beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の貝類( 55 )


ドブシジミが稚貝を放出

夜の間に延岡で昨日採集したドブシジミが稚貝を外に出していました。親貝は11個体をまとめて1つのガラス容器に入れておいたため、どれが母親であるか判別できません。

とりあえず大きさを示すために親と子を一緒に撮影しました。背景は5mmメッシュです。
e0094349_10512710.jpg

稚貝だけを拡大した画像です。
e0094349_10523813.jpg

全部で7個で、大きさがバラバラであることから生まれた時期もそれぞれ異なっていたようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-07 11:05 | その他の貝類

延岡の水路にドブシジミ

2ヶ月前に延岡の水路(沖田川水系)で採集したマシジミは、生きていたのがわずか6個体だけだったので追加のサンプリングに出かけました。日向の権現原の水路でマシジミ集団の中に約5%のカネツケ型が混ざっていたので延岡でも同様になっているかどうか気になったからです。

前と同じ水路ですが、そのやや上流部に探りをいれて今回は60個ほど採集することができました。ただし、生きているものを選んだつもりでも、死殻が少し含まれているかもしれません。

今回は前回採れなかったドブシジミが11個体混獲です(おまけにイシガイの生きているものが1個あります。)
延岡のものは日向市で以前採集したドブシジミと同様に、殻長が8ミリ前後までありました。
e0094349_19402598.jpg
e0094349_19403393.jpg

ドブシジミの水管は入水管(下の写真の左側)と出水管(右側、先端が閉じている)の2本が癒合しています。
e0094349_19404239.jpg

淡水貝類図鑑ではこの特徴が示されておらず、前回は生息場所の記載に従ってマメシジミだろうと誤まった種の査定をしました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-06 19:44 | その他の貝類

タイ湾のゾウゲバイの殻色型とその系統地理

貝殻の色彩に関する集団遺伝学の新しい論文を探し回って、非常に面白い報告が出ているのを見つけました。

研究対象はタイ国で重要水産物になっている巻貝Babylonia areolata、和名はゾウゲバイです。下が論文のタイトルとpdfファイルのURLです。全部英語で書かれています。

第一著者Watcharasuda HualkasinはPrince of Songkla大学、理学部生化学科に所属していたようですが、送ったメールの返事がこないので現在の消息がわかりません。

Phylogeography of Ivory shell (Babylonia areolata) in the Gulf of Thailand
revealed by COI gene structure and differentiation of shell color by ITS1 DNA
Watcharasuda Hualkasin 外
Songklanakarin J. Sci. Technol. 30 (2), 141-146, Mar. - Apr. 2008
http://www.rdoapp.psu.ac.th/html/sjst/journal/30-2/0125-3395-30-2-141-146.

バイの仲間は日本では宴会料理で定番となっている巻貝で、アジア各国から輸入されています。しかし、タイ国でこの種の需要が大きく、日本に輸出されていないだろうと思われます。

Prince of Songkla大学のPattaniキャンパスでは水産海洋生物学の研究が盛んで、それを支援する一環として貝類図鑑が2001年に出版されています。

The Molluscs of the Southern Gulf of Thailand
著者:C. Swennen 外 The Biodiversity Research and Training Program の刊行物

この本のカラーグラビアに、砂浜海岸でリュウキュウナミノコ(一緒にナミノコガイとさらに同属のもう一つの種も)を採取している地元民の姿があります。ナミノコガイの仲間は貝殻の色彩が極めて多様です。
e0094349_16241536.jpg

沖縄でも昔は美しい砂浜でこのようにナミノコガイ類が採れたはずですが、今や人工ビーチでハブクラゲ除けのネットの中でしか遊べません。

本題のゾウゲバイはこの図鑑の中で濃い色のスポットがある型だけ掲載されています。
e0094349_16292029.jpg


以下に論文から図表をコピーして、研究内容の概略を紹介します。

論文の中にあるゾウゲバイには3つの色彩型があります。
e0094349_16301361.jpg

斑紋が、①茶色、②クリーム色、③白色の3つの型です。

論文の中の地図が薄い線で海岸線を描いていて、スキャンしても良く見えません。そこで、別の地図を借りて、ゾウゲバイの集団が採集された4地点:タイ湾北部のPhetchaburiとRayong, 南部のSongkhlaとPattaniの位置を示します。
e0094349_1636289.gif

以上の4集団について面白いことは、北部の2地点では茶色の斑紋がある型のみですが、南部の2地点では3つの型が揃って集団を形成していることです。

貝殻の分類では、形は同じでも色違いの貝をそれぞれ別の種類と見なしていた時代がありました。それは同種の集団内において個体による色彩型の差異があることを認識しなかったからです。

色彩型が地域集団ごとに違っている場合は別種のままにされることもあります。例えば、太平洋に分布する巻貝の一種マガキガイ(形がイモガイ類に似ているが別のスイショウガイ科に属する、沖縄ではテラジャーなどの方言名がある)は巻いた殻の内側の口の開いた部分が鮮やかな赤色ですが、インド洋では白色、つまり色が出ませんので別種とされています。

タイ湾のゾウゲバイの斑紋の3つの色彩型は、おそらく茶色が優性で白色が劣性のホモ接合体、そして中間色のクリームはヘテロ接合体ではなかろうか、と見ています。この点を論文では考察していなかったので、著者に質問のメールを出しておきました。

さて、この論文の著者達は遺伝子解析をかなり詳細に行っていて、それを色彩型の分布パターンが地理的に異なっている背景を探りました。

COI遺伝子の塩基配列を比較して、4箇所それぞれの場所の集団間の類似度を数値化し、それを結合する枝分かれ図を作っています。
e0094349_1652515.gif

これによると、北西部の茶色だけの集団と残りの3集団が別々の枝に別れ、3集団はさらに北部の茶色と南部の3色混合の2集団に分離しました。なぜ北の茶色だけの2集団が同じ枝に入らなかったのか、その考察は逃げています。

重要なことは、4集団がそれぞれ個別の枝に分かれていて、混ざり合っていないこと、そして距離的に近い集団同士の類縁関係が近いことです。つまり、それぞれの間で遺伝子が入り混じっていません。ゾウゲバイの発生は、種苗生産が行われていることでわかっています。そのデータがあるのに論文では参照していません。屋内の研究室で分子遺伝を調べている研究者が実際の野外とか世の中のことに疎いのは困りますが、査読者が指摘して改善するべきでしょう。

Poomtong, T. and J. Nhongmeesub. 1996.
Spawning, larval and juvenile rearing of Babylon snail (Babylonia areolata, L.)
under laboratory conditions.
Phuket Marine Biological Centre Special Publication 16 : 137-142.

上の報告にある、卵のうの中の幼生とベリジャー幼生の写真です。
e0094349_17181114.jpg

浮遊幼生(ベリジャー)の浮遊期間は3週間程度ですから、もっと入り混じっていてもよさそうなものです。

それぞれの集団について、殻の色彩型と雌雄によるCOI塩基配列の2つの位置の比較表です。
e0094349_16495610.gif

雌雄には関係なく、4つの集団で2箇所のA(adenine)とG(guanine)の組み合わせが場所ごとに違うという綺麗な結果がでていました。

次に、3色の型が共存する南部の2集団について、解像力が高いITS1遺伝子で色彩型と塩基配列の差異を調べています。
e0094349_17314029.gif

4つの位置での6つの差異の組み合わせが見つかり、色彩型との対応が部分的にありました。白色型が2集団で一致していますが、外で微妙な差異があるので、肉を検査して色を識別するマーカーは未完成です。

以上のように、分子集団遺伝地理の技術を使った研究が最近発展中です。

淡水シジミ類では貝殻の表現形質と分子遺伝とがまだ整合されていません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-18 16:24 | その他の貝類

コモチカワツボ

出の山のゲンジボタルの幼虫は最初はコモチカワツボという小さい外来巻貝を食べ、大きくなると淡水シジミを食べて育つといわれています。

宮崎県小林市出の山におけるゲンジボタル幼虫のマシジミ摂食
串間 研之 , 中島 義人 , 永井 厖
宮崎県総合博物館研究紀要 25, 1-4, 2003

beachmollusc ひむかのハマグリ : コモチカワツボのミステリー  2008.8.14
http://beachmollu.exblog.jp/8463803/

鹿児島県でホタルの増殖に取り組んでいる方が、現地で詳しく観察しています。

鹿児島のホタル達
小林・出の山のコモチカワツボ
http://www.satsuma.ne.jp/myhome/hotarukagonm/idenoyamatyos/default.htm

28日に出の山の藤原次男さんのシジミの養殖場をを訪れ、その機会にホタル水路から観察用のコモチカワツボを連れて帰りました。
e0094349_8363079.jpg

実は、数年前にヘイケボタルの幼虫を飼育していたとき、近所の用水路からカワニナの稚貝を集めて餌にして与えていたところ、水槽掃除で、食べかすの貝殻の中にコモチカワツボらしいものが出現して驚いたことがありました。
e0094349_8524767.jpg

上はその時のサンプルの写真ですが、背景の白黒はそれぞれ3mm間隔、一緒に写っている丸い貝はヒラマキミズマイマイという微小な淡水産巻貝(在来種)です。

日向市の用水路にコモチカワツボが生息しているはずなので、注意して探していますが、生きているコモチカワツボ集団は見つけていません。相手が親になっても5mmに満たない大きさであり、カワニナの稚貝に似ているので探しだすのは難しいようです。ただし、最近本州各地で大発生しているような状況になれば簡単に見つかるでしょう。

出の山のコモチカワツボが名前どおり体内に子供を抱えていると、いずれ稚貝を放出するだろうと待っていました。本日、ようやく小さな稚貝が生まれていることを確認しました。
e0094349_904372.jpg
e0094349_90513.jpg

親から放出された稚貝で、外に出損なったまま、卵膜の中でグルグル回っている個体もいました。

コモチカワツボ / 国立環境研究所 侵入生物DB
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70260.html
三重県で1990年の報告が最初とされていますが、宮崎県の出の山の方が早かったかもしれません。チョウザメ、コイなど淡水魚の養殖が盛んな所なので、出の山は外来種が入りやすい状況です。

この巻貝は単為生殖、つまりメスだけで子供を産むことができるので、1個体でも侵入したら大集団ができる可能性を秘めています。

原産地はニュージーランドですが、オーストラリアはもちろん、アメリカとヨーロッパなど世界中の温帯の河川に分布を拡大しています。ただし、熱帯地方は苦手のようです。

宮崎県にはコモチカワツボが20年以上も前に入っているので分布が拡大していてもおかしくないのですが、出の山で止まっているようです。県内の平野部の用水路など、コモチカワツボが大繁殖できる生息場所には不自由していないはずですが、不思議なことです。九州では宮崎県(出の山)だけで見つかっていて、近隣の各県では報告がありません。

ヨーロッパでは南部のポルトガルに侵入したものの、大発生はせず、おとなしくしているような調査報告がありました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-06 09:18 | その他の貝類

インドヒラマキガイ(レッド・ラムズホーン)の殻の色

ゲンジボタルの幼虫飼育に使ったガラス水槽の底面ろ過の砂を洗浄し、食べかすの貝殻(カワニナ、サカマキガイ、インドヒラマキガイ)を取り除きました。

インドヒラマキガイは軟体部が赤い色の変種:通称レッド・ラムズホーン、同じ色のニンジンが大好きな巻貝です。ネット販売で購入したものが2個体生き残っていたので、それを元に増やしました。
e0094349_17575682.jpg

この巻貝は雌雄同体で(カタツムリのように)交尾します。卵は平たい卵塊として水槽内のどこにでも産み付けますが、なぜかシリコンの表面を好みます。卵が孵化する前に移動させたい時は、シリコーン製の耐熱鍋敷きを使っています。

ネット販売されているインドヒラマキガイには色がピンクや紫のものがありますが、購入したものは赤だけでした。ところが赤色の両親から生まれた次の世代からピンクが少し混ざるようになりました。遺伝的に固定されていなかったものを購入したことが判明しました。

ピンクの個体は貝殻が半透明であり、赤い肉を透かして見える色がピンクになります。赤い個体の殻は茶色がかった色をしています。

ゲンジボタルの幼虫が中身を食べた空の殻を見比べてください。
e0094349_1812848.jpg

半透明で色なしの方が綺麗なのでピンク・ラムズホーンとして固定された品種も販売されています。

野生のインドヒラマキガイは汚らしい茶色のようですが、飼育して(?突然変異の)アルビノが出てきたものがアクアリウム用に利用されたわけです。野外で派手な目立つ色であれば天敵に追いかけられます。

白ヘビや白兎など鱗や毛皮が色素欠損のアルビノの動物は目玉が赤くなるようですが、インドヒラマキガイは身の色が真っ赤です。

貝殻の色は遺伝的に決まっていることが多いのですが、食べ物で変化したりもします。また、同じ種類の集団内で色々な色彩模様となる貝は沢山あります。シジミの仲間も同様で、ヤマトシジミにはオレンジ色(?アルビノ)もあるようです。

養殖されているヒオウギという二枚貝は鮮やかで多彩な色で有名ですが、真っ白の貝殻は滅多に見つかりません(見つかったら貴重品です)。二枚貝にもアルビノがあるわけです。

佐伯IC開通で29日にヒオウギ貝無料配布 [2008年06月27日 大分合同新聞]

<貝殻の色がきれいなヒオウギ貝>

 東九州自動車道佐伯インターチェンジ(IC)の開通に伴って、佐伯市蒲江では特産のヒオウギ貝をPRしようと二十九日午前十時から、道の駅かまえで、炭火焼き千二百枚の無料配布などを行う。同日、同駅で実施する開通記念イベントの目玉の一つ。
http://www.oita-press.co.jp/mobile/data/local_news/2008/06/2008_121453015984.JPG

ヒオウギに近い仲間、アメリカ産のムラサキイタヤガイで殻の色の遺伝様式が詳しく研究されています。
http://www.schnr-specimen-shells.com/30380.JPG

Inheritance of the general shell color in the scallop Argopecten purpuratus (Bivalvia: Pectinidae) F. M. Winkler, B. F. Estévez, L. B. Jollán and J. P. Garrido
Journal of Heredity 92 (6): 521-525. 2001

Genetics of shell color and pattern in the bay scallop Argopecten irradiansL L. Adamkewicz L. and M. Castagna Journal of Heredity 79 (1): 14-17. 1988
.......................................................................................
<追記>

雌雄同体で相互に同じ割合で交尾するレッドラムズホーン2個体の両親から、レッドとピンクの子供が生まれ出る割合がメンデル遺伝の分配の法則に従うとして計算します。レッドに対しピンクが劣性とします。

両親ともレッドの表現型であるから、そのホモかヘテロ接合体であり、2個体ともオス・メスのどちらか片方が共にレッドがホモ接合であればピンクは生まれない。つまり、2個体が雌雄で食い違ってヘテロでなければならない。

① 両親とも雌雄が共にヘテロの場合、次の世代はレッド:ピンク=3:1となる。

② (オス・メスが共にヘテロ)対(オスがヘテロでメスがホモ)または(オスがホモでメスがヘテロ)の組み合わせであれば、次の世代はレッド:ピンク=7:1となる。

③ オスがホモでメスがヘテロ、オスがヘテロでメスがホモの組み合わせであれば、次の世代はレッド:ピンク=11:1となる。

食べかすの殻約100個の内、ほぼ透明なピンクになるものは1割程度だったので、おそらく、両親の雌雄がヘテロとホモが食い違っていた3番目のケースだったらしい。

あーー 雌雄同体というのはややこしい。

淡水シジミは、雌雄同体であるだけでなく、さらに雄性生殖と言うわけのわからないことをするので、何がなんだかの世界です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-05 18:22 | その他の貝類

財光寺の水路のマメシジミ → ドブシジミでした

日向市財光寺の赤岩川に流れ込む農業用水路は東九州自動車道の建設前、5年前に移住したすぐ後、には3面張りでない土の水路が残っていました。そこにはメダカ、ドジョウ、仔ウナギ、アメリカザリガニなどが住んでいました。工事中はもちろん近づけなかったので見ていませんが、終わった後は完全コンクリート化されていたので見る気が起きませんでした。

もしかするとマシジミがこの水路の中に生き残っているかもしれないので、昨日の朝、砂が溜まっている場所で細かい目の網を降ろして採集をこころみました。
e0094349_18465610.jpg

予想通りマシジミの稚貝が見つかりましたが、一緒にマメシジミらしき貝がとれました。
e0094349_18472087.jpg
e0094349_18472844.jpg

ドブシジミとマメシジミは良く似ているので紛らわしいのですが、水路の流水の中にいたので(池や沼にいるとされる)ドブシジミではなさそうです。どちらも殻の大きさが5ミリにもならない小さい種類です。

(マメシジミに詳しい愛媛大学の専門家に写真を見ていただいたら、ドブシジミの鑑定結果が出ました)
一緒に1個だけ混ざっていた巻貝の子供はジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)でしょう。
e0094349_18503312.jpg

背景の目盛が5mmで、それより小さいジャンボはかわいらしいのですが、ゲンジボタルの餌にします。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-02 18:52 | その他の貝類

シオヤガイの大量死?

赤岩川の河口、ゴルフ場の川筋向かいのところにシオヤガイの死殻が集中して転がっていました。

砂の表面に見えていたのを拾って持ち帰りましたが、その数は合弁で約300個です。
e0094349_8334147.jpg

周囲を見ても、この1箇所だけに集中して、とても不自然な様子でした。

貝殻を取り除いた後で現場を撮影しておきました。
e0094349_8373296.jpg
e0094349_8373969.jpg

この貝は泥干潟に生息するもので、誰かが拾い集めて捨てたものかもしれません。

シオヤガイの殻の近くに数箇所チョウセンハマグリの稚貝の死殻が散乱していました。
e0094349_8392815.jpg
e0094349_8393695.jpg

これも川の中には生息していないので、海側から運び込まれたものと考えられます。

シオヤガイは門川町の庵川干潟に生息していて潮干狩りで採取されています。
beachmollusc ひむかのハマグリ : 門川町、庵川干潟の貝類 2008年3月12日
http://beachmollu.exblog.jp/7494412
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-06 08:57 | その他の貝類

大分県中津のキヌ貝

JR日豊本線で日向市から小倉まで、大分で「特急」にちりんから「特急」ソニックを乗り継ぎます。

以前は喫煙できる車両が残っていたのが、全車禁煙となっていて、やっと先進国並みになりました。

大分県の豊前海に面した干潟はハマグリとアサリがとれる豊かな海だったのが、埋立てられて漁場は減り、ハマグリは絶滅に瀕しているようです。

中津駅には、大分県自慢の一村一品の看板がありました。その中の海産物として中津の「キヌ貝」と言うのは何だろうと調べたら、バカガイのことでした。
e0094349_20331019.jpg

中津魚市のHPでは「昔の」漁獲物がリストアップされています。
http://nakatsu-uoichi.co.jp/fish/buzen/backnumber/200603.html

中津の干潟について詳しく書かれたサイトです。その一部を引用:
4. キヌ貝 ・・・ 干したキヌ貝は中津の名産品。関東ではアオヤギとも言う。
5. 浅蜊(アサリ) ・・・ 殻が薄く、身が詰まっているのが特徴。日本一のアサリ。
6. ワタリガニ ・・・ 江戸時代に 『摂津(神戸市)』の酒、豊海〈豊前海)の魚』 と言われ、
           酒の肴には主にワタリガニを食べていた。
           標準名はガザミ。日本一のワタリガニ。
7. 蛤(ハマグリ) ・・・ 現在は絶滅寸前の危機。

[PR]

by beachmollusc | 2011-03-09 20:40 | その他の貝類

スダレハマグリ

19日、大潮の干潮に合わせ、門川町の庵川干潟(海浜公園のある側)の潮干狩りの様子を見に出かけました。干潟には7,8人出ていて、澪筋の泥砂を掘っている人たちと、礫が岩の間に溜まっている場所で掘っている人たちが半々でした。
e0094349_8374330.jpg

まるばえ川の河口になっている澪で掘られている貝を見せてもらったら、ほとんどがスダレハマグリです。
e0094349_839787.jpg

ハマグリも混ざっていますが、ごくわずか。シオヤガイもあります。

ハマグリの新鮮な合弁の死殻を狙って拾っていたら、大きなトリガイの殻がありました。
e0094349_846454.jpg

殻長が約8センチあって、中身があったらご馳走になるはずで、京都府の日本海側にある宮津湾などで養殖されている貝です。
トリガイ養殖 http://www.pref.kyoto.jp/kaiyo/torigaiyousyoku.html

スダレハマグリはハマグリという名前が付けられていますがハマグリ属ではありません。熱帯に広く分布している貝で、沖縄では八重山の干潟に(かつては)普通でした。

黒潮に乗った温暖種(縄文時代に見る地球温暖化):
地球の温暖化と寒冷化のサイクルが、貝類の地理的分布の時代変化でわかります。
http://nh.kanagawa-museum.jp/kikaku/ondanka/pdffile/wt_15v101.pdf

沖縄県では準絶滅危惧種とされています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110505030071500

愛媛県のレッドデータブックを見ると絶滅種です。
http://www.pref.ehime.jp/030kenminkankyou/080shizenhogo/00004541040311/detail/08_01_003820_2.html

分 布   県内:宇和島市以南 
      県外:高知県・九州・沖縄;インド太平洋 

生息状況, 選定理由
主に1940年代以前に採集された中原東五氏や河野通徳氏の標本中には多数の生貝標本が見られる。現在、宇和島市以南の河口干潟で古い死殻が採集されるだけで、すでに絶滅したものと思われる。

特記事項 北限域の分布地であった。


宮崎県の改訂レッドリストで絶滅危惧種に追加されています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000097439.xls

「海:エコロン」ブログを見たら沖縄本島北部の羽地内海の干潟でスダレハマグリとアラスジケマンガイを採取して酒蒸しにして食べたそうです。この干潟も埋立て予定とありました。
http://ecoron.ti-da.net/c129907_1.html

羽地内海では、戦前に熊本産のハマグリの放流試験が行われたという記録が残っています。(佐敷干潟では熊本ハマグリの蓄養が行われていました)。数年度繰り返された放流後の生き残りの報告が見当たりませんが、環境が極端に違う場所に放流した結果はおそらく消滅でしょう。

羽地内海に流れ出ている川の上流には大規模な養豚団地があって、河川流域、そして河口付近の環境が大きな影響を受けています。羽地内海で潮干狩りして貝を食べて大丈夫かどうか、気になります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-20 09:06 | その他の貝類

ホンコンの砂質干潟の貝

ホンコン大学にはイギリス流の海洋生物学の伝統を受け継いだ臨海研究所があります。

The Swire Institute of Marine Science
Faculty of Science, The University of Hong Kong
http://www.hku.hk/swims/

この研究所で働いていたDr. Chanは沖縄にサンプリングや国際会議で訪れ、わが研究室との交流がありました。専門は甲殻類で、フジツボなどを研究しています。

彼は2003年に出版されたホンコンの砂浜の生態ガイドブックの共著者の一人です。その本と一緒にお土産にもらったホンコン産のキサゴの仲間です。
e0094349_1010894.jpg

貝殻の色彩の多様さにはびっくりしますが、日本の干潟に生息するイボキサゴも色とりどりです。

ホンコンのキサゴの仲間は種が特定されていません。その大きさは最大長径が8mm程度で小型種です。日本の砂浜、九十九里浜などで漁獲されるダンベイキサゴに比べるとおちびで、イボキサゴのようにオハジキにもなりません。

ホンコンの砂浜生態のガイドブックの表紙:
e0094349_10145615.jpg

キサゴ類と一緒にハマグリ類も生息していますが、Chanさんが提供してくれたキサゴとハマグリのサンプルの産地は「水口:Shui Hau」という場所で、ガイドブックに写真が出ていました。
e0094349_10173792.jpg

このような干潟で生物の生態分布を調査実習する風景が紹介されていますが、琉球大学の海洋学科でも全く同じような学生実習をやっていましたので、とても親しみがもてます。
e0094349_10193233.jpg

キサゴの部分には生きているキサゴ類の写真があります。
e0094349_1021069.jpg

キサゴ類は水管から海水を吸い込んで水中に圏濁している餌を取り込むだけでなく、触手を鞭のように見事に使って砂の上に沈殿している有機物を巻き取って口に入れます。

キサゴ類の殻の色彩変異についても興味を惹かれます。しかし、ナミノコガイやハマグリ類よりもはるかに複雑そうなので、恐ろしくて手が出ません。それにしても沖縄本島北部の砂質干潟に生息している地味な色(砂と同じグレーだけ)のキサゴ類はどうなっていることでしょう。中城湾の砂浜が埋め立てられて南部の唯一の集団は消えて、北部の大浦湾だけに1集団が残っています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-05 10:27 | その他の貝類