV sero-types have been with relatively non-virulent strains, so that infection may not be noticed even in infected sheep. Not so BTV-8, it can cause disease in cattle. It can also cross the placenta to infect the foetus, reduce or terminate milk yield, and render males temporarily or permanently sterile as we have heard.

ヌカカにワクチンを接種することはできない。消化管から(開放的)血流を経て唾液腺にウイルスが移行する障壁があるらしく、2006年の北ヨーロッパでは1000個体のメスのヌカカの中で1個体くらいしか感染しなかった-BTVの感染に抵抗性があるらしい。ウイルスのホストとなる反芻動物に対してワクチン接種は可能であり、その実施には長い歴史がある。メスのヌカカに刺されて感染することを防げば、感染が他の反芻動物に広がることを防ぐことができる。北ヨーロッパのBTV-8型は、BTVとしては異例で、羊だけでなく牛に対してかなり悪性(病原性が高いの)であるから、ワクチン接種は有効であろう。南ヨーロッパに侵入している他の血清型のBTVの多くは相対的に病原性が低いので感染している羊でさえ症状が見逃されるほどである。だが、BTV-8は違っていて、牛を発病させる。さらに胎盤を透過して胎児を感染させることができ、乳の出を減らすか止めてしまい、雄牛を一時的あるいは完全に去勢してしまうと言われている。

(つづく)
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-09 21:01 | 口蹄疫

ブルータングの講演(つづき)

<つづき>

How far could the BTV-8 outbreak spread? The midge species C obsoletus complex is widespread in Europe and Asia. I have asked Pirbright for a map of its range but this has not been forthcoming. C obsoletus may not extend into the high arctic but it occurs across the whole of Europe, Scandinavia, Russia and into Japan. C obsoletus lays her eggs in leaf litter, grass and damp hay, and is favoured by a landscape with trees. C dewulfi lays her eggs in dung, sheep, cattle and horse dung. C obsoletus may also lay eggs in dung. Both species of midge can be caught in traps set-up in animal housing. Whilst the midge may bite at dawn and dusk in the main, they have been caught in broad daylight biting cattle. The life of the female midge may be prolonged beyond 3 or 4 weeks in cold weather in association with housed cattle over-wintered in barns. C obsoletus midges can be caught all winter in small numbers in barns in Holland- this is Rudi Meiswinkels work in 2006. In the vector free period no mature female midges were caught, only young newly emerged females rather than the mated and mature, the gravid and blood sucking older females. Of course the vast majority of the adult midge population dies off over winter.

BTV-8発生はどこまで広がって行くのだろう。ヌカカのC. obsoletus複合体はヨーロッパからアジアに広く分布している。(注、ヌカカの仲間は世界中に約4000種、日本では約40種が知られ、ホシヌカカCulicoides punctatusはヨーロッパからアジアに広域分布する)パーブライト研究所にこの種のヌカカの分布地図をお願いしたが、まだ頂いていない。本種は北極圏に入っていないだろうが、ヨーロッパ全域にわたって分布し、スカンジナヴィア、ロシアそして日本まで広く生息しているだろう。C. obsoletusは落ち葉、草、湿った干し草の中に産卵するが、特に樹木が茂っている場所が好まれる。C. dewulfiは羊、牛、馬の糞の中に産卵する。C. obsoletusも糞に産卵することがある。これらのヌカカは両種とも畜舎の中に設置されたトラップに捕獲される。ヌカカは主に明け方と日暮れ時に吸血するが、昼間、牛を刺していることも見られる。メスのヌカカは寒冷な時期では納屋の中で越冬中の牛と一緒にいれば3-4週間ほど寿命が延びる。C. obsoletusは(2006年ルディ・マイスウインケルスの研究によれば)オランダで、冬を通して、納屋の中で少数捕獲され続ける。(ヌカカの)ヴェクターが見られない時期において、交尾を済ませ成熟し卵を腹に抱えている吸血するメスは捕獲されず、若い新規に羽化したメスだけが見つかる。大多数のヌカカの成虫が冬の間に死滅することは言うまでもない。

Once BTV-8 reaches Southern Europe there is nothing to confine it to C obsoletus or C dewulfi, the resident C imicola will be able to act as vector as well when infected ruminants stray into her territory. I would like to point out that France is the only European country to have ordered sufficient vaccine to vaccinate all the domestic ruminants and to have a plan in place to do so, in order to protect the Mediterranean countries if possible against infection with BTV-8 as well as saving her own ruminant husbandry.

BTV-8が南ヨーロッパに到達する、つまり感染している反芻動物が入った場合、元々そこに生息しているC. imicolaがヴェクターとなるので、C. obsoletusと C. dewulfiに留まらなくなる。ここで言っておきたいが、ヨーロッパではフランスのみが国内の反芻動物全部に対して接種するに足るワクチンを発注ずみであって、自国の反芻動物の生産および地中海沿岸諸国をBTV-8の発生から防護できるようにワクチン接種対策を行う準備ができている。

Midge species occur worldwide, they are 100 million years old, and there are 1000s of species adapted to their particular environment. There are a number of bluetongue virus serotypes on 3 continents, Africa, North America and SE Asia and Australia, each group of BTV serotypes adapted to certain midge species that are the most important vector on each continent, for Africa this is the C imicola midge. Midges over-winter as larvae. There are a number of stages in the midge life cycle, from egg through 4 larval stages, to a pupa and then and adult; the adults emerging when conditions are favourable. Their numbers are so great, and their faunal home so widespread there is no way to kill them off. As North European farmers have found to their cost they cannot be repelled either.

ヌカカの仲間は世界中に分布していて、1億年前から存在し、何千という種がそれぞれの生息環境に適応している。ブルータングウイルスにはいくつもの血清型が知られていて、アフリカ、北アメリカ、東南アジア、そしてオーストラリアにおいて特異的な型があり、それぞれの大陸でヴェクターとなって(適応して)いる重要なヌカカの種類がいる。アフリカ大陸ではC. imicolaがそれである。ヌカカは幼虫として越冬する。卵から孵化した幼虫が4令で蛹となってから成虫となる。成虫は環境が好適になる時期に出現する。ヌカカの個体数は膨大になり、生息場所は広く分散していて、完全に殺すことは不可能である。北ヨーロッパの家畜農家が苦労してみたが、追い払うこともできなかった。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-05 17:56 | 口蹄疫

北ヨーロッパにおけるブルータング病の蔓延

口蹄疫について、日本の周辺各国での発生情報があったにもかかわらず、迎え撃つ備えが整っていなかったことが今回の初動対策において大きな混乱を招いたと考えられる。

畜産農家に対して十分な情報提供と啓蒙活動を、家畜保健衛生関係者が普段からやることが大切だろうが、口蹄疫の発生を受けてからの対応を見ていると、国も県も啓蒙・普及を怠っていたとしか思われない。特に海外で発信されていた学術情報や防疫に関する啓蒙情報が日本ではほとんど紹介されていなかった。

牛、ヤギ、そして羊なども反芻動物が感染するウイルス病の中で、近年北ヨーロッパ各地で蔓延している悪性のブルータングは日本に上陸していないが、畜産物の貿易がグローバル化していることと、温帯地方に熱帯性の昆虫が北上していることを考えると、同じことが日本でも起こる可能性が考えられる。そして、未経験の新興感染症に対する国境防疫の備えが極めて弱いと思われるので、あらかじめヨーロッパの情報を認識しておくことは大切であろう。口蹄疫に関連する英語情報をこれまでいろいろ紹介したが、ここではブルータングに関する情報から学べることを紹介したい。

下の図は2008年にヨーロッパで発生したブルータングの色々な型の状況を示す。赤で示されているのが北ヨーロッパで蔓延中の8型である。
e0094349_1745519.jpg

http://ec.europa.eu/food/animal/diseases/controlmeasures/BlueTongue_RestrictedZones_2008.jpg

イギリスで(対岸のフランスからドーバー海峡を越えて飛来したヌカカによると考えられている)2007年9月に発生したブルータングは現在も継続中で制圧されておらず、2010年7月23日に83番目の経過報告が出ている。このウイルス病は小さな吸血昆虫ヌカカ類がベクターとなっていて、冬場は昆虫の活動がないので、毎年リセットされて発生が繰り返され、それを事前に押さえるための防疫用ワクチンも使われているらしいが、その制圧が極めて難しい。この状況はアフリカでマラリアが制圧できないことによく似ている。
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9533

e0094349_6124698.jpg

Figure 1 1998年以降のブルータングウイルス〔各血清型〕の分子系統による移入・伝播経路図
The molecular epidemiology of bluetongue virus (BTV) since 1998: routes of introduction of different serotypes and individual virus strains. *Presence of BTV-specific neutralizing antibodies in animals in Bulgaria, but the presence of BTV serotype 8 cannot yet be confirmed.
Emerg Infect Dis. 2008 April; 14(4): 539-544.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2570923/

BTV-8がヨーロッパに入った経路〔茶色の破線〕は確定されていないが、南西アフリカ起源であることが分子系統解析から判明している。それが英国海峡を飛び越えた〔茶色の実線〕のはヴェクターが風に乗って運ばれたものと推定されている。

ブルータングは日本の動衛研サイトでリストアップされている家畜の監視伝染病(届出伝染病)の一つである。この疫病は羊が重症になりやすいが、牛や山羊等では一般的に症状が軽く不顕性感染率も高いらしい。
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/fact/27.html
ただし、BTV-8型は悪性であって、牛にもに影響が大きいそうである。

日本には熱帯アジアから入ってくる可能性があり、沖縄と南九州に悪性の株が侵入したら大変なことになるだろう。あらかじめ、防疫対策のための情報を整理し、北ヨーロッパのように蔓延する前に防除しないと経済的損失が大きくなる可能性が強い。

梁瀬 徹 , 加藤 友子 , 片桐 慶人 [他]
沖縄におけるオーストラリアヌカカCulicoides brevitarsisからのブルータングウイルスの分離
衛生動物 61(1), 85-91, 2010-03-15

ヌカカの仲間が吸血した状態の写真を下に示す。
e0094349_17481586.jpg

http://farm4.static.flickr.com/3244/2783825062_86c3b97f92_m_d.jpg

過去に数回日本に入ったブルータングウイルスはイギリスのような悪質な型ではないらしいが、グローバル化の現在、いつ悪質なタイプが侵入するか分からない。おまけに防疫対策が困難な病気であるから今後は特に警戒が必要であろう。

下はブルータングウイルスの画像である。
e0094349_17494849.jpg


ブルータングは直訳すると「青舌」であり、発症した羊が重症化したベロが青くなっている写真(左は軽症、右は重症の個体):
e0094349_735745.jpg

Moderate (Left) and Severe (Right) Clinical Signs of Bluetongue in Sheep
http://www.plosbiology.org/article/info:doi/10.1371/journal.pbio.0060210

イギリスのウイルス感染症の専門家で、現役引退後に(遺伝子保全のための)牧場経営をしているラス・ワトキンス博士の2008年2月22日、スコットランドにおけるブルータングについての講演の全文がオンラインで公開されていた。この人は殺処分を前提にした緊急ワクチン対策に反対意見を出しているリーダーの一人のようで、DEFRAに対して批判意見を出している。講演原稿の英文を日本語に翻訳してブログで掲載してよいかと問い合わせたら快く承諾してもらえた。

この講演は畜産農家の経営者や防疫関係者を相手にして、北ヨーロッパに蔓延中のブルータング血清型8番のウイルスについて詳細に説明しているだけでなく、家畜の体内細胞にウイルスが侵入して発病する過程などを分かりやすく講義している。感染経路の細部は異なるが口蹄疫ウイルスについても原理は共通しているので、この講演内容を理解することはウイルス性伝染病対策の基礎知識となるだろう。日本語で人間のウイルス感染症についての解説はかなりあるが、家畜を主眼にしていない。

講演内容の原文(英語)とその翻訳文をパラグラフ単位でこれから作文を続け、近日中に完成させたい。とりあえず、出だしのところをどうぞ。

About Bluetongue
ブルータング〔ウイルス病〕について

Dr. Ruth Watkins' talk at the meeting held in Scotland on 22nd February 2008
2008年2月22日、スコットランドにおけるラス・ワトキンス博士の講演

There is general agreement that vaccination against bluetongue virus serotype 8 [BTV-8] of susceptible ruminants is the only way that bluetongue infection can be prevented where there is threat of exposure.

ブルータング病の感染の恐れがある場合に、ブルータングウイルス8血清型(BTV-8)に感受性がある反芻動物に対するワクチン接種が唯一の予防法となることは広く知られている。

We have not had any serotype of bluetongue virus infecting our ruminant livestock of Northern Europe before.

北ヨーロッパにおいて、反芻動物の家畜に感染するブルータングウイルスはどの血清型でも昔は存在していなかった。

It was believed that we would become vulnerable as global warming proceeded because the African midge called Culicoides imicola (I think of thirsty Africans drinking coca cola) has been creeping northwards in the last decade to reach the Northern shores of the Mediterranean- Portugal, Spain, S France, Italy, Greece and the islands- C imicola midge ‘plumes’ have been carried on the wind from North Africa or across from Turkey and Israel. Several different BT viruses have been brought this way in the last 10 years, BTV serotypes 1, 2, 4, 9, and 16.

地球温暖化が進行してアフリカ産のヌカカの一種Culicoides imicola(喉が渇いたアフリカ人がコカコーラを飲むと憶えておく)が過去10年間に緩やかに北上して来て、地中海北岸のポルトガル、スペイン、フランス南部、イタリア、ギリシャそして島嶼、に到達しているため、この病気に襲われやすくなっていると考えられる。このヌカカの群れが「雲霞」のごとく北アフリカやトルコからイスラエルを経て運び込まれている。過去10年で、血清型の異なるブルータングウイルス(1,2,4,9、16型)がそうやってもたらされた。

Why should all these outbreaks remain relatively smaller and localized in contrast to BTV-8 that has spread so quickly to such a large area of N Europe? We know that restriction of animal movement will not have any effect on the movement of the midge- either the 2 km per day that she can fly to secure a blood meal or longer journeys on favourable winds of up to 150 km. These small outbreaks have involved the midge species C imicola acting as the main vector. In the Balkans it was found that BTV 9 was transferred from C imicola via infected ruminants to native midge species and this has been called ‘the baton effect’ (like a relay baton). This phenomenon was described by entomologists at Pirbright. [Prof Rudi Meiswinkel an entomologist expert on midges and bluetongue originally from South Africa has pointed out that the midge C imicola likes coastal flats and deltas in Italy for instance and its range does not overlap that of C obsoletus which is the midge predominant inland blanketing the rest of Italy.]

BTV-8は北ヨーロッパの広い範囲に急速に広がったのに比べ、他の型でどれもが割合小規模で狭い範囲に発生が留まっているのは何故なのか。ヌカカは1日に2キロ程度飛翔するが、条件のよい風に乗れば150キロにも達するので、家畜の移動制限は何も影響がないことが分かっている。そのような小規模な発症はヌカカの一種C imicolaが主なヴェクターとなっている。バルカン半島では、飛んできたヌカカによってBTV-9に感染した反芻動物から現地のヌカカに移る、つまり「バトン効果」(リレーのバトンのように手渡される)が起こっている。この現象を発表したのはパーブライト〔動物衛生〕研究所の昆虫学者(南アフリカ出身のヌカカとブルータングの専門家であるルディ・マイスウインケル教授であるが、彼の指摘によると、イタリアを例にすればC imicolaは沿岸の低平地やデルタ地帯に分布していて、残りのイタリア内陸部の全土に卓越している種C obsoletusと分布範囲は重なっていない。

What none of the scientists foresaw was that bluetongue could jump to midge species not previously recorded as vectors - most likely by an infected ruminant was inadvertently imported into Belgium in the summer of 2006 whilst infectious for BTV-8. C imicola midges wrapped up with imported flowers has also been suggested as a source (the baton effect) by Pirbright. The details of exactly what happened will never be known. However detective work such as sequencing of the North European BTV-8 2006 strain and looking for the closest match has revealed that this was a BTV-8 circulating in sub-saharan West Africa. The virus arrived from Sub-Saharan Africa by global trade- it is much too far for infected midges to be carried on the wind in a plume.

科学者達が誰一人として予想していなかった事態、従来ブルータングのヴェクターと記録されていなかったヌカカに飛び移ることができること、それはおそらく2006年夏に感染している反芻動物がベルギーに輸入されてしまっていたらしい。また、輸入された花卉と一緒に包まれていたヌカカがウイルスを持ってきた(バトン効果)ではないかという説もパーブライト研究所から出ている。実際に何が起こったかの詳細は全くわからない。しかし、北ヨーロッパのBTV-8 2006の株系統について塩基配列などが調べられて、それが西アフリカのサブ・サハラ・アフリカ(サハラ砂漠より南の地帯)に広がっているものに最も近いことがわかっている。世界貿易のおかげでアフリカ南部からやってきたものであって、そこは感染したヌカカが風に乗って運ばれて来るためには遠すぎる。

The midges C obsoletus and C dewulfi are known to be the most important vectors of BTV-8 in Northern Europe – there are no C imicola midges in Northern Europe. Unluckily for us the strain of BTV-8 introduced to N Europe must possess a property that allows it to infect these 2 novel midge vector species. [As well as C obsoletus and C dewulfi, BTV-8 may infect other midges such as C scoticus and C pulicaris but these have not been shown to be significant in Northern Europe.] As the summer temperature rises the midge is rendered more susceptible to infection. The fact that BTV-8 can infect native North European midges, that these are prevalent over our farmed and wooded temperate lands, that pastoral farming in the temperate conditions of Northern Europe has populated the landscape with 10s of millions of domestic ruminants, as well as millions of wild ruminants (deer), has resulted in an explosive outbreak of BTV-8 ever expanding and dwarfing all previous outbreaks of any BTV serotype in Southern Europe.

ヌカカの仲間のC obsoletus C dewulfiが北ヨーロッパでもっとも重要なBTV-8のヴェクターであり、C imicolaは北ヨーロッパに見られない。北ヨーロッパに移入したBTV-8株は、運悪く、新規のヴェクターとなった上の2種のヌカカに感染できる性質を持っていたに違いない。(それらの2種に加えて他のヌカカの仲間C scoticus C pulicarisに感染するかもしれないが、これらの感染は北ヨーロッパでは重要でない)。夏の気温上昇がヌカカによる感染率を高くなるようにする。BTV‐8は北ヨーロッパの在来のヌカカに感染すること、そして牧場と温帯性の森に広くそれらが分布していること、北ヨーロッパの温帯気候の放牧地と周辺では何千万もの家畜の反芻動物と野生の鹿がいることから、南ヨーロッパで過去に起こった他の血清型によるBTVの発生とは比べ物にならない大規模なBTV-8の爆発的な発生をもたらしている。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-04 17:56 | 口蹄疫

牛ウイルス病について鹿の抗体調査

e0094349_1454795.jpg

e0094349_14302634.jpg

口蹄疫ウイルスが野生動物に浸透した場合のリスクに関して県と国の対策本部が正面から取り組んでいないように思われる。その理由は、おそらく、過去にそのような事例がほとんど無く、特に重要な問題として認識していないのか、あるいは(妄想であるが)もし野生動物に抗体ができている(感染経歴がある)ことが確認されたらOIEでの清浄国認定に差し支えると考えているからであろうか。

牛にウイルス病を引き起こすウイルスは口蹄疫だけでなく、ブルータングなどOIEの世界中からの疫病発生にでてくる常連がある。イギリスではこのブルータング(血清型8)が長年尾を引いていて、DEFRAはその対応を厳しく批判されている。
BLUETONGUE in Britain
http://www.warmwell.com/bluetongueall.html

2007年9月に発生したブルータングは現在も継続中で制圧されておらず、2010年7月23日に83番目の経過報告が出ている。このウイルス病はヌカカ類がベクターとなっていて、その対策が極めて難しい。この状況はアフリカでマラリアが制圧できないことによく似ている。
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9533

日本でも、動衛研サイトで家畜の監視伝染病(届出伝染病)の一つである。
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/fact/27.html
この疫病は牛や山羊等では、一般的に症状が軽く不顕性感染率も高いらしい。

梁瀬 徹 , 加藤 友子 , 片桐 慶人 [他]
沖縄におけるオーストラリアヌカカCulicoides brevitarsisからのブルータングウイルスの分離
衛生動物 61(1), 85-91, 2010-03-15

日本のブルータングウイルスはイギリスのような悪質な型ではないらしいが、グローバル化の現在、いつ悪質なタイプがどこから侵入するか分からない。おまけに防疫対策が困難な相手であるから警戒が必要であろう。

口蹄疫に限らず野生動物の病原ウイルスから変異して人間に大きな影響を及ぼす新興感染症についても警戒が必要であることはSARS騒ぎの時に経験したはずである。
田口文広 (2003) SARS コロナウイルス  ウイルス, 53 (2), 201-209.
http://jsv.umin.jp/journal/v53-2pdf/virus53-2_201-209.pdf

野生動物として家畜に接触してウイルス病などを伝染させる可能性、つまり病原性ウイルスや細菌の疫学的調査は国の研究機関が正面から取り組むべき問題であろう。これは家畜だけでなく人間にとっても重要な課題であり、農水、環境、厚生労働の3つの省にまたがっていることから、国の問題として内閣が統括してやらねばおかしい。

論文検索で下の報告を見つけたが、日本のウイルス研究と専門家の能力水準は国際レベルであろう。それをもとにして、野生動物調査能力を改善して、この機会に口蹄疫についてしっかり調査してもらいたい。

今田 忠男 , 坪井 孝益 , 高橋 伸和 , 浜岡 隆文 , 播谷 亮 , 宮本 亨 , 村田 英雄
ニホンジカにおける8種類の牛ウイルスに対する抗体調査
Japanese journal of zoo and wildlife medicine 1(1), 42-44, 1996
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002683058

和文要約
<東北地方に生息する野生シカと飼育シカの血清(156例)について, 牛ウイルスに対する抗体保有状況を調査した。その結果, コロナ(95%), ロタ(45%), アカバネ病(38%), ブルータング(25%), パラインフルエンザ(18%), 牛下痢粘膜病(3%)および牛ヘルペス1型(1%)に対する抗体が検出され, 牛白血病ウイルスに対する抗体は検出されなかった。この地方においてウイルスレゼルボアとしてシカを認識する必要が示唆された。> 
〔本文閲覧は有料]

この調査報告で明らかにされたように野生の鹿は様々なウイルス病の貯留体ともなっていることで、接触すれば家畜に疫病を感染させる可能性があるだろう。同じような調査がイノシシなどにされているかどうかわからないが、似たような状況ではないだろうか。野生動物と家畜、ペット間の病原体の行ったり来たりの状況を把握しておくことは人間の健康に関しても大切である。例えば、狂犬病ウイルスが日本に侵入したら犬に留まらず、野生の狸やイタチ、アナグマなどに広がって手に負えなくなる恐れもあるだろう。

この国は、情けないくらい、敵の実態を知らずに戦争する癖が抜けていない。技術先進国であっても基礎的な自然科学、特に野生生物分野についての研究調査に国として投資していない後進国状態を改善してもらわねばならない。有害鳥獣対策でも経費の半分くらいは基礎研究につぎ込まなければ、いつまでたっても対症療法的なズルズルが続き、解決できないであろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-01 14:05 | 口蹄疫

鹿が口蹄疫で見せる症状(英文情報の翻訳)

イギリスのTHE DEER INITIATIVEサイト(www.thedeerinitiative.co.uk)から許可をもらったので鹿が口蹄疫に感染した場合の診断や感染動物の取り扱いに関する有益な情報が掲載されているファイルの中身を日本語に翻訳しておいた。元のパンフレットの表題は DISEASES (England & Wales) Best Practice Guideである。これは2009年に作成されたもの。下の文章に「免責事項」の記載がある。

Disease: Foot & mouth • 09.06.08 © The Deer Initiative 2009 •
No responsibility for loss occasioned to any person acting or refraining from action in reliance on or as a result of the material included in or omitted from this publication can be or is accepted by the author(s)


今後、少し時間を置いて推敲して文章を手直しする予定であるが、読者から疑問や質問があれば何でもコメントでどうぞ。

口蹄疫 実践ガイド

はじめに

この指針は、鹿における口蹄疫がどのようなものか、鹿に口蹄疫が発生した時に施行される制限、そしてその際に守られるべき適切な生物防疫の取り組みについて説明することを目的とする。

この指針は「鹿に関する法令」そして「動物の死骸の検査指針」とリンクしている。

口蹄疫の説明と関係法令

口蹄疫は土壌・水の中、あるいは空中を浮遊して運ばれるウイルスによる伝染性が極めて強い疫病である。これは鹿を含む蹄を持つ全ての動物がかかる病気である。イギリスでは、口蹄疫は届出が義務付けられている病気であり、2006年制定の口蹄疫(英国とウエールズ)法の中に発生時の対処の手順が決められている。この法の下で鹿は「感染受容動物」(日本では擬似患畜)とされ、口蹄疫発生時の制圧のため生きている動物、死骸、関連する副産物の移動を阻止する目的で、鹿が殺処分され、その死骸及び副産物の移動が禁止されることがある。

鹿における口蹄疫

鹿は種類を問わず口蹄疫に感染する。(イギリスに生息する)ロー鹿とムンジャック鹿では症状が重くなり、死亡する場合もある。イギリスでは野生鹿が口蹄疫に感染した確かな症例はなく、過去50年間に国内で口蹄疫の伝染について重要視はされていない。しかしながら、鹿は過去の実験で感染して発病することが知られている。その実験で得られた写真をこの指針で使っている。

症状

鹿に見られる症状が明瞭に認められる期間は2から20日にすぎない。家畜によく見られる衰弱や流涎(よだれを盛んにたらす)のような外から見てわかるような病状が見えないこともある。

(感染の確認のための)臨床的な手がかりを見つけるためには、死骸について綿密に検査しなければならないが、もっとも普通に見られるものは以下の各部位に現れる小胞(皮膚の上に見られるブツブツ、膨らみ、または変色した部分)あるいは潰瘍(痛み)である。

口腔: 舌、歯茎、上部歯肉、唇の内側 

脚: 蹄の間の皮膚、皮膚と蹄の境界部で、特に蹄およびかかとの蹄球との間または後ろ。前脚と後脚の両方とも検査すること。もっとも普通に見られる目印としては、かかとの周りの角質部と皮膚の接合部における赤色の潰瘍または疱疹。

以下の写真は(イギリス産の)4種の鹿について実験的に発症させた病状を示す。別種の鹿でも同様な症状が認められる。〔訳者メモ:実験は1970年代に行われた〕

図1 ファロー鹿: 舌の上に見られる小さい、つぶれていない水泡。
e0094349_1359089.jpg

図2 ファロー鹿: 蹄の間のつぶれていない水泡。
e0094349_1414660.jpg

図3 ファロー鹿: かかとの蹄球におよんだ治りかけの潰瘍。
e0094349_1424713.jpg

図4 ロー鹿: 歯肉の上でかみ合わせの下の破裂した水泡。
e0094349_1445027.jpg

図5 ロー鹿: 指の間の破裂していない水泡。
e0094349_14153883.jpg

図6 ロー鹿: 蹄の下側の治りかけている傷。
e0094349_14105721.jpg

図7 ムンジャック鹿: 舌のおびただしいツブツブ。
e0094349_1494619.jpg

図8 ニホンジカ: 舌の横の表面に見られる破裂していない水泡。
e0094349_1484344.jpg

図9 ニホンジカ: 頬粘膜の潰瘍が広がった部位。
e0094349_149183.jpg


口蹄疫発生中において

禁止・制限事項

口蹄疫が発生した時の制限は発生地点を基準にしてその周りを取り囲んで設定する。

口蹄疫がある場所で確認されたら、その地点の周囲に(通常半径3キロメートルの)「保護域」と(通常半径10キローメートルの)「調査域」を設ける。それ以外のイングランド、ウエールズ、およびスコットランドは「制限域」となる。この時点で、当初のもっとも単純な想定では鹿が動き回らないように完璧に止める、つまり、生きている鹿、死骸、そして副産物(トロフィーも含まれる)の国内、国際間で全面的に移動が起こらないこととする。

この制限についてはDEFRA, Deer Initiativeその他のウエブサイト上で、そして報道機関により、さらに時には電話連絡で周知される。

通報

口蹄疫が鹿に発生したおそれがある場合には、その鹿の種類と場所の詳細をその地域の動物衛生局に通知しなければならない。どのように報告するかは、DEFRAのウエブサイト(下)にて参照できる:
http://www.defra.gov.uk/animalhealth/about-us/contact-us/search
通報を受けたDEFRA当局は、次にどのように取り扱うかを指示する。感染の疑いのある死骸は、特に指示が無い限り、元の場所から移動させてはならない。もしもすでに移動させられていた場合には、できうる限り、他の死骸あるいは感染の恐れがあるあらゆる動物から遠ざけ、安全な場所で隔離されなければならない。


バイオ・セキュリティ

口蹄疫のバイオ・セキュリティに関する詳しいことは下のURLでどうぞ。
http://www.defra.gov.uk/animalh/diseases/pdf/biosecurity_guidance.pdf

移動制限中は、原則として家畜がいる場所に無用な訪問を控えること。口蹄疫に効果が実証されている消毒薬は農業資材の販売店で購入できるので、それを適切に使うこと。

口蹄疫が人間に影響することは非常に稀であるが、死骸を取り扱う時に手袋を使い、器具の消毒や手洗いなどの保護策をとることが必要である。乗り物や履物を清浄に保たれねばならないので、必要に応じて車輪とブーツを洗浄・消毒できるように準備すること。

もっと詳しく知りたい人は下記のサイトで見てください。

Advice on Foot and mouth Disease
- http://www.defra.gov.uk/animalh/diseases/fmd/default.htm
The Deer Initiative
- http://www.thedeerinitiative.co.uk
Foot and Mouth Disease (England) Order 2006
- http://www.opsi.gov.uk/si/si2006/20060182.htm
Foot and Mouth Disease (Wales) Order 2006
- http://www.opsi.gov.uk/legislation/wales/wsi2006/20060179e.htm
Local Animal Health Offices
- http://www.defra.gov.uk/animalhealth/about-us/contact-us/search
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-28 14:15 | 口蹄疫

敗戦の将の謎の行動

そろそろ、皆さん自粛モードから解禁して検証モードになっているようなので、便乗しておきます。

口蹄疫拡大・蔓延を促したのは不幸な複合要因の積み重ねだったと思われますが、対策本部の長が肝心な時にどのような心理状態だったのか、ネット上に記録された情報が手がかりとなります。

http://twitter.com/higashitiji/status/13599523371
口蹄疫確認、発生農家やその周辺には、一面に消毒剤が散布されている。埋設や防疫作業は、まるで戦場のようだ。どうしてこんなことになったのか?やり場の無い怒りと落胆が交錯する。
2:15 AM May 8th Echofonから .higashitiji 東国原英夫

東国原英夫宮崎県知事がウイングまつばせで講演2010年05月08日
http://www.city.uki.kumamoto.jp/q/aview/1/2333.html
 5月8日、宇城市松橋総合体育文化センター・ウイングまつばせ・文化ホールで東国原英夫宮崎県知事が「これからの日本、私たちの故郷“どぎゃんかせんといかん!”」と題して講演。テレビでお馴染みのユーモアあふれる宮崎弁で約800人の聴衆を沸かせました。(以下略)

5月8日は土曜日で知事は公務なし?、早朝につぶやいた後(就寝?)、県外(となりの県)で14時から講演会:
 会場には、相次ぐ口蹄疫(こうていえき)への対応で開催を心配する問い合わせが多く寄せられていたが、東国原知事は「隣県で日帰りも出来るし、口蹄疫によるご迷惑のあいさつもしたいので議会の了解も得てきた」と説明した。

その晩は福岡泊まりという噂。

beachmolluscは5月5日に異常事態に気がつき、ブログで野生動物の感染問題に言及、その後情報検索を継続していることは皆さんもご承知でしょう。
8日には危機感を募らせて、新聞記事に反応して毒を吐いていた。
http://beachmollu.exblog.jp/d2010-05-08

宮崎大学獣医衛生学研究室
http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~vet/hygine/HP/index.htm#eisei
最近の獣医衛生事情
2010.5.9. 発生の峠は、連休明けと想定し、また、そう願っていました。その根拠は、4月20日より関係動物、人、車両の移動制限措置がとられたこと、および、このウイルスの一般的な潜伏期間を考えてのことです。しかし、今なお、続発しているということは、4/20以降の感染であると考えられます。

コンタンのブログ
グラフと数字で見る口蹄疫対策の現在
データで見る口蹄疫対策の緒戦敗北(2010年 宮崎) その1 2010年5月10日 (月)
http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/2010-ca86.html

このように、内野も外野も口蹄疫発生の急激な増加に注目し、成り行きを懸念していた時点で、知事が「他人事」のようなツイートをして講演会に出かけたことを合理的に説明することはとても難しい、大きな謎です。

<やり場の無い怒りと落胆>

この言葉は発生確認当初に出して顰蹙を買ったコメント:「ピンチをチャンスに」できなかった事を認識して漏らしたような気がする。「怒り」をエネルギーに変えて防疫対策に全力を尽くすのが指揮官の役割であろうが、「落胆」して戦場を離脱し、息抜き?をやっていたのだろうか。

5月8日は当時の国の口蹄疫対策本部長の〇〇マツ大臣が海外出張から帰国の日である。殿様は週末に別件があって、10日月曜日に宮崎入り予定が決まっていた。

9日の知事のツイート:

沢山の激励や問い合せを頂いている。本当に有り難いことである。この場を借りて、御礼を申し上げます。
問い合せの中で、特に多いのが、今回のこの口蹄疫のことが、宮崎県以外の地域や全国的にこれといって報道されていないことである。

報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。 10:59 AM May 9th higashitiji 東国原英夫

5月8日(土) 15時47分 - 宮崎(毎日新聞)
口蹄疫:北部と豊肥市場、全農がせり中止 宮崎の感染受け /大分
5月8日(土) 15時22分 - 大分(毎日新聞)
口蹄疫:消毒ポイント8カ所に 宮崎での発生拡大受け /熊本
九州トレーニングセールが中止に
5月8日(土) 12時43分 - 競馬(netkeiba.com)
<口蹄疫>宮崎で36~43例目
5月8日(土) 1時33分 - 社会(毎日新聞)
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫
5月8日(土) 0時53分 - 政治(時事通信)
口蹄疫対応、特別交付税交付で支援

8日のツイートから講演会中に盛んに報道されていたが、知事は気がつかなかったのか、9日のツイートは的が外れてしまった。福岡に宿泊していたとしても新聞くらいはチェックしていそうなものであるが、確かに不思議に思う

結局、〇〇大臣の大失態のおかげで、大事な局面で知事が戦線離脱していたことは世間の注目が集まらなかった。敵のオウンゴールで自分の失点を帳消しにしてもらったような姿に見える。

そもそも10日の大臣との交渉に備える敗戦の将としては、県として手に余ることを国から具体的に救済してもらうための準備は万端だったのだろうか。当時、すでに埋却場所の確保がネックになっていたことと、その理由も把握していたはずであるが、当時の報道を振り返れば国と県の意思疎通が全くできていなかった事は明白である。緊急時にやるべき事を怠って講演会に行ったりしたツケがより数多くの農場の悲劇をもたらしたのではなかったか。本人にそのような自覚がなさそうであることは、最近の「一人一揆」などの言動で想像される。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-26 20:59 | 口蹄疫

ロシアの口蹄疫で野生の猪が関与

ロシアでO型口蹄疫が発生、OIEに同国から7月19日付で緊急報告が出されました。

7月5日、豚、牛、羊、場所は中国国境に近いAbagaytuy, ZABAJKAL`SKIJ KRAY
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9524

ワクチン接種しているもようです。下のサイトでその解説があります。
http://www.warmwell.com/fmd0809.html

上のロシアの口蹄疫で野生の猪について言及がありました。
ProMEDで英文のニュースの翻訳あり。

Outline of ProMED-mail posts2010/07/25
FMD – domestic swine and a wild boar – Rostov – Russia
http://outbreaks.biz/2010/07/25/fmd-swine-wild-boar-rostov-russia/

ロシア連邦 南部[連邦管区] Rostov ロストフ州 [州都 Rostov on Don ロストフ・ナ・ドヌ] の養豚場 1施設で口蹄疫 FMDが発生し、ブタ 204頭を殺処分した (地域危機管理局 [22 Jul 2010])。
["検査により口蹄疫と確認された"と記載されていない]病死した野生のイノシシ 1頭の死骸が2010年5月、同地域で発見された。家畜への感染拡大を防止するため、当局は野生のイノシシの処分を許可した。
[上記] 1つの農場内で ブタ 2頭が死んだ [21 Jul 2010]。検査で口蹄疫[ウイルス]陽性であったので、農場主は 残りのブタ 204頭を殺処分した。

[Mod. AS氏解説:
This animal (野生のイノシシ wild boar) deserves attention as a potential prolific disseminator of the virus.]

野生の猪の処分、というのは野外集団の個体が対象です。つまり防疫のための駆除対策が行われている、ということで今後の経過について注目しましょう。

["検査により口蹄疫と確認された"と記載されていない]病死した野生のイノシシ、とされたものは病死に定冠詞が付いていて、口蹄疫で死んだものということを英文では示唆しています。検査されていなくても症状から口蹄疫で死亡した個体と見なされたように思われます。家畜の発症と野生猪の死亡との関係がよくわからないので野生から家畜への感染かどうか不明ですが、死骸は5月に見つかったというので野生の猪が先だったかもしれません。(しかし、その野生猪はどうやって?)

上の情報で引用された元は下のURLです。
http://www.promedmail.org/pls/otn/f?p=2400:1001:53103::NO::F2400_P1001_BACK_PAGE,F2400_P1001_PUB_MAIL_ID:1000,83807

引用されたのは最後の1文だけですが、本文の後半(下)には面白い情報がありました。

The FMDV serotype O, SEA topotype, Mya-98 lineage,
initially identified in Thailand and Malaysia, has been recorded
during 2010 in P.R. China (Hong Kong SAR), Mongolia, Republic of
Korea and Japan, and seems to be spreading, affecting cattle and
swine. This virus is highly suspected to be wide-spread in mainland
China, but genotyping from China is not yet available.

FMDV (serotype O) has been reported in the past to affect wild boars
in northern Israel (see 20070517.1571). This animal deserves
attention as a potential prolific disseminator of the virus.
- Mod.AS]

<野生の猪は口蹄疫ウイルスの強力なばら撒き屋になる可能性があるので特に注意を要する>

このコメントによると、3年前にイスラエル北部で野生の猪の感染例が出ていたようです。

現在の大元の系統はタイ国とマレイシアで分岐発生し、2010年になってホンコン、蒙古、韓国、日本と中国本土を取り巻く各地で広がっている同じタイプの口蹄疫ウイルスです。

竹のカーテンの向こう側、中国本土内で広がっているらしい(強く疑われている)口蹄疫ウイルスの遺伝子解析情報がないことは困ったことです。ホンコンが重要なハブであること、今の系統のウイルスが蔓延(常在化?)しているらしいことから、日本の水際国際防疫でホンコンや中国国内各地と日本を結ぶ航空路線などで行き来する人と物の国境検疫を重点的に行うべきでしょう。宮崎県で発生したルートの解明がなされない限り、全国どこでも海外からの再侵入を招く可能性が考えられます。

宮崎県に侵入した口蹄疫の供給元が中国であることはこのような状況証拠が示唆していますが、農水省はこれをあえて伏せているのでしょうか。本来なら、中国とも協力してウイルスの拡散ルートを追跡するべきですが、何か都合が悪いのでしょうか。毒入り冷凍餃子の問題に比べてもはるかに影響が重大な口蹄疫問題できちんとできないのは何故だろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-26 02:43 | 口蹄疫