beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:立方クラゲ Cubozoa( 7 )


アンドンクラゲの採集場所

9月中旬に開始したアンドンクラゲの調査と採集では、初めの頃は個体の大きさがバラバラ、生殖巣が透明で未発達な個体が多かったのですが、下旬には成熟した個体がほとんどで繁殖のピークは10月初めくらいかもしれないと考えました。繁殖が終わってクラゲが姿を消す時期は今月下旬から11月になるかどうかでしょう。

アメリカのスミソニアン自然史博物館に送付するDNAサンプルとフォルマリン液浸サンプルは確保したので、後は自分の宿題としてポリプの飼育、そしてポリプからクラゲへの変態過程を観察することになります。初期ポリプの餌が分からないために色々なことを試していますが、うまく育つかどうかわかりません。

念のため、追加の繁殖個体を得るため、門川町の庵川干潟そばの港まで出撃です。一昨晩も昨夜も2個体ずつしかとれず、繁殖用のオスメスがセットになっていません。今夜あたりが夕暮れ時に上げ潮で絶好条件ですので、雨が降らなければ採集の最終、ではなくて最終の採集に出るつもりです。

庵川の港は漁協があるけれども漁港ではなさそうです。門川と日向市で囲まれた尾末湾には日向市の細島港の中に漁船が係留されて水揚げ・セリ場がある漁協と、門川漁港と庵川港と3つあります。どこにも小型漁船が多数係留されています(稼動している気配は乏しいのでパートタイムの漁民ばかりでしょう)。

庵川では養殖網の揚場となっているスロープがあって、そこでアンドンクラゲの夜間採集をやっています。
スロープの上にある看板です。
e0094349_8564635.jpg

「持ってきた」ゴミなどを置き土産にしないようにしてくださいという看板ですが、ゴミの投棄場所として便利なスペースを作っているようです。この一帯は草ボウボウの荒地が広がっているし、そこに廃棄された養殖資材とか船舶からの粗大ゴミが散乱していて、ゴミ捨て場としか見えません。

家庭でもてあました粗大ゴミ、冷蔵庫がスロープに投棄されています。
e0094349_9054100.jpg

昨日はゴミを燃やしている黒煙がモクモクと上がっていました。

ハマグリが生息し、潮干狩りに訪れる人たちも多い、周囲を綺麗にして街路樹を増やせば良い海岸ですが、港内の乱雑さが漁民たちのモラルの低さを示すし、周辺の一般住民も楽しめない(犬の散歩はかなりいます)環境です。

日没後に車のライトで海を照らしておいて、光に寄ってくるアンドンクラゲを捕獲します。
採集しながら撮影は大変なので今まで写真がありませんでしたが、今回試してみました。

水中の被写体は自動撮影ではピントが合いません。
e0094349_975020.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-10-13 09:08 | 立方クラゲ Cubozoa

アンドンクラゲ・ポリプの餌

衝動的に北浦めがけて出発してから、ついでに綺麗な海水を汲んでストックしておくべきと途中で思い出し、タンクを持ってでなかったことを悔やみました。そこで、延岡の土々呂にある櫛津干潟で途中下車して餌になると想定しているハルパクチクス(カイアシ類)がいるかどうかチェックしてきました。

櫛津干潟は魚影が濃く、水鳥もいっぱいいるので生産力が高い海域となっていて、ハマグリも成育できるから目指す連中にもよい環境だろうと思ったわけです。

海藻やカキの殻などから洗い出してみたら少し出てきました。卵を持っている個体を確保できれば水槽で増えてくれるはずです。

M11 顕微鏡光源のマメランプの予備がなくなっていて、いつ切れてしまうかと心配でした。6Vのネジ式豆電球は日本国内では扱っているオンライン店舗がないので、アメリカに注文しておいたら、先ほど配送されてきました。これで安心して光源の強さを最強にできます。

下の写真はカイアシ類(多分ハルパクチクス)のノープリウス幼生です。これがアンドンクラゲポリプの餌となって食われる可能性がある、もっとも小さい甲殻類です。卵から孵化したばかりの大きさはもう少し小さいと思います。3対の遊泳脚(一番上の1対は多分アンテナを兼務)で跳ね回るように泳ぎます。

ノープリウスは一つ目で、赤い眼点が先端部に1個ありますが、写真ではぼけて見えません。
e0094349_18433059.jpg

繊毛虫やワムシなどは大きさは適当でもポリプの刺胞発射の引き金反応を誘発しないので使えません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-05 18:46 | 立方クラゲ Cubozoa

アンドンクラゲの発生

2回目の産卵で誕生したプラヌラの様子がおかしく、発生状況から判断して未熟卵だったらしいので、3度目の産卵を期待して30日の夜も庵川の漁港でアンドンクラゲの灯火採集をしました。

午後7時から8時までの間に7個体採集、その中からメスが1個体放卵し、オス3個体が放精しました。
今回は顕微鏡の下で観察しながら授精して受精卵が卵割を始めるまでの時間を見ました。

授精から丁度1時間後に狙ってみていた卵が2細胞に分かれた瞬間をモニターで見ることができました。
e0094349_1975043.jpg

受精卵は不透明になってしまって、透過光で観察するのが難しくなります。
ヒトデやウニ類などの卵は極めて透明なので卵内の変化がよく見えますが、立方クラゲの発生は残念ながらそのままでは見えません。

生活史を見るために、幼生からポリプへ飼育が目的であって、発生の詳細観察は自分ではやりません。

顕微鏡にデジカメを付け、その映像出力をビデオモニターで眺めるシステムです。
e0094349_194687.jpg

オーストラリアで1976年に購入したスイス製の顕微鏡WILD M11がまだ現役です。
ただし、顕微鏡の対物レンズはオリンパス製の焦点距離が長い特殊レンズを使用しています。
(生きている被写体を観察用セル内に保持するのでレンズと被写体の距離を確保)

デジカメを顕微鏡に接続して撮影する優れもののシステムは、マイクロネット社の製品を長年愛用しています。
http://www.microscope-net.com/
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-01 19:13 | 立方クラゲ Cubozoa

プラヌラの孵化

2週間前に準備不足でアンドンクラゲの卵発生をゆっくり観察できなかったため、
新しい個体が産卵してくれることを期待して繰り返し夜の採集に出かけました。

昨夜は2週間前と同様にラッシュアワーとなって1時間で9個体を捕獲でき、
そのうちメス1個体が帰宅後に産卵してくれて、放精したオスからの精子を
使って人工授精させることに成功しました。

昨夜9時半に発生開始で、今日の午後1時半頃に孵化が見られました。
写真は卵膜を破って泳ぎ出る時のアンドンクラゲのプラヌラ幼生です。
e0094349_1510246.jpg

孵化後のプラヌラは繊毛運動で泳いで視野から即刻消えました。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-29 15:10 | 立方クラゲ Cubozoa

アンドンクラゲの初期ポリプ

9月14日の採集時にバケツの中でアンドンクラゲの産卵がおこり、
それから受精・発生したプラヌラが2-3日ほど浮遊した後に定着、
初期ポリプとなって約10日のものです。
e0094349_21563930.jpg

複数のポリプの写真を組み合わせていますが、触手は2-3本です。

触手の先端に楕円形に見えるものは刺胞で、1本の触手に1個の刺胞が原則らしく、
稀に2個見られます。本体の体内にも刺胞が形成されていて、発射したら使い捨ての
補充が起こります。発射済みで未充填の場合はカラッポとなります。

さてこのポリプはとても小さく、刺胞でしとめてから体内に取り込んで消化する餌の
大きさに限界があるでしょう。

浮遊性カイアシ類の卵から孵化した直後のノープリウス幼生がギリギリの大きさ
だろうかと想定しています。餌の採集が大波の影響で難しくなっていたのですが、
そろそろ海に出かけて採集してポリプに食わせないといけません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-27 22:04 | 立方クラゲ Cubozoa

アンドンクラゲのプラヌラ幼生

門川町庵川で9月14日の夜8時頃に採集したアンドンクラゲ14個体の内、(持ち帰ってみて気づいたのですが)採集直後にバケツの中でメス1が放卵、オス2が放精したものと思われました。

その晩、9時半ごろ人工授精によって発生したプラヌラは、翌日15日の午後に受精卵から孵化して、容器の中の海水中で活発に泳ぎ回りだし、しだいに水面スレスレに凝集しました。暗くした夜も水面直下に集まって泳いでいるので負の走地性を示します。

プラヌラがごく小さいので、実体顕微鏡でなく、久しぶりに複合顕微鏡の出番です。

生きていて活発に泳いでいる姿を顕微鏡で撮影するのはなかなか大変です。

デジカメを専用アダプターに装着して、何とか姿が分かる程度の写真が撮れました。
e0094349_20105618.jpg

洋ナシ型のプラヌラで、立方クラゲとしてまっとうな、典型的な形態です。

体表の全体に繊毛が生えていて、それを使って泳ぎます。
(繊毛は高速で動いているので写真に写っていません:ストロボ撮影が必要)

大きさは、断面の径が約0.1ミリで体の長さはそれよりやや長くなっています。

黒く見える濃い色の斑点が15-16個くらい、胴体のやや上部に帯状に並んでいます。
ハブクラゲやオーストラリアの親玉のプラヌラとほとんど違っていないし、やたらに小さいことも共通です。

このような小さなプラヌラがポリプに変態して、初期の小さな捕食者としての餌がどうなるのかが、よくわかりません。

今回の研究テーマですが、昔やった仕事で確認できなかった立方クラゲ類の初期ポリプの餌の問題に迫ります。それが解明できなければ研究者の名折れです。

繁殖してくれた親クラゲは固定して美しき液浸標本としました。
ビンの中でゆらゆらしているのが、傘の高さが5センチくらいのオスです。
e0094349_20194884.jpg

固定すると不透明になって、生きているときに良く見えなかった生殖巣がはっきり分かります。

立方の四つ角の触手が出るぺダリアの上に広がっている葉っぱのような形をした部分が精巣です。コーナーごとに一つずつ、合計4つあります。

他の固定した4-5センチの連中にも生殖巣がよく発達しているので、今が成体が成熟して繁殖するシーズンでしょう。

大体予想したとおりになっています。今月一杯で繁殖期が終わって、その後は小さなポリプとなって冬を越すはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-16 20:25 | 立方クラゲ Cubozoa

日向アンドンを捕獲したら産卵したらしい

天敵さんを誘って庵川漁港の脇で日向アンドン獲りに出ました。

夜間の上げ潮に乗って接岸する立方クラゲを光で誘って捕獲するテクニックをテストしました。

テストだけのつもりが、夜の7時から8時半までに14個体獲れてしまって、後始末に追われてしまいました。

持って帰ってみたら、メス(多分1個体だけ)が産卵し、オスが2個体放精したようでした。
卵は互いに粘着して固まりになっていましたので、Chironex の場合と同様で体外受精のようです。

順調に発生すれば明日プラヌラ幼生が誕生します。

捕まえた数が予定を大幅に超えたため、用意した個別の水槽に入れきれず、同居させる水槽もあります。
水槽内のクラゲを撮影することは大変難しいのですが、数打てばなんとかで、特徴が分かるようにしました。
e0094349_23165553.jpg
e0094349_2317330.jpg
e0094349_23171072.jpg

体表全体、そしてぺダリアの表面にツブツブが点在しています。拡大して確認する必要がありますが、多分刺胞でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-14 23:28 | 立方クラゲ Cubozoa