beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鳥( 30 )


カルガモのペア

田植えが近づくと毎年やってくるカルガモのペアです。
e0094349_1045728.jpg

奥野川と湿地を行き来していて、川沿いをミッキーと散歩していると、警戒してすぐ逃げます。
e0094349_1051375.jpg

この周囲にはイタチとヘビ類がいて、子育ては難しいようです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-03-28 10:06 |

アオジ

ミヤマホオジロと一緒にやってくるアオジ(多分)を撮影しました。

枯れ葉の中からえさを見つけているもの。
e0094349_1153321.jpg

餌台の上にある小鳥のえさをついばんでいます。
e0094349_11534212.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2015-02-14 11:58 |

裏庭に来た鳥さんたち

今朝、裏庭に来た小鳥の集団は複数種の群れでした。

一番多かったのが、頭に冠をかぶったようなカシラダカ、そして、アオジかクロジ、シジュウカラが入り混じって草の実をついばんで廻っていました
e0094349_10513379.jpg
e0094349_1051407.jpg
e0094349_1051495.jpg
e0094349_10515722.jpg
e0094349_1052577.jpg

どれもチョコマカ動き回っていたので狙った構図の写真はほとんど撮れません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-07 10:53 |

ジョウビタキ

GIビーチで本日午後、ミッキーとの散歩から駐車場に戻ると、車の中で暴れているジョウビタキのオスが1羽。
e0094349_18114759.jpg

車の窓を少し開けておいた隙間から車内に入り込んで、出るに出れなくなったおばか鳥でした。

ミッキーはこの鳥を見て大興奮、そして鳥さんは大パニックで糞を出しまくりました。

記念写真の撮影後に外に逃がしてやりました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-12-26 18:17 |

あぜ道で鳥の羽が散乱

奥野川上流の谷津田のあぜ道でミッキーと散歩していたら、道の脇に鳥の羽がまとまって落ちていました。
e0094349_1130182.jpg

e0094349_11595319.jpg

羽根だけが散らばっていて、骨格などは見当たりません。
e0094349_11301384.jpg

風切(多分)羽根の表面はウグイス色で裏面は灰、黒色です。
e0094349_1130262.jpg
e0094349_11303410.jpg

もっとも大きい羽は、軸を含めて長さが14センチ。
e0094349_11304613.jpg

おそらく鳥1羽分の羽根がむしりとられ、打ち捨てられたのでしょう。

何鳥の羽根かオンラインで探してみたのですが、まったくわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-12-26 11:51 |

キジの家族

門川町の農業水路でシジミ採集の帰り道でした。

広域農道:日豊グリーンラインから奥野集落に入ったところでキジのメスが路上にいたのでゆっくり車を進めたら、雄1羽と雛が数羽草むらの中に見えました。
e0094349_8372111.jpg

カメラをとり出して構えようとしたところに、あいにくの対向車が来て、あわててシャッターを押した1ショットだけです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-14 08:38 |

キセキレイのペア

物置兼飼育実験室の中で物音がしていたので中を調べたらキセキレイのペアがいました。
e0094349_10381464.jpg

昨日、ドアを開けていた間に迷い込んで閉じ込められてしまったようです。
e0094349_10404493.jpg
e0094349_10403839.jpg

冬の間、この部屋の中にテンが住み着いていました。しかし、テン敵は出て行ってしまったようで、キセキレイは食われずに朝を迎え、無事釈放されました。

昨日はサクランボの木を囲ったネットの中にヒヨドリが潜り込んで出れなくなったのを助けたばかりです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-23 10:42 |

水田を荒らすコブハクチョウ

宮崎空港のすぐ南で、220号線を走っていたところ、田植えが終わったばかりの水田の中にコブハクチョウのペアが眼に入りました。
e0094349_18475090.jpg

そこで、農道に出てペアに接近したら、すぐ飛び立って近くの川に移動しました。
e0094349_1849433.jpg
e0094349_18493538.jpg
e0094349_18492798.jpg

田んぼで泥だらけになった身体を川の中で洗っていました。

YOUTUBEで動画をどうぞ:http://youtu.be/EhosZGFriG4
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-28 18:56 |

塩見川に白鳥が飛来

さきほどミッキーの海岸散歩からの帰路に国道327号線を走っていたらを塩見川に大きい白い鳥がカモたちに混じって水の中に首を突っ込んで餌をあさっている姿を認め、土手道に移動して撮影しました。
e0094349_17164188.jpg
e0094349_17163383.jpg
e0094349_17162680.jpg

コンデジで撮影し、白鳥の姿をクロップしたので画像は不鮮明です。

2009年から2010年にかけて塩見川にやってきたコブハクチョウより小型であり、人の姿に警戒するので飼育されていたものではなさそうです。

コハクチョウかオオハクチョウのように思われますが、宮崎県は渡りのルートから遠く離れているので、迷子になったのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-16 17:25 |

カラスのペア

山間部で見かけるカラス(ほとんどがハシボソ)はつがいでいることが多いように思えますが、海岸で定住している連中は組み合わせがよくわかりません。個々のカラスの識別はかなり難しいのが観察上の難点です。
e0094349_1835646.jpg

上の写真の手前が、パンくずを与えると一番近くまでよってくるハシブト君です。こいつは別のカラスたちより一回り大きく、日に当たった羽がテカテカに美しく光ります。

この大将はパンを投げると嘴でナイスキャッチしますが、それを頬袋に溜め込んでから後ろに控えている(多分)嫁さんのところまで、二足歩行でひょこひょこと進み、口移しにパンを与えます。

鳥が繁殖期につがいの間で餌のやり取りをすることはBBCのアッテンボロー・シリーズの鳥の生態ビデオで見ていましたが、ハシブトは今が繁殖期なのかしら。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-07 18:11 |