beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:口蹄疫( 92 )


マスゴミと口蹄疫

昨年、当初は豚インフルエンザと呼ばれていた(豚の間で流行していたウイルス病が人間にも感染)はずのものがいつの間にか通称「新型インフルエンザ」と名称変更されたことがあった。鳥インフルエンザが人間にも感染して死者が出ているのに変更されずにいるが豚の場合はなぜ変更なのか、また新型が次々と現れる可能性があるのに、次の新型の名称はどうするのか(新型の新型と呼ぶのか?)、不思議に思っていた。

ネットで調べたら、昨年2月にWHOが畜産関係とイスラム関係から受けた抗議で名称変更したものらしい。つまり風評被害というのがキーワードのようである。豚肉の購買者が誤解して、流通に支障をきたすということが変更された要因だったのかもしれない。

下のある歯医者さんのブログ記事を見てください(部分的に引用)。
http://jinguzi.seesaa.net/article/149096040.html

2010年05月07日 口蹄疫の被害拡大に勤しむ毎日新聞
毎日新聞が、疫病被害拡大に努力しています。
>しかし、残念な反応もある。鹿児島県の小学校2校が、5月に予定していた宮崎市への修学旅行の行く先を変更したという。私たちも繰り返し報道しているように、口蹄疫は
人に感染しない。感染した肉は市場に出回らないし、仮に食べても人体に影響はない。専門家の一致した見解だ。むしろ、児童の「修学」のいい機会にできたのでは、と思えてならない。


数十人単位の子供が、「修学」目的で、伝染病の対策に追われる農場の側をうろつく。私が関係者なら、怒鳴りつけても不思議は無いと思います。というより、確実に作業の邪魔です。その程度のことは、取材をすれば理解できるはずです。
 毎日新聞は、新型インフルエンザでの報道でもそうでしたが、基礎知識を知ろうとしないまま、被害を拡大しかねない行為を推奨する記事を書く傾向があります。


マスゴミの典型のような人物が支局長(支局は一人だけか?)をやっていて、何もわからない頭で風評被害を「心配」して記事を書いている。

風評被害というものは「無知」から生じるのであるから、できる限り正確で分かりやすい(どこまで分かっているかを認識した)啓蒙が必要であり、マスコミ関係者は、それをきちんと勉強して読者に伝える義務がある。

宮崎県庁から出ている「宮崎の畜産物は安心、安全」というPRは風評被害防止のためのものであろうが、その説明には肝心な問題点が指摘されておらず一般人に理由が分かるように書かれていない。「民は之に由らしむべし、之を知らしむるべからず」、つまり「愚民」を見る「お上意識」が現代の行政に伝承されているような気がする。

歯医者さんのブログには下のように明快に説明されている。

口蹄疫は、蹄のある動物に感染する病気です。人間にはかかりません。しかし、人間は病原菌を運ぶ可能性があります。現に、今回の口蹄疫は、隣国からの人を介しての感染の可能性が指摘されています。

口蹄疫は、人はもちろん、馬や犬猫にも感染しないが、羊、鹿や猪には感染するウイルスであることを、繰り返しはっきりと説明して広く認識してもらうこと、もしウイルスに汚染された畜産製品などを流通させたり、人や物体を移動させると感染が広がる恐れがあるので、国際貿易をはじめ、国内でも感染の疑いがある場所からの移動が厳格に禁止されることを説明しなければならない。鳥インフルエンザとは違い、人間の健康に直接影響するのでなく、牛と豚の酪農、畜産業を軸にする社会経済を混乱させることが口蹄疫の最大の問題である。

>私たちも繰り返し報道しているように、口蹄疫は人に感染しない。感染した肉は市場に出回らないし、仮に食べても人体に影響はない。

行政が出した理由や背景の説明なしの文章を丸写しにした報道しかやらない、疫病に見舞われた農民の惨憺たる状態と苦悩を取材して広く報道しないでいるマスゴミは無用の存在だろう。 取材したくても現場に入れないような制限があっても、ネット上で情報発信している川南の酪農家をはじめ、電話やメールのやり取りで画像も情報も入手できるはずである。

<追記>

宮崎県議会の若手議員の一人、竹井俊輔のブログを見たら興味深いコメントがあった。
http://www.s-takei.jp/
宮崎県内、縦横無尽 2010-05-06

午前中は県庁で打ち合わせなど致しまして、一路延岡市北方町へ。
畜舎に伺うのは憚られますので、旧川水流駅の場所で協議をします。シカやイノシシなどの有害鳥獣が農作物を食い荒らすことは大いに課題になっていますが、中には牛舎近くで牛のえさを食べてしまうシカもいるそうです。
シカもイノシシも偶蹄(ぐうてい)ですから口蹄疫に感染する可能性があります。野生動物が感染してしまうとまったく以て制御が効かなくなります。ましてや県境なども意味をなさないのですから、県北の九州山地脊梁部分で感染が広がれば、隣県はいうに及ばず福岡県などにも影響が出ます。


都農町の観音滝で鹿の死体を見つけたブログ記事を昨年書いた(ブログ内検索をどうぞ)が、尾鈴山の山麓、つまり都農や川南の畜産施設の周辺で鹿が跋扈していることを心配していたことが当たっているらしい。それに加えて猪が周辺地域で農地を荒らすことも当然考えられる。

竹井県議がコメントしたように、宮崎県を越境して口蹄疫が拡散すれば宮崎県だけでなく九州各県で畜産と酪農が壊滅する恐れがある。今は自分の県だけ、宮崎牛などの風評被害を心配するレベルの問題ではないのである。

それにしても、別件で窮地に陥ったルーピー・ポッポさんは問題外としても、この危機管理の担当責任者のはずのBAKAMATSU大臣は一体全体何を考えているのだろう。今日あたり外遊から帰国したのかな。

感染した畜舎では埋設処理の場所が確保できなくなった死骸が増大しているらしい。埋めた死骸が腐敗してガスが発生し、埋設場所の地面を突き破って出ているという作業現場の報告もあった。

川南の町議のブログでも、感染畜舎の周りでハエが大発生しているというので、それがウイルスを運びまわる懸念がある。死んだ動物のウイルスは消滅するというようなデマが流されているらしいが、死骸の口蹄疫ウイルスは消毒薬などで壊さないと、かなり長く感染能力を保持するらしい(ウイルスは生物ではないので「死」という言葉を使わない)。

県議さんたちまで消毒ポイントで作業員のボランティアをしていることが検索で分かったが、議員さんたちはこの件で別の本来のやるべき仕事があるはずである。また、県外から殺処分の作業員を募集しているというが、結果的にそれがウイルスの拡散を招かないようにするための万全の注意が必要である。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-08 08:56 | 口蹄疫

消毒ポイントは有効か

畜産の町、川南町などで勃発した口蹄疫が牛と豚の生産農家を直撃している。大臣が外遊、不在中の農水省HPで見ると、今日5月5日時点で感染事例が23例まで増えていて、殺処分される牛と豚は総計で3万頭を越えたようである。

プレスリリース:宮崎県における口蹄疫の疑い事例の20例目~23例目について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100505_1.html

早朝のミッキーとの海岸往復コースの途中にある、尾鈴サンロードと国道217号線の永田交差点、そして小倉ヶ浜の総合運動公園脇には24時間休みなしの「消毒ポイント」が設定されている。県のHPでは県内の消毒ポイントの地図を示しているが、その3番と8番である。
e0094349_8582161.jpg

畜産関係車両消毒ポイント一覧
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000139484.pdf

防護服をまとった係員達が畜産関係の車両を相手に消毒剤を噴霧するポイントであるが、感染した家畜が発生した場所を中心にして、外側にウイルスが拡散しないようにするための防衛線をつくっている。

お隣の韓国でも4年前の鳥インフルエンザの時と似ているが、宮崎県より少し早く始まり、拡大中である。また、台湾や中国本土で広範囲に発生している情報が農水省から出されていながら、なぜか広く報道されていないように思われる。

中国、香港、韓国、台湾における口蹄疫の発生状況地図(2009年1月~)(平成22年5月4日現在)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/100504cnhktwkrfmd.pdf

口蹄疫(Foot-and-mouth Disease: FMD)ウイルスについては、過去に大きな被害を受けたイギリスなどでわかりやすい情報が多々ある。それを見ると、このウイルスは相当な厄介物であって、人間がもっとも重要な運び手となっているらしい。そのため、資材や餌料の搬入などのため出入りする関係車両を消毒し、マスコミの現場取材を含む外部の人間を農場から締め出し、感染域の内部は徹底的に消毒してウイルスが消滅するのを待っているようである。

サルナシ類の調査で県内山間部の林道を徘徊していると、いたるところに畜舎が現れる。そして、その周辺で頻繁に鹿とイノシシにも遭遇する。

文献を見て、口蹄疫は「偶蹄類」特有の病気であるとわかったので、野生の鹿やイノシシはどうなるのか気にかかりだした。気になって調べても日本語ではほとんど情報が無い。しかし、先進国では情報が学術的に丁寧に開示されている。

日本のように「口蹄疫に感染した家畜の肉を人が食べても大丈夫です:市場に感染したものが流通することはありません」をバカの一つ覚えで報道しているのと大違い。ウイルス病は症状が明白になるまでに潜伏期間があるから、当然ながら、ウイルスに感染していた肉は市場で消費されていた可能性がある。

http://wildlife1.wildlifeinformation.org/S/00Man/FMDTechniques/Overviews/FMDWildlife.htm#TopOfPage

FMD Wildlife, Zoos, Pets and other Animals:
  Introduction and General Information
  FMD and Susceptible Wild Mammals
  FMD and Zoo Animals
  FMD and Companion Animals
  FMD and Wild Birds, Vermin and Invertebrates

鹿とイノシシはもちろん口蹄疫に感染する可能性がある。畜舎の感染豚は大量にウイルスを体外に排出するとされているし、排泄物が垂れ流しであれば、周囲のイノシシや鹿にウイルスが渡される可能性は高いに違いない。また、畜舎に出没するネズミや虫たちもウイルスを運ぶ可能性があると上の情報に書かれていた。

鹿やイノシシがどのくらいの範囲を移動するものか、つまり、これらの野生動物がウイルスを広げる可能性がある距離、範囲はどうなるだろうか。車両は道路を走るので消毒ポイントで止められるかもしれないが、野生動物は山中を自由に徘徊している。調べればデータがあるかもしれないが、移動習性は研究調査されているのだろうか。狩猟期間には、ハンターに追われて移動距離は広がるのではないだろうか。

中国本土では広範囲、ほぼ全国がウイルス汚染地帯であるから、そこから微細なウイルス付きの粉塵が大気中に巻き上げられ、黄砂として日本まで運ばれている可能性もありそうである。しかし、この伝播の可能性が高ければ宮崎県だけでなく福岡県などでも起こるはずなので、一応中国からの直接的なウイルスのプレゼントは発症に結びついていないのだろう。

韓国と宮崎でほぼ同時に、しかもどちらも、畜産の試験研究をやっているところの豚が感染の疑いがもたれたのは何を物語っているのだろう。口蹄疫ウイルスが人間の呼吸器粘膜に付着してかなり長時間感染力を失わないという実験データもあるらしいので、人間がウイルスの直接的な運搬をやっている可能性も無視できないだろう。

ヨーロッパでは口蹄疫が広がったため、汚染地域となった観光地への入域が遮断され、観光産業が大きな影響を受けた事例がある。今やっているウイルスの封じ込めが失敗して宮崎県と周辺で立ち入り、通行制限の範囲が広がれば、動物園の休園をはじめ観光農園などが営業できなくなるだけでなく、畜産を軸としている地域の産業生産基盤をゆるがす深刻な事態となるはずである。

畜産分野の内部状況を全く知らないので、日本と韓国の畜産関係者の相互交流がどうなっているのかわからない。前回、宮崎県で10年前に口蹄疫が発生した時に、中国から輸入された稲藁などをとりあえず黒として、人間の交流による感染ルートの追及をあいまいなままにしたツケが今取り立てられているのではないだろうか。鳥インフルエンザの問題でも、ウイルスの運搬者として渡り鳥をとりあえず黒にしただけで、疫学的にしっかりした調査も基礎研究もおろそかにしたようである。このような問題について、日本では基礎的、生態的な調査を野生生物、微生物やウイルスレベルで詳細に行える研究能力が育てられていないのが残念である。

前回の口蹄疫発生時に専門家が指摘した構造的な問題点:国際物流の自由化に追いつかない検疫体制の不備は改善されていなかった:のど元過ぎればなんとやら、だったのだろうか。

<追記> 

学術情報検索で「口蹄疫」関連の論文を見ていたら2000年に出た下記URLのpdfファイルが公開されていた。

小澤義博 (2000) 極東における口蹄疫の発生状況(第一報) 2000年4月現在
同 (第二報) 2000年7月末現在
J. Vet. Med. Sci. 62:1-6; 7-12 
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920364
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920460

下の論文は閲覧が有料であるため本文を見ていない:

韓国で発生した口蹄疫とわが国への侵入リスクについて
筒井 俊之 , 坂本 研一 , 村上 洋介 , 吉田 和生 , 志村 亀夫 , 濱岡 隆文 , 山根 逸郎
日本獣医師会雑誌 55(6), 387-390, 2002-06-20

宮崎県における口蹄疫の発生とNOSAIの対応
鬼丸 利久
日本獣医師会雑誌 53(12), 878-881, 2000-12

アメリカ、カリフォルニア州では、野生化した豚が家畜(ウシ、ブタ)の口蹄疫の感染を広めるリスクについて数学者によるシミュレーションが論文報告として公開されている(全文、下のURLからオンラインで読める)。
http://avmajournals.avma.org/doi/pdf/10.2460/ajvr.71.1.82

M Pineda-Krch, JM O'Brien, C Thunes,TE Carpenter (2010)
Potential impact of introduction of foot-and-mouth disease from wild pigs into commercial livestock premises in California.
American Journal of Veterinary Research. Vol. 71, No. 1, Pages 82-88.

Conclusions and Clinical Relevance—Introduction of FMDV from wild pigs into a dairy or beef herd could result in a large and rapidly spreading outbreak, potentially affecting large numbers of herds. Size and duration of the outbreak might be reduced with an SWMB; however, the impact is highly dependent on the index herd type and location.

SWMB: statewide movement ban

野生の鹿や豚(つまりイノシシ)が畜産業の牛舎や豚舎の周辺にいることは、口蹄疫ウイルスの拡散だけでなく、ウイルスの常在化をもたらす恐れがあるだろう。野生の鹿や猪の感染歴を調べるための血清の抗体確認調査はなされてきただろうか。家畜からウイルスを根絶したとしても、もし野生動物がウイルスを保持して運びまわっているのであれば、「清浄」宣言はできないのではないだろうか。

宮崎県の隣県、同じく畜産が基幹産業の一つとなっている鹿児島県で宮崎県の口蹄疫は他人事ではない。

口蹄疫情報(鹿児島大学獣医公衆衛生学教授 岡本嘉六)
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/Vetpub/Dr_Okamoto/Animal%20Health/MIyazaki2010.htm

上のサイトで口蹄疫について分かりやすく説明されている(断定的に書かれているのが若干気になる)中に、中国から飛来する黄砂が口蹄疫ウイルスを運ぶ可能性と野生の鹿がウイルスのキャリヤーとなっていることが述べられている。これを読んでいて不思議に思ったが、日本で野生の鹿や猪の血清抗体検査がなされていて、陽性反応が出ているのだろうか。

口蹄疫ウイルスが自然環境で野生動物の間で常在しているのであれば、そもそも「清浄」という概念が成立しないはずであり、現行の防疫に関する法律が無意味になる。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-05 22:12 | 口蹄疫