beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鳥( 30 )


カイツブリの仲間?

自宅のすぐ脇を流れている奥野川にダイビングが上手な水鳥が出現。

非常に用心深くて接近できないため、300ミリ望遠レンズをつけてデジタル一眼レフを出動させました。

写真のできはよくありませんが、一番ましなショットです。
e0094349_17365835.jpg

ただのカイツブリは奥野川が合流する塩見川に飛来しますが、それとは違う鳥です。

潜水して泳ぎ回っている姿は見とれてしまうほど美麗ですが、残念ながら写真は撮れません。

近くにいつものアオサギ君がいました。
e0094349_17405086.jpg

今日は温度が上がり、ヤマアカガエルの大合唱ですので、うちのアオ君、かなり張り切っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-16 17:43 |

欲張りなカラス

GIビーチのトンビとカラスに餌付けをしていて、餌をとる行動を観察しています。

トンビは空中に放り上げたパンを見事にキャッチして、飛びながら食べています。カラスどもはピョンピョンと歩きながらワンの散歩と付き合っています。

昨日の午後、1羽が他のカラスに投げてやったパンのかけらを次々に横取りして、くちばしに咥えていました。こいつ欲張りですね。
e0094349_7512558.jpg

パンが全部無くなった後からやってきたハシブト君です。
e0094349_7521719.jpg

このカラスが一番近くまで接近するので、いつも特別に餌をやっています。

波打ち際に擦り切れたサッカーボールが転がっていました。
e0094349_7544927.jpg

カラスにボールを蹴ることを教えたいのですが、できたら評判になるはず。

ハサミのような形の何かの道具が落ちていました。魚釣りにつかうものでしょうか。
e0094349_7565055.jpg

Finders, keepers! 何かの役に立ちそうです。

メーカーのロゴから製品名を見つけました:8インチ アルミニウムプライヤー 
http://www.rapala.co.jp/r-gear/rapc/rapc.html
防錆製に優れたアルマイト加工
落水を防止できるスパイラルコード付き


せっかくの落水防止のコードが役に立たなかったようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-05-08 07:59 |

ゴイサギが成鳥になっている

ゴイサギ君が湿地のヤマアカガエルを狙ってアオサギ君と入れ替わりながら出現していましたが、今日は両者が一緒に来ていました。どちらも同じ個体が来ていると思います。

昨年2月には幼鳥だったゴイサギが若い成鳥になっていたのを超望遠レンズをつけた一眼レフのデジカメで撮影できました。10m余り離れた位置からで、ばっちりです。
e0094349_13545012.jpg

昨年2月に記録した幼鳥の写真は下のURLの記事にありますが、その中から1枚を転写します。

アカガエル天国にサギが来た 2011年2月8日
http://beachmollu.exblog.jp/14162189/
e0094349_13553572.jpg

おそらく同じ個体でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-12 14:01 |

GIビーチのカラス

GIビーチでいつもいるトンビ(カップル)にパン切れを投げ与えて空中キャッチさせるように仕向けていましたが、カラスの群れがその邪魔をして困ります。

最近ビーチに遊びに来る人の数が増え、皆さんの置き土産のゴミだらけになってしまいました。食べ物が残っているらしく、カラスがゴミの入った袋を突いて散らかすのでせっかくのビーチの景色が台無しです。

古い鯉の餌が大量に残っていたので、GIビーチでカラスどもに撒いて食わせてみたら、大喜びで食べます。それが大失敗で、カラスがお友達を呼び集めて大集合するようになりました。いつもの時間にビーチに到着して駐車すると、すぐお迎えが現れ、続いて周辺に散らばっていた連中が集合します。

今日はカラスに餌をあげないようにしていましたが、ゾロゾロと後をつけてきました。
e0094349_18255961.jpg
e0094349_1826696.jpg

全部で100羽くらい集まってしまったようで、トンビたちが圧倒されてしまいました。

ハシボソカラスが圧倒的に多いのですが、ハシブトが少し混ざっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-24 18:28 |

カルガモのペア

イノシシが耕してくれた後、湿地の環境がカモの好みに合うように変化したようです。このところずっとカルガモのペアが居ついてくれています。
e0094349_21351792.jpg

子育てをしてくれるとよいのですが、この場所の周辺にヘビが多く、またイタチも近くに住んでいます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-11 21:36 |

ツバメの巣

湿地を維持するため借りている休耕田の地主のお宅に地代を払いに行ったら、ツバメの巣がありました。

その1つは卵を温めている最中のようで、親鳥が巣の中にいて、時々交代しているようでした。
e0094349_7214857.jpg

もう一つでは親鳥が帰って来るたびに、雛たちが大口をあけてにぎやかでした。
e0094349_7251127.jpg

この家と周囲の農家で牛を飼っていて、ツバメが牛舎の周りで常に飛び交っています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-18 07:24 |

トンビの餌とり技

今朝のGIビーチにはカラスの群れとトンビのペアが待ち構えていました。
e0094349_1928146.jpg

トンビはカラス共と混ざらず、上空を舞い続けるか岩の上にとまってあたりを見回します。
e0094349_19291444.jpg

カラスは小潮の干潮で、汀線近くに集まっていました。
e0094349_19292133.jpg

パンのかけらをカラスに投げ与えていたら、上空のトンビが急降下して砂の上のパン切れを掠め取って飛び去りました。その動画をデジカメで撮影しましたので妙技を見て下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=fAuL3qDMB7w

トンビが手元から油揚げをさらうという話に信憑性を感じました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-10 19:32 |

渡り鳥の飛行

新幹線の窓から上空を眺めていたら、渡り鳥の見事な編隊が飛び去りました。
浜名湖の近くで二組があいついで東の方に向かっています。

あっという間のことだったので、種類は判別できません。

<追記>

V字の編隊を組んで飛行するのは雁が有名です。カモ類も同じような編隊を組むのでしょうか。

新幹線の車中で見かけた鳥は一般的なカモ類よりも大きかったような気がしました。

小型の鳥の群れが乱雑に飛んでいるのも見かけましたが、渡りだったかどうかわかりません。午前中だったので、ねぐらと餌場の往復ではなかったでしょう。

ふと思ったことは、渡り鳥の飛行について時期とルートを知るために、主な拠点で監視カメラを設置してデータを集めることができるはずです。それに加え、標識調査も必要です。

環境省は絶滅した鳥ばかり構いすぎていて、普通の環境指標となる渡り鳥についてまともな調査をやっていないらしいことが気に入りません。

留守中に西門川の山中で鳥フルが二箇所目で発生していました。
1ヶ月前の同じ地区での発生場所との疫学的な関係を徹底調査するべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-07 10:50 |

塩見川の残党

一気に春の陽気となったら、塩見川に浮かんでいた、そして川べりのこんくりーと階段で日向ぼっこしてくつろいでいた水鳥がほとんどいなくなりました。
e0094349_1619844.jpg
e0094349_16191660.jpg

農協のホームセンター脇に少しだけ残っているほかは、本流だけでなく支流にもほとんどいません。カルガモとオオバンと小型のカモの一種だけで、あわせて50羽くらいの残党でしょう。多いときは1000羽に近かったはずですから、9割以上が北に向けて飛び去ったようです。

カルガモの中には夏にも居残るものがいます。わが家に毎年カルガモのペアが来るのは田植え頃です。餌になる浮き草はたっぷりあるのに、そのペアが冬の間に姿を見せない理由がよくわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-25 16:22 |

ジョウビタキは冬鳥

ジョウビタキが春に渡りで日向から消える前に一回ぐらいは撮影しておきたいと思っていました。

わが家の周りにはオスが2羽いて、普段は100m以上お互いに離れています。ところが、2羽のそれぞれが縄張りの巡回中に、たまたま接近して威嚇し合っている姿も見かけます。

ジョウビタキは、カメラ位置に接近してくれないし、同じ場所でじっとしていないのと、とても小さいので望遠レンズでを使っても撮影がなかなかうまく行きません。

さきほど、やっと見られる写真が1枚撮れました。
e0094349_12443462.jpg

10m余り離れたところの電線の上にとまっている時のショットからクロップしました。

ウイキによると<チベットから中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部で越冬する>そうです。

鳥インフルエンザウイルスを運ぶ可能性は無きにしも非ずでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-13 12:48 |