beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他の貝類( 55 )


ムシボタル

潮が引いた砂の上でモゾモゾ動いている小さな巻貝を発見し、ムシボタルらしいので、採集して飼育を開始しました。ムシボタルの分類は極めつけで激しく混乱していると考えています。どこかの首相のように「全知全能を傾けて」調べてみたいのですが、私は首相と違って「神様」ではないので無理のようです。

沖縄で見たムシボタルは厄介千万で、ちょっと見た見かけは同じでありながら、胎殻を見たら大きさ・発達の具合が異なり、同じ集団の中に浮遊幼生を出すのと直接発生するらしいのとが混ざっていました。房総半島産のものは明らかに数種類が混在していたと思います。全国の砂浜海岸からサンプルを集めていますが、これだけは分類に手を出したくない貝です。もしもこの問題にはまったら一生を棒に振るかもしれません。

採取してからシャーレに入れた状態で集合写真を撮りました。
e0094349_8315811.jpg

いろいろな模様の個体変異が見られますが、いくつかのパターンに識別できるようです。
ナミノコガイやチョウセンハマグリの稚貝と同様に、砂の中で生活する貝類がなぜこのような多彩な模様と色の個体変異を見せるのでしょうか。この問題ならば、進化を理解する糸口の一つであると思われますので、一生を棒に振る価値がありそうです。
個体別に実態顕微鏡写真を撮影したので、異なるパターンとグラデーションを寄せ集めておきました。
e0094349_8354730.jpg

とりあえず、飼育しておいて、生きている貝を襲って食べるかどうか、そしてもし交尾して産卵するようだったら卵発生を見ましょう。

欲を言えば、個体別に配偶実験をやって色彩の遺伝様式を明らかにするのもやってみよう。キュウシュウナミノコでやっていた途中で棚上げの色彩模様の遺伝・交配実験は、今年から再びトライする計画です。山の中で海の貝を飼育するので、デカイ種類は海水の供給がネックですが、小さい貝は飼育が簡単です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-27 08:40 | その他の貝類

小倉ヶ浜の打ち上げ貝

チョウセンハマグリ稚貝に二つ孔があることでサンプルを見直していましたが、1%くらい出てきます。そこで、もっと詳しく調べるためにサンプルの追加を拾いに出かけて戻ったところです。

ついでに打ち上げの貝殻とカニ殻を撮影しておきました。
まずは大量発生しているヒメバカガイです。こいつらが多過ぎて、一緒に少数混ざって転がっているチョウセンハマグリを見つけるのがやや難しくなります。画面の中にチョウセンハマグリのペアの殻が1個あります。
e0094349_1254202.jpg

鹿島灘ではチョウセンハマグリの稚貝よりも深い沖合いに生息していると報告されたミゾガイの細長い紫色の薄い殻も沢山あります。これがどうやって岸まで運ばれて打ち上げられるのか、ちょっと不思議です。

もっと不思議なことは、イソシジミの打ち上げが多いことです。本来は干潟にいるはずの貝です。
e0094349_1312071.jpg

日向市史、自然編には、塩見川河口周辺干潟の底生動物が写真入りで解説されています。その255頁に「オキシジミ」とキャプションが付けられた写真の貝がこのイソシジミです。オキシジミも干潟の貝であり、塩見川の干潟に生息していてもおかしくない貝ですが、著者がよく似た名前の二種類の貝を混同したようです。説明文の方はイソシジミではなくてオキシジミのことを説明しているような気もします。

数が多いワスレガイの写真を撮ることを忘れましたが、珍しくベンケイガイが一つ転がっていました。
e0094349_13171321.jpg


干潟のカガミガイとよく似ているヒナガイは、外洋に面した砂浜の住民であり、ハマグリとチョウセンハマグリのペアやツメタガイとホソヤツメタのペア、などのように互いに生息域が異なっています。
e0094349_13194837.jpg

それぞれの生息環境に適応しているはずですが、どこが違っているのか、調べて比べてみると面白いでしょう。チョウセンハマグリとハマグリの差異は稚貝時代の環境に応じた行動生態の違いと関係しているようです。つまり稚貝の違いです。

打ち上げられたカニ類の甲羅はキンセンガニが圧倒的に多いのですが、今日はカラッパの類(メガネ君)が転がっていました。カラッパの仲間は、鋏を缶切りのように使って、巻貝の殻口のところから中身が引っ込んでいるところまで殻を壊して食べます。ホソヤツメタやダンベイキサゴなどの、これにやられたと思われる殻が転がっていましたが、写真を撮っていません。
e0094349_13254026.jpg
e0094349_13254829.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-02-18 13:25 | その他の貝類

サクラガイ

サクラガイの仲間の打ち上げは、量的に激しい変動がありますが、日本各地で見られるようです。いろいろなサイトで記述が見られますが、昔からサクラガイの打ち上げで有名な鎌倉海岸では、
鎌倉材木座産貝類のホームページとその付属ブログ:
http://homepage2.nifty.com/zaimokuzasan-kairui/index.htm
http://zaimokuza77.cocolog-nifty.com/blog/
ブログ:鎌倉の貝 こんなものが拾えたよ
http://ebisugai.blog89.fc2.com/blog-category-7.html

鎌倉に近い茅ヶ崎海岸のサイト:さくら貝の湘南茅ヶ崎海岸
http://members.jcom.home.ne.jp/nekketu/index-sakuragai.html

山田海人さんのブログ:鎌倉の浜は「桜貝の歌」ゆかりの地
http://www.kamakuratoday.com/suki/kaito/1.html
サクラガイの歌のサイトもあります。
http://www.geocities.jp/marucyann1/sakuragaisong4.html
http://www.geocities.jp/marucyann1/sakuragainoutahiwa.html

遊びをせんとや…(弍)」 亜郁の現自分史、というブログでは
<2006年05月30日 様々なさくら貝の歌>という記事があります。
桜貝波にものいひ拾い居る 高浜虚子
ひく波の跡美しや桜貝 松本たかし

http://blogs.dion.ne.jp/ike590/archives/2006-05-1.html

鎌倉の外に、和歌山県の和歌の浦と石川県の増穂浦も名所だそうです。
どちらの海岸も現地を見てきましたが、いずれも打ち上げが減っているようです。

小倉ヶ浜でも打ち上げがかなりありますが、青島海岸では大量にサクラガイの仲間が打ち上げられる時があります。そのほとんどがカバザクラでモモノハナガイとオオモモノハナガイが混ざっています。サクラガイも少しあるような気がしますが、査定に自信がありません。
e0094349_9403975.jpg

上の写真のカバザクラは外洋に面した砂浜海岸で普通に見られる貝ですが、海の中でどのような生息状態であるのか、情報が見つかりません。潮間帯には生息していないようですが、亜潮間帯のどのくらいの深度にいるのか、見当がつきません。ヒメバカガイのゾーン(水深5mくらい?)に共存しているかどうかわかりません。想像すると、おそらく砕波帯の沖側でしょう。
殻の色に個体変異が見られ、真っ白なもの(色なし)がごくわずか見られますがピンクからオレンジ、黄色が混ざっています。代表的な色彩型を写真で見てください。
e0094349_9481584.jpg

モモノハナガイは数が少なく、二枚の殻が付いたままの打ち上げはわずかです。
e0094349_949493.jpg

オオモモノハナガイはさらに少なく、このコレクションではハンペラだけでした。
e0094349_9494251.jpg

サクラガイの仲間はニッコウガイ科に属していますが、この類の特徴は、平べったい薄い殻を持ち、砂泥の中に深く潜って水管を長く伸ばす習性が見られることです。波の荒い外洋に面した砂浜で砂が舞い踊るような浅い場所に生息できるような形態ではありません。

アメリカの著名な地質学者であるS. M. Stanleyが
Relation of Shell Form to Life Habits in the Bivalvia (Mollusca),
The Geological Society of America出版(1970年)という本を書いています。この本の中には二枚貝が砂に潜っている様子をレントゲン撮影した写真が掲載されています。サクラガイに近い種類の様子が見られる写真をスキャンしたものを下に示します。砂の中に深く潜って長い水管をのばし、その位置をしばしば変えています。それは、水中のプランクトンを吸い込むのではなく、砂の表層に堆積した有機物(デトリタス)を吸い込んで食べるからです。
e0094349_10182513.jpg

これに対してナミノコガイの仲間は砂のすぐ下にいて、短い水管を砂の表面に出します。
e0094349_1020417.jpg

同様にチョウセンハマグリを含むマルスダレガイの仲間は水管が短く、浅く潜っています。

ナミノコガイやチョウセンハマグリ(稚貝)は殻が丈夫であり、潮間帯において自発的に砂の中から海水中に飛び出して、波と砂にもまれて暮しています。それに対し、華奢な殻を持つヒメバカガイやサクラガイ類、そしてミゾガイなどは波の影響が弱い場所で暮していると想像されます。

これらの貝類が深い場所から浜に打ち上げられるための条件として、強い波浪で沖から岸に運ばれなければならないでしょう。そして、打ち上げ殻の数が時期的に大きく変動するのはそのためでしょう。打ち上げが多くなったり少なくなったりするのですが、それは海の中の数の変動と必ずしも一致していないかもしれません。環境指標として貝類の打ち上げのモニタリングは重要な手がかりとなりますが、まずデータの変動をもたらす要因について把握してから解析しなければなりません。

カバザクラをはじめ、砂浜で殻が多数打ち上げられる貝類の観察データを全国的に集めることは有意義であると考えますが、その背景となる生態的な情報が不足しているので、これまでほとんど研究がおこなわれていない砂浜の「非」食用貝類の生態を詳しく調べる必要があります。

<参考>北大を退職された向井さんが2007年から「海の生き物を守る会」として「砂浜海岸生物調査」を呼びかけています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hiromuk/research.html
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-05 10:37 | その他の貝類

アリソガイ

15日に小倉ヶ浜の南部で二枚そろいのアリソガイの殻の打ち上げを見つけました。
大きいバラバラの殻と小さい二枚そろいの死殻は割合普通に打ち上げられますが、
大き目のフレッシュ・デッドの打ち上げは珍しいことです。殻長94mmです。
e0094349_8542235.jpg

アリソガイとは、小倉ヶ浜だけでなく、日本各地の砂浜海岸で遭遇しています。
沖縄にはよく似たリュウキュウアリソガイが分布していて、佐敷干潟では時々生きている貝を見つけることが出来ました(沖縄本島では絶滅寸前でしょう)。

鎌倉海岸で山田海人さんが13.5cmのモンスターアリソガイを見つけています。
http://www.kamakuratoday.com/suki/kaito/181.html
殻の輪郭がハマグリに似ているために間違えられることもあります。しかし、手に取ってみれば、極めて薄い殻であること、ちょうつがいのかみ合わせが殻の内側にあることで、バカガイの仲間であることがわかります。
e0094349_9125645.jpg
e0094349_913586.jpg

小さいときはうす紫のきれいな色ですが、ある程度大きくなるとその色が消えて、単調な白っぽい殻となります。ハマグリなども同様に稚貝時代の殻色が成貝と違っています。また。大きい貝の殻には汚れた色の殻皮があり、ハマグリのように美麗ではありません。和名の由来は、越中「有磯濱」という産地にちなんだものだそうです。

アリソガイの若い貝の殻は極めて薄いものです。出雲大社の前の砂浜で、干潮時に潮間帯の砂の上に水管穴を見つけたので、手を砂の中に突っ込んでそれと知らずに本体をつかんだら、クシャッと殻が割れました。荒波が寄せる外海の砂浜に生息しているくせに、なんて弱い殻なのだと驚きました。浅瀬ではなくて、波の影響が弱い深めのところに生息場所の中心があるのでしょう。干潟にもいるようですが、内湾であっても、主な生息環境は波浪があって細砂が堆積する環境に限られると思われます。もともと外海に面した砂浜海岸が生息場所の中心ではないでしょうか。

WWFJのScience Report Vol. 3 (1996) 「日本における干潟海岸とそこに生息する底生生物の現状」(和田恵次ほか)の68頁にアリソガイを「絶滅寸前」として、「宮崎県日南海岸はかつては多産地だったが、現在では非常に稀である」という記述がありました。

「非常に稀」とされると違和感を感じます。青島海岸から小倉ヶ浜までの日向灘沿岸の砂浜には(多産ではないが)普通に分布しているように思われます。

海産貝類はレッドデータの対象として吟味される地域が少なく、現時点で千葉と愛知の2県でアリソガイは「絶滅危惧Ⅰ類」と認定されています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110505030131551

宮崎県の改訂RDでは:
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000097439.xls
ハマグリ、シオヤガイ、スダレハマグリなどが追加されていますが、アリソガイはありそうでないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-18 10:06 | その他の貝類

キセルガイ発見

e0094349_8221519.jpg

雨が降ったので、ヒメボタルの生息場所でキセルガイを探しました。
クヌギの朽木が転がっていたのをひっくり返していたら、ビンゴでした。
3個体見つけました。殻長は17-19mmです。
殻口が成貝の特徴を示しているので、これから仔貝が産まれ出ることが期待できそうです。

今年6月に長崎で開催された全国ホタル研究会の大会には参加しませんでしたが、その大会で配布された資料が来ています。その中に鈴木重雄著「キセルガイ類の人工飼育 -ナミコギセルとオカチョウジガイ」H7年出版、研究会が今回の大会に向けて再発行、がありました。30年間キセルガイ類を飼育した体験記録がデータと共に詳しく記述されていて、おかげで飼育方法は完璧にわかりました。

遺伝的に多様性を維持するためにはもう少し追加の個体を集める必要がありますが、これを出発点にして室内増殖をやって、今あるヒメボタルの大集団を維持しながら、新たな集団を形成させることも出来るでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-10 08:33 | その他の貝類

路上のウ○コだまし

e0094349_727019.jpg

今朝は海岸に出かけずに近所の散策でしたが、家を出たらすぐ路上に物体が!
またどこかのしつけの悪いワンコが置き土産してくれたのか、と糞ガイしながら
接近したら、なんだか生き物のようです。ちゃんと角まで生えているし、ゆるりと
歩いていました。おいおい、横断し終えるまでに車に轢かれるぞ、と声をかけて
やりましたが返事はなし。しかたなく保護監察処分です。
e0094349_7271329.jpg

体長は良く伸びると20センチくらいまでなりそうです。とにかく、これまで見たことが
ないサイズのナメ鯨でした。そのお名前を調べてみたらヤマナメクジですね。
キノコを食うとかいうのでペット仲間にしてみようか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-25 07:37 | その他の貝類

門川町、庵川干潟の貝類

在来種のアサリはお店に並んでいるものと比べて形は大違いです:だるまさんが主体。
稚貝の色彩模様の多様性は、他所のものと同様に著しくて、しかも美しい。
ハマグリ(稚貝)やナミノコガイなどのように貝自体が砂の中から飛び出してくるものと違って、アサリは堆積物中に常に潜ったままの生活を送るはずです。それが個性豊かな色柄の着物をまとっていることは不思議千万です。
e0094349_8212316.jpg

今回初めて出あった、アサリにちょっと似のケマンガイですが、琉球産の兄弟分であるアラスジケマンガイやホソスジイナミガイよりも大きくて、シラオガイくらいの大きさでした。沖縄でこれを見たことがないのは、分布域に含まれていないからでしょうか。
外にも、東南アジアなどに分布しているので、沖縄にいてもよさそうで実際には見つからない貝がいくつかありますが、その一つかも知れません。
e0094349_8282257.jpg

シオヤガイは琉球(八重山)にも分布していたと思いますが、沖縄本島ではどうだったか?
インドネシアのマングローブで出あったことがあり、泥干潟の貝という印象を持っていたので、門川の砂質干潟にいたことが不思議でした。これは鹿児島の市来の泥干潟でも見たような気がします。
e0094349_8304864.jpg

その他大勢がいましたが、この辺で。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-12 08:31 | その他の貝類

小倉ヶ浜のサクラガイ

e0094349_15503069.jpg

今朝6時ごろ、小倉ヶ浜に出かけて砂浜でミッキーを走らせている間に打ち上げられて
いたサクラガイを拾い集めました。ヒメバカガイが圧倒的に多いのですが、場所によって
サクラガイの対になった貝殻がポツン、ポツンと見つかります。
[PR]

by beachmollusc | 2007-07-24 15:52 | その他の貝類

タニシ

e0094349_1631307.jpg

Kさんのネットワークが働いて、宮崎県内に生き残っているタニシが次々と集まってきました。
24日の日曜日には国富からマルタニシ(オオタニシかもしれない)、そして今日は南郷村
(今は美郷町)からヒメタニシがわが家に来ました。
写真の貝の大きさ(殻の長さ)は23ミリと32ミリです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-06-28 16:36 | その他の貝類

ガードレールの上で何を考えているのだろう

e0094349_1333369.jpg

奥野川上流脇の林道はリッパな舗装道路で、崖から車が落ちそうな場所にはちゃんと
ガードレールも設置されています。カーブミラーも曲がり角が沢山あるので沢山あります。
そのガードレールにくっついたままのデンデンを見つけました。真っ黒クロスケです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-05-09 13:35 | その他の貝類