beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鳥( 30 )


赤岩川河口でカラスが大集合

昨日のお昼前に、久しぶりに小倉ヶ浜の中央部に出かけました。

河口の南側にゴルフ場があり、その護岸の外の砂浜にカラスが50-60羽集合してとてもにぎやかでした。
e0094349_822928.jpg

上空にはトビが10羽ばかり飛び回っていて、その一部がカラスから離れた場所に着陸して様子を見ています。警戒心が強いトビは人間が近づくとカラスよりもずっと遠くでも飛び去ります。
e0094349_8242815.jpg

砂浜部分で蛇行している赤岩川の川筋にもカラスが沢山いました。
e0094349_8253475.jpg

e0094349_8271994.jpg

カラスやトビが集まっている時は、大物の死骸が転がっているはずなので川の周囲を見ました。
e0094349_8264732.jpg

カラスの集合場所の向かい岸(ミッキーと散歩していた北側)にあったかなり大きい魚の死骸です。スズキか何かでしょうか。ほぼ食べつくされていて、なにものかがよくわかりません。
e0094349_8265575.jpg

川筋の下流には30センチ以上ある大きなボラの死骸が点々とありました。

人間が周囲で散歩しているので魚の死骸から離れていますが、カラスとトビ、スキャベンジャーたちは邪魔者がいなくなるのを待っているようです。

海に出る近くの川筋の中で弱弱しく泳いでいるボラがいました。
e0094349_8331229.jpg

偏光フィルターが無いので見難いですが、大きくクロップしてみた画像です。
e0094349_834848.jpg

体表一面にデキモノ、またはタダレが広がっているように見えました。おそらくこのボラは死ぬ直前でしょう。

このような大きな魚がまとまって死ぬことはただならぬことです。

日向市内の川で体表に扁形動物の寄生中症がタカハヤやカワムツに広がっていることは前に紹介しました。
beachmollusc ひむかのハマグリ : タカハヤの病変 2009.11.13
http://beachmollu.exblog.jp/11570374

今回のボラの異変はそれとは異なると思われます。何が原因となって異変が起きているのかわかりません。

ゴルフ場で除草剤や殺虫剤を使うのは暖かくなってからのはずです。川の上流の山間部に養鶏場が多数あり、牛舎もあるので、消毒薬が流出しているのでしょうか。

赤岩川の上流にカモやサギの水鳥類が非常に少ない(それに対して塩見川ではものすごく多い)ことも気になっています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-11 08:45 |

河原に群れる(オオ?)カワラヒワ

今日もGIビーチでカラスが撮影できずでした。

よく潮がひいていて、カラスの餌となるべきチョウセンハマグリはいくらでも(砂の上の水管の凹みが沢山)見えるのになんだか変です。誰かが望遠レンズを持って出ているぞ、と山のカラスが浜のカラスにメールでも送っているのかもしれません。

帰り道に塩見川の上流部で何かいないか探したら、いました。河原の木にヒワの群れと、ツバメが数羽水面の上を飛びまわっていました。ツバメの飛翔中の撮影は不可能に思われたので、ヒワを狙って望遠レンズを向けたのですが、相当用心深い連中でした。とまっている場所に全く近寄れないので、遠くからの手持ち撮影しかできず、ピントがうまく合いません。

河原の石の上にいたカワラヒワです。
e0094349_14583429.jpg
e0094349_14584219.jpg
e0094349_14585022.jpg

亜種のオオカワラヒワかも知れません。

カワラヒワは家の周囲にやって来るおなじみの鳥です。

おまけは河原で日向ぼっこをしていたカルガモです。これは撮影しやすい相手でした。
e0094349_1504835.jpg
e0094349_1505715.jpg

塩見川に渡ってきたカモやオオバンなどが減り始めている、皆さん北に向かっているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-03 14:58 |

小鳥の撮影は難しい

300mm望遠レンズのデジカメ撮影をテストしてみて、小さい野鳥を捉える難しさを体験しています。

ジョウビタキが周囲を飛び回っているので簡単に撮影できると思ったのが見事に失敗。ほとんどピントが合いません。望遠レンズの被写界深度が浅いからと、自動焦点が背景に行ってしまうからのようです。マニュアルでのピント合わせは動き回る相手では通用しません。

デジカメのメモリーカードの容量が巨大化しているので数打てば何とかなると思っていたのが浅はかでした。

本日の練習で何とか見られる写真はホオジロを撮った1コマだけでした。
e0094349_15355276.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-01-27 15:36 |

裏庭のアオサギ

アカガエル(ニホンとヤマ)は冬に繁殖しています。低温のため、卵からオタマまで発生がゆっくりです。

特に雨の後で暖かい日にケロケロとかわいい鳴き声を出しているので、ヘビが活動していない今の時期に産卵集合する戦略は有効かもしれないと思っていました。

ところがどっこい。もっと強力な天敵がいました。カエルが大好きなアオサギ君が居ついています。

はじめは放棄水田に水を張った、アカガエルの主な産卵集合場所で狩りをしていましたが、次第に大胆になっています。ホタルの幼虫を飼育するため、庭を半周する水路を造って、井戸水を常時流しているのですが、そこでケロケロ鳴いているカエルを狙うことを学習してしまいました。

水田から畦道を登ってゆっくりゆっくり、慎重に歩いて裏庭にやってきます。
e0094349_9524722.jpg
e0094349_9525563.jpg

キッチンの窓から見ていると、こちらが動かなければ気がつかないらしく、それでも慎重に周囲を警戒しながら歩いています。そのうち、ニワトリみたいに堂々と歩き回るかもしれません。

このアオサギ君は、夏場にトノサマガエルを狙ってやってきていた奴と同一と思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-14 09:56 |

塩見川のカモ

塩見川はコンクリートの2面張りで両側の川岸の草が刈られ、野焼きまでされて極めて殺風景です。川ではなく、ただの水路にされてしまっています。それでも冬場はカモやオオバンなどがウヨウヨしていて、潮が引いて川底が浅くなるとコアマモなどを食べるカモたちの並んだ白い尻が面白い景色となります。

今日の昼頃は満潮で草が食べられない深さだったようで、太陽が照って陽だまりにカモが集団日光浴を楽しむ姿が見られました。

川筋がカーブするところで、陰になって見えないコンクリート階段に大勢集まっていました。特に鳴き声も出していなかったので、世間話のために集まったのではなさそうです。
e0094349_18265588.jpg

こちらが近づくにつれ、近い方から次々に川の中へ向けて飛び立ちます。
e0094349_18274429.jpg
e0094349_18275227.jpg

この散歩道には鳥の糞が山積みとなっていたため、足元に注意して進みました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-10 18:29 |

チョウゲンボウかしら

塩見川には無数のカモ類とオオバンがやってきています。今年は昨年と比べて飛来数が多いようです。多すぎて写真を撮る気にならないのがへそ曲がりと自認しています。

午前中に郵便局に出かけたついでに塩見川の下流にある、タイエイ橋のほとりの小さな公園に立ち寄りました。日向市の小倉ヶ浜にあった海軍飛行隊基地のなごりで、プロペラを展示しています。
e0094349_1417167.jpg

米軍機による空襲であっと言う間につぶされた基地でした。
http://www.mod.go.jp/msdf/mf/touksyu/puropera.pdf
e0094349_14183238.jpg

パネル展示に戦艦日向の絵がありました。’H YUGA’とHの後にスペースがあるのが微妙です。
間違えて入れた'I'の文字が消されたスペースのように見えますね。
e0094349_14194530.jpg

この公園から塩見川の下流に向けてハム工場のフェンス沿いに堤防の上を歩いてみましたが、あっと言う間に行き止まり。工場の排水溝を眺めてから引き返しました。

その時眼に入った鳥、カラスサイズですが猛禽類のようです。小型のワシ・タカでチョウゲンボウという鳥がいますが、それではなかろうかと思いました。望遠レンズカメラを用意して、また改めて撮影に出かけるつもりになりました。とりあえずコンデジで撮れた写真で、やっとこさ見えるものをどうぞ。
e0094349_14235673.jpg

タイエイ橋の上流方向に少し歩いてみたら面白い看板を発見。
e0094349_1424566.jpg
e0094349_1425573.jpg

塩見川の名前が出ていませんが、県内の川の恵みを料理に使った飲み屋さん?みたいです。ナマズの蒲焼とはどのようなものか、自分では試してみたくないので、モルモットの天敵さんが行って調べて報告してくれたらありがたいと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-27 14:26 |

スズメの食卓

簡易温室の温度調節で、低温障害を避けるための加温は問題なくできました。しかし、直射日光が当たる数時間の間に締め切った温室内では上部の温度が高温になり、パッション・フルーツの蔓の天辺付近に高温障害が見られます。鉢の部分では10度そこそこでも、もっとも上で30度を超えます。これは燃料を炊いて沸かすお風呂のお湯の表面が熱くなるのと同様です。

温室には出入り口と換気用の窓がありますが、それを開け閉めするのが面倒なので、室内に空気を攪拌するファンを取り付けました。それを直射日光が当たる時間帯だけ動かすようにコンセントタイマーを設定したところ、作動が不安定です。昔使っていたものを再利用している2個のうち、1個は夜間だけ保温ランプを作動させていて順調ですが、もう一方が故障です(スイッチが入りにくい)。

ビーチの散歩ついでにホームセンターに立ち寄り、防滴仕様でタイマーコンセントと常時コンセントが併用できるすぐれものを見つけて購入しました。

その帰り道で、COOPのスーパーの駐車場のすみっこにあるコイン精米機の所にスズメが群がっているのを発見。またもや望遠レンズつきのカメラは持たずに(持って出かけると被写体が出てくれないが、持たないと出てくるジンクスが成立)車の中から、交差点で赤信号で止まっている間にコンデジで1ショットだけ撮影できました。
e0094349_8592326.jpg

画像をクロップしたスズメたちの姿です。
e0094349_8595981.jpg

コイン精米機の取り出し口でこぼれ出た米粒を皆でせっせと片付けているようでした。田んぼでモミを食べるよりも効率的かもしれませんが、栄養が偏るかもしれません。

最近、スズメの姿が見られなくなっていると騒がれていますが、田んぼでは米粒をこぼさずに機械が綺麗に刈り取るからでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-20 09:02 |

小倉ヶ浜にカモメの群れが出現

過去4年半、小倉ヶ浜に通い続けていて、カモメの仲間の姿はわずかなものでした。

豊かな海の海岸では、魚などを食べる海鳥がたくさん見られるはずです。

小倉ヶ浜では、わずかにサギの類が見られる程度で、沖に小魚のなぶらを追うアジサシの群れや海岸のシギやチドリの群れは季節的に限定されるし、数が極めて少ないのが残念です。

いつもいて、数が多い例外はカラスですが、それを海鳥と呼ぶのはちょっとどうも、です。

今日の午後、小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の河口を見てきました。砂浜の上を南側に200mくらい蛇行して海に流れ出ているのですが、その川が海に交わる場所に鳥が沢山いるのが遠くからわかります。
e0094349_17555134.jpg

推定総数はほぼ100羽、カモメの類であることはすぐわかりました。
e0094349_17565480.jpg

よく見ると羽毛の色や大きさもバラついていて、均一な集団ではありません。

望遠レンズ付きのカメラは持ってでなかったので、ゆっくり接近して撮影しました。
e0094349_1758395.jpg

しかし、近くまで来たら、強い警戒心を見せて全体が次第に海の中に移動して行きます。

相手をじっくり観察できないまま、逃げられてしまいました。
e0094349_181354.jpg
e0094349_1811081.jpg

やはり超望遠レンズが必要です。

ミッキーは赤岩川の水を飲んでいましたが、名前を呼んだら、珍しく、河口の上を突っ走ってきました。
e0094349_1831139.jpg

渇水期でもあり、川の海に流れ出る水量はわずかです。もっと減れば、河口が消えて昔の名前どおりになるでしょう。「尻無し川」です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-11 18:04 |

ハクセキレイ

海岸でカラスの行動を撮影するためデジタル1眼レフカメラを購入して望遠レンズで撮影してみたら、200ミリレンズでは不十分で、新発売の100-300ミリズームレンズを注文したのが本日午後に届きました。

テスト撮影に出たのが午後4時近くだったので、近場でテスト撮影の被写体を探していたらハクセキレイが乾いた田んぼで遊んでいるのを見かけました。
e0094349_19224158.jpg
e0094349_19225014.jpg
e0094349_19225828.jpg
e0094349_1923652.jpg

この鳥は人をあまり恐れないので比較的近い距離から撮影できますが、チョコマカするし、小さいのでコンデジできれいにアップが撮れない鳥です。超望遠レンズに投資した効果が写真でわかります。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-10 19:25 |

恐竜の子孫

e0094349_8215713.jpg

昨日の朝、湿田の周辺にアオサギ君が来ていました。
なにをしているのか双眼鏡でチェックしていたら、カエルを食べていたようでした。
ヤマアカガエル・アカガエルの繁殖シーズンが近いのでしょう。
デジカメのズーム5倍でやっと捕らえたアオサギの表情は精悍で、眼光鋭く、
さすがは恐竜の末裔でした。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-02 08:26 |